•  > 
  •  > 
  •  > 
  • イクオス独自の配合はリアップをも上回る効果?薬剤師による成分徹底評価と口コミ評判や体験談
イクオスは、ネットや新聞のメディアを中心に取り上げられている話題の育毛剤です。
お客様満足度97.5%の薬用育毛剤IQOS」というサブタイトルからも分かるように、イクオスのこだわりは顧客満足度にあるようです。

公式サイトの冒頭で「イクオスはお客様満足度を第一に考えた育毛ブランドです。」と自負しておられるように、顧客満足度の高さの97.5%というのはかなり高い数字です。

顧客満足を達成するためにイクオスがこだわっているポイントは 、

  • 実感の速さ
  • 天然成分
  • 安心安全な製造管理

の三つです。

後ろの二つはどの育毛剤でも注力していることであり、特に、話題にするような内容ではありませんが、実感の速さというのは非常にポイントが高いと感じられます。

育毛効果が実感できる確率が高いといえども、効果を実感できるまでに4、5年、いやいや、1,2年と言われても、誰も買おうと思わないかもしれません。
もっと早くからケアしていれば良いのですが、薄毛に悩む人はそれほど切迫した状況にあるという人が多く、効果が多少弱くても1、2か月という短期間での結果を望んでいるのです。

もちろん、イクオスの効果が弱いというわけではなく、短期間でしっかりした効果があるからこそ97.5%という満足度が得られるということになります。
「育毛成分として有名なミノキシジルやキャピキシルを上回るとされる成分が含まれている。」ということで期待度は大きく、このサイトでも積極的におすすめしています。

2016年9月1日には「世界初の配合」という大々的なキャッチコピーと共にリニューアルされ、ますます期待度が高まっています。
この記事ではイクオスの成分をベテラン薬剤師が分析すると共に、管理人が実際に使った口コミ感想を交えてご紹介します。

イクオス独自のアルガス‐2とは?

イクオスはには、育毛に良いとされる「M-034」、「ペルベチアカナリクラタエキス」という2種類の海藻エキスを凝縮配合した「Algas-2(アルガス‐2)」という成分が、独自成分として配合されています。

2016年のリニューアルでは、アルガス‐2にスサビノリエキスという新しい海藻エキスを加えてパワーアップさせているということです。

ちなみに、「Algas」という言葉は藻類や藻ということを意味していますので、スサビノリエキスが加わったリニューアル成分はアルガス‐3ということになりそうです。

先ずは、アルガス‐2について調べてみました。

実感の速さの秘密はアルガス‐2!?

イクオス公式サイトを見ると、120人にアルガス‐2エキス、キャピキシル、ミノキシジルを含んだ育毛剤を3か月間使用していただいて、効果があったと実感できた人の割合は常にアルガス‐2を配合した育毛剤が一番だっということです。

早い人では使用を開始して1ヶ月も経たないうちから効果を実感できたという人が30人を超えており、3か月後には78%の人が実感しているということです。

各成分と対応する有名な育毛剤
  • アルガス-2エキス:イクオスの成分
  • キャピキシル:フィンジアの成分
  • ミノキシジル:リアップの成分

イクオス公式サイトの数値が本当であれば、日本で実際に効果が多く出ていることで有名なリアップをも上回ることになります

ただし、公式サイトに出ているグラフや数字は自社調べですし、比較対象になっている育毛剤がフィンジアやリアップと名指ししているわけではありません。

自社調べの結果を信じるか信じないかは皆様の判断に任せるとして、本当にそんなに早く効果が実感できるものなのかということを成分から検証したいと思います。

M-034は多数の育毛剤でも使われている成分

M-034というのは育毛剤ではよく聞く名前で、ミツイシコンブ(通称名:日高コンブ)の抽出物で、ブブカチャップアップにも含まれています。

M-034 は株式会社天真堂が開発した育毛成分で、抜け毛をM-034で処理するだけで根元にある半透明のゼラチン状の組織に包まれた毛球が膨らんでくることが分かっているそうです。

コンブの抽出物というと保水性の良いネバネバ成分が想像されますが、M-034は独自の低温瞬間製法でネバネバ成分を含まない海藻由来のマリンミネラルだけを取り出したエキスになってるということです。

いくらミネラルが豊富な海藻といえども、ミネラルだけで毛根の成育が促進されるというのは不思議といえば不思議です。
詳細な製造方法が分かりませんので想像でしかありませんが、海藻に含まれるネバネバ成分だけを除いたのであれば、ミツイシコンブ由来のミネラルや水溶性高分子以外の育毛成分も含まれているのかもしれません。

いずれにしても食材としても利用される日高コンブですので、安全性という意味でもミノキシジルと同等の効果があると言われる育毛成分のM-034は傷んだ頭皮には有効な成分ということになります。

 

ペルベチアカナリクラタエキスの保水力でアルガス‐2はパワーアップ?

ミノキシジルと同等の効果があるというM-034だけではミノキシジルを大幅に上回る結果が出ないわけですから、アルガス‐2のビックリするような効果はペルベチアカナリクラタエキスの追加による相乗効果ということになります。

ペルベチアカナリクラタというのは、フランスのフレア諸島にある岩だらけの海岸に生息する海藻です。

海藻が生命を維持するための栄養素やミネラルだけでなく水分も岩にぶつかって発生する波しぶきだけという場所で生息しているペルベチアカナリクラタは、貴重な水分を逃がさないための保水成分が充実しているということです。

M-034では保水力のあるネバネバ成分が除去されていますので、ペルベチアカナリクラタエキスの保水力がアルガス‐2の効果を底上げしているというわけです。

ペルベチアカナリクラタエキスというのは日本では馴染みの薄い成分ですが、皮膚の保護剤やコンディショニング剤としてヨーロッパを中心に化粧品にも使われている成分です。

参照元:Cosmetic-Info.jp ペルベチアカナリクラタエキス
https://www.cosmetic-info.jp/jcln/detail.php?id=6334

 

スサビノリエキスでアルガス‐2が進化!

リニューアルされたイクオスには、2種類の海藻エキスにもう一つの海藻エキスであるスサビノリエキスが配合されています。

スサビノリというのもあまり聞いたことが無い名前かもしれませんが、ノリの養殖に使われる岩ノリと呼ばれる種類の一つで、繁殖力が強くコンクリートの上でも繁殖できるほど生命力の強い海藻です。

イクオスで使われているのは有明海岸で収穫されたものですが、公式サイトには、スサビノリ含まれる「ポルフィラン」(海藻多糖成分)はヒアルロン酸と同等、あるいは、それ以上の吸保水能力があると言われ、毛髪の強度向上に有効であると掲載されています。

ポルフィランとは?

主に紅藻に含まれている硫酸化糖類が多数結合した水溶性の酸性多糖類であり、海藻を紫外線や乾燥から守る細胞壁成分の一つです。

ポルフィランは非常に高い保水性を有していることが知られていますが、他にも様々な機能のあることが研究されています。

  • 免疫賦活
  • 高血圧の予防
  • 血糖値の上昇を抑制
  • ガン予防
  • 整腸作用

 

育毛剤で役に立ちそうな効果は高い保水力ということになりますが、生活習慣病対策や高齢化に伴う抵抗力の低下などにも役立ちそうな成分です。

参照元:株式会社MMO ポルフィランについて
http://mmo-ariake.com/products

 

アルガス‐2+スサビノリエキスの効果で体実感速度を加速

ミノキシジルと同等の効果があって副作用に心配がないM-034の育毛効果をペルベチアカナリクタエキスとスサビノリエキスの強烈な保水力がパワーアップしているというのがイクオスの基本となっています。
イクオスの3か月で78%の人が育毛効果を実感できるという他の育毛剤の追随を許さない驚異的な実感速度の秘密は、保水力にあるようです。

もちろん、アルガス‐2とスサビノリエキスという海藻トリオだけで、育毛効果がアップしているというわけではありません。
97.5%の顧客が満足する背景には、確かな育毛効果を実現するための有効成分も必要です。

そこで、イクオスには発毛を促進させる7つの方法とそれを実現するための成分が配合されているということです。

 

毛髪をつくる7つの方法

イクオスの公式サイトに書かれている7つの育毛メソッドというのは以下の通りです。
3つの海藻エキスが言われている通りの機能を発揮すれば、有効成分が確実に目的の場所に届いて機能することによって以下に示した効果の発現が加速することになります。

イクオスの7つのメソッド

  1. DHTの発生を抑制:テストステロンをDHT(ジヒドロテストステロン)に変換する5αリダクターゼのブロック
  2. 脱毛因子を阻害:DHTが男性ホルモン受容体と結合することで増加するTGF-β(脱毛因子)の活性を抑制
  3. 毛根の活性化:頭皮を乾燥と炎症から守りながら血行促進により毛母細胞への栄養供給を活発化
  4. 頭皮の整備:保湿と血行促進をサポートする14種類の天然成分
  5. エネルギー供給:エネルギーを産み出す代謝を助ける効果と毛髪の原料となるアミノ酸
  6. エイジングケア:加齢に伴い変化する髪質をカバーしてつやのある若々しい髪の毛を生産
  7. 浸透力アップ:有効成分を毛根に届けるために低分子ナノ水を使用

最期の浸透力アップのための低分子ナノ水の使用というのは、少しばかり疑問を感じます。

有効成分を毛根に届けるためには小さい方が良いというのは何となく理解できますが、小さい方が良いのは有効成分であってそれを運ぶ水ではないと思います。
有効成分や栄養素が水に溶けない成分ならばできるだけ小さな液滴にする必要はあるでしょうが、水に溶けるものであれば問題なく浸透すると考えられます。
そもそも、毛髪の太さは人によってまちまちですが、太いものでは0.1㎜、細いものでも0.05㎜あるということですので、ナノサイズの分子でなければ届きにくいということはないと思います。

加えて、低分子ナノ水というもの自体が存在するのかどうかも怪しいところで、折角の効果が期待できる育毛剤なのに勿体ないとさえ感じてしまいます。

 

まとめ:イクオスの効果検証結果とおすすめ度

イクオスを検証して分かったおすすめポイント
  1. イクオスの人気の秘密は実感速度
  2. アルガス‐2とスサビノリエキスという3つの海藻によって効果を加速
  3. 天然成分を中心とした育毛成分が太く若々しい髪の毛を産み出す
  4. 保水成分で頭皮をケア

頭皮のケアと毛髪の発育によってヘアサイクルを正常化するイクオスは、実感速度が速いということで顧客の満足感を掴んだ商品のようです。

科学的には未解明の部分も多く残念な内容も無きにしも非ずといったところですが、短期間で効果を実感できている人がいるということを信頼して試してみる価値はあるのではないかと感じました。