イクオス独自の配合を徹底分析!効果の鍵はペルベチアカナリクラタ

イクオスもまた非常に売れ行きのいい育毛剤として有名です。こちらもまた、ブブカ、チャップローション同様にM-034が主成分です。

そのイクオスが2016年9月1日にリニューアルしたそうですね。それも「世界発の配合」という大々的なキャッチコピーがついています。

世界初の配合とは一体、何でしょうか?

イクオス独自の配合

この配合を「アルガス2」と名付けられました。

世界初とイクオス販売元が自信満々にいう配合とは、「M-034」と「ペルベチアカナリクラタ」です。

M-034はかなり有名ですが、ペルベチアカナリクラタという成分はあまり知られていません。

 

ペルベチアカナリクラタとは?

アルガス-2を検討するためにペルベチアカナリクラタは何なのかを知る必要があります。

ペルベチアカナリクラタとはM-034と同じ海藻エキスの仲間です。

主にフランスのブレア諸島で主に産生しています。波から発生する水しぶきだけが唯一の水分という非常に厳しい自然の中で生育できると言われています。こ

のような強靭な保水性をもつため、化粧品の成分にもよく使用されているようです。

 

アルガス2はキャピキシルやミノキシジルよりも効果が上???

イクオス公式サイトを見ると、アルガス2エキス、キャピキシル、ミノキシジルを含んだ育毛剤を3か月間、使用して効果があったと感じた人はアルガス2が一番であったということがグラフや数字で表されています。

 

そのグラフや数字の信憑性はここでは論じません。

というのも、学術論文ではないし、公式サイトが自信をもって発表しているわけでこちらも一応、そのように考え、これを元にあれこれ検討してみたいと思います。

アルガス2に配合されているM-034をミノキシジルと同等の効果と公式サイトは言っています。グラフを見ると、アルガス2は随分、ミノキシジルよりも上にあります。

ということはアルガス2のもう一つの成分であるペルベチアカナリクラタがグラフの線を押し上げているのでしょうか?

アルガス2の配合比率などはキーリー(イクオスの製造会社)独自が考えたということで、その最適な配合比率でそれぞれの成分が持っているもの以上の効果が出たとも考えることができます。化学反応はときには掛け算になったり、逆に引き算になったりするもので、単純に加算されるものではありません。

あのグラフから言えることはアルガス2の二つの成分が掛け算的に働きあって、ミノキシジル以上の効果を出すのかなと……。

M-034の効果はミノキシジルと同等と言うことがよほど誇りなのか、あちこちのサイトで掲載されています。

では、アルガス2のもう一つの成分ペルベチアカナリクラタの育毛効果はどのあたりのレベルなのでしょうか?

 

ペルベチアカナリクラタをどう考える?

ペルベチアカナリクラタの効能

  • マリンイソフラボンと成長因子を含有する
  • 非常に高い保湿力を有する
  • 再生能力が高く、細胞の代謝能力を高める
  • 弾力のない髪にハリやコシを与え、髪の毛の成長を促す

 

まず、マリンイソフラボンとは何でしょうか?

ペルベチアカナリクラタエキスを製造するフランスの会社名「Biotech Marine社」から引用したのか、それとも、Biotech Marine社の説明の「海藻由来のイソフラボン」から名前を付けたのでしょうか?定かではありません。

会社はその他に成長因子やレチノール酸が含まれていると説明しています。レチノール酸は単純に言えば、ビタミンAのことです。

ビタミンAは細胞を活性化させたり、皮膚の乾燥を予防するので、頭皮や毛髪にはいい影響を与えます。

 

ペルベチアカナリクラタは化粧品では?

頭皮は皮膚の一部です。そのため、育毛剤に入っている成分が化粧品にも入っていることはよくあります。

例えば、プラセンタなどはどちらにも使用されていて、それなりの効果も出ているようです。また、プラセンタが入っているということを化粧品でも育毛剤でも強調されているほど有効な成分です。

ペルベチアカナリクラタはミノキシジルよりも効果があるというアルガス2の配合成分です。となると、単純に考えてもプラセンタ級、いやそれ以上の扱いを受けて当然ですよね。

で、化粧品でのペルベチアカナリクラタを調べてみました。すると、配合目的は「皮膚保護、皮膚コンディショニング剤」とだけあり、「保湿」というのも一つありました。「育毛促進」というのもありましたが、それ以外、何も書いてなくて、どのようにして育毛促進するのかはまったく書いてありませんでした。

色んな化粧品に入っているようですが、扱いがプラセンタ級どころか、その他大勢の成分と同じように小さな文字で書いてあるのがほとんどでした。

参考サイト

  • JOCA日本オーガニックコスメ協会 成分辞典:ペルベチアカナリクラタエキス

http://joca.jp/ingredients/?p=4858

  • Cosmetic-Info.jp:化粧品技術者向けデータベースサイト ペルベチアカナリクラタエキス

http://www.cosmetic-info.jp/jcln/detail.php?id=6334

 

アルガス2の効果を信じたい

(株)キーリーが世界初の配合と自信を全面に押し出しています。M-034がミノキシジルと同等の効果があるかどうかは別にして、M—034の育毛促進効果は充分に期待できるものです。

一方のペルベチアカナリクラタですが、これが残念ながらどういう意味合いでM-034のパートナーに抜擢されたのかよくわかりません。

ペルベチアカナリクラタを配合した化粧品でもこの成分を全面に押し出したものはありません。一つ、二つはありましたが、圧倒的にその他大勢の成分の扱いでした。

ただ、医学や科学の世界って、何でもない物質が医学や科学の進歩によって突如として、有効な物質だと判明することがあるんですよね。

(株)キーリーがペルベチアカナリクラタをM-034のパートナーに選んだ理由は勉強不足の身にはよくわからないのですが、ちゃんとしたエビデンスがあっての実施であることは間違いないと考えます。社命をかけたリニューアルでしょうから。

ミノキシジルのようにきちんとした臨床データがあれば、ここら辺のモヤモヤは無くなると思うのですが。

 

新たに加わったスサビノリエキス

次に、リニューアルされた育毛剤にはもう一つの海藻エキスが入っているそうです。これについても、検討してみましょう。

これもリニューアルされた育毛剤を良質なものに仕上げている成分と、(株)キーリーは自信をもって説明しています。

有明海岸で採れるスサビノリから抽出されたエキス。

このエキスに含まれる「ポルフィラン」(海藻多糖成分)はヒアルロン酸と同等か、それ以上の吸収保水能力があると言われ、毛髪の強度向上に有効であると、公式サイトには掲載されています。

 

ポルフィランとは?

ノリにだけ含まれている硫酸多糖類であり、ノリの細胞壁を構成している物質の一つです。

ポルフィランは公式サイトにもあるように非常に、高い保水性を有しています。

また、それ以外にも、免疫力向上、血中コレステロール低下、整腸作用など健康の維持にも有用性を持っています。

そのため、美容関係だけでなく、サプリメント、医薬品へのさらなる活用が期待されています。

 

ポルフィランは主役になれる

ポルフィランの性質や効果は明らかになっており、(株))白子のりなどは色んなポルフィランの製品をネット上でも紹介しています。

当会社だけでなく色んな企業がポルフィランの製品化に力を注いでいます。おそらく、フコイダンやM-034に肩を並べられるぐらいにはなっているようです。この分野はまだまだ未解明な部分も多く、これからの研究でさらなる毛髪への効果も期待できます。

ペルベチアカナリクラタは前述したように非常に曖昧さを感じてしまうのですが、ポルフィランがその陰りを救っているというと(株)キーリーを不快にしてしまうでしょうか?

 

まとめ

ミノキシジルやキャピキシルよりも効果が上と証明するグラフを疑問視する人も少なくありません。

リニューアルされたイクオスが購入者さんの期待に応えることができることであのグラフを信用することができ、ペルベチアカナリクラタに対する評価も改めることができるはずです。

それができたら、「アルガス2は世界初の配合」「トリプル海藻成分で他の追随を許さない育毛剤へ進化しました」という自信にあふれたキャッチコピーはまさしくイクオスのものと言えるでしょう。

サイト運営者セイジが実際に色々と試した育毛関連製品の効果を纏めています。 詳しくは育毛シャンプー育毛剤の記事をご覧下さい。

関連記事

ピックアップ記事

  1. どうも、管理人のセイジです! 以下の記事でも書いていますが、私は旋毛の薄毛を改善するためにチャ…
  2. 女性特有の脱毛症とは? 女性にも脱毛症はありますが、男性のような禿げ方をする人は見たことがありませ…
  3. 出産を終えたあとに控えている「産後脱毛」は、主に妊娠・出産による女性ホルモンが深く関係します。 …
  4. このページでは、育毛剤をかれこれ3年以上試し、回復中のセイジがおすすめの育毛剤をご紹介しています。 …
  5. [speech_bubble type="std" subtype="L1" icon="chapu…

最近の投稿



ページ上部へ戻る