AGA遺伝子検査は信用できるのか?どこまで活用すべき?

AGAの基礎知識
近年、遺伝子検査というものが身近なものとなり、公的機関でなくても個人レベルでもお金を払えば遺伝子検査が可能な時代となっています。
様々な病気のがんや糖尿病などの生活習慣病などの発症リスクも遺伝子を調べればわかるということですが、男性型脱毛症(AGA)の遺伝子検査というのもその一つです。
そこで、本記事では、「AGA遺伝子検査がどのように行われるのか?」、「信頼性はどうなのか?」、「AGAの発症の予防につながるのか?」などAGA遺伝子検査について検証したいと思います。

刑事や科捜研のドラマで遺伝子検査が簡単に行われ遺伝子検査が身近なものとなっていますが、今や遺伝子検査というのは特殊なものではなく、お金を払えば誰でも簡単に遺伝子検査を受けることができる時代です。
対応している病院もあるようですが、ネットで遺伝子検査キットを購入して綿棒やソフトな耳かきのような道具で頬の内側の粘膜をこすり取ったものをキットの販売元に郵送して解析してもらうという簡単な操作で自身の遺伝子を調べることができるようになっています。

そのようなことができるようになった背景には、微量の検体があれば遺伝子を調べることができるようになったという分析技術の進歩とともに、どんな遺伝子が存在すれば特定の疾患のリスクが高くなるのかという遺伝子情報の蓄積があるということは言うまでもありません。
確かに、がんや糖尿病などの生活習慣病などの発症リスクが発症する前に分かれば、早期治療や生活習慣に注意することで発症リスクを低減できるというメリットがありますが、そういう意味では、AGAの遺伝子検査はどうなのかということに興味がある人も居られるかもしれません。

というのも、ガンや生活習慣病のような命に関わる疾患と異なり、AGAはどこまで研究されているものなのかということが懸念されるからです。

がんの遺伝子が発見されたことがノーベル賞につながるような話もありましたけれども、ハゲの遺伝子となると研究する人も少ないですよね
脱毛症で悩む人の数を考えると画期的な発見であるとは思いますが、さすがに、ノーベル賞はねぇ・・・・
となると、AGAの遺伝子というのはどこまでわかっているのか?ということが気になります
そうですね。AGA発症のメカニズムのどの部分の反応にかかわる遺伝子が重要なキーになっているのかということになります。そのことをお話しする前に、遺伝子検査というのがどういうもので、検査した時に何がわかるのかということを知っておいた方が良いでしょう

 

遺伝子検査の原理と検査で分かること!

ヒトの体の中の器官を構築したり細胞を機能させるための代謝というのは酵素たんぱく質によって触媒されておりたんぱく質の合成の設計図となるのが遺伝子であり、遺伝子を発現させて酵素の生産を促すかどうかはホルモンや成長因子などが関係しています。
ちなみに、ホルモンや成長因子の形成に関わるのも酵素たんぱく質です。

病気などの疾患がどのようなメカニズムで起こるのかが明らかとなり、体内で起こる一連の反応の中で最も発病に影響すると考えられる反応を触媒する酵素が特定されれば、その酵素の設計図となる遺伝子が決定されることでその遺伝子の存在に有無によって病気を発症するリスクを持っているのかどうかは分かります。

発がん遺伝子のように存在することが発がんのリスクを高めるという可能性もありますし、逆に、アルコール代謝にかかわる酵素の遺伝子が欠落していれば吸収されたアルコールの代謝に時間がかかるためお酒に弱い体質ということになります。

以上のように、特定の遺伝子が存在するために病気の発症リスクが高まるということもあれば、遺伝子が存在しないために発症リスクが高まるというケースもあるというわけです。

 

遺伝子検査のサンプルはどうやって採取するの?

遺伝子の検出技術の進歩によりほんのわずかのサンプルで遺伝子を調べることができるようになっており、一本の髪の毛や唾液に含まれる口の中から脱落した粘膜細胞でも調べることは可能ですし、採血してその中の細胞を使って調べることもできます。

現在は採取された検体の中の遺伝子の抽出・分析を請け負う企業が存在し、病院でやってもらってもほとんどの病院がそういった企業に分析を依頼するだけですので、自分で検体を採取して直接分析する会社に送る遺伝子検査キットを利用した方コストが安くなるということは言うまでもありません。
病院や使用するキットによって異なりますが、ネットで遺伝子検査キットを購入して自分で採取した検体を送る方法ならば12,000円ちょっとで調べることができますが、病院でやってもらうと20,000円程度というのが一般的なようです。

検体の採取は、先にご紹介させていただいたように、綿棒やソフトな耳かきのような道具で頬の内側の粘膜をこすり取ったものを所定の液体を含む容器に差し込んで漏れないように封をして送るだけですので、誰でも簡単にできます。

例えば、今回のようにAGAの遺伝子チェックをするならば、AGAドックという遺伝子検査キットがあるみたいですので、参考までにいかにアドレスを紹介しておきます。

参照元:AGAドック AGA(男性型脱毛症)遺伝子検査キット

遺伝子検査なんてテレビドラマの世界のようなイメージでしたが、そこまで簡単になっているのですね
価格も出た当初よりは数段安くなっていますし、滅茶苦茶手軽です
ところで、AGAの遺伝子検査ということはAGAの原因と呼ばれるDHTの合成に関与する5αリダクターゼという酵素の遺伝子を調べるのですか?
5αリダクターゼは少なくなった男性ホルモン活性を補うための酵素ですので、誰でも持っている酵素です。すなわち、5αリダクターゼの遺伝子を持っているからといってAGAの発症リスクが高いということではありません
それでは、どんな遺伝子を調べるのでしょうか?

 

AGAの遺伝子検査は何を調べるのか?

AGAの発症はテストステロンという男性ホルモンの減少に伴い低下する男性ホルモン活性を補うために5αリダクターゼという酵素によってテストステロンをより男性ホルモン活性の高いジヒドロテストステロン(DHT)と呼ばれる別の男性ホルモンに変換することが原因です。

AGAを治療する上では5αリダクターゼの活性を抑えることが重要視されており、フィナステリドやデュタステリドといったAGAの治療薬も使用されています。
しかしながら、5αリダクターゼは低下してくる男性ホルモン活性を補うための酵素であり誰もが5αリダクターゼの遺伝子を保有していますし、これがなければ男性ホルモン活性が不足して健康トラブルが起こることになります。

むしろ、この遺伝子が欠損しているような人はAGAどころではありませんし、フィナステリドやデュタステリドのようなAGA治療薬の副作用というのは、薬の作用で強引に5αリダクターゼの活性を抑えることによって起こるものです。

本サイトでは、フィナステリドを使用したプロペシアやデュタステリドを使用したザガーロの詳細を以下の関連記事でご紹介させていただいておりますので、興味のある方はご参照いただければと存じます。

関連記事:
プロペシアはフィナステリドを有効成分とする世界初の飲む育毛剤!
ザガーロはデュタステリドを有効成分とする処方箋医薬品!

 

AGAの遺伝子検査は男性ホルモン受容体の遺伝子で判別!

5αリダクターゼの設計図である遺伝子は解析されていますが、それでは将来起こるかもしれないAGAを予測することができないということで、AGAの遺伝子検査で調べられるのが男性ホルモン受容体の遺伝子です。
すなわち、5αリダクターゼによって遊離のテストステロンがDHTに変換され、DHTが毛乳頭の表面にある毛母細胞の男性ホルモン受容体に結合することによって成長途上にある毛髪が休止期・退行期へと追いやられることが抜け毛が発生するかどうかを左右している反応というわけです。

AGA遺伝子検査の判定

遺伝子はA(アデニン)、G(グアニン)、T(チミン)、C(シトシン)という4つの塩基で構成されていますが、男性ホルモン受容体の遺伝子にある「CAG」と「GGC」という3つの塩基の組み合わせが繰り返し存在する回数を調べることによってAGAの発症リスクの目安とされています。
「CAG」という繰り返し配列の数と「GGC」という繰り返し配列の数を数えてトータルのリピート数が基準値である38回より多い時にはAGAを発症するリスクが少なく、少ない時にはAGAの発症リスクが高いと考えられています。

AGAの治療と発症リスクを調べる遺伝子検査では、キーとなる反応が異なっているということですね
そういうことです。歳を取るとDHTが増加するというのはほとんどの男性に見られますが、DHTが増加しても男性ホルモン受容体がDHTと結合してAGAの発症につながるかどうかは別問題というわけです
CAGとGGCのリピート数で男性ホルモン受容体のDHTとの結合力をチェックすることができるということですね。繰り返し配列のリピート回数とAGAの発症リスクの関係というのは信頼できるのでしょうか?

 

AGA遺伝子検査の信頼性は?

AGA遺伝子検査では男性ホルモン受容体の遺伝子に含まれるCAGとGGCのリピート数によってAGAの発症リスクを調べるというのが現在の方法ですが、これは1998年に報告された男女合わせて108名という小規模の試験結果が始まりということです。

ところが、その後に行われた8回の試験結果を総合して評価したところ、2,074名のAGA患者のCAGリピート数とGGCリピート数を1,115名の健常者と比較してもAGAリスクとのリピート数の間に関係性が認められなかったという結果も報告されており、現時点ではAGAの発症リスクという意味ではイマイチというように評価されているようです。

参照元:Europe PMC “Androgen receptor polymorphisms (CAG repeat lengths) in andoregenetic alopecia hirsutism, and acne.
Wiley Online Library ” Androgen receptor gene polymorphisms and risk for androgenetic alopecia: a meta‐analysis”
ウィキペディア 男性型脱毛症

このお話から考えられるのは、AGAの遺伝子検査はやってもあまり意味がないということでしょうか?
結果的にはそういうように考えている人が多いようですが、後者の論文においても明白な関係性が認められないというだけで、完全に否定しているというわけではありません。
複数種の男性ホルモンと結合する男性ホルモン受容体は遺伝子多型といって同じような働きをする遺伝子が複数存在し、そのことがAGAの発症に影響していると考えられています
しかし、そういうことならば、わざわざお金を払って遺伝子を調べなくても、「親父がハゲならAGAの可能性があるし、ハゲてなければ可能性は無いということで良いのでは?」と思います
それは、少し違っていますね。遺伝子レベルの話では、AGA発症に関わる遺伝子は父親では分からないと言われています

 

先祖の見掛けから判断するなら父方よりも母方を見るべし!

ヒトの体の中の器官を構築したり細胞を機能させるための代謝を決定しているのが遺伝子ですが、人が持っている遺伝子の集合体のようなものが染色体と呼ばれており、X染色体とY染色体の2種類があります。
そして、男性はXY型、女性はXX型という形で対になっているということも生物の時間に習ったことがあるかもしれませんが、男性ホルモン受容体の遺伝子はX染色体上にあるということも分かっております。

生物を真剣に勉強した方ならばお気付きのことと思いますが、将来AGAに悩まされる、あるいは、現在の抜け毛を危惧しておられる男性が持っている男性ホルモン受容体の遺伝子はX染色体、すなわち、母親のX染色体を引き継いでいることになります。
XX型の染色体をを保有する母親のX染色体は母方の祖父と祖母から一つずつもらっているわけですから、外観から判断するのであれば母型の祖父が、あるいは、祖母が女性のAGAであるのかで判断するべきということになるというわけです。

自分がはげてきた恨み辛みをはげている父親や父方の祖父にぶつけるのは筋違いということですか?
それは間違いのない事実です。しかしながら、母方の祖父や祖母に恨み辛みをぶつけるというのも違います。というのも、遺伝的にAGAのリスクを背負っているといっても、AGAに影響しているのは遺伝子だけではなく、生活習慣や日常的な頭皮ケアといった後天的な因子が進行を進める要因となっているからです
そうですね。薄毛の進行が速いのは自分が悪い方が多いのかもしれません。遺伝子検査でAGAの可能性があると分かっていれば日常のケアにより注意するという意味ではAGA遺伝子検査も有意義と言えるのかもしれません

 

AGA遺伝子検査の信憑性と活用方法に関する総括

遺伝子検査は決して特殊なものではなく個人レベルでもリーゾナブルな価格で調べることができる時代になっており、AGAの遺伝子検査は12,000円程度のコストで調べることができます。

AGAの遺伝子検査の原理と評価

  • AGA遺伝子検査では、男性ホルモン受容体の遺伝子の塩基配列を解析して、CAGリピート数とGGCリピート数の合計から判断されます。
  • AGA遺伝子検査については科学的に信頼性が高いということは言えないのかもしれません
  • AGAの遺伝的要因である男性ホルモン受容体の遺伝子はX染色体上にあり、AGA遺伝子検査によって将来的にAGAに悩まされる可能性があると評価されたときには、その遺伝子は母方の祖父・祖母由来の遺伝子です。
AGA遺伝子検査結果をもとに日常的な頭皮ケアや生活習慣に注意することができれば、AGAに限らず薄毛の進行を遅らせることもできますので、信憑性が低いAGA遺伝子検査といえども全く意味がないというわけではありません。
価格的にもそんなに高いものではありませんし素人でも簡単にできるということを考えると、余裕があるのであれば、実施してみるのも良いかもしれません。
遺伝的な要因が有っても無くても、日常的に行う抜け毛や薄毛を抑える対策というのは大切です。ただし、AGAの遺伝子検査で早い段階から注意することができるのであれば、遺伝子検査という手段も有意義であると考えることができるのではないでしょうか?

本サイトでは、日常的なスカルプケアを実践していただくための育毛シャンプーや育毛剤について実体験を踏まえてご紹介させていただいておりますので、以下の関連記事を合わせて見ていただければ幸いです。

関連記事:
育毛シャンプーおすすめ比較ランキング【2019年】薄毛解消した口コミ評価体験談
育毛剤・発毛剤おすすめ比較ランキング【2019年】薄毛解消した口コミ評価体験談

コメント

タイトルとURLをコピーしました