•  > 
  •  > 
  •  > 
  • モンゴ流が追加したバリアスルーとスーパーレジスタンスとは?ヒット商品のDeeper3Dをどのようにサポートするのか?
Deeper3Dはモンゴ流から発売されている伝承成分と化学の粋を集めた近代成分を融合させた人気の育毛剤ですが、Deeper3Dの効果をサポートするために新たにモンゴ流からリリースされたスカルプエッセンスがDeeperバリアスルー(BARRIER THROUGH)とDeeperスーパーレジスタンス(SUPER RESISTANCE)の2種類です。
この2種類は育毛剤の効果が発揮されにくい頭皮の構造に着目したスカルプエッセンスということで、Deeper3Dだけでなく普段使用している育毛剤の効果をアップさせるためのアイテムになっているようです

モンゴ流のDeeper3Dはモンゴロイド3大成分として知られるイラクサ、ユッカ、シーバックソーンという伝承成分にキャピキシル、リデンシル、毛髪成長因子を組み合わせて、頭皮を保湿・保護する天然成分を多数配合した人気の育毛剤です。
Deeper3Dは新旧の育毛に有効と考えられる成分を配合することによって、男性の抜け毛の原因と言われる男性型脱毛症(AGA)、皮脂の増加に伴う頭皮の炎症、不飽和脂肪酸の不足に伴う頭皮の老化、さらには、血行不良に伴う発毛に必要な栄養素の不足などに対応するように開発された育毛剤です。
ところが、抜け毛を多角的に捉えて新旧のおよそ育毛に有効であると考えられる成分を配合した育毛剤であっても、効果が得られなかったとマイナス評価をする人はいるようです。

そこで、Deeper3Dで満足できなかった利用者のためにモンゴ流から新たに投入されたスカルプエッセンスが頭皮の老化によって硬くなった頭皮を柔軟にするDeeperバリアスルーと頭皮の弾力性を生み出すコラーゲンの減少を促す活性酸素の影響を打ち消すDeeperスーパーレジスタンスの2種類です。
すなわち、DeeperバリアスルーとDeeperスーパーレジスタンスは、個人差のある頭皮の事情に合わせた成分を配合することでより多くの方が育毛剤に満足できるように配慮されたスカルプエッセンスというわけです。

Deeperバリアスルー Deeperスーパーレジスタンス
特徴 古くなった角質層を柔らかくするAHAを配合
育毛剤の成分が頭皮の奥深くに浸透
過酸化水素を酸素と水に分解するカタラーゼ(酵素)を配合
酵素と抗酸化活性物質によって頭皮の保湿と保護に寄与
Deeper3Dに配合されているモンゴロイド3大成分と話題の育毛成分を配合
分類 化粧品 化粧品
内容量 60mL 80mL
通常価格(税別) 3,300円 7,000円

参照元:モンゴ流スカルプエッセンスDeeperバリアスルー
モンゴ流スカルプエッセンスDeeperスーパーレジスタンス

どんなに人気のある育毛剤でも「効果が無かった」や「満足できなかった」といったマイナスの評価の口コミ情報はあるみたいです
抜け毛の原因や頭皮の状態は一人一人異なっていますので全ての人に有効な育毛剤というのは不可能だと思いますが、できるだけ多くの方に満足していただけるように開発すると成分の量や種類がどんどん増えてくることになるようです
確かに、これでもかというほど多数の成分が配合されている育毛剤というのもたくさんありますね。でも、どんなにたくさんの成分が配合されていても効かないという人がいるというのもありますよね?
Deeper3Dを開発したモンゴ流では、育毛剤の効果が体感できない方は育毛剤の成分が浸透できないほどに頭皮が硬くなってしまっているという新しい発想に基づいて、硬くなった頭皮を柔らかくするために必要な即効性のある成分を配合しているということです
何故、DeeperバリアスルーとDeeperスーパーレジスタンスの2種類になったのでしょうか?
それは、頭皮が硬くなってしまう原因が2種類あって、自分に合っているものを選ぶことで不必要な成分で無駄にコスト高になるのを避けているのではないかと推測されます。もしかすると、同時に配合することができない成分があったのかもしれません

 

これまでの育毛剤で満足できない原因は?

髪の毛が抜ける原因は人によって異なりますが、男性に最も多い抜け毛の原因はAGAであり、そこに過剰な皮脂の影響で起こる脂漏性脱毛症や体内の活性酸素の増加、血行不良が重なり抜け毛が促進されるというのが一般的です。
主だった原因に対応するような育毛剤を使用すると抜け毛が減ったり太くて若々しい髪の毛が生えてきたりと効果を実感できる人もいれば効果を実感できなかった人もいるというのが現状ですが、どんなに効果が期待できる成分が配合されていても頭皮に浸透して必要な場所に届けなければ効果を感じることができませんし、育毛成分が必要な場所の届けられても頭皮そのものが機能しなくなっている可能性もあります。

簡単に言えば、想像以上に頭皮環境が悪化していて育毛剤の成分を受け付けることすらままならなくなっている状態になっているような方は、効果を実感することができないというわけです。

それはそうですね。育毛成分が目的の場所に届けなければ、育毛剤が効かないというのは当たり前ですね
ナノカプセルや皮脂と馴染みやすい成分を利用したりすることで浸透力に工夫を施した育毛剤はありますが、硬くなった頭皮を柔らかくすることや薄くなった頭皮を回復させることに特化したスカルプエッセンスがDeeperバリアスルーやDeeperスーパーレジスタンスということです
育毛剤が作用しにくいほど硬くなった頭皮というのはどんな状態なのでしょうか?

 

育毛成分の浸透を妨げたり機能しない頭皮の状態とは?

人の皮膚は表皮と真皮という二つの層が存在しており、表皮には外部からの異物の侵入を防ぎ頭皮からの水分の蒸発を防ぐバリア層である角質細胞が整然と並ぶ角質層で構成されています。
一方、表皮の内側にある真皮は繊維状のコラーゲンが網のように張り巡らされており皮膚に弾力性と厚みを与えています。

頭皮も皮膚ですので表皮と真皮が存在しますが、すぐ下に頭蓋骨が存在する頭皮はもともと比較的厚みが無く、角質層の乱れやコラーゲン繊維の減少による影響は通常の皮膚よりも受けやすい状態になっているということができます。
すなわち、表皮のターンオーバーが乱れて古い角質細胞が長期にわたって蓄積されている状態ではバリア層が仇となり育毛剤に配合されている成分が浸透しにくい状態になっていますし、活性酸素によってコラーゲンが破壊されて頭皮の弾力性と厚みが低下すると毛髪が抜けやすくなるというのがモンゴ流のDeeperバリアスルーとDeeperスーパーレジスタンスの開発の起点となっています。

抜け毛につながる頭皮の硬化

  • 表皮:角質層は真皮との境目にある一層の基底細胞が分裂するたびに先に分裂した細胞を表面に向かって角質細胞へと変化しながら押し上げていき最も外側の古くなった角質細胞が一定の周期ではがれ落ちることになります。ところが、加齢に伴い周期が遅延するようになり古くなった角質細胞がはがれ落ちずに蓄積して表皮が硬くなってしまうことになります。
  • 真皮:活性酸素はたんぱく質や遺伝子を酸化分解しますが、たんぱく質であるコラーゲンが分解されると皮膚の弾力性が低下し、厚みも薄くなってしまいます。活性酸素は体外から取り入れられるケースもあれば紫外線の影響で発生するケースもありますし、免疫細胞が異物を攻撃する際に発生するのも活性酸素です。炎症を起こして抜け毛が発生している頭皮は免疫システムによって発生している活性酸素によってコラーゲンがダメージを受けやすい状態にあります。

参照元:ウィキペディア 毛包
ウィキペディア 皮膚

硬くなった頭皮を柔らかくすることの重要性はよく分かりました。モンゴ流では育毛成分を受け付けなくなるほど硬くなったバリア層である角質層を柔らかくするDeeperバリアスルーと頭皮の厚みと弾力性を取り戻すDeeperスーパーレジスタンスの2種類が用意されているというわけですね
浸透力アップのために工夫されている育毛剤ですら効果が得られないというケースでは、まず初めに硬くなった頭皮を即時的に柔らかくするということがモンゴ流の新しい発想かと思います

 

Deeperバリアスルーに配合されている成分と期待される効果とは?

Deeperバリアスルーは、名前から想像できるように、成分が浸透できないほど強固になってしまっているバリア層を柔らかくすることで、必要量の育毛成分を必要な場所に届けることができるというスカルプエッセンスです。
モンゴ流としてはDeeper3Dをご使用いただいても満足していただけなかった方の為に開発したDeeperバリアスルーであると思いますが、Deeper3Dだけでなく現在ご使用いただいている育毛剤と併用することで効果がアップすることも期待できると考えているようです。

さて、Deeperバリアスルーのポイントとなるバリア層を柔らかくする成分というのが柔軟成分AHAと呼んでいる成分です。

AHAというのはアルファヒドロキシ酸の頭文字をとったものであり、クエン酸、乳酸、リンゴ酸、グリコール酸などの果物に豊富に含まれていることからフルーツ酸と呼ばれることもある有機酸です。

AHAは硬くなった古い角質層を柔軟にする効果のあることが知られている成分で、シミになった傷跡や火傷跡、あるいは、ニキビ跡を改善するためのピーリング剤としても使用されています。

Deeperバリアスルーに配合されている成分

  • AHA:古くなった角質層を溶かして柔らかくする
  • スーパーオキシドジスムターゼ(SOD):活性酸素による酸化から頭皮を守る
  • ナイアシンアミド:ビタミンB群の一種で、糖質、脂質、たんぱく質などの代謝を活発にします。
  • パンテノール:体内で細胞の活性化に関与するビタミンB5に変換されます。ビタミンB5には毛母細胞の活性促進効果もあると言われています。
  • パパイヤ果実エキス:代謝を補助するビタミン、ミネラルが豊富に含まれています。

参照元:モンゴ流スカルプエッセンスDeeperバリアスルー

Deeperバリアスルーのメイン成分はAHAという古くなった角質層を柔らかくする成分ですが、他の成分はほんの少ししか配合されていないのですね?
AHAはフルーツ酸と呼ばれる天然の有機酸が配合されているので安心して使うことができますが、Deeperバリアスルーそのものが弱酸性になることは否めませんので、酸に弱い成分は配合しにくいのではないかと推測されます
なるほど!酸性でも大丈夫な成分が配合されているというわけですね!
配合量がわからないのでどの程度のpHなのかは分かりませんが、使い始めてから1分ほどすると頭皮がチクチクするようになり、そこからさらに2,3分経過した時ぐらいが育毛剤を使用する目安となっています
チクチクするということはDeeperバリアスルーの成分が古い角質層を柔らかくして頭皮の奥まで成分が浸透している目安というわけですか?
チクチクするのはAHAが神経の通っている場所まで浸透しているということを意味していると考えられます
DeeperバリアスルーにはSODという活性酸素による頭皮の硬化を抑制する成分も配合されているようですが、これだけでコラーゲンを分解する活性酸素の影響を抑えることができるのではないでしょうか?
活性酸素の量が少なければDeeperバリアスルーでも真皮に作用してコラーゲンの分解を抑えることもできるかもしれませんが、育毛剤の効果が発揮できないほどダメージを受けている真皮の状態を復活させるためにはより強い高酸化力が必要ということでDeeperスーパーレジスタンスが開発されたのではないかと思います

 

Deeperスーパーレジスタンスに配合されている成分と期待される効果とは?

免疫システムが異物を除去する際に起こる炎症反応は過酸化水素という活性酸素によって異物、すなわち、たんぱく質や遺伝子を破壊することによって起こっています。
言い換えるならば、かゆみを伴うような炎症はもとより、かゆみを伴うほどではないにしろ抜け毛が発生しているような炎症を起こしているような頭皮では、異物の除去と同時にその周辺に存在する健康な頭皮の細胞やコラーゲンも分解されています。

育毛剤と呼ばれるスカルプケア製品には様々な形で活性酸素を中和して除去することができる抗酸化活性のある成分が配合されていますが、大量に発生している過酸化水素を速やかに除去するほどの抗酸化力がなければ炎症が治まるまで近辺の細胞や真皮に存在するコラーゲンもダメージを受けることになります。
ちなみに、炎症を起こす免疫システムに働きかけて免疫反応そのものを抑える抗炎症成分も合されていますが、炎症が治った時点で追加される過酸化水素が無くなるだけでそれまでに発生している過酸化水素は残っています。
また、過酸化水素が脂質を酸化してできる過酸化脂質は半永久的に周辺にある物質を酸化していく可能性もあります。

Deeperスーパーレジスタンスというスカルプエッセンスは、可能な限り速やかに活性酸素を中和し除去することによってコラーゲンの分解を速やかに抑えることで頭皮の弾力性と厚みを維持するという活性酸素の除去に特化したスカルプエッセンスになっています。
Deeperスーパーレジスタンスでは免疫システムによって体内で発生した過酸化水素を中和するためにも利用されているカタラーゼという酵素が配合されており、余剰の過酸化水素を速やかに水と酸素に分解します。
他方、Deeperスーパーレジスタンスに配合されている成分はカタラーゼだけでなく、頭皮に厚みを与えて柔らかくする成分や頭皮環境を浄化する成分も配合されています。

Deeperスーパーレジスタンスに配合されている成分

  • カタラーゼ(酵素):体内における不要な過酸化水素を分解するために合成される肝臓などに存在する酵素であり、加齢や体質によって減少していきます。
  • スーパーオキシドジスムターゼ(SOD):スーパーオキシドアニオンと呼ばれる過酸化水素のもととなる物質を酸素と過酸化水素に変換する酵素であり、カタラーゼと協力してコラーゲンの分解を抑えます。
  • ケルセチン:玉ねぎの茶色い皮の部分に豊富に含まれるビタミンP様物質とも呼ばれる抗酸化活性の高い物質であり、活性酸素の影響から頭皮を守ります。
  • マジョラムエキス:マジョラムは和名をマヨラナというシソ科の多年草で、ハーブで使用されるオレガノの仲間です。効果としては血行促進や血圧降下作用があると言われていますが、近年、白髪や抜け毛に大きく影響する17型コラーゲンの合成を促進する効果があると言われている成分です。
  • 12時間持続型ビタミンC:ビタミンCは抗酸化活性の強いビタミンですが、不安定な物質であるため、化学修飾して安定性と効果の持続性をアップさせたビタミンCとして活性酸素の影響から頭皮を守ります。
  • コラーゲンペプチド:低分子に分解された水溶性コラーゲンが過酸化水素によって分解されたコラーゲンを補い、頭皮の保湿と保護に寄与します。
  • スターフルーツ:熱帯アジアで食される果物の一つで、タンニンやフラボノイドなどの抗酸化活性の強い物質を豊富に含んでいます。
  • モンゴロイド3大伝承成分:モンゴ流のDeeper3Dの伝承成分の中心となるイラクサ、ユッカ、スシーバックソーンです。モンゴリアン薄毛が少ない理由と考えられています。
  • その他の注目成分:様々な育毛剤に配合されている話題の育毛成分である豆乳発酵液、リンゴ果実培養細胞エキス、水溶性プロテオグリカン、スーパーオキシドジスムターゼ、グリチルリチン酸2K、黒ショウガエキス、酵母エキスが育毛をサポートします。

参照元:モンゴ流スカルプエッセンスDeeperスーパーレジスタンス

Deeperスーパーレジスタンスに配合されている成分を見る限り、これだけでも十分育毛剤として機能しそうな気がします
はい。Deeperスーパーレジスタンスの公式サイトをみると、「過酸化水素の追撃者」というキャッチコピーとともに、「これだけで十分かもしれない・・・・!」ということも記載されています。カタラーゼを配合したのは世界初の試みとも書かれています。
マジョラムエキスというのも最近リニューアルしたBUBKA ZEROという育毛剤にも配合されている成分ですよね
モンゴ流がコラーゲンという真皮に存在する物質に着目するようになった理由は頭皮の柔軟性(弾力性)と厚みだけでなく、17型コラーゲンが育毛に大きく影響する毛包幹細胞や色素幹細胞の維持に影響する物質であるということもあるようです
ところで、Deeperスーパーレジスタンスには古くなった角質再簿を柔らかくするというAHAは配合されていませんが・・・?
過酸化水素によって過度の炎症を起こしているような頭皮では、角質細胞をつなぐ細胞間脂質も分解されており、角質層本来のバリア層としても機能が極端に低下しているためにAHAは必要ないということかと思います

リニューアルされたBUBKA ZEROという育毛剤や17型コラーゲンが育毛御に及ぼす影響のメカニズムについては以下の関連記事で詳細に解説させていただいておりますので、参考にしていただければと思います

関連記事:
BUBKA ZEROのこだわりとリニューアルポイントとは?低刺激で頭皮の発毛力を取り戻す!
白髪と薄毛の研究から見出された17型コラーゲンは髪の毛の老化の救世主になるのか?!

 

DeeperバリアスルーとDeeperスーパーレジスタンスに関する総括

抜け毛が発生している人の頭皮の状態は個人差がありますし、抜け毛の原因も人によって異なっています。
従って、どんなに優れた育毛剤でもすべての人の薄毛の悩みを解消できるということはなく、モンゴ流の自信作であるDeeper3Dでも効果に満足できないというマイナス評価の口コミが存在するようです。
DeeperバリアスルーとDeeperスーパーレジスタンスは育毛剤が働きやすいような頭皮環境を生み出すための成分が配合されています。

  • Deeperバリアスルー:加齢に伴うターンオーバーの乱れから育毛剤の成分が頭皮に浸透するのを妨害している古くなった角質細胞を柔らかくし、育毛剤が効果を発揮しやすくするための頭皮改善スカルプエッセンスです。現在使用している育毛剤と併用することで効果を発揮します。
  • Deeperスーパーレジスタンス:過酸化水素を酸素と水に分解するカタラーゼ(酵素)やSODを配合することでコラーゲンを分解から守り、さらに、抗酸化成分が酵素の効果をサポートすることで頭皮の柔軟性とアルミが維持される効果が期待できます。またDeeper3Dに配合されているモンゴロイド3大成分や話題の育毛成分を配合することで、これだけでも効果が実感できるような配合になっています。

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です