薄毛は遺伝だから、父親の頭を見ていると「自分もいつかは・・・」とあきらめている人が多いかもしれません。確かに、男性型脱毛症(AGA)には遺伝的な要素があり、ある程度は仕方がないのかもしれません。しかし、だからといって、何の対策もしなければ思ってもいなかった年齢からM字ハゲになってしまうということもあります

男性型脱毛症(AGA)では、こめかみ上部当たりの地肌が目立つ、いわゆる、M字ハゲ状態になり、頭頂部に向かって徐々に薄毛が進行していくというのが典型的なパターンですが、自分の父親やおじいさんの薄毛を見ていると、今は大丈夫だけれども「いずれは、父親のようになるんだろうなぁ・・・」とあきらめている人も多いかもしれません。

確かにAGAには遺伝的要素があり、家系にAGAの人がいる場合、AGAになる可能性は非常に高くなるということは間違いありませんが、生まれつ禿げているという人はほとんどいませんし、AGAの典型的な症状であるM字ハゲが起こる年齢というのも様々です。

何が言いたいのかというと、AGAの発症には遺伝子以外の後天的な因子、すなわち、その人の生活習慣が影響する因子もあるということです。
簡単に言えば、父親がAGAであっても、適切な生活習慣やヘアケアによってAGAの発症を遅らせることもできますし、AGAが発症しないまま自然に歳をとっていくということもあるということです。

もちろん、自分の遺伝子は父親と母親から受け継いでいるわけですから、必ずしも、父親のAGAに関わる遺伝子を受け継いでいるとは限りませんが、自堕落な生活や怠慢なヘアケアが薄毛を加速させるということもあります。

遺伝だからあきらめる必要は無いということですね
遺伝的な影響は大きいとは思いますが、遺伝的要素を持っていてもAGAの発症を抑えることができたという報告もあるそうです
そういった情報があるということは、AGAの遺伝的な要素というのは分かっているということでしょうか?

 

AGAの遺伝要素とは?

AGAの遺伝子的要素というのは、男性ホルモン受容体を合成するDNAを調べることによって分かります。

遺伝子検査は医療機関で受けることができるところもありますが、自宅で口の中の粘膜を擦り取って検査機関に送って調べるということも可能です。


ただし、結構な費用がかかる上、遺伝的要素があるからといって絶対にAGAになるということではないということを考えると、父親や親族の頭の状態を見れば自分がAGAのリスクを抱えているかどうかくらいは分かるので、そこまでしなくても良いのではないかとも思います。

 

AGAになるリスクが高い人は男性ホルモン受容体の感受性が違う!

男性ホルモンはテストステロンとジヒドロテストステロン(DHT)だけが有名ですが、他にも、デヒドロエピアンドロステロン、アンドロステロン、アンドロステンジオンなどがあります。
これらの男性ホルモンは細胞表面にある男性ホルモン受容体と結合することによって働くことになりますが、毛乳頭細胞の表面にある男性ホルモン受容体にDHTが結合することで毛髪の成長をストップさせるシグナル物質が分泌されることで抜け毛が起こります。

すなわち、男性ホルモン受容体のDHTに対する感受性が高い人はAGAになりやすい人であり、男性ホルモン受容体のDHTに対する感受性は遺伝子によって決められているというわけです。

 

AGAは父親譲り?それとも・・・?

どんな人でも多かれ少なかれ年齢とともに男性ホルモンであるテストステロンが減少し、それを補うために男性ホルモン受容体に結合しやすいDHTが合成されます。言い換えるならば、どんな人でも歳をとればある程度髪の毛が減ることは仕方がありません。
ところが、男性ホルモン受容体が人よりもDHTに敏感に反応する人は人よりも毛髪が抜けやすくなり、こめかみ上部や頭頂部などのDHTが合成されやすい場所の髪の毛が特に抜けやすくなるというわけです。

さて、「自分がはげたら父親のせい!」と思っている人も多いようですが、男性ホルモン受容体の遺伝子はX染色体の上にある、すなわち、母親の遺伝子状に存在することが分かっていますし、X染色体やY染色体といった性染色体とは関係しない常染色体の上に疾患遺伝子として存在する場合もあります。

難しい話になりましたが、簡単に言えば、母親の遺伝子からも父親の遺伝子からもAGAに関連する遺伝子を受け継ぐ可能性があるということで、必ずしも父親のせいではないですし、もしかしたら、ダブルで影響を受ける可能性もあるというわけです。

参照元:ウィッキペディア 男性型脱毛症
https://ja.wikipedia.org/wiki/男性型脱毛症

父親は外観から見て取れるので分かりやすいですが、母親の遺伝子由来となると分からないということですか?
頭頂部がはげている母親はいませんが、母親の遺伝子は祖父と祖母から受け継いでいるわけですから、祖父がAGAという場合は母親の遺伝子の可能性もあるかもしれません
父親を恨むのは筋違いということもあるというわけですね(笑)
遺伝的な要素があるからといってAGAになるとは限らないと申し上げたように、自身の生活習慣からくる後天的な要素もありますので、自己責任というところもあります

 

抜け毛の最大の原因は血行不良!

遺伝要素をもっている100人中100人にAGAが出現するのかと言えばそうではなく、出現しない人もいます。
逆に、AGAの遺伝的な要素が無い人でも、日常のヘアケアが不十分であれば抜け毛が増える原因になりますし、食生活や睡眠といった生活習慣が抜け毛の原因となることもあります。
要は、本人の心掛け次第で、AGAの発症を抑えたり、遅らせたりすることができるというわけです。

現在、市場に出回っている育毛剤、養毛剤には、大体、血行を促進させる成分が入っていることを考えると、血行不良改善がまずは、抜け毛防止、改善に効果的であるということがわかります。
その理由は、髪を作るのに重要な毛母細胞がある毛包の周囲にはたくさんの血管が通っており、血液によって毛髪を育てるために必要な栄養素が運ばれています。

育毛剤ではスカルプケアという言葉がよく使われますが、毛髪だけでなく頭皮にも十分な栄養素を送り込むためにも血流を維持することは大切ということですか?
血液の流れが悪くなると体のどんな部分も健康的でなくなりますので、健康や生命にかかわる部分ばかりクローズアップされますが、育毛においても高脂血症、高血糖、高血圧を伴うメタボリックシンドロームやそこから派生する動脈硬化なども大きく影響することになります

 

頭皮の血行不良・血流障害をもたらす要因

血液の流れが悪くなる最も大きな原因は、血液がドロドロになること、すなわち、血中コレステロールの増加やメタボリックシンドロームによる動脈硬化などが挙げられます。

AGAが発症する年齢とメタボ体質で悩む年齢がたまたま一緒になっているだけと安易に考える人も居られるかもしれませんが、血液がドロドロになっているから毛母細胞に十分な栄養が送られなくなり、新たな毛髪が造れなくなるということが抜け毛を加速する要因の一つになっていることもあります。

血流障害をもたらす生活習慣

  • 動物性脂肪、高コレステロール食品、油脂の多い食品の摂り過ぎ
  • 炭水化物の摂り過ぎ:余剰の炭水化物が体脂肪として蓄積される
  • 運動不足:有酸素運動の不足によって蓄えられた脂肪がいつまでたっても燃焼されない
  • 喫煙:たばこの煙には活性酸素が含まれており、吸収されると血中コレステロールを酸化させ、動脈硬化が促進される
  • アルコール:適度のアルコールは血流を活発にするが、過度の摂取は肝機能の低下を誘発し、炭水化物の代謝を低下させる

言い換えるならば、食事の欧米化、不規則な食事、運動不足といったダイエットの大敵が抜け毛を引き起こすことにつながるわけですから、ダイエットにつながる生活習慣がAGAの進行を遅らせることにつながるというわけです。

中高年を悩ませる体脂肪と抜け毛は、こんな形でつながっているのですね
糖尿病、脂質異常症、高血圧症といったメタボリックシンドロームの三大疾患は動脈硬化の原因になりますので、特に、影響力は強いと考えるべきです。喫煙は肺がんのリスクが高まるなどの議論もありますが、動脈硬化というのは肺がんよりも早く現れてくるリスクです
お酒の飲みすぎもダメなんですか?
アルコールの影響力は弱いかもしれませんが、連日のように飲みすぎるような状態というのは肝臓の負担が大きくなり、肝機能の低下につながり摂取した栄養素の代謝能力まで低下してしまいます。また、良好な睡眠が得られにくいといった弊害もあります
睡眠不足も抜け毛の原因になるということですか?

 

睡眠不足で抜け毛が増えるのか?

睡眠不足が直接抜け毛につながるということはありませんし、ましてや、AGAの発症に関係しているという科学的根拠があるわけではありません。
しかしながら、睡眠不足に由来する健康トラブルを考えると、全く抜け毛とは無関係とは考えにくいという点もあります。

睡眠は体と心を休めるための生理的な現象であり、眠っている間は起きている間に傷ついた組織や細胞の修復を行っている時間になります。
睡眠不足の人は疲れた身体を回復することができませんので、胃腸の消化吸収能力の悪化、肝臓や腎層の機能低下、肌荒れなど、体の至るところで悪影響が出てきます。
毛髪を育てる頭皮はお肌の延長上にありますので、肌荒れが出ているということは頭皮も悪影響を受けている可能性は高いと考えるべきです。

また、睡眠時間が短い人は、食欲を抑えるホルモンであるレプチンが減少し、食欲を更新させるホルモンであるグレリンが増加することが報告されており、食欲増加に伴う肥満のリスクが増加すると言われています。
慢性的な睡眠不足は生活習慣病を誘発するという報告もあり、いずれにしても、慢性的な睡眠不足は間接的に抜け毛を促進することにつながりそうです。

参照元

PLOSmedicine ”Short Sleep Duration Is Associated with Reduced Leptin, Elevated Ghrelin, and Increased Body Mass Index”

参照元

e‐ヘルスネット 「睡眠と生活習慣病との深い関係」

睡眠と抜け毛の関係については、以下に示す記事でご紹介させていただいておりますので、そちらも参考にしていただければと思います。

関連記事

注意!独断と偏見につき:睡眠と薄毛の関係

AGAは遺伝子の影響が一番大きいのかと思いましたが、進行を遅らせる方法はいくらでもあるのですね。
AGAについては、まだまだ分かっていないことも多いようですし、AGA遺伝子を持っていても発症を思い切り遅らせることでずっと髪の毛がある状態という可能性もあると思われます
今回は遺伝子が絡んでいるということもあり体の内部のケアに関する話になりましたが、育毛剤や育毛シャンプーを使った外部からのケアも大切ですよね?
もちろん、このサイトで紹介させていただいている育毛剤育毛シャンプーを使ったケアは、ある意味、生活習慣よりも大切です。本サイトでご紹介させていただいた商品の情報をもとに自分の状態にあったものを選んでケアすることがAGAの進行を遅らせる最大のポイントかもしれません