•  > 
  •  > 
  • ダイエットにも効果的な「鶏ささみ」髪の育毛にも効果的!

「薄毛」と聞くと、中年男性の悩みとしてのイメージが強いのではないでしょうか?

私たち女性は女性ホルモンの影響によって薄毛を抑えることができますが、産後脱毛症などのように女性でも抜け毛に悩まされることはあります。

日頃の食事から抜け毛対策ができればありがたいですね。というわけで、今回は「鶏ささみ」を取り上げてみました。

豊富なタンパク質

鶏ささみには、豊富なタンパク質が含まれています。とは言え、全ての食材の中では魚介類などに大きく遅れを取っているのも確かです。

しかし、鶏ささみは脂質・炭水化物ともに少なく、カロリー量が肉類の中でも特に少ないことで有名です。高タンパク低カロリーな食品として、ダイエット食品としても知られていますね。

髪の毛もタンパク質を元に成長しているため、材料たるタンパク質の摂取は必要不可欠です。また、こちらはそこまで多く含まれていないものの、亜鉛も含まれています。

亜鉛はタンパク質の合成に必要な栄養であり、同時に摂取できるのはありがたいです。ただし、100gあたりわずか0.6gしか含まれておらず、成人女性の1日の推奨量の10分の1ほどしかないため、他の食品やサプリメントで亜鉛を補給することを忘れないようにしてください。

 

ナイアシンの働き

ナイアシンは別名「ビタミンB3」とも呼ばれるビタミンB群の栄養の一つです。

他のビタミンB群と同様にエネルギーとなる栄養の代謝に必要な栄養です。また、ナイアシンは肌の健康を維持する働きや血行を改善する働きもあります。

これによって頭皮環境の悪化を防ぎ、タンパク質やその他の栄養を運ぶ血液の流れをスムーズにすることができます。

鶏ささみは全食品の中でも上位のナイアシン含有量を誇り、100g食べるだけで1日の推奨量のほとんどを賄うことができます。

ちなみに、ナイアシンは「アセトアルデヒドの分解」という働きもあり、お酒が好きな人は二日酔いを防ぐためにも積極的に摂取したい栄養です。

ただし、ナイアシンは過剰症があり、肌の赤らみや嘔吐に下痢、肝機能障害などを引き起こします。ビタミンB系もしくはマルチビタミンのサプリメントに含まれているので、サプリメントを服用している人は注意してください。

 

セレンの働き

鶏ささみには、「セレン」というミネラルの一種が多く含まれています。

このミネラルには抗酸化作用があり、体内の活性酸素の除去に役立ちます。

活性酸素は体内においてウイルスの駆除に効果を発揮するのですが、数が増えすぎると正常な細胞を攻撃して傷つけてしまいます。これが老化の原因となり、当然ながら髪や頭皮にも悪影響です。

セレンには抗酸化作用があり、増えすぎた活性酸素の除去に効果的です。

セレンは同じく抗酸化作用のあるビタミンEとともに摂取することでその働きを強めることができるのですが、残念ながら鶏ささみには微量にしかビタミンEが含まれていません。

ビタミンEは「カボチャ」「大根の葉」「モロヘイヤ」「魚卵」といった食品に多く含まれているので、合わせて摂取しましょう。セレンには毒性があり、摂取しすぎによる過剰症があります。

セレンの過剰症は逆に抜け毛を促したり、吐き気や爪の変形といった症状があります。しかしながら、鶏ささみ単品だと1日に1kg以上食べなければ過剰症になる心配はありません。

むしろセレンが過剰になるとしたら肝や魚介類、土中のセレン濃度の高い地域で栽培された穀類の方がセレン含有量は多く、マルチミネラルのサプリメントに含まれていることが多いのでその辺りに注意しておけばセレン中毒になる心配はありません。

 

まとめ

鶏ささみには豊富なタンパク質が含まれており、少ないながらも亜鉛も含んでいるため髪の毛の生成を滞らせることを防ぎます。

また、皮膚の健康を維持するナイアシンも豊富に含まれています。

さらに、抗酸化作用のあるセレンを含んでおり、頭皮環境の悪化と血行悪化を防ぐことで抜け毛予防に効果的です。