アデノバイタルシャンプーは洗浄力が強いのに本当に育毛効果があるのか成分から検証してみました

アデノバイタルシャンプーは、大手化粧品会社の資生堂が販売している育毛シャンプーです。

アデノバイタルシャンプーには育毛シャンプーには珍しく、安価な「界面活性剤のラウレス硫酸ナトリウム」が入っています。

界面活性剤のラウレス硫酸ナトリウムは、洗浄力・脱脂力が強すぎるため、あちこちのAGAや育毛シャンプー関係のサイトがマイナス評価をしている界面活性剤です。

敢えて「界面活性剤のラウレス硫酸ナトリウム」を合成したアデノバイタルシャンプーには育毛効果はあるのでしょうか?

他に含まれている成分の分析も行い、総合的に分析評価をしてみました。

何故、資生堂は育毛シャンプーにラウレス硫酸ナトリウムを入れたのか?

ラウレス硫酸ナトリウムは強い洗浄力がありますが、頭皮には良くないため、薄毛に気を使う人には嫌われている成分です。

アデノバイタルシャンプーは一般のシャンプーよりは価格が高いのですが、育毛シャンプーとしては高い方ではありません。

そのため、価格だけ見ると…

「敢えてラウレス硫酸ナトリウムを混ぜて洗浄力を強め、汚れを落としやすくする代わりに、アミノ酸などの天然成分を減らしているのでは?」

と感じました。

ただこれは、育毛の最先端技術に取り組んでいる資生堂の行動としては想像しづらいものです。

それでは、資生堂がラウレス硫酸ナトリウムを入れた意図は何だったのでしょうか?

理由を探るべく、アデノバイタルシャンプーに入っている他の数種類の界面活性剤も含めて調べて見ることにしました。

 

アデノバイタルシャンプーに含まれる界面活性剤

ラウレス硫酸ナトリウム

ラウス硫酸ナトリウムに似たものに「ラウル硫酸ナトリウム」があります。

名前が1文字しか違わず紛らわしいですが、同じくアニオン(陰イオン)系の界面活性剤であり、強力な洗浄効果があります。

皮脂や汚れは陽イオンに帯電しているので、陰イオンのラウレル硫酸ナトリウムが吸着して除去します。

 

両者で異なる点は「分子の大きさ」です。

ラウリル硫酸ナトリウムの分子は小さく、ラウレス硫酸ナトリウムは非常に大きい分子です。

(詳細を言えば、ラウリル硫酸ナトリウムにポリオキシエチレン(POE)が結合したものがラウレス硫酸ナトリウムです)

ラウリル硫酸ナトリウム

分子が小さいため、頭皮や肌の毛穴などに入りこみ、しっかりと汚れを落としますが、脱脂効果が強すぎるため頭皮や肌に強い刺激を与えてしまいます。

ラウレス硫酸ナトリウム

分子が大きいため、ラウリル硫酸ナトリウムよりは毛穴などに入りこむことはなく、刺激を抑えることができます。

よって、資生堂は頭皮への刺激をできるだけ抑えるためにラウリル硫酸ナトリウムではなく、ラウレス硫酸ナトリウムを使用したと考えられます。

これでラウリル硫酸ナトリウムに近いぐらいの強力な脱脂力を保ちつつも、頭皮への刺激を抑えています

 

コカミドプロピルベタイン

両性(ベタイン系)界面活性剤の仲間です。

脱脂力、洗浄力はマイルドですが、その分、刺激性が抑えられ、人体への安全性が高くベビーシャンプーなどに入っています。

また、肌への刺激性があるラウレス硫酸ナトリウムの作用を緩和するために入れてあることが多いため、アデノバイタルシャンプーもこの組み合わせですね。

 

PEG-2ヤシ脂肪酸アミドMEA硫酸Na

アニオン系界面活性剤です。

硫酸とあるので、刺激性が強いラウレス硫酸ナトリウムの仲間かと思う人もいるかもしれませんが、アミド基がついている分、刺激もマイルドでツヤ感のある仕上がりになります。

 

ココイルメチルタウリンナトリウム

アミノ酸(タウリン)で、ココヤシ由来のアニオン系界面活性剤です。

アシルメチルタウリン(AMT)とも言われ、非常に優れた洗浄剤です。

頭皮や肌への刺激が抑えられてあり、人体への安全性も高いのが特徴です。

ベタイン系界面活性剤との併用でさらに優れた効果を発揮します。

 

ポリクオタニウム3種類

カチオン系界面活性剤です。指通りをよくしたり、ツヤ感のある髪にします。

アデノバイタルシャンプーはシリコンが入っていないので、ポリオクタニウムはシリコンの役割にもなります。

ポリオクタニウムの詳しい解説はイクオスブラックシャンプーの記事で詳しく書いていますので、併せてご覧頂けますと幸いです。

関連記事:イクオスブラックシャンプーの効果を考察 成分や備長炭の働きからまとめてみました

 

アデノバイタルシャンプーに含まれる界面活性剤の見解まとめ

アデノバイタルシャンプーには多くの界面活性剤洗浄力が入っていることが分かりました。

それぞれにどれぐらいの量が入っているのかはわかりませんが、表示表には一般的に「量が多く入っている成分から書いていく」ことを考えれば、全体量の6割を占める成分「水」の後に「ラウレス硫酸ナトリウム」が記載されているので、これが水の次に多い成分であると予測されます。

洗浄力が強いラウレス硫酸ナトリウムが多く含まれていることを考えると、アデノバイタルシャンプーは頭皮への影響が強すぎる。と危惧されます。

 

洗浄力・脱脂力の強い育毛シャンプー?

通常の育毛シャンプーの界面活性剤はアミノ酸、あるいはベタイン系の成分が主に入っており、ラウレス硫酸ナトリウムなどは入っていないことが多いです。

資生堂からはアデノバイタルスカルプトリートメントも発売されているので、アデノバイタルシャンプーはあくまでもシャンプー本来の働きである洗浄力に重点を置き、そのデメリットをトリートメントで補うということなのでしょう。

 

現在は、どちらか言うと洗い過ぎによる皮膚のトラブルが多いと言われています。

皮膚専門医たちもそのことについて警告しており、シャンプーはヘアサイクルなどを考えると、一ヵ月に一回でいいと極論をいう医師もいるぐらいです。

また、皮脂の詰まりも頭皮の下から常に新しい皮脂が押し上げるので、皮脂の詰まりに対して必要以上に神経質になる必要がないと言われています。

薄毛に悩む人は毎日シャンプーする傾向が強いことを考えると、洗浄力の強いシャンプーよりも洗頭皮や毛髪への保護に重点を置いたシャンプ―を選択する方がいいと考えます

このように考えると、アデノバイタルシャンプーにラウレス硫酸ナトリウムを使用した理由は「安い原料で価格を下げるため」以外に思いつきません

他のメーカに先駆けて、平成18年から今をときめく最先端の再生医療にとり組む資生堂ならではの意気込みが、アデノバイタルシャンプーに感じられないのがとても残念です。

 

育毛成分アデノシンやアルギニンなどが添加程度に入っていますが…

アデノバイタルシャンプーにはその他にも多くの成分が含まれています。

育毛成分アデノシン

アデノシンはAGA治療のガイドラインにも取り上げられている発毛成分です。

アデノバイタルシャンプーに表示されている成分を見ると、最後の方に「アデノシン」と書いてあります。

順序が後ということで、入れてあるというよりは「添加した程度?」のように思われます。

 

アルギニン

アデノバイタルシャンプーの成分表には、見逃してしまいそうな位置にアルギニンという文字があります。

このアルギニンは、増毛効果があると言われる成長ホルモンの分泌を促すアミノ酸です。

添加程度しか入っていないかもしれませんが、一応、育毛に関係ある成分です。

 

その他の成分

アデノバイタルシャンプーには、

  • 保湿効果のあるメタケイ酸アルミン酸ナトリウム
  • 血行を促進するビタミンE:酢酸トコフェロール
  • 抗酸化作用のあるチオタウリン

など数多くの成分が入っています。ただ、これらの含有量はあくまでも「少量添加されている」程度です。

 

私セイジが考えるアデノバイタルシャンプーの評価まとめ

髪に良くないラウレス硫酸ナトリウムが含まれているアデノバイタルシャンプー

それを補う理由も見当たらず、有効成分も含まれていなかったため、仕様から考察すると育毛効果は乏しいのではないか。と考えられます。

大手メーカーである資生堂の製品なので少し残念に思いましたが、今後の製品改良に期待したいことです。

 

参考価格

  • 価格:4,320円
  • 最安値:1,983円(OFF:     ¥ 2,337 (54%) )- AMAZON
サイト運営者セイジが実際に色々と試した育毛関連製品の効果を纏めています。 詳しくは育毛シャンプー育毛剤の記事をご覧下さい。

関連記事

ピックアップ記事

  1. どうも、管理人のセイジです! 以下の記事でも書いていますが、私は旋毛の薄毛を改善するためにチャ…
  2. 女性特有の脱毛症とは? 女性にも脱毛症はありますが、男性のような禿げ方をする人は見たことがありませ…
  3. 出産を終えたあとに控えている「産後脱毛」は、主に妊娠・出産による女性ホルモンが深く関係します。 …
  4. このページでは、育毛剤をかれこれ3年以上試し、回復中のセイジがおすすめの育毛剤をご紹介しています。 …
  5. [speech_bubble type="std" subtype="L1" icon="chapu…

最近の投稿



ページ上部へ戻る