Deeper3Dは、キャピキシルリデンシルという全くメカニズムの異なる2つの育毛成分を中心に、毛髪の成長因子、モンゴロイド3大伝承成分をベースに、頭皮ケア成分を加えて2017年5月にリニューアルされた注目度の高い育毛剤です

Deeper3Dは株式会社アルファウェイが製造販売しているモンゴ流シリーズに属する育毛剤であり、モンゴ流の育毛シャンプーであるモンゴ流シャンプーEXは当サイトでもご紹介させていただいております。

株式会社アルファウェイは、老けて見えるのを防ぐための「リアルエイジビューティ」というコンセプトに基づいて育毛成分や美肌成分について研究開発している企業であり、最新の臨床皮膚科学に基づいた成分を組み合わせて贅沢に配合した育毛剤、育毛シャンプー、化粧品といった製品を展開しています。

育毛部門であるモンゴ流シリーズは、モンゴル人とインディアンといったモンゴロイドと呼ばれる民族に禿げた人が少ないことに着目して、モンゴリアンが伝承的に利用している天然素材をモンゴロイド3大伝承成分として配合したシャンプーと育毛剤を中心に展開しています。

Deeper3Dはモンゴ流シリーズの育毛剤ですが、モンゴロイド3大伝承成分と先進の臨床皮膚科学から見出されたキャピキシルとリデンシルを組み合わせた上に、発毛成長因子や頭皮の弾力性と保水力を高める天然成分も配合された、伝承成分と近代科学がコラボした育毛剤です。

2017年にリニューアルされたということですが、一つ前のDeeperとはかなり違うのですか?
Deeperはモンゴロイド3大伝承成分にリデンシルという中心となる有効成分と発毛成長因子を配合した製品ですが、Deeper3Dは中心成分にキャピキシルが追加されており発毛成長因子や頭皮ケア成分も増えているというのも特徴的です
最新の臨床皮膚科学を取り入れているというのがウリですから、伝承成分は変わらないでしょうが、新しい成分が有効であると確認されれば進化するということですね
常に研究している会社ですので、相性もあるとは思いますが、配合することでDeeper3Dの効果が上がるのであれば追加される可能性は十分あると思います
リニューアルした際につけられている「3D」 にはどんな意味があるのですか?
Dreaming of Daun from Despair(絶望からの夜明けを夢に見る)の頭文字をとって3Dというように公式サイトで解説さていましたが、モンゴロイド3大伝承成分といい「3」という数字にはこだわっているようです

 

Deeper3Dに配合されているモンゴロイド3大伝承成分とは?

モンゴロイド3大伝承成分はモンゴ流の目玉成分で、Deeper3Dだけでなくモンゴ流シャンプーEXにも配合されています。

モンゴル人やインディアンという一部のモンゴリアンで禿げている人が見当たらないという事実をもとに、彼らの生活習慣の中に毛髪や頭皮を健康に保つ秘密があると考えて見出された成分がモンゴロイド3大伝承成分です。

モンゴロイド3大伝承成分

  • イラクサエキス:アセチルコリンとヒスタミンの働きで血管が拡がり浸透性が高まることによって毛母細胞に栄養が供給されやすくなるモンゴル人の生活習慣から見出された育毛成分
  • ユッカ根エキス:天然の界面活性剤であるサポニンが泡立ち、保水威力がアップする効果も期待できるインディアンの生活習慣から見出された育毛成分
  • シーバックソーンエキス:中国語で「沙棘(サージ)」、日本では「サジー」と呼ばれる生薬であり、各種ビタミンと抗酸化物質が血流改善と頭皮の活力アップにつながるというモンゴルだけでなく中国でも広く利用されている育毛成分

Deeper3Dにはモンゴ流シャンプーEX同様、シルクロード伝承成分としてカンカエキスも配合されています。
カンカエキスには強い抗酸化活性と血管拡張作用があり、傷んだ頭皮を引き締め保湿・保護作用を強化する働きが期待されます。

モンゴリアン3大伝承成分についてはモンゴ流シャンプーEXで詳細に説明していますので、こちらを参照していただければと思います。

 

Deeper3Dの臨床皮膚科学由来成分はキャピキシルとリデンシル!

Deeper3Dは伝承成分と臨床皮膚科学で見出された成分の融合ということですので、科学的に解明された有効成分も重要になってきます。

中でも、キャピキシルとリデンシルは、他の育毛剤に配合されていることからも分かるように、注目度の高い育毛成分ですが、人気の理由は画期的な効果にあります。
しかも、キャピキシルとリデンシルは育毛メカニズムが異なることから、お互いが邪魔をするのではなく相乗的な育毛効果が期待されることになります。

 

キャピキシルの育毛効果とは?

LUCAS MEYER COSMETICS社(カナダ)で開発されたアカツメクサハナエキスとアセチルテトラペプチドを中心とした育毛成分です。

アカツメクサはヨーロッパで伝承薬として利用されている成分ですが、科学的な解明もすすんでおり、アカツメクサに含まれるビオカニンAという成分が5αリダクターゼの活性を抑え男性型脱毛症(AGA)の原因物質であるDHTの合成を抑える効果があることが報告されています。
特に、額のM字ハゲや頭頂部の薄毛に影響力のあるタイプⅡのDHTに対する合成阻害が強いことが知られています。

また、キャピキシルのもう一つの成分であるアセチルテトラペプチドは4つのアミノ酸でできている物質で、細胞外に分泌されるコラーゲンやエラスチンといった頭皮の弾力性につながる物質の分泌を促す効果があります。

参照元:ウィッキペディア キャピキシル
https://ja.wikipedia.org/wiki/キャピキシル

 

リデンシルの育毛効果?

リデンシルもキャピキシルと同じように複数の天然成分を組み合わせて構成される育毛成分であり、スイスのインデュケム(Induchem)社が開発した育毛成分です。

リデンシルの中身は、セイヨウアカマツ球果エキス、チャ葉エキス、グリシン、、ピロ亜硫酸Na、塩化亜鉛ということですが、育毛効果のキーとなるのがセイヨウアカマツ球果エキスに含まれるジヒドロケルセチングルコシド(DHQG)という成分とチャ葉エキスに含まれているエピガロカテキングルコシド(EGCG2)という成分です。

DHQG:毛穴の中間地点に存在するバルジ領域に存在する毛包幹細胞の分裂を刺激し、毛髪をつくるために必要な細胞を供給し毛根を活性化する
EGCG2:免疫細胞によって分泌される炎症性サイトカインを減少させることで炎症を鎮静化する作用があり、炎症による頭皮のダメージを軽減します。

当サイトでご紹介させていただいた「リデン(REDEN)の効果や口コミ評判を分析!毛包幹細胞に直接アプローチする新タイプの育毛剤」という記事でリデンシルの詳細について解説させていただいております。

簡単に言えば、キャピキシルがAGAの原因となるDHTを抑え、リデンシルは弱った毛根を元気にすることでフケやかゆみによる抜け毛を防ぐということですね
抜け毛や薄毛の原因は様々で、全くメカニズムが異なる効果が組み合わさることで広範囲の薄毛に対応できるようになります
薄毛の原因がはっきりしていなくても効果が期待できそうです。ところで、Deeper3Dは発毛成長因子というのも特徴ということですが・・・
発毛成長因子の分泌を促進するような育毛剤はありますが、それを配合しているという育毛剤はほとんどありません。そういう意味でもDeeper3Dは抜きんでているという感じです

 

発毛成長因子は何もの?

人の体は細胞で構成されていますが、すべての細胞は何も考えずに分裂して増えているというわけではありません。
一定の法則に従って、必要なところで必要なだけ分裂・分化して、不足する細胞を補うようになっているというわけです。


そして、細胞の分裂をコントロールするのが成長因子と呼ばれシグナル物質であり、成長因子が細胞表面に結合することで結合された細胞が分裂や分化を開始するようになります。

参照元:ウィッキペディア 成長因子
https://ja.wikipedia.org/wiki/成長因子

発毛に関わる成長因子は、バルジ領域にある毛包幹細胞や色素幹細胞に結合することで毛髪をつくるために必要な細胞を毛根に供給するシグナル物質です。

Deeperでは3種類配合されていた発毛成長因子がDeeper3Dでは8種類まで引き上げられており、徹底的に元気な毛根に変化させる作用があるというわけです。

 

Deeper3Dに配合されている発毛促進因子

ヒトオリゴペプチド‐5、合成遺伝子組換ヒトポリペプチド‐31、プラセンタエキス、オクタペプチド-2、アセチルデカペプチド-3、ヒトオリゴペプチド-13、加水分解アナツバメ巣エキス、水溶性プロテオグリカン

いずれも、アミノ酸が複数結合した安全な物質ですし、直接発毛を促進する成長因子もあれば、発毛成長因子の分泌を増加させる物質も含まれています。

ちなみに、幹細胞から抽出した成長因子とそれをサポートする栄養成分にもなるアミノ酸やビタミンなどを配合したHARGカクテルと呼ばれる液体を頭皮に注入して、発毛を促そうとするHARG治療という方法もあるくらいです。

科学の進歩というのは凄いです。癌などと異なり命に影響することのない発毛ですら日進月歩で進歩しているというのは薄毛に悩む人にとって有難い話ですし、それをいち早く製品に取り込んで悩める人に供給するDeeper3Dもすばらしい育毛剤ですね
他人がやっている研究にアンテナを立てながら自分たちでも研究しているからこそできるのだと思います
後は、頭皮ケア成分ですね
ここまでの成分でも十分に育毛効果は期待できそうですが、頭皮のダメージケアについてさらに念押ししているみたいです

 

Deeper3Dに配合されている頭皮のダメージケア成分

公式サイトにあるDeeper3Dに配合されている頭皮ケア成分を見てみると、強力な血行促進効果のある黒ショウガエキスやトウガラシエキスをはじめとして、保湿、抗炎症、皮脂の分泌コントロール、血流アップ、抗酸化作用などに加え、活発になった頭皮に必要な栄養素、ビタミン、ミネラルなど多岐にわたる成分が配合されています。

ダメージを受けて抜け毛が起こっている頭皮を健やかな状態にすることで、先に解説したモンゴロイド3大伝承成分、キャピキシル、リデンシル、発毛成長因子が効果的に働くように考えられています。

スペースの関係で個々の成分について解説するほどの余裕はありませんが、成分の詳細を知りたいという方は下記の公式サイトで確認することができます。

参照元:Deeperとは 「強靭な毛根を科学するDeeper」
http://www.mongoryu.com/deeper/seibun.html
参照元:Deeper3D 公式サイト
http://www.mongoryu.com/deeper3d/02/

聞けば聞くほど、Deeper3Dは凄い育毛剤のような予感がします
他の育毛剤がライバル視する育毛剤の筆頭といっても過言ではないかもしれません
これだけ盛り込むと値段が心配です・・・?
ここまでの育毛剤となるとさすがに手頃な価格というわけにはいきません。一本の値段が定価にして14,850円で、1~2ヶ月使用可能ということです。ただし、効果に不満を感じている人はほとんどいませんし、の価格でも継続使用したいという人が6ヶ月使用者で75%、12ヶ月使用者で93%ということです
価格はともかく、効果は凄いということですね

当サイトでは色々な育毛剤、育毛シャンプーを比較検討していますので、併せてご覧いただけますと幸いです。