男性はなぜハゲる?3人に1人がAGAに!男性ホルモンに振り回される男性の頭髪

nukegeusuge_taisaku_1

毛髪医学は、今までは遅れをとっていて、未知な部分が多い分野だったのですが、今は皮膚医学の最先端を走っているといっても過言ではありません。

以前から少しずつ進められていた分子生物学による毛髪医学が急速な進歩を遂げ、「抜け毛の仕組み」「男性型脱毛症・円形脱毛症などのメカニズム」が順々に解明されていきました。

解明が進むということは、同時に治療法の研究も進んでいくことにつながります。

2005年からフィナステリド(プロぺシア)という男性型脱毛症内服治療薬が発売されました。男性型脱毛症の原因物質を抑える薬剤です。

残念ながら、ドラッグストアや薬局では買えませんが、病院で医師の診察を受けることで入手できます(まだ保険の適用ではない)。

その後に効果ありと認められたミノキシジルが入った発毛剤(リアップなど)が市場にでてきました。

これから、こちらのサイトでこれらが何故、発毛に効果があるのかから始まって、その他の有益な薬剤、薄毛・抜け毛の予防対策、その他役に立つ情報を満載していきます。

では、毛髪医学の説明に入ります。

後々、プロペシアなどの説明に入った時、非常にわかりやすくなると思うので、毛髪医学の基本的なことを理解していただければと思います。また、毛髪の仕組みを理解することが抜け毛・薄毛の予防対策につながります。

すでに理解している、知っていると言われる方はここを飛ばして、ご興味のある項目に入っていただければと思います。

男性はなぜハゲる?

「髪はの命」

hatumou-basic_2

古代ローマ期の政治家「ブルータス、お前もか」の言葉で有名なシーザーも薄毛に悩んでいたのは結構、有名な話です。シーザーよりもずっと、前に生まれた医学の父とも言われるヒポクラテスは、薄毛に悩む患者さんを鳩のフンで治療したとか。

ただ、すごいなと感じるのは、美意識、ファッションなど、数千年の間にかなりの変遷があったはずなのに、「薄毛」「ハゲ」は現代だけでなく、古代も共通の悩みの種だったんだということ。

女性にとって髪は本当に大事ですが、歴史を紐解いていくと、男性だって「髪はの命」だったのですね。

ハゲるということは硬毛から軟毛に変わること

毛髪は表皮から外に飛び出した皮膚の一部です。従って、毛髪のことで受診する部門は、皮膚科となります。

私たちの全身を見ると、硬い毛(硬毛)と軟らかい毛(軟毛)があるのがわかります。

硬毛はさらに長毛と短毛に大別されます。長毛は頭髪、腋毛、陰毛、短毛には眉毛、睫毛、鼻毛に分類されます。

軟毛は硬毛よりは細く短いということで、見た目で両者の違いはわかります。ただ、はっきりとした二つの毛の間に細かな境界線はありません。

実は、硬毛と軟毛は全く別の毛ではないのです。色んな要因で硬毛になったり、軟毛になったりと入れ替わることもあります。

そろそろ、こちらのテーマに近づいてきました。

男性ホルモンも硬毛と軟毛を入れ替える物質です。思春期までは軟毛だったものが、硬毛になって髭が、腋毛が出てきます。成人男性になれば、硬毛だった頭髪が軟毛に少しずつ変化していきます。実はこれが「ハゲる」ということなのです。

毛が人間を守ってくれる

よく見ると、毛髪は皮膚の表面を隠すように生えています。実はこのことは人間のような恒温動物にとってとても大事なことなのです。一定の体温でしか生きられない恒温動物ですので、皮膚の表面を隠してくれる毛髪は保温に大変、役にたちます。

また、頭髪の異常なサインが奥に潜んでいる病気を知らせてくれることもあります。

頭 髪以外にも、埃、汗が直接、目に入るのを防いでくれる睫毛、鼻呼吸による異物の侵入を阻止する鼻毛、その他、体に生えている毛はムダに生えているわけでは ないのです。女性はよくムダ毛処理をよくやりますが、美的にはムダ毛かもしれませんが、医学的にはムダ毛ではないのです。

毛髪の基礎知識と発毛のメカニズム

hatumou-basic_3

これで、毛髪は決してムダに生えているのではないとわかりました。ここでは発毛剤、育毛剤などを選択する時に、必要な知識を身につけましょう。まずは、毛髪のことを知るために必要な用語を先に説明します。

毛包

毛髪を包む袋のようなものです。

毛髪は頭皮に埋もれている毛根と頭皮の上に飛び出している毛幹とにかれます。毛包は非常に緻密な構造になっている割には、とても小さな組織です。

毛髪が発生する時期

妊娠2カ月までに、つまり、受精卵が胎児になる以前ですが、初めて毛包が発生する原子毛芽が作られます。

人間の皮膚は表皮層と真皮層とに大きく分かれていますが、毛芽は表皮層から真皮層に向かって伸びていき、妊娠6カ月の胎児の頭には全ての毛包が出来上がっています。

毛包の周りには、毛包に毛髪の栄養分や酸素など送り届ける毛細血管が沢山、通っています。毛包の最下部に毛球部があり、そこに毛乳頭があります。その毛乳頭の周辺は、毛母細胞が取り囲んでいます。

毛母細胞

毛細血管からきた栄養分を使って、細胞分裂を繰り返して毛髪を作り、増毛していきます。

これが、赤ちゃんが生まれた時からすでに毛髪が生えている理由です。そして、一歳の誕生日を迎えるまでに頭髪は抜けてしまいます。この頭髪消失期は新しい毛髪と交換するための自然現象で、これも成長の証なのです。

髪の毛を輪切りにしてみると

一般的によく言う髪の毛とか毛髪とは、先ほど説明した「毛幹」の部分のことです。今度は、この部分に着目してみましょう。

髪の毛を輪切りにすると、三層に分かれていて、内側が毛髄(モウズイ)、真ん中が毛皮質でこの部分が毛幹、つまり髪の毛の大半を占めています。その髪の毛を毛小皮が取り囲んでいます。

洗髪する時のトリートメント剤の宣伝で「「キューティクル」という言葉が良く出てきますが、この毛小皮のことです。

因みに、内側にある毛髄ですが、欧米人の髪の毛にはこれがほとんど見られないそうです。何故なのかはまだわかっていませんが、髪の毛の太さ、性質などと関係しているのでしょう。

ヘアサイクル(毛周期)を知って、毛が抜ける仕組みをまず理解しよう

髪の毛は成長期、退行期、休止期という一連の周期を回りながら、脱毛、発毛を繰り返しています。ただ、髪の毛の本数はどの人も生まれた時から決まっています。

  • 成長期:毛母細胞が精力的に細胞分裂を繰り返してできた髪の毛を上へ上へ押し上げて作っていく時期です。成長期の時期は2~6年です。髪の毛全体の9割が成長期です。
  • 退行期:この期間は約14日間で、毛母細胞の細胞分裂の勢いがなくなり、衰退していく時期です。
  • 休止期:細胞分裂が完全に止まるので、髪の毛が伸びることも無ければ、発毛もない状態です。休止期は3か月程度続き、その後は再び成長期となり、このとき、古い毛は抜けていきます。

この一連のヘアサイクルは一生のうちで15回ぐらい繰り返します。

従って、若い時期はこのサイクルを回りながら、抜け毛と同時に発毛があるので、薄毛など気にする必要がありません。

(健康体の人でも1日に100本~200本は抜けていると言われており、束ごと抜け落ちたりしない限りは、抜け毛の量と薄毛は直接関係しません)

これが加齢の影響で、退行期、休止期にあたる毛が増えてきます。

これが若いうちでも成長期が短くなると、休止期の髪の毛が増えてきます、そのため、硬毛だった髪が軟毛に変わったり、髪の毛が皮膚の表面に出て来なくなるという現象になります。

これが、特に最近、マスコミ等が大騒ぎしている「男性型脱毛症((Androgenetic Alopecia;AGA 以下AGA))」なのです。

続いては、この男性型脱毛症について詳しく解説します。

昔も今も3人に1人がAGAに

男性型脱毛症(Androgenetic Alopecia;AGA 以下AGA)は休止期の脱毛が原因で発症しますが、円形脱毛症は成長期の脱毛が原因です。

円形脱毛症については後程ご紹介しますが、まずはAGAについてより詳しく解説します。

AGAは頭頂部や前頭部の脱毛が特徴ですが、20歳頃からAGAを発症する人がいます。40㈹で約30%です。

「朝シャンするとハゲる」とか、「ストレスが抜け毛の原因」などと言われていたこともありますが、調査の結果で数十年前も現在もAGAの発症率は同率だったようです。

ただし、ストレスによって女性でも薄毛になったり、男性でも極端なダイエットを続けると、抜け毛が増えるということはあるようです。

人間以外でAGAになるのはサル

usuge-basic_2

東アジアに棲息するベニガオザルは、AGAを発症します。このサルはストレスは感じているかもしれませんが、さすがに朝シャンの習慣はないでしょう。

野生のサルも人間に飼われたさるも毛は抜けるようですから、朝シャンが抜け毛を増やすということは考えにくいと思われます。影響も少ない感じがします。

ただ、正しいシャンプー法(後述)でなかったり、栄養状態が悪かったりすれば、朝シャンする時にたくさんの毛が抜ける可能性はあるでしょう。

去勢された人と男性ホルモン

1930年代にアメリカの化学者J・B・ハミルトンは、AGAの発症に男性ホルモンが関与していることを照明しました。彼は思春期頃、去勢された人に男性ホルモンを投与してみました。

この人達の中で、近親者にAGAを発症した人がいた場合、男性ホルモンの投与で脱毛が始まりました。その一方、去勢された時点ですでに脱毛が進行していた場合、去勢実行後は進行がストップしました。しかし、男性ホルモンの投与で再び、脱毛が始まりました。

頭の毛を減らし、それ以外の毛は増やす男性ホルモンの神秘

この現象は近年、分子生物学の発達で遺伝子の状態を観察できるようになったため、やっと解明されたようです。

機能する場所が限られている男性ホルモン

まず、男女問わず、思春期になれば、男性ホルモンの影響を受ける部位の毛の周期が変化してきます。

つまり、全身の毛が男性ホルモンの影響を受けるのではなく、男性ホルモンの刺激を受ける部分は限定されています。

男性は幼少の頃は、髭も胸毛は軟毛ですが、思春期になると、硬毛になり、目立ってきます。これが男性ホルモンの働きなのです。

因みに女性と男性ホルモンの関係はどうなっているでしょうか?

女性は思春期になっても顔の毛や胸の毛は軟毛のままですが、陰毛や腋毛は男性ホルモンの影響を受け、硬毛になって行きます。これは男女共、同じです。

毛の周期に影響を与えるのは男性ホルモンだけではありません。ビタミンD、糖質コルチコイド、甲状腺ホルモンもそうですが、男性ホルモンとは作用する場所が違います。

男性ホルモンは間葉系(カンヨウケイ)細胞にのみ作用、男性ホルモン以外は主に毛皮の上皮細胞に作用します。

○間葉系細胞:循環器、リンパ系、骨など結合組織を形成することができる細胞。

毛髪への男性ホルモンの作用

ちょっと硬い話になりますが、後で紹介する「プロペシア」などでも出てきますので、まず、こちらで基礎知識をつけておきましょう。

男性ホルモンであるテストステロンが、血液を介して細胞内に入っていきます。そこで5α-リダクターゼという酵素の作用でジヒドロテストステロン(DHT)に変わります。

これが男性ホルモン受容体にくっついて、細胞の核の中に入っていきます。その後、標的遺伝子のプロモーターにくっついてたん白質を誘導し、色んな働きを始めます。

○プロモーター:遺伝学の専門用語。DNAからRNAを作る転写の開始に関与するDNA上の領域

何故、頭の上はハゲ、後頭部はハゲない理由

何故、テストステロンがDHTに変わる必要があるのかというと、DHTに変わることで男性ホルモン受容体との結合力が、10倍以上高まるからです。

その男性ホルモン受容体はどこにあるのかと言えば、前述した間葉系の毛乳頭細胞にあります。ビタミンDなどが存在する上皮系の毛母細胞には存在しません。

男性ホルモンの受容体が存在する毛乳頭細胞は限られていて、「前頭部」「頭頂部」「髭」「腋毛」「陰毛」などにあります。面白いことに後頭部の毛乳頭細胞には存在していないのです。

ここまで頑張って読んでいただいた方は頭が何か,閃きを感じませんか?

もう言わなくてお分かりだとは思いますが、順序良く進むために書きますね。

前頭部や頭頂部はハゲていても、後頭部の毛はまだ残っている人が多いのはこういうことだったのです。

因みに、これも前述した5α-リダクターゼですが、タイプⅠとタイプⅡがあります。前者は人間の色んな組織、細胞にありますが、後者は精嚢、前立腺、外陰部など、限定された部分にしかありません。

その後、研究が進み、後者、タイプⅡが前頭部や髭などの毛乳頭細胞にもあることがわかりました。

女性の場合、思春期頃から濃くなっていく腋毛の毛乳頭細胞にある5α-リダクターゼはタイプⅠだけが存在しています。

AGA治療につながる発症メカニズムの解明

AGAを発症する人の男性ホルモンは髭や腋の毛の発育を促し、頭の毛に対しては発育を抑えるというメカニズムはどのようにして行われるのでしょうか?

成長因子と抑制因子の共存

思 春期頃に男性ホルモンが増えていきます。髭の成長ホルモンをたっぷり含んだ毛乳頭細胞からIGF-Ⅰという成長因子が作られてきます。このIGF-1が角 化細胞に作用し、髭が増毛していきます、その一方で、前頭部などでは成長ホルモンが増え、毛乳頭細胞からTGF-β1という抑制因子が作られます。

これは成長因子とは逆に角化細胞の増殖を抑えたり、細胞の死と言われるアボトーシスを起こさせたりします。

この抑制因子をマウスに投与すると、脱毛が起こったそうです。

以上のことからAGAの発症には、毛乳頭細胞の中にある男性ホルモンによって文泌されるTGF-β1という抑制因子がキーポイントだということがわかったのです。

メカニズムがわかれば次は当然、治療薬の開発ということになります。今までの知識を駆使して現在、市場に出ている治療薬の効能を把握しましょう(後述)。

白髪の人はハゲないと言うけど、本当?

白髪の人はハゲないと、本当によく言います。

どういうわけか、世間では特に男性の場合、脱毛症のタイプと白髪のタイプに大別されています。実際、見た目でも白髪の男性は髪がフサフサしているように見えます。

今は死語になっているかもしれませんが、「ロマンスグレー」という言葉がありました。作家の五木寛之氏のフサフサしたロマンスグレーの髪は見事で、あのような髪に憧れた男性も多かったと聞きます。

ロマンスグレーは、白髪混じりで髪がフサフサしたステキな中年男子の褒め言葉でもありました。

では、医学的に言うと、どういうことなのでしょうか?

白髪になったとしても、髪がフサフサであって、ハゲていないないということは、男性型脱毛症になってはいないということになります。

予測になりますが、その男性は遺伝的に「ハゲない」と考えられます。

つまり、基本的に白髪であるかどうかとハゲであるかどうかはあまり関係ないということになります。

若白髪という言葉もありますが、確かにこの様な男性は大半の方がハゲでいません。医学的に言えば、まだ男性脱毛症になる年齢に達していないうちから、白髪が出てきてしまったと考えられます。

しかし、年齢が進み、白髪とは無関係に、やはり、遺伝的素因、その他の因子によって男性型脱毛症になる人は、なります。

ただ、白髪の色が皮膚の色に近いということで、ハゲが黒髪よりも目立ちにくいという点はあります。

もしかすると、白髪の毛根の毛乳頭細胞が黒髪よりも男性ルモンの影響を受けにくいのかもしれない……などとも考えたりしますが、まだそこまで解明されていません。

抜け毛対策は観察から始めよう!髪の毛のトラブルチェック

発毛してから脱毛し、再び新しい髪の毛が生えるまで3年〜5年かかります。抜けた髪が寿命を全うして自然に抜けていったか、何かのトラブルが原因のために寿命半ばで抜けたのかは、抜けた髪の状態を見ればわかります。

寿命を終えた髪の毛;髪の毛の根元がふっくらしています。

ヘアサイクルの途中で抜けた髪の毛:髪の根元が細くなっています。

日頃から、正常に自然脱毛した髪の毛をよく観察しておくと、異常脱毛の髪の毛との違いがよく分かります。

髪の毛のトラブルチェック

  • 頭皮がよく動くかどうか?;頭皮のどの位置でも動く感じがあれば、良好な頭皮です
  • 洗ってもすぐに髪の毛がべたつく?;べたつくようであれば頭皮の皮脂の分泌が多いので、毛穴をしっかりと洗浄します。
  • フケが落ちたり、頭皮がかゆい?;頭皮が老化し、剥がれ落ちたものがフケです。フケは毛穴をふさぐので、しっかりと取り除く必要があります。
  • 指先で頭皮を上に引っ張った時、頭皮も動く?;2cm以上、上がれば頭皮は健康状態です。頭皮の動きが悪い人はその部位の血行が悪く、十分に栄養が届いていないため、抜け毛が増えてしまいます。
  • ニキビがあり、顔がほてる?;ニキビは皮脂の異常分泌を示し、ほてりは毛穴がふさがっている可能性があります。

上記のようなトラブルがあると、抜け毛、薄毛になりやすいので要注意です。

生活習慣の見直しが基本!

髪の毛はストレス、栄養状態、ホルモンバランスなど色々な因子の影響を受けます。これらの乱れは生活習慣の見直しで改善されていきます。、

フィナステリドやミノキシジルなど優れた発毛剤が市場に出てきましたが、この発毛剤をより有効に効かせるようにするためにも生活習慣の見直しが不可欠です。

要するに髪の毛の乱れは、そのまま体の健康状態に反映しています。抜け毛、薄毛対策が上手くいけば、身体も健康になっていくことになります。

やはり、ストレスは髪にとって大敵!

ストレス社会と言われる現在ですから、ストレスを取り除くことは、食生活の見直し以上に大変なことかもしれません。

「過剰なストレスが与える髪への影響」

  • 皮脂の分泌が過剰;毛穴を詰まらせる
  • 頭皮の血行不良;栄養が髪の毛先までゆきわたらない
  • 頭皮が硬くなる;栄養がゆきわたらない
  • 体調が崩れる:髪の毛のツヤやハリが無くなる
  • ホルモンバランスの乱れ;男性ホルモンに悪影響を与え、皮脂が増加

毛髪の細胞分化はかなりの栄養を必要!

毛髪が生え始め、自然脱毛するまで髪をいい状態を保つためには、まずは体の栄養状態がいいこと!

その栄養を使って毛髪は生き生きとし、抜けにくい毛髪を作っていきます。

食生活の見直し

まず、1日3食、できるだけ決まった時間に摂ること。同じ時間に同じようにお腹が空くということが大事です。

油脂性の強い食品は血管を硬化させ、血行不良を起こすため、毛髪にもよくないというように、毛髪を意識した食事をできるだけしましょう。

又、過度の飲酒、喫煙はNGです。

適度な飲酒は血行促進をもたらしますが、過度の飲酒は臓器にダメージを与え、新陳代謝が鈍くなり、頭の皮脂の分解も緩慢になっていきます。

喫煙は血管を収縮させるため、髪の成長因子が詰まっている毛根に血液が行き渡りにくくなります。

抜けない髪の毛を作る栄養素とはどんなもの?

  • たん白質

髪の毛はたん白質「ケラチン」でできています。頭皮も勿論、たん白質。

※魚、脂身の少ない肉、チーズ、豆類、乳製品(低脂肪)

  • ビタミンA

皮膚や粘膜を丈夫にし、乾燥を未然に防ぐ働きがあります。従って、頭皮の状態を安定させ、乾燥、フケ。痒みを抑えます。

※色の濃い野菜、レバー、ウナギ、乳製品

  • ビタミンB₂・ビタミンB₆

細胞の新陳代謝を促し、皮脂の過剰分必を抑える働きがあるので、頭を洗ってもすぐにべたつく人にお勧めのビタミンです。

毛根にある毛母細胞の分裂に大きく関与しています。

また、特に、B6は摂取したたん白質の吸収を促し、、髪の主成分であるケラチンの構成因子を増やします。

※B₂……レバー、乳製品、卵など

※B₆……レバー、ナッツ、サケ、肉類など

  • ビタミンE

老化や血行不良の因子である活性酸素を毛包周辺から排除し、血行を促進させ、丈夫な毛根を作ります。

※カボチャ、アボカド、アーモンドなど

  • ビタミンC

ストレスは髪の成長に大敵。ストレスが強いと、ビタミンCの消耗も激しくなります。また、喫煙者はさらにビタミンCの消耗が上乗せされるため、意識して摂らなければいけません。

※キーウイ、赤ピーマン、イチゴなど

  • DHA

ヘアサイクルがうまく循環させ、育毛効果を促進させます。血行改善する効果があり、毛根への血流を増やし、抜け毛、薄毛を予防します。

※マグロ、サンマ、イワシなど

  • 亜鉛

髪の毛には亜鉛が含まれています。髪の毛の成長に亜鉛は必要不可欠です。亜鉛は男性型脱毛症の原因であるDHTを作ってしまう5α-リダクターゼの作用を抑える働きがあります。

※カキ、牛もも肉、数の子など

男性型脱毛症に悩む人の大半が、仕事や家庭で忙しく過ごしています。食事できちんととることができない場合、特に不足がちな栄養素はサプリメントで代用することもいいかもしれません。但し、脂溶性ビタミンなどは摂り過ぎも逆効果なのできちんと量を守って摂りましょう。

強い紫外線は髪にNG!

髪の毛や頭皮が海で感じるような強い紫外線を浴びると、乾燥し、髪の毛のツヤ感を演出するキューティクルがはげやすくなります。

その上、髪のメラニン色素を破壊し、パサつきがひどくなります。

「紫外線を浴びる前にすること」

髪の分け目や髪が薄くなっている部分は紫外線が直接、頭皮にあたるので、その微分にUVカットクリームを塗ってガードします。

「髪全体を強い紫外線から守るためには」

帽子が一番。しかし、帽子やヘルメットを毎日被っている人は、頭に出る汗等で、細菌が繁殖しやすくなっており、薄毛、抜け毛の原因につながりやすいので、衛生的、また、通気性を考慮した帽子を常に被ることが大切です。

「紫外線を浴びた後にすること」

洗髪した後、しっかりと拭いて水分をよくとります。その後、トリートメント剤をつけ、頭皮のマッサージも兼ねながらもみ込んでいきます。

トリートメント剤の成分が、頭皮に浸透するように蒸しタオルで頭皮を覆います。

トリートメント剤はできるだけ紫外線を防御するような成分が入っているものを選びましょう。

紫外線は頭皮の皮膚層を破壊してしまい、抜け毛や薄毛の原因になるので頭皮のケアをしっかり行いましょう。

また、プールでは、気になるのは塩素剤。塩素剤は頭皮や髪の毛を傷めるので、紫外線を浴びていなくても、屋内プールに入れば、トリートメント剤でヘアケアを行なう必要があります。

睡眠不足も薄毛、抜け毛に原因に

毛根の中にある大事な細胞分裂が活発な時間帯というのがあります。それは夜の10時から翌日の2時までと考えれています。副交感神経が優位にあり、成長ホルモンが大量に分泌される時期です。・

寝る子はよく育つと言われる由縁でもあります。

成長ホルモンは「体に成長を促すだけでなく、肌や髪を若々しく保とうとする働きも持って居ます。そのため、長く寝れない時でも、できるだけこの時間帯は眠れるよう配慮しましょう。

また、できるだけ、就寝時間と起床時間は決めておくことが重要です。同じ時間に起き、同じ時間に寝ることで睡眠のリズムを習得。そして深い睡眠が育毛効果ももたらします。

ピックアップ記事

  1. どうも、管理人のセイジです! 以下の記事でも書いていますが、私は旋毛の薄毛を改善するためにチャ…
  2. 女性特有の脱毛症とは? 女性にも脱毛症はありますが、男性のような禿げ方をする人は見たことがありませ…
  3. 出産を終えたあとに控えている「産後脱毛」は、主に妊娠・出産による女性ホルモンが深く関係します。 …
  4. このページでは、育毛剤をかれこれ3年以上試し、回復中のセイジがおすすめの育毛剤をご紹介しています。 …

最近の投稿



ページ上部へ戻る