AGAのためにプロペシアを飲んでいる男性の精子はプロペシアの成分を含んでいて、胎内にできる受精卵に悪影響を及ぼすのではと、考えてしまいそうですね。

 

妊娠中、あるいは妊娠可能年齢の女性がプロペシアを飲むと、男子胎児の生殖器に異常をきたすということはよく知られています。

また、飲むだけでなく、プロペシアの錠剤が割れむき出しになった成分のフィナステリドに触れることも,経皮吸収という経路を経て女性の体内に入ってしまい胎児の生殖器の発育に悪影響を与えると考えられています。

ということは、AGAのためにプロペシアを飲んでいる男性の精子は大丈夫なのだろうかと考えてしまいそうですね。

これに対して、専門医の意見はプロペシアが精子に移行するのは超微量であり、胎児への影響はないに等しいという意見がほとんどです。

しかし、プロペシアを飲む男性は受精に至ることが困難、つまり「不妊」になりやすいと指摘する専門医が少なくありません。

AGAに悩み始める年齢と子供がもう一人ほしいと考える年齢が合致する男性は多いと思われます。

いや、まだ1人も自分の子供を作っていないのに、AGAの兆候が出始めるということもあるでしょう。

プロペシアの使用を避けたいと思っても、日本でのAGA治療法の選択肢はそんなにありません。

プロペシアは、AGA改善効果があると厚生労働省が認めた数少ないAGA治療法の一つです。

それが、プロペシアは子供が欲しいと考える男性には使用をためらいたくなるような情報が非常に多いと思いませんか?

「性機能異常になるぐらいならハゲでもいい」というネットの書き込みがありました。

「子供」も「髪の毛」も両方、望むのはゼイタクなことなのでしょうか?

私自身はやはり専門医の意見と同じで、子供を望むのであれば、プロペシアの服用は控えるべきと考えています。

何故、そのように考えるのか、順を追って説明したいと思います。

 

プロペシアを飲んでいても子作りはできる

最初に断っておきますが、「プロペシアを飲んでいても、子作りはできる」というのはあくまでもプロペシアの添付文書に記載された用法用量通り飲んだ場合ということです。

現在、よく言われている「安全性が高い」「副作用が少ない」というプロペシアの特長は、添付文書に記された用量を飲むという条件下でのことです。

飲み過ぎれば、当然、安全性も下がり、副作用も出やすくなります。

例えば、プロペシアが精子に移行する量は、微量ではなくなる可能性も当然、出てきます。

 

推奨された用量では胎児に影響はない

推奨(適用)されている量「一日、1mgの内服」であれば、胎児に影響しないということがプロペシアの添付文書でも示されています。

 

妊娠3カ月程度までのアカゲザルにフィナステリドを投与して胎児への影響を調査

胎児の主要な器官が作られている非常にデリケートな妊娠三カ月前後までは、妊娠期間中でも最も重要な期間です。

この期間中で平均体重(約6kg)のメスのアカゲザルに、フィナステリドを一日に約720mg、静脈に毎日注入しました。

(上記の数字は添付文書に記載されている一日、1kgに対して120mgのフィナステリドとして換算しています)

人間に適用されているプロペシア(フィナステリド)一日量1mgよりも、700~750倍以上の量を体内に入れていることになりますが、オスだけでなくメスのアカゲザルの胎児にも異常は見られなかったと添付文書には記載されています。

 

フィナステリドの精子への移行がたとえ、微量でも「イヤ!」という人へ

フィナステリドの精子への移行が微量で胎児には影響を与えないと考えている専門医が多いのですが、「微量でもイヤ」という考えの方もおられます。

その場合、プロペシアを止める必要があります。止めたその時点から成分のフィナステリドが体から抜けるわけはなく、体からフィナステリドが消失するためには、少し時間がかかります。

どの位、休薬して子作りを開始すればいいでしょうか?

 

胎児への影響をゼロにするためには中止してから3カ月後が理想

「いつから子作りを?」ということを考えるのに、参考となる情報があります。

それは日本赤十字社が行なう献血の規定条件です。

フィナステリドを飲んでいる人は献血できないとし、この人たちが献血OKとなるには服用中止して一ヵ月以降と日本赤十字社は規定しています。

プロペシアの添付文書などには、フィナステリドは24時間で血中から消えるとありますが、献血する場合、日本赤十字社は服用を中止してから、一ヵ月間は献血しないでほしいと言っています。

万が一にも、フィナステリドを含んだ血液が妊娠中、妊娠可能年齢の女性の体内に入ることがないようにするためです。

このようなことから考えると、子作り開始は服用中止から一ヵ月後であれば、フィナステリドの精子への移行をゼロにできることになります。

ちなみに、プロペシアの製造元MSDはさらに安全性を重視して、服用中止してから3カ月以降が理想と推奨しています。

 

参考URL:ユナイテッドクリニックコラム「フィナステリドと子作り」

http://www.united-ikebukuro.com/column/836/

参考URL:プロペシア「添付文書」

https://www.msdconnect.jp/products/propecia/

参考URL:日本赤十字社 東京都赤十字血液センター「献血の規準:ご遠慮いただく場合」

http://www.tokyo.bc.jrc.or.jp/current/index2.html

 

要するに、基本的には男性がプロペシアを決められている用法用量で飲んでいるのであれば、胎内にいる胎児に悪影響を及ぼすことはないと考えられます。

しかし、いくら胎児には影響がない微量とはいえフィナステリドが精子に移行するのはNGと考えるのであれば、MSDが推奨する服用中止してから3か月以降に子作りを開始されることをおすすめします。

次はプロペシアによって起きる可能性がある男性の不妊についてです。

できた胎児への影響を心配する以前の問題ですよね。

プロペシアによる男性不妊への影響は、プロペシアを飲むと精子が薄くなるとか量が減少するなどと言われています。

 

子供が欲しければ、プロペシアを中止するべきと医師も勧告!

今までは、胎内に赤ちゃんが宿ってからのことで、これからは宿る前のお話になります。

奥さまが妊娠され、胎児が正常に成長し、無事に生まれてきてくることをひたすら祈り続ける人たちを羨ましく、自分たちも「ああなりたい」と思います。

しかし、なかなか、奥さまが妊娠されない場合、プロペシアを飲んでいることが影響を及ぼしている可能性があります。

あちこちのプロペシアに関するサイトや、AGA専門医、泌尿器科専門医のブログにも記載されているように、アメリカにおいて、プロペシア服用が原因で精子の量が減少という報告があります。

 

アメリカ生殖医学会雑誌「Fertility and Sterility」で論文発表

被験者が男性14人という非常に少ない人数ですが、無視できない調査結果が報告されています。

14人全員のフィナステリド服用中、服用中止後の精子の濃度を測定しました。

測定結果は、フィナステリド使用中よりも中止後のほうが非常に有意に上昇していたと報告されていました。

精子の量は服用中止後、11.6倍にも増加していたということです。

このような結果報告に、専門医たちはプロペシアの服用は男性不妊の原因となる可能性があるため、特に、精子に何らかの問題がある男性にはAGA改善のためのプロペシアの利用を考え直すよう指導することが少なからずあると言っています。

また、服用中止した場合、精子の数が服用以前に戻る人もいますが、中止しても戻らないポストフィナステリド症候群を思わせる人もいたということです。

参考URL:ヨミドクター:オトコノコト 医師 小堀善友のブログ「髪の毛を取るか、精子を取るか」

https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20131224-OYTEW54278/

「毛髪も子供もほしい」ということはやはりゼイタクなことなのでしょうか?

もちろん、プロペシアを飲んだ男性の全てが不妊になるわけではありません。

しかし、不妊の可能性があるとなると、子供が欲しいと思っている男性は自分がそれにあてはまりそうなイヤな予感がしてくるものです。

人にはそれぞれの背景があり、50、60歳代でも子供を望む人はいます。

AGAの治療は、プロペシアを服用する以外にもあります。

冒頭にも書きましたように、子供を望むのであればプロペシア服用以外の方法でAGAの改善を目指すべきだと思います。