フィンジアを徹底解説!3倍効果が事実なら何故、ミノキシジルのように単体で製品化されない?

成分だけを見ると、理論的に言って、フィンジアはまさに最強の育毛剤と言えそうな気.

します。なぜなら、①キャピキシル5②ピディオキシジル2%③カプサイシンという強者の成分が肩を並べています。

キャピキシルはミノキシジルの3倍の効果を持っていると、キャピキシルの製造元ルーカスマイヤーコスメティックス社は発表しています。

ビディオキシジルは、AGA治療医薬品として認められているミノキシジルの誘導体と言われるほど化学構造式が類似して、育毛効果も非常によく似ているとのこと。

カプサイシンにもイソフラビンとの併用で増毛効果が期待できるという論文の発表もありました。

キャピキシルの成分の一つにレッドクローバーがありますが、レッドクローバーに含まれれているのはビオカニンAというイソフラボンなんです。ヒオウギエキスもイソフラボンが含まれています。

ちょっと、この素晴らしいフィンジアを検討してみたくなりますね。

キャピキシルには二つの成分が入っている

一つはレッドクローバー(学名:アカツメクサ)で、ビオカニンAというイソフラボンが主に含まれています

この物質はAGA発症の最大原因物質であるDHT[ジヒドロテストステロン]をどんどん作り出してしまう5αリダクターゼの働きを抑制するというフィナステリドと同じような働きがあると言われています。

また、慢性的な炎症も鎮める作用があると言われています。

もう一つはアセチルテトラペプチド-3です。

この物質は4つ(テトラ)のアミノ酸で構成されており、細胞を修復する働きを持っています。例えば、火傷等で損傷を受けた皮膚の細胞を元通りに修復する働きがあります。

これらの働きが毛母細胞の復元、修復を行ない、脱毛を抑制します。

育毛剤にキャピキシルを含んでいる場合、キャピキシルを3%以上含んでいる場合に限ってキャピキシル製造元から認証エンブレムが与えられるという規定になっています。

では、このようなキャピキシルがミノキシジルの3培の育毛効果があるというデータを素直に信用することができるのかということについて考えてみたいと思います。

 

キャピキシルとミノキシジルの働きが番う

ミノキシジルは血管拡張作用と毛母細胞に直接、活性化させる働きで育毛効果を発揮します。キャピキシルがもたらす育毛効果と差違があります。

しかし、作用は違っても、同じように育毛効果という目的達成に向かっています。ということは、ミノキシジルの血管拡張、毛母細胞に働きかける作用よりはキャピキシルのフィナステリドのような5-αリダクターゼを抑えて脱毛を阻止し、毛髪の修復、復元の作用の方に育毛効果があるということになります。

キャピキシルの製造元であるルーカスメイヤーコスメティッツク社の「3倍の効果」という報告は試験管内的実験だけではなく、実際のヒト使用においても抜群の効果がみられたということを意味しているに違いありません。

ただ、ミノキシジルの育毛効果の高さは、世界が認めています。それはミノキシジル成分の育毛剤がアメリカをはじめ、色んな国が製造、販売していることで理解することができます。

 

3倍効果が事実なら何故、ミノキシジルのように単体で製品化されない?

と考えませんか?

フィンジアの価格(条件によって価格が変わる)は、ミノキシジル含有のリアップX5より数千円も高くなっています。

購入者さん側に立った販売するのであれば、ミノキシジルよりも3倍の効果を持つキャピキシルに頭皮環境を良くする成分を少なくして、価格を下げる方がいいのでは?

というのも、フィンジアも6か月間はは継続してほしいと公式サイトでは説明しているように、育毛剤は「継続」してこそ効果があるものです。

「継続」が条件の育毛剤は価格設定も非常に大事です。継続できるような良心的な価格設定にできないものかと思います。

とはいえ、色んな条件において、安く購入できるような設定にはなっているようですが……。

すみません。話がそれました。元に戻します。

リアップX5はミノキシジル単体でしたが、現在、リニューアルされて発売されているリアップX5プラスでも、ミノキシジルにビタミンB6、ビタミンEなどが申し訳程度に入っているだけです。何故、入れたのかというと、「頭皮環境をよくするため」という大正製薬の担当者の返答でした。

有効成分以外にも数十種類の他成分を入れる他の育毛剤と比べると、やはり、リニューアルされたあとでもリアップX5プラスは単体勝負のような気負いを感じます。

何故なら、ミノキシジル以外の成分だけを見れば、ポピュラーなものばかりで、他の育毛剤の成分の方が素晴らしく、はるかに効果がありそうです。

 

キャピキシルが入っているのにこれでもかというほど素晴らしい有効な成分が入っているのはなぜでしょうか?

フィンジアの他の有効な沢山の成分を見ていると、ミノキシジルよりも3倍も効果があるキャピキシルを入れているのにも関わらず、製品に対する自信が小さくなっているような感じさえしてきますね。

そう感じてしまうぐらい、主役級の成分がいくつも入っています。

 

 

ミノキシジル誘導体のピディオキシジル

ほとんどの育毛剤のサイトに何かと、「ミノキシジル」が出てきます。これって、逆に考えると、ミノキシジル含有のリアップXシリーズの宣伝になっているのでは?

実は、よその育毛剤のサイトに「ミノキシジル」と出るたびに喜んでいるのはリアップの製造元の大正製薬かもしれません。

 

ミノキシジルと化学構造式が非常に似ているピディオキシジルですが、それもそのはず、ミノキシジルの副作用を抑えるために作られたと言われています。この成分はまつ毛美容液に入っていることで有名です。

まつ毛の周りの皮膚は非常に薄くデリケートです。ミノキシジルの副作用を抑えたピディオキシジルがまつ毛美容液に入れてあり、実際のところ、全く問題がおきていないということで、本当に安全性の高い成分なんだと理解することができます。

ただ、ミノキシジルのように成長因子を産生する働きはないようです。だからでしょうか、EGFという成長因子が加えられています。他にもシアル酸という免疫向上が期待される物質も入っています。

ミノキシジルの最大の副作用ともいえる循環器系への負担を思うと、心血管系に病気を持っている人は確かにピディオキシジルを選択の視野に入れてもいいかもしれません。

リアップも安全性に重点を置いているとはいえ、中には微量でも有害な反応を示す人がいます。

ただ、リアップ発売初期のリアップ使用者の死亡例は、リアップの使用とは無関係と『大正製薬は主張していますし、厚生労働省の見解もほぼ大正製薬と同様で、大正製薬に対して「警告注意」のみで以後もリアップの製造販売を許可しています。

3つ目のカプサイシンとイソフラボンの組み合わせは、学術的にも大変注目を浴びていました。

 

カプサイシンの役目

カプサイシンは唐辛子の辛味の本質です。人によって辛味を感じる量は違いますが、唐辛子を摂りすぎると、全ての毛穴が開いて汗が噴き出ますよね。カプサイシンが体内に入ると、新陳代謝が活発になり、エネルギーが放出されます。このとき、体脂肪もエネルギーに変わるということで、ダイエットに効果がある成分としても知られています。また、血行促進するということで育毛剤の成分としても有用です。

2004年、読売新聞2004年 7月16日 名古屋市立大学岡嶋教授発表。

カプサイシンとイソフラボンの同時摂取によって育毛効果が期待できることが50人による実験データで検証できたということです。

 

カプサイシンとイソフラボンの相互作用

カプサイシンは体内の知覚神経を刺激し、CGRPというカルシトニン遺伝子関連ペプチドを放出します。このCGRPは発毛を促す成長因子IGF-1を増やします。

一方、イソフラボンはIGRPの生成を促す作用があります。

[注意]

2012年、名古屋市立大学医学部においていくつかの論文ねつ造が発覚し、それに岡嶋教授も関与して停職6か月の処分を受けたというニュースがありました。

ただ、「カプサイシンとイソフラボン」についてはよくわかっていませんが、その後もこの理論は採択され、育毛剤にも起用されています。ただ、単純に考えても唐辛子と大豆の組み合わせです。もしあの理論が無効だとしても有害とは考えられません。

もしかすると、本当だったかもしれないのにこのような行為のため、信憑性が下がってしまいました。とても残念です。

フィンジアの公式サイトによれば、カプサイシンを入れる目的はカプサイシンの力で血行を促進して、毛穴を開かせ、キャピキシルやピディオキシジルをしっかりと毛母細胞まで届けるという説明でした。

上記のイソフラボンとカプサイシンのことは記載されていません。それは論文の不正であえて避けたのか、元々、イソフラボンとカプサイシンの組み合わせは考えてなかったのかは定かではありません。

しかし、フィンジアの中にあるカプサイシンとイソフラボンの組み合わせは悪くありません。このあたりの研究で再度、証明されることを期待したいと思います。

サイト運営者セイジが実際に色々と試した育毛関連製品の効果を纏めています。 詳しくは育毛シャンプー育毛剤の記事をご覧下さい。

関連記事

ピックアップ記事

  1. どうも、管理人のセイジです! 以下の記事でも書いていますが、私は旋毛の薄毛を改善するためにチャ…
  2. 女性特有の脱毛症とは? 女性にも脱毛症はありますが、男性のような禿げ方をする人は見たことがありませ…
  3. 出産を終えたあとに控えている「産後脱毛」は、主に妊娠・出産による女性ホルモンが深く関係します。 …
  4. このページでは、育毛剤をかれこれ3年以上試し、回復中のセイジがおすすめの育毛剤をご紹介しています。 …
  5. [speech_bubble type="std" subtype="L1" icon="chapu…

最近の投稿



ページ上部へ戻る