HARG療法とは?治療期間、費用、何よりも、効果や効果の持続性について徹底検証

自毛植毛
薄毛に悩む人ならばいろいろ調べている中で一度はHARG(ハーグ)療法という言葉を見かけたことがあるのではないでしょうか?
特に、M字ハゲから頭頂部の薄毛と男性型脱毛症(AGA)が進行している男性、すなわち、薄毛を超えてハゲてしまうことを恐れている切実な状況に陥っている多少のお金は仕方がないと思っているか男性はHARG療法というAGAの先進治療に興味津々ということもあるかと思います
HARGという言葉は見たことがあります。なんでも、お金はかかるけれども、男性・女性に関係なく男女に関係なく簡単に発毛を促し抜けにくい髪の毛が生えてくるとかいう毛髪の再生医療ということですよね。なんだか、むずかしそうですね
再生医療という言葉を聞くと難しく感じるのかもしれませんが、簡単に言えば、髪の毛が育つのに必要な信号を毛根に送り込んで発毛を促進する方法であって、科学的な背景がわかるとそんなに難しくありません

HARG療法のHARGというのは毛髪再生医療を英語にした「Hair Re-generative」というのを省略した言葉で、HARG療法は脱毛症の治療方法の一つです。
再生医療というとテレビで話題のiPS細胞を使った本人の細胞を使った皮膚や角膜、あるいは、臓器の再生といった領域を想像するかもしれませんが、そこまで進んだ再生医療とは異なるタイプの先進医療です。

簡単に言えば、HARG療法は、細胞培養によって得られた脂肪幹細胞から得られた成長因子にビタミン、アミノ酸などの発毛に必要な栄養素を加えたHARGカクテルと呼ばれる液体を頭皮に注入することによって、脱毛症の発症によってヘアサイクルの成長期にある毛髪が抜けてしまうのを防ぐ治療方法です。

脱毛の原因は様々ですが、何らかの要因でいきなり毛髪が成長するのをやめてしまう、すなわち、成長因子の供給がストップしてしまうためにまだまだ成長できるはずの髪の毛成長途上で抜けてしまうという現象は共通しています。

HARG療法では供給を止められてしまった成長因子を体外から供給し、ついでに、ビタミンやアミノ酸などのの供給を辞めてしまう原因に関係なく、育毛に必要な栄養素を供給することで止まってしまった毛髪の成長を再生しようという発想の治療方法というわけです。

原因はともかく、毛髪の成長因子が足りないのなら、不足している成長因子を供給してやれば髪の毛は成長することができるということですか?
そうです。毛髪再生医療という名称はついていますが、HARG療法というのは非常に単純な方法なんです。ただし、毛髪の成長因子を大量に入手する方法を発見したということがHARG療法のキーポイントとなっています

 

HARG療法とは?開発経緯は?

HARG療法はHARG治療センター総院長で日本医療毛髪再生研究会会長の福岡大太朗氏が2005年12月くらいから開発を開始したという従来の脱毛症の治療方法とは発想の異なる毛髪再生医療と呼ばれる脱毛症の治療方法です。

薄毛に悩む女性が非常に多く高額な自毛植毛や増毛といった高額な育毛に手を付けたり、カツラやウイッグなどを買われているのをみて、従来と異なる発想の比較的安価な治療方法によって実際に毛が生えれば喜んでもらえるという思いが開発のきっかけとなったということです。

従来の薄毛治療や対策

  • 皮膚科:薬剤の投与、紫外線療法、局所免疫療法
  • 美容皮膚科:頭皮に栄養を与える治療
  • その他の治療方法や対策:自毛植毛、育毛剤、ウィッグ(カツラ)など

従来の薄毛治療では薄毛の進行具合や原因などによっては効果が得られた人もいればそうでない人もいるという状況で、特に、男性型脱毛症(AGA)では、初期段階であればまだしも、進行している状態では効果が弱いというのが実際のところだそうです。

日本で利用されているフィナステリドやデュタステリドなどの経口薬や外用薬のミノキシジルというのも根本的な薄毛の原因をなくすものではなく、効果があったとしても飲むのを止めると元に戻ってしまうというの聞いたことがあります。HARG療法は大丈夫なのでしょうか?
医薬品の場合には効果があったとしても飲み続けなければいけないということはよく知られています。HARG療法も細胞に成長因子や栄養素を供給するだけなので、効果の持続性を懸念する人がおられるようです。HARG療法の効果や効果の持続性の詳細は後で検証していきますが、高額な治療ですのでどの程度の効果がどれくらい続くのかというのは気になるでしょうね
高額といえば、医薬品でも飲み続けなければならないということですし、育毛剤だってと使い続けるとなると費用もバカにできなくなってきます 。ウィッグで外観を整えるにしても、安い通販品だと数万円程度のものもありますが、自然に見えるようにしようと思えば10万円前後のものは必要と聞きますし、オーダーメイドとなると数10万円から100万円なんていうのもあるとか・・・
自毛植毛とう手段も平均で1本あたり400円程度ということですし、植毛できる量に限度がありますから禿げている状態となると厳しいものがあります
ところで、HARG療法は半年から10ヶ月くらい継続する必要があるし、その後の定期的なメンテナンスも考えると自毛植毛よりも高いということを聞いたのですが、それは本当ですか?
利用する病院によるとは思いますが、治療期間は目安としては半年から1年というのは聞いたことがありますし、月1回の通院で1回あたりの治療費が10万円から15万円程度ということですので安くは無いですね。
それで本当に薄毛が治ればよいのですが・・・
そのことについては、HARG療法というのがどういう治療方法で、どんな効果が期待できるのかといった情報を知る必要がありますね

 

HARG療法のメカニズムと期待される効果とは?

HARG療法は大量培養した脂肪幹細胞から抽出された成長因子にビタミンやアミノ酸を配合したHARGカクテルと呼ばれる液体を頭皮の皮下に注入することで狂ってしまっているヘアサイクルを正常な状態に戻すということを主体とする脱毛症の治療方法です。

HARG療法の中心となるHARGカクテルについてもう少し詳しく説明すると、幹細胞抽出増殖因子たんぱく質(Advanced Adipose-derived stem cell Protein Extract、AAPE)という成長因子に毛髪の再生に必要な栄養素であるビタミンB群、ビタミンH、ビタミンC、ビタミンE、たんぱく質、システイン(アミノ酸)を混合した液体ということです。

幹細胞抽出増殖因子たんぱく質(AAPE)

毛母細胞を分裂させるKGF(Keratinocyte growth factor)、毛髪の成長期を維持するPDGF(Platelet-Derived Growth Factor)、頭皮の血管を新生するVEGF(Vascular endothelial growth factor)などの150種類に及ぶ成長因子を組織培養により大量培養して得られた脂肪幹細胞から抽出精製した物質

幹細胞というのは、必要に応じて目的とする細胞に分化して、カラダを造り生命を維持するために必要な細胞のもととなる細胞であり、様々なシグナル物質である成長因子を合成する能力があります。
いくつかの幹細胞がある中で脂肪細胞の幹細胞である脂肪幹細胞に毛髪の成長に関係する成長因子が大量に含まれているということを発見したのが福岡大太朗氏であり、HARG療法のキーポイントとなっています。

HARG療法はAAPEによる毛母細胞の即時的な活性化が注目されていますが、AAPEには毛母細胞やメラノサイトに分化して育毛に必要な細胞を毛乳頭に供給する毛包幹細胞と色素幹細胞という幹細胞を活性化するとも言われています。

HARG療法は非常にシンプルな考え方に基づいた方法で、ヨーロッパや韓国などでも進んでおり、アレルギーを起こすことのない安全性の高い治療法の一つとして確立されています。
日本では、「日本医療毛髪再生研究会」の認定を受けた医療機関のみがHARG療法を施すことができることになっており、技術レベルが認められて認定を受けた医療機関は全国で219となっています。

参照元:ウィキペディア HARG療法
日本医療毛髪再生研究会 公式サイト HARG療法認定施設一覧
HARG開発者のAGA・薄毛治療院 HARG療法の効果

この説明だけを見ると有効なように感じられますが、にもかかわらず、否定的な意見があるというのはどういうことでしょうか?
いろいろな見解があるようですが、 2017年に日本皮膚科学会から発表された「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン」において、「成長因子導入および細胞移植療法は有用か?」という項目においてC2の行わない方が良いという評価が下されたというのが大きいのかもしれません

 

HARG療法のメリット・デメリット

フィナステリドやデュタステリドが画期的なAGAの治療薬といわれながらも副作用が懸念されているように、どんな方法にもメリットとデメリットが存在します。

以下に、HARG療法において考えられるメリットとデメリットを列挙してみました。

HARG療法のメリット

  • 男性・女性、薄毛の原因に関係なく利用できる:発毛に必要な成長因子と栄養素を注入することによって細胞を活性化するので、薄毛の原因は無関係です。
  • アレルギーの心配がない:ヒト細胞由来の成長因子を注入するので安全性が高く、現時点ではアレルギーを含む副作用の報告はありません。
  • HARGカクテルを注入するだけなので傷が残らない:麻酔をして注射で注入するだけなので痛みも少なく傷も残りません。注入方法については、注射だけでなく痛みを全く伴わないレーザーや電気を使用する方法も開発されています。
  • 短時間で処置できる:利用する病院にもよりますが、1回あたりの処置時間は20分程度だそうです。

HARG療法のデメリット

  • お金がかかる:1回あたりの費用は10万円~15万円ということで、メンテナンスも含めるとトータルで100万円程度が目安と考えられます。
  • 効果が実感できるまでの時間が長い:薄毛の状態もありますが、早い人でも2、3か月で効果が確認できることもあるそうです。メンテナンス期間も含めると半年から1年が目安だそうです。
  • 症例数が少ない:HARG療法そのものがスタートしたのが2006年ですので、治療の歴史が浅く長期的な効果の持続性や安全性に関するデータが少ないことは否めません。

2017年に日本皮膚科学会から公開された「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン」において「行わない方が良い」という評価を受けたことについては、内容を見てみると、様々な臨床試験は行われているものの安全性や有効性が十分に証明されているというわけではないために現時点では「行わない方がよい」というように判断するような説明がなされています。

言い換えるならば、長期的な視点で見たとき、歴史の浅いHARG療法は症例数が少ないためにトラブルの有無、安全性については未知数であるということがデメリットと考えられるというわけです。

参照元:日本皮膚科学会ガイドライン 男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン2017年版

どんな治療方法でも、その治療が始まった当初は「止めたらどうなるのか?」、「変なことにならないのか?」など将来的なことに関する情報は分からないのは当たり前ですね
そういうことですが、「そのトラブルが自分に降りかかるのは嫌だ!」というのも分かる気がします
痛い思いをするのが少ないというのと傷が残らないというのも魅力ですね
痛みは治療する医師の技量も問われる部分でもありますし、日本医療毛髪再生研究会が認定した病院を利用することをおススメします
費用については、薄毛の範囲が小さい時は自毛移植の方がメリットがありそうですが、広範囲になるとHARG療法と自毛植毛は同じくらいの費用がかかりそうですね
その人の状態と費用効果も含めて担当の医師とよく相談した方が良いと思います

以下の関連記事で自毛植毛について詳細に解説させて戴ておりますので、併せてご覧いただければ、HARG療法と自毛植毛のどちらを選ぶのかという選択をする助けになるのではないかと思老います。

関連記事:FUE法が人気の自毛植毛を徹底検証!FUE法とは?人工毛植毛との違いは?

HARG療法は脱毛症の根本的な原因を なくすわけではないので、治療が終了すると効果が無くなるのではという話も聞いたことがあるのですが、その点はどうなんでしょうか?
薄毛の原因がどれだけ強力なのかというのは人によって異なりますのでそういうこともあるかもしれません。実際のところ、細胞がない人には効果がない方法です。ただし、数か月にわたって定期的に成長因子を注入することで毛母細胞だけでなく毛母幹細胞が覚醒すれば、ある程度のヘアサイクルの回数は稼げる可能性も考えられます
いずれにしても、将来は未知数ということですね

 

HARG療法に関する検証結果の総括

HARG療法は、大量培養した脂肪幹細胞から抽出された成長因子(AAPE)にビタミンやアミノ酸を配合したHARGカクテルと呼ばれる液体を頭皮の皮下に注入することで、狂ってしまっているヘアサイクルを正常な状態に戻すということを主体とする脱毛症の治療方法です。
言い換えるならば、AAPEによる発毛に関わる細胞の活性化によって成長途上にある髪の毛が何らかの原因で休止期・退行期へと移行して抜けてしまう状態を改善するのがHARG療法です。

HARG療法のメリット

  • 男性・女性、薄毛の原因に関係なく利用できる
  • 現状、アレルギーや副作用の報告例がない
  • HARGカクテルを注入するだけなので傷が残らない
  • 短時間で処置できる

 

HARG療法のデメリット

  • お金がかかる(メンテナンスも含めるとトータルで100万円程度が目安)
  • 効果が実感できるまでの時間が長い(メンテナンス期間も含めると半年から1年が目安)
  • 症例数が少ない

HARG療法が開始されてからの歴史が浅いということもあり、症例数が少なく長期利用による効果や安全性に関する情報があまり無いということでHARG療法の評価が低くなっているということもあるようですが、HARGカクテルそのものや注入方法の改善も進められていることからもまだまだ進化している脱毛症の治療方法と考えられます。

ちなみに、HARG療法で用いられるAAPEは日本では承認されていない医薬品で、医師による個人輸入となっていますので、HARG療法を利用される場合には日本医療毛髪再生研究会が認定した信頼できる病院を利用することをおススメします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました