•  > 
  •  > 
  • 皮膚のたるみを抑える銅ペプチドは育毛効果にも目が離せない
近年の科学の発達、研究者の努力によって色んな物質の正体が明らかになってきましたが、銅ペプチドという物質もその一つです。

皮膚のたるみやニキビを改善する成分としてよく知られていた銅ペプチドですが、この成分に育毛効果の働きも有していることが解明されています。


すでに、銅ペプチドを配合した育毛剤が市場にも出回っています(Deeper3Dなど)

今回はこのAGA改善の期待度が非常に高い銅ペプチドを検証してみたいと思います。
まずは、銅ペプチドにはどのような育毛効果があるかを解説いたします。

 

銅ペプチドにはフィナステリドやミノキシジルとよく似た脱毛予防、育毛効果が

銅ペプチドは皮膚の老化防止、ニキビの治療などだけでなく、薄毛治療にも有効であると考えられています。

薄毛は、頭皮環境の悪化や毛包周辺の毛細血管の損傷・血行不良となり毛母細胞に十分な栄養が行き届かないことなど、様々な原因で起こると言われています。

銅ペプチドを塗布することで頭皮を新しいハリ・ツヤのある皮膚に入れかわらせ、毛細血管の損傷の修復を目指します。

その結果、毛母細胞に栄養が行き渡り細胞分裂(増殖)は活発になり、毛包の発達と発毛が促されるわけです。

このような銅ペプチドの発毛効果に期待して、育毛剤に配合されるのです。

 

5αリダクターゼの活性を抑制する=AGA発症を阻止

銅ペプチドには、AGAを改善する働きもあります。

男性ホルモンのテストステロンは5αリダクターゼによってDHT(ジヒドロテストステロン)に変化しますが、このDHTが男性ホルモン受容体に結合することで脱毛を促しAGAが発症します。

銅ペプチドは5αリダクターゼの活性を抑える効果があるという報告があり、日本皮膚科学会AGA診療ガイドラインの推奨Aランクであるフィナステリド(プロぺシア)と同じ働きをするわけです。

従って、これが確実に臨床的に証明されれば、優秀な脱毛予防成分がまた一つ、増えたことになります。

 

ヘアサイクルの成長期を延長

毛髪は成長期⇒退行期⇒休止期というヘアサイクルを経て、発毛、脱毛を繰り返します。

銅ペプチドは、ヘアサイクルの一部である成長期の部分を延長する働きがあると考えられています。

この効果も、日本皮膚科学会AGA診療ガイドラインの推奨Aランクであるミノキシジル(リアップ)と同じです。

ミノキシジルは血行不良を改善するだけでなく、毛包のミニチュア化を防ぎ成長期を延長する働きがあります。
アメリカの銅ペプチドを配合したある育毛剤は、日本の厚生労働省に相当するアメリカのFDAにミノキシジルの濃度が2%の育毛剤と同じ効果があると認められたとか……。

次は、育毛効果にも優れた働きを持つ銅ペプチドはどんな物質なのか?について検証していきましょう。

 

銅ペプチドとは?

育毛効果だけでなく、肌の老化も防止して、ニキビの後遺症である皮膚の凸凹も改善する万能選手のような銅ペプチドは、アメリカの研究者が発見しました。

 

銅ペプチドは損傷を受けた細胞を修復・再生する優れた働きを持っている

生化学者のアメリカのローレン・ピッカート博士は老化についての研究過程で、皮膚や毛、骨などの組織に存在する銅ペプチドを発見しました。

体内にある銅イオンと数個のアミノ酸(ペプチド)が結合したものですが、銅ペプチドに老化や損傷を受けた細胞を再生・修復させる働きをもっていることを見出しました。

加齢はこの再生や修復を行う頻度を減少させ、シワやシミを作りだしてしまいます。

銅ペプチドを使用することで、皮膚の再生や修復を行う頻度を増やし、ハリやツヤのある皮膚にすることができると博士は考えました。

また、銅ペプチドはタンパク質であるコラーゲンを作りだす高度な力を持っています。

そして、重症化したニキビは皮膚にデコボコの跡が残ることがありますが、銅ペプチドによって古いデコボコした皮膚のコラーゲン生成を促し、新しいすべすべした皮膚が生成されるわけです。

何か、凄い話になってきましたね。

上記の話が確実に証明されれば、フィナステリドとミノキシジル、つまり、日本の二大AGA治療薬の両方の働きと似たような銅ペプチドで色んな育毛剤ができそうな予感がしませんか?

銅ペプチドの効果がもっと確実に解明されれば、フィナステリドとミノキシジルよりは効果が劣ったにしても、安全性が高く、規制に縛られず、幅広く活用されるようになることでしょう。

 

「銅ペプチド」のどこが優れている?

 

  1. 銅ペプチドを頭皮などに塗ることで脱毛防止、薄毛改善へと導きます。
  2. コラーゲンやエラスチンの再生(産生)能力が高く、しわやたるみを改善します。(エラスチンとコラーゲンはたん白質ですが、コラーゲンを束ねて肌に強度、弾力性を与えています。)
  3. 保水性の高いグリコサミノグリカンやプロテオグリカンを増やす
    グリコサミノグリカン:ムコ多糖でヒアルロン酸やコンドロイチン硫酸などの総称
    プロテオグリカン:ムコ多糖(グリコサミノグリカン)とたん白質が結合していますが、割合はムコ多糖が約7割です。
  4. 皮膚のバリア機能をアップさせます。
    皮膚の保湿性や弾力性を保持することが、バリア機能アップにつながっています。
  5. 皮膚の細胞の働きを活発にして、皮膚の傷を回復させるとともにやシミを追い出します
  6. 体内の過剰な活性酸素を取り除く(抗酸化作用)があります。

 

高濃度の銅ペプチドは刺激性が強い

アメリカには、銅ペプチドを使用した製品や治療法がたくさんあります。
銅ペプチドの配合が高濃度になるほど刺激性が強くなるので、刺激が強いと感じる場合は低濃度から使用を始めていきます。

輸入製品の育毛剤ではポラリスなど、日本ではDeeper3Dに銅ペプチドが配合されています。
また、Deeper3Dの公式サイトでも副作用については触れていないぐらいなので、Deeper3Dに配合されている銅ペプチドは量的にも刺激を感じてしまうほどの量は入っていないと考えられます。

参照URL:個人輸入価格比較BESTプロペシア「銅ペプチド」
http://bestpropecia.com/glossary/copper-peptides.php
参照URL:TYAmerica「コッパ―ペプチドについて」
http://www.tyamerica.com/bland/copperpeptideintro.html
参照URL:薬事法マーケテイング教科書「プロテオグリカンとは?プロテオグリカンの効果と副作用」
http://yakujihou-marketing.net/archives/1204

 

まとめ

① 銅ペプチドにはフィナステリドやミノキシジルと似た効果が得られる可能性あり
② 銅ペプチドは顔などのシミやニキビの痕も改善できるなど、育毛効果以外にも期待できる効果がある
③ 銅ペプチドを高濃度にした場合には刺激を強く感じることもあるため、低い濃度から使用するなど、工夫しましょう。
④ 日本の育毛剤「Deeper3D」にも入っているけれど、安全圏内の量であることは確かのようです。ただし、効果があるほど入っているかも未明ですが。

銅ペプチドについては科学的な証明が不足しており、規制の緩いアメリカのほうが日本より出回っているというのが現状です。
過剰な塗布は、もちろん、不可ですが、育毛効果のみならず、保湿性も高く、再生能力もあり、抗酸化作用まであるとなると、頭皮の老化やAGAの予防・改善に大きな期待が集まる原材料です。

これから、日本の育毛剤メーカーがどのように医薬品ではない銅ペプチドを活用していくのか、とても楽しみです。