•  > 
  •  > 
  • ポリフェノールが薄毛に効果ありと考えられている理由 IGF-1を増やすカカオポリフェノールとは?

ポリフェノールを含んだ食品は、他にもたくさんあり、育毛剤にも使われています。

例えば、リンゴポリフェノールなどは、育毛剤(ポラリスなど)に入っています。

今回は、ポリフェノールにスポットを当てて、ポリフェノールがどのように薄毛改善効果に役立っているのかを検討してみましょう。

ポリフェノールとは?

野菜や果物などの植物の色素の成分のことです。香辛料やカカオにも含まれています。

渋みやアクの元となる物質で以前はあまり好まれていませんでした。

しかし、1992年、セルジュ・ルノー博士というフランス人の化学者が、ポリフェノールの健康効果を解明しました。

フランス人は肉食系の食生活をしている割には、心臓病などの生活習慣病に罹患している人間が少ないことにルノー博士は注目しました。

そして、フランス人が食事のときによく飲む赤ワインに含まれているポリフェノールの抗酸化作用によって、生活習慣病を予防していると発表しました。

このことが赤ワインブームに火がつき、赤ワインに多く含まれているポリフェノールに関心がもたれるようになりました。

 

ポリフェノールの効果は多彩

ポリフェノールの抗酸化作用は、「全てに効果あり」と言いきっても過言ではありません。

例えば、ブルーベリが眼の健康に良いとよく言われています。これもアントシアニンというポリフェノールの効果です。

また、緑茶や抹茶は悪玉コレステロールや中性脂肪の生成を抑制するカテキンというポリフェノールが含まれています。

他にも、たくさんのポリフェノールがあります。ポリフェノールの種類が違えば、効果も少しずつ違いますが、どのポリフェノールにもある効果が抗酸化作用です。

 

ポリフェノールが薄毛に効果ありと考えられている理由

育毛剤の中に含まれている成分、特に植物成分などにポリフェノールなどが含まれていて、抗酸化作用があるからAGAや薄毛改善に効果があるという説明が、よく育毛剤の公式サイトの中でされています。

どうして、ポリフェノールの抗酸化作用が薄毛改善に効果があると考えられるのでしょうか?

 

抗酸化作用は活性酸素を抑え、老化を防止

活性酸素は細菌やウイルスから身体を守るという立派な働きがありますが、過剰になると、正常細胞に有害な作用をもたらします。

生きて、呼吸をするだけでも活性酸素は増えます。ということは長く生きているほど、体内に活性酸素は増えるということになります。

つまり、それは老化へと向かうということです。

普通に生きているだけでも活性酸素が増えるところに、過度の飲酒や喫煙、紫外線、ストレスなどがあるとさらに活性酸素は増えていきます。

ポリフェノールは、このような有害な活性酸素を抑えます。

 

老化はAGAを発症しやすくさせる

人によっては遺伝的要素が強かったり、極端なストレスなどで若くしてAGAを発症してしまうケースもありますが、大体、加齢によってAGAの発症率が高くなることはつまり、老化の一つです。

加齢によって、男性ホルモンが自然に減少していきます。体内の男性ホルモンが減少すると、その不足分を補うため、男性ホルモンのテストステロンはDHT(ジヒドロテストステロン)に変化していきます。

DHTはAGA発症の最大誘因物質と言われてます。

従って、活性酸素が増え、老化が進行すると、DHTも増え、AGAが発症、進行しやすくなるという仕組みになります。

また、活性酸素の増加でコレステロールや中性脂肪が増え、動脈硬化がおき、血行不良となって毛母細胞の分裂(増殖)に必要な栄養が運ばれにくくなり、薄毛が進行するということも考えられるわけです。

ポリフェノールはこのような状況を打破する効果があります。

ポリフェノールの中でも共通した抗酸化作用の他に、眼に良い影響を与えたり、血管を強化したりするそれぞれのポリフェノールがあるように、育毛効果や脱毛予防に特化したポリフェノールもあります。

次はそれらのポリフェノールを紹介します。

参考URL:ジヒドロテストステロン(DHT)とは?~メカニズムと抑制法を解説します~

http://www.osaka-clinic.com/keyword/aga_column_02/page8.html

参考URL:ポリフェノールは皮膚疾患の新たな治療選択肢

https://www.carenet.com/news/general/carenet/39157

 

プロアントシアニジン

どんな食品のポリフェノールでも、曲がりなりにも健康的な毛髪や頭皮を作りだしますが、プロアントシアニジンは、特に育毛効果があると考えられているようです。

プロシアニジンというポリフェノールはリンゴ、主に青りんごで皮に多く含まれています。

このリンゴのポリフェノールを入れた育毛剤やシャンプーがいくつかあります。

老化やストレスなどで酸化してしまった、要するにさび付いてしまった毛乳頭細胞や毛母細胞などが原因でヘアサイクルが乱れてしまい、発毛の遅延、抜け毛の亢進が起きるのをプロアントシアニジンが抑制します。

また、酸化が原因で頭皮から不快臭が発生します。頭皮や毛穴などの皮脂が何かの原因で酸化され、その酸化された皮脂から嫌な臭いが出るのをプロアントシアニジンが抑えます。

 

カカオポリフェノール

最近、カカオによる健康効果に関心を持つ人が増えています。

それはデパートやスーパーにカカオ70%というような非常にカカオの含有量が多いチョコレートが、たくさん陳列されていることからでもわかります。

カカオには増毛効果がある亜鉛を始め、鉄やカルシウムなどミネラルが豊富に含まれています。そしてポリフェノールも!

以前、テレビ番組の「情熱大陸」でカカオハンターといわれる女性にスポットを当てた特集がありました。

中南米の奥、危険地帯にまで入ってカカオを探す彼女の姿を見るだけで、昔、カカオは貨幣の代わりにもなった言われるほど貴重なものだったということが納得できました。

 

IGF-1を増やすカカオポリフェノール

IGF-1が増えると、血管を拡張させる一酸化窒素の濃度が高くなり、血行が良好になって血圧を下げると考えられています。

糖分が低く、カカオの含有量が高いビターチョコレートを10~30g/日食べていくと、血流が促進されていき、育毛効果も期待できるかもしれません。

IGF-1はインスリン様成長因子のことで、ソマトメジンCとも言われています。

インスリンとよく似た構造を持ったポリペプチドです。インスリンと構造は似ていますが、インスリンのような血糖を下げる働きはありません。

IGF-1は、成長ホルモンから生成されます。

そのIGF-1はアンチエイジング効果があり、薄毛改善、肌にハリ、潤いなどを与える働きがあります。

加齢とともに成長ホルモンは減少、それに伴ってIGF-1も減少します。

従って、カカオを摂るということはIGF-1を増やし、老化を遅延させることになるので、男性ホルモン(テストステロン)が増え、DHTに変換する必要が無くなります。血管も拡張し、血流がよくなって育毛効果の向上につながっていきます。

参考URL:カカオリッチで髪もリッチに!、チョコレートの効果のハナシ

https://asc-cl.jp/yougo/tougarashi/cacao/

 

まとめ

ポリフェノールといわれるものは、他にも沢山あります。

ポリフェノールの効果を一口で言うと「抗酸化作用」となります。

この抗酸化作用を抑えることは全ての臓器、皮膚、毛髪などのアンチエイジングに結びつきます。

つまり、健康的な頭皮と毛髪を保っているということは、血管や内臓も若々しいということにつながります。

従って、薄毛やハゲが進行したということは、老化や生活習慣病が忍び寄ってきているということも考えなくてはいけません。

ポリフェノールの積極的な摂取で、若々しい体づくりができれば、そんなに意識しなくても、いつのまにか脱毛阻止につながり、薄毛改善も可能になっているかもしれませんね。