•  > 
  •  > 
  •  > 
  • ボストンスカルプエッセンスの効果を成分から徹底検証!5種類の育毛成分で頭皮の環境を整備!
ボストンスカルプエッセンスは世界に名だたる育毛成分が複数配合された育毛剤ですが、育毛活動を始めたばかりの初心者でも一度は目にする商品です。配合されている育毛成分も、新旧含めて、育毛剤を勉強中の方なら聞いたことはあるといった成分ばかりです。
ところが、有名な成分が配合されている、しかも、高濃度で配合されているからといって、必ずしも良い育毛剤というわけではなく、有効成分が効果的に機能するように設計されている必要があるというのがボストンスカルプエッセンスのポイントになっているようです

2015年11月30日に発行された一般社団法人日本先端医療学会の学会誌である「先端医療と健康美容」にボストンスカルプエッセンスの検証データが掲載されたということですが、配合されている成分が医学誌で取り上げられるほど話題性の高いものであるということの証明かと思います。

確かに、ボストンスカルプエッセンスの配合されている主要成分は、キャピキシル、ピディオキシジル、フラーレン、オレアノール酸などの素人でも知っている成分から最近話題の成分まで贅沢に配合されている育毛剤というイメージが強いです。

しかし、販売元の株式会社エスロッソの公式オンラインショップに掲載されている開発秘話によると、代表取締役の杉山哲矢氏の「ユーザーが効果を体感できて使い続けたいと思うことができるか?」のこだわりを満足させるためには、有名な育毛成分をとにかく詰め込むといった育毛剤ではなく、各成分の効果を考えた上でバランスの良い組み合わせと配合比率が重要であるということがポイントになっているということです。

商品名 BOSTON(ボストン)スカルプエッセンス
特徴 業界注目の育毛成分をバランスよく配合し、自然由来成分でお客様のヘアケアをサポートする「やさしさ×実感×満足」を兼ね備えた製品。部分的なお悩みをお持ちのお客様にも使いやすい仕様
主要育毛成分 キャピキシル、ピディオキシジル、フラーレン、オレアノール酸、活髪因子(成長因子)
分類 化粧品
容量 60mL
通常価格(税別) 9,800円

参照元:BOSTONスカルプエッセンスエスロッソ公式オンラインショップ

キャピキシルは聞いたことがあります。キャピキシルを使った育毛剤は結構な数ありますからね
ボストンスカルプエッセンスの主力成分であるキャピキシルとピディオキシジルの組み合わせというのは、フィンジアスカルプエッセンスにも配合されています。フラーレンとオレアノール酸を利用している育毛商品は少ないですが、フラーレンはLe ment(ルメント)炭酸シャンプーに、オレアノール酸はビタブリッドC ヘアートニックに配合されています
メイン成分が同じということは、ボストンスカルプエッセンスはフィンジアスカルプエッセンスと比較されることが多いのでしょうね。
メイン成分が同じというだけでなく、ボストンスカルプエッセンスとフィンジアスカルプエッセンスはキャピキシルとピディオキシジルの配合量まで同じですので、サブ成分が両者の差のすべてということになります。先ずは、共通成分であるキャピキシルとピディオキシジルから見ていきましょう

 

キャピキシルとピディオキシジルはどんな育毛成分?

ボスとスンカルプエッセンスの育毛効果のメインとなっている成分が、キャピキシルとピディオキシジルですが、ボストンスカルプエッセンスにはキャピキシルが上限ぎりぎりの5%、ピディオキシジルが2%配合されています。

そして、先に申し上げたように、フィンジアにも同じ成分が同量ずつ配合されており、キャピキシルによる抜け毛を抑えながら毛母細胞の分裂を促進する効果とピディオキシジルの血管拡張作用による栄養供給がコラボすることによって、髪の毛が育まれる環境が整備されるというわけです。

キャピキシル

カナダのLUCASMEYER COSMETICS社が開発した、アカツメクサ花エキスとアセチルテトラペプチド‐3を主成分とした原材料であり、2成分がコラボすることによって抜け毛を抑えて髪の毛の新生を促すという世界的に話題となっている育毛成分です。

  • アカツメクサ花エキス:男性型脱毛症(AGA)の原因物質であるジヒドロテストステロン(DHT)の合成に関与する5αリダクターゼの活性を抑制
  • アセチルテトラペプチド‐3:毛乳頭の周囲に存在する毛母細胞を活性化する成長因子

ピディオキシジル

育毛効果が確認されているミノキシジルを誘導体化した物質であり、ミノキシジルと同じ効果を保持しながらも副作用の少ない育毛成分として、キャピキシルと同じように注目されている育毛成分です。
ミノキシジルには血管拡張作用があることから育毛に効果があると言われていますが、近年、成長因子の分泌を促進する効果のあることも注目されています。
育毛に効果が期待されるミノキシジルには副作用として痒みが挙げられますが、ピディオキシジルは周りの皮膚がデリケートなまつ毛美容液に配合されている成分であり、これまでに全く問題がおきていないということからも安全性の高い成分であることが分かります。ただし、血管拡張効果は残っているわけですから、心臓に不安のある人は使用前にかかりつけの医師に相談した方が良いということは変わりません。

キャピキシルとピディオキシジルのような期待度の高い育毛成分は、良い成分は誰が考えても使いたくなるということで両者に使われているということですね
そういうことです。ピディオキシジルも副作用が無いというわけではありませんが、ミノキシジルに比べると副作用に対する安全性の高い成分ということができます
となると、やはり2種類の育毛成分をサポートする成分で優劣が決まるということになりますか?
薄毛の状態、原因というのは人によって異なっていますので、優劣という表現はよくありませんが、ボストンスカルプエッセンスの方が良い人もいればフィンジアスカルプエッセンスの方が良いという人もいると思います。
キャピキシルとピディオキシジルの効果を試したいという薄毛に悩む人にとって、選択肢が増えるということですね
さて、公式サイトに書かれているボストンスカルプエッセンスが選ばれる5つの理由として、先に解説させていただいたキャピキシルとピディオキシジルの効果に、フラーレン、オレアノール酸、並びに、活髪因子の3つの効果を加えたものとなっています。というわけで、フラーレン、オレアノール酸、活髪成分について、順次、検証していきましょう

なお、フィンジアの効果については以下の記事で詳細に解説させていただいておりますので、この記事の内容と比べてどちらを選択するのかの参考にしてみてはいかがでしょうか?

関連記事:フィンジア育毛剤の効果を成分から評価!ミノキシジルの3倍という口コミ評判が事実なら最強

 

フラーレンの育毛効果とは?

フラーレンという物質が発見されたのは1985年で、最初に発見されたフラーレンはC60といって、60個の炭素原子のみで構成された、中が空洞になっているサッカーボールのような形状をした物質です。


現在は炭素数が70、74、76、78の高次フラーレンの存在も確認されているということですが、炭素数が60のフラーレンと高次フラーレンではその性質が異なっています。

  • C60フラーレン光照射によって酸素を励起状態、すなわち、活性酸素に変換します
  • 高次フラーレン:フラーレンのサイズが大きくなることで励起状態のエネルギーが小さくなり、逆に、活性酸素を酸素に変える働きをするようになります

参照元:国立研究開発法人産業技術総合研究所 プレスリリース 「ナノ炭素材料に自然界最高レベルの活性酸素除去能を発見」

すなわち、炭素数60のフラーレンは紫外線を浴びることによって活性酸素を発生させることで頭皮環境を悪化させることにつながり、高次フラーレンは紫外線の影響で発生した活性酸素を除去する能力があるということになります。

公式サイトでは、フラーレンは「頭皮トラブルでお悩みの方には頭皮のエイジングケア(年齢に応じたケア)が必須であり、フラーレンが有用であることは間違いありません。」と記載されていますので、配合されているのは高次フラーレンということになります。
高次フラーレンが活性酸素を除去することによって角質層の細胞間脂質やコラーゲンの破壊を防ぎ、頭皮の保湿力を向上させる効果が期待できるというわけです。

活性酸素を除去する効果としては抗酸化活性の強いビタミンC、E、あるいは、ポリフェノールなどでもよいように考えられるかもしれませんが、フラーレンは安定した構造をしているために活性酸素のエネルギーを受け取っても分解されることが無く、抗酸化力を維持し続けることができるというメリットがあります。

フラーレンは高次フラーレンでなければ育毛剤に入れる価値は無く、C60だとマイナスの効果になることすらあるということですか?
育毛剤に配合するわけですからC60 フラーレンということは無いと思いますが、C60フラーレンでも稀少性が高いというのに高次フラーレンはさらに希少性が高いので大量に配合するのは難しいかと思います
抗酸化活性物質としてはフラーレンは最強ということですね

 

オレアノール酸の育毛効果とは?

オレアノール酸は単独で育毛剤原料として使用されているわけではなく、オレアノール酸にアピゲニンとビオチノイルトリペプチド-1を加えたものがプロキャピルという育毛成分として世界中で利用されているということです。

プロキャピル

フランスのSederma社が開発した、オレアノール酸、アピゲニン、ビオチノイルトリペプチド-1を配合した育毛成分です。オレアノール酸がAGAによる抜け毛を抑え、残りの2成分によって髪の毛の新生が促されます。

  • オレアノール酸:AGAの原因物質であるDHTの合成に関与する5αリダクターゼの活性を抑制
  • アピゲニン:頭皮における血行促進効果
  • ビオチノイルトリペプチド-1:毛乳頭の周囲に存在する毛母細胞を活性化する成長因子
使用されている原材料は違いますが、プロキャピルはキャピキシルと同じような育毛成分ですね
そういうことになりますね。効果が足し算になるのならば、上乗せされる分だけ育毛効果もアップすることも考えられるのかもしれません。しかし、開発にあたって試行錯誤を繰り返し満足のいく製品にしたということですので、効果は足し算ということかと思います
残りは、活髪因子ですね。カッコ書きで成長因子と書かれていますが・・・?
ボストンスカルプエッセンスでは活髪因子と呼んでいるみたいですが、内容的には増殖因子のことを言っているみたいです

 

活髪因子は増殖因子?

公式サイトには、活髪因子の解説として「活髪因子は吸収を高め、健やかな頭皮と髪を育みます。」と記載されています。
この内容から考えると、活髪因子は頭皮の弾力性の維持や保湿に関係しており、髪の毛の成長にも関与しているということですので、細胞分裂や細胞の活性化に関与する成長因子ということになります。

キャピキシルに使用されているアセチルテトラペプチド‐3もプロキャピルに使用されているビオチノイルトリペプチド-1も成長因子ですので、活髪因子として働いていることは言うまでもありません。

ボストンスカルプエッセンスに配合されている成長因子を成分表から探してみると、ヒト遺伝子組換オリゴペプチド-1という成長因子も配合されています。

ヒト遺伝子組換オリゴペプチド-1

1962年にアメリカのスタンレー・コーエン博士によって発見された、上皮細胞の増殖を促進する因子として発見された成長因子であり成長因子の先駆的存在であり、皮膚細胞の成長を3倍近く増加させることが確認されています。頭皮の表皮組織の底に存在する基底細胞の増殖を促進することになりますので、頭皮の健全化に大きく貢献することが期待できます。

参照元:化粧品成分オンライン ヒトオリゴペプチド-1(EGF)とは…成分効果と毒性を解説

成長因子は種類がたくさん入っている方が効果が期待できるのでしょうか?
働きかける細胞が異なる、あるいは、機能が異なる成長因子は相互作用することで1+1が2にも3にもなる可能性がありますので、組み合わせを考えてあるなら複数入っている方がより大きな効果が期待できる可能性があります。当然、その辺りも、開発段階でいろいろ試しているのだと思います
ボストンスカルプエッセンスの特徴とこだわりについてよく分かりました。ところで、他のサポート成分はどうなっているのでしょうか?
もちろん、ボストンスカルプエッセンスに配合されている成分は他にもいくつかありますので、先ずは、全成分を示してからボストンスカルプエッセンスのポイントとなる成分を検証することにします

ちなみに、成長因子にこだわった育毛剤にはKIPスカルプヘアエッセンス、バイタルウェーブスカルプローション、Deeper3Dなどがあり、以下の記事で詳細に解説させていただいております。

関連記事:
KIPスカルプヘアエッセンスの効果・成分を徹底検証!他の成長因子配合育毛剤と比較
バイタルウエーブスカルプローションのリンゴ幹細胞は植物IPS細胞?効果や評判を徹底検証
Deeper3Dは伝承成分と臨床皮膚科学がコラボした育毛剤

 

ボストンスカルプエッセンスの5種類の育毛成分を支えるサポート成分

ボストンスカルプエッセンスの育毛効果について解説してきましたが、キャピキシル、ピディオキシジル、フラーレン、プロキャピル、活髪因子(成長因子)といった世界中で注目されている単発で育毛剤として成り立つような育毛成分を組み合わせた配合になっています。

これだけで十分ではないかという考え方もありますが、ここまで検証してきた育毛成分は髪の毛を育むための頭皮環境を整えるためのものであって、現在悪化している環境にある頭皮を健全にするためには時間が必要です。
従って、頭皮で起こっているフケ・かゆみを伴う炎症や乾燥をケアするための成分も必要になってきます。

先ずは、ボストンスカルプエッセンスに配合されている全成分を見てみましょう

ボストンスカルプエッセンスに配合されている全成分
水、エタノール、BG、ピロリジニルジアミノピリミジンオキシド(ピディオキシジル)、アセチルテトラペプチド-3、アカツメクサ花エキス、デキストラン、モウソウチクたけのこ皮エキス、アマモエキス、褐藻エキス、カミツレ花エキス、ヒドロキシプロピルメチルセルロース、ステアロキシエーテル、グリチルリチン酸2K、ヒト遺伝子組換オリゴペプチド-1、ビオチノイルトリペプチド-1、PEG-40水添ヒマシ油、PEG-60水添ヒマシ油、PPG-26ブテス-26、メントール、フラーレン、アピゲニオン、オレアノール酸、カンフル、PVP、グリセリン、レシチン、ダイズ油、ラベンダー油、クエン酸、クエン酸Na、リン酸Na

参照元:BOSTONスカルプエッセンスエスロッソ公式オンラインショップ

親水性、疎水性の成分が混合していますので、他の育毛剤と同様に、液体を安定化させるための成分や配合されている粉末成分の賦形剤、防腐剤など、様々な成分が配合されているようですが、頭皮のケアをする天然植物由来のサポート成分をピックアップすると以下のようになります。

モウソウチクたけのこ皮エキス(保湿、抗菌、消臭)、アマモエキス(保湿、、消炎)、褐藻エキス(保湿)、カミツレ花エキス(保湿、消炎、収れん)、グリチルリチン酸2K(消炎)

育毛剤の成分としてよく使用される成分ばかりですが、5種類の主要成分が効果を発揮するようになるまで、現在の状況を少しでも良くするための保湿・消炎を目的とした即効性のある頭皮ケア成分が配合されています。

ここまでのお話で、ボストンスカルプエッセンスが人気の育毛剤である理由が見えてきました。でも、9,800円は高いなぁ・・・・
これだけの成分を配合しているとどうしても価格が高くなってしまったのだと思います
ボストンスカルプエッセンスは主力成分にキャピキシルとピディオキシジルが配合されているということでよく比較されるそうですが、どちらを選ぶのかは難しいですね
優劣ではないようにお話しさせていただきましたが、そういうことなら、主力成分をサポートする成分から両者の比較をしてみましょう

 

ボストンスカルプエッセンスとフィンジアを比較考察!

両者の特徴的な成分を比較した表を作ってみました。

ボストンスカルプエッセンス フィンジアスカルプエッセンス
主力成分 キャピキシル(5%)、ピディオキシジル(2%)
主力成分をサポートする成分 フラーレン、プロキャピル、活髪因子 トウガラシ果実エキス(カプサイシン)
頭皮ケアの天然成分 モウソウチクたけのこ皮エキス(保湿、抗菌、消臭)、アマモエキス(保湿、消炎)褐藻エキス(保湿)、カミツレ花エキス(保湿、消炎、収れん)、グリチルリチン酸2K(消炎) センブリエキス(血行促進)、ビワ葉(脂肪の燃焼と血流改善)、フユボダイジュハナエキス(保湿作用及び5aリダクターゼの抑制)、ボタンエキス(血管拡張)、パンテノール(保湿と分裂促進)、フコダイン(保湿)、ヒオウギ(保湿、5aリダクターゼの活性低下)、グリチルリチン酸2K(消炎)、ヒキオコシエキス(抗菌、血行促進)、キハダ樹皮エキス(消炎)
容量 60mL 50mL
通常価格(税込) 10,584円 12,800円

フィンジアスカルプエッセンスの方が頭皮ケア成分が圧倒的に多くなっていますが、どちらも主力成分の効果が現れるまでの悪化した頭皮環境のケアについては問題なさそうですし、ボストンスカルプエッセンスではフラーレンの強い抗酸化活性によって頭皮ケア成分の少なさを補っているように感じられます。
また、AGAの原因であるDHTを抑える成分としても、ボストンスカルプエッセンスではプロキャピルで補強しているのに対し、フィンジアスカルプエッセンスはフユボダイジュハナエキスやヒオウギエキスといったサポート成分で補強しているような配合になっています。

そして、ボストンスカルプエッセンスとフィンジアスカルプエッセンスの大きな違いは、活髪因子とカプサイシンの差にあると推測されます。

  • ボストンスカルプエッセンス:老化によって機能が低下している頭皮に、直接、活髪因子(増殖因子)を送り込むことで頭皮を活性化させ、頭皮と毛根を活性化させる(加齢に伴う細胞の能力低下を補うアンチエイジングタイプの育毛剤
  • フィンジアスカルプエッセンス:カプサイシンの働きで毛穴や汗腺を開き育毛成分を毛根に供給されやすい状況をつくるとともに、サポート成分も含めて血流アップによって育毛に必要な栄養素を毛根に供給する(生活習慣の乱れに伴う血行不良を改善し不足している栄養素を補うアンチメタボタイプの育毛剤
どちらを選ぶかの目安としては、血中コレステロールが高いなどの理由で血流が悪化していると思われる人はフィンジアスカルプエッセンスで、体型も血液の状態もそれほど悪化していないという単純な加齢が原因と思われる人はボストンスカルプエッセンスといった感じですね
勝手に推測しただけですので、そんなに単純なものではないのかもしれませんが、一つの目安にはなると思います。正直なところ、両方とも心当たりがあるという人が一番厄介なのかもしれません
後は、わずかとはいえ、予算との兼ね合いということになりますね

 

ボストンスカルプエッセンスの育毛効果の総括

ボストンスカルプエッセンスは、世界的に話題になっている5種類の育毛成分を贅沢に使用し、それらがお互いにケンカすることなく補う形でバランスよく配合された育毛剤です。

  1. キャピキシル
  2. ピディオキシジル
  3. フラーレン
  4. プロキャピル
  5. 活髪因子

1から4までの育毛成分をまとめ上げているのが活髪因子と呼んでいる成長因子であり、キャピキシルとプロキャピルに含まれる成長因子も含めて、加齢によって低下した育毛機能を目覚めさせる育毛剤になっています。

現在の頭皮のフケ・かゆみ対策のための即効性のあるサポート成分が若干少なめなような気がしますが、それを補って余りある効果がピディオキシジルとフラーレンにはあるように感じられます。