カロヤンガッシュ口コミ 万遍ない効果だがAGAに限って言えば、「少し軟」

カロヤンガッシュは第3類医薬品に分類されています。ちなみに同じ育毛剤のリアップX5プラスは第一類医薬品に分類されています。

この分類の大きな違いは、リアップX5プラスは薬剤師による指導の上、購入が義務づけられていますが、カロヤンガッシュは薬剤師の指導無し、自分の判断で購入できる製品です。

とはいえ、医薬部外品、化粧品に分類された育毛剤とは違い、医薬品なので、それら以上に厚生労働省による厳しい検問を突破してきたことは間違いないでしょう。

リアップX5プラスと同様にたくさんの副作用も、カロヤンガッシュの箱の中に入っている添付文書に書かれています。

医薬部外品や化粧品の育毛剤のサイトでは、医薬品の育毛剤の副作用を大きく取り上げ、「だから、医薬品の育毛剤は怖い」と自社の化粧品や医薬部外品の育毛剤との差別化を図っています。

うーん、このような取り上げられ方、比較の仕方にちょっと、ひっかかってしまうのは筆者

だけでしょうか?

取りあえずは、この育毛剤の一番の有効成分と考えられる「カルプロニウム塩化物」を検討してみましょう。

カルプロニウム塩化物

この薬は、病院で医師が処方する外用剤です。「フロジン外用液」という商品名です。

このジェネリックにアロピックス外用液があります。カルプロニウム塩化物の濃度はカロヤンガッシュが2%、フロジン外用液が5%で医療用の方が倍以上の高い濃度ということになります。

カロヤンガッシュは2%という濃度の低さをカバーするかこともあってか、それ以外に色んな成分を入れています。

 

AGAガイドラインの推奨度は[C1]

日本皮膚科学会が設定したAGA診療ガイドラインでは推奨度「C1」で「使用したとしても十分な根拠がない」となっています。

病院ではAGAではなく、円形脱毛症の治療薬として主に使用されています。

 

※円形脱毛症

円形脱毛症は10円ハゲが1~3個できる程度の軽症から、体毛だけでなく、睫毛眉毛と全ての毛が無くなる重症までと、非常に症状の範囲が広い病気です。AGAは保険対応ではありませんが、円形脱毛症は保険対応です。

また、軽症はストレス説がありますが、重症はストレスというよりは自己免疫疾患の一つということが現在、わかっています。

 

局所の血管拡張作用がある

カルプロニウム塩化物は、どのようにして血管拡張作用があるのかというと、アセチルコリン作用が関わっています。

アセチルコリンとは、副交感神経から出る神経伝達物質の一種です。アセチルコリンの作用は色々、ありますが、その作用の中に血管拡張作用があります。

また、カルプロニウム塩化物は、アセチルコリンの分解を抑えるコリンエステラーゼの作用を抑える働きもあるため、アセチルコリンの血管拡張は持続します。

このような働きを利用して頭皮に塗り、皮下の血管を拡張することで血行を促進し、血液や栄養を毛母細胞まで運び、機能低下した毛包を活発化して、育毛促進へとつなげていきます。

カルプロニウム塩化物を頭皮に塗るとき、アセチルコリンの発汗作用も出やすくなるので、体温が下がり、火照りが治まったところで塗布するのがいいでしょう。

 

ミノキシジルとカルプロニウム水和物

AGAの最大原因は男性ホルモンの存在、もっと細かく言えば、強力な男性ホルモン「CDHT」が原因です。

ガイドラインの推奨度C1で「使用してもいいけれど、十分な効果は出ませんよ」と言っていることです。

ここを裏返して考えてみると、「副作用はミノキシジルほど厳しいものではないから、効果がないかもしれないけれど、使ってみれば?ひょっとして効果があるかも」というのがガイドラインを決定した専門医たちの本音だと思います。

 

カロヤンガッシュは医療用のフロジン液の半分以下の濃度

推奨度C1でありながら、カロヤンガッシュは医療用フロジン液よりもさらに濃度が半分以下です。

価格は育毛剤の中ではそんなに高くないとはいえ、全体の市販医薬品から考えるとそんなに安くありません。

カルプロニウム塩化物以外の成分が濃度の低さを補っているのでしょうか?

他の効果のありそうな成分の主なものを検討してみます。

まず、チクセツニンジンエキスが気になります。

チクセツニンジンは他のニンジンと同様にやはり、血行促進効果があり、育毛剤でもよく使用されています。

カロヤンガッシュは市販品なので、カルプロニウム塩化物を入れられる最大量は2%まです。カルプロニウム塩化物の濃度不足分を補っている成分だと言えそうです。

 

もう一つ気になるのが、カシュウチンキ。

これはどうなんでしょうね。

毛根の脂質を除去する働きがあると言われています。今、皮脂と抜け毛は関係ないという説が多くなっています。

男性ホルモンが過剰になると、どうしても皮脂は増えます。皮脂が増えたから抜け毛が増えたのではなくて。男性ホルモンが多くなって抜け毛が増えるという考えが主流であり、皮脂が増えたのは男性ホルモンが増えた結果ということになります。

いいように考えれば、カシュウチンキはシャンプーのように皮脂を除去し過ぎず、男性ホルモンで増えてしまった過剰な皮脂だけを除去し。適度に衛生に保つ役目をしていると考えます。

他にも色々成分が入っていますが、「おっ、これは?」というようなものが見当たりません。

 

それよりも気になるのはAGA原因物質の量を減らす工夫がされていないことでしょう。

DHTの産生量を減らすフィナステリドに似たような生薬を大体の育毛剤は入れています。

ノコギリヤシエキスとかオウゴンエキス……。

カロヤンガッシュにはDHT産生量を抑える成分が見当たりません。とはいえ、カロヤンダッシュの効能の中に「壮年性脱毛症」とあります。成分を見ると、カルプロニウム塩化物だけで他の育毛剤と勝負しようと考えているのかなと思ってしまいます。

 

血管拡張作用はミノキシジルが上

これはAGA治療ガイドラインの推奨度でわかります。

ただ、カルプロニウム塩化物はアセチルコリン作動による血管拡張作用であることを考えると、センブリエキスやカプロサイシンよりは血管拡張作用が強力だと考えることができます。

 

カロヤンガッシュと女性

女性はフィナステリド製剤を使用することはできません。しかし、男性とはハゲ方が違いますが、女性にもAGAが発症します。

女性も体内に男性ホルモンを持ち、加齢等が原因で女性ホルモン減少、男性ホルモン増加という現象がおきるときがきます。

女性のAGA改善には、フィナステリド製剤ではない形でDHTの産生量を減らす方法が必要です。

ミノキシジルはDHTの産生量を抑えるわけではないのですが、強い血管拡張作用と、毛母細胞への働きかけで増毛効果をもたらします。そのため、男性でも女性でもAGAに効果あるとされています。

カロヤンダッシュを開発した研究者たちは他の育毛剤以上に女性の存在を意識していて、あのような成分内容になったのかなと考えることもできます。

しかし、女性もDHTの産生量を減らすという方法でAGAを改善できる方法があるといいですよね。

フィナステリド製剤を使用できない女性の場合、フィナステリドより効果が落ちるかもしれませんが、ノコギリヤシエキスやオウゴンエキスなどで代替するしかないと考えます。

そういうわけでカロヤンダッシュは他の脱毛症は別にして、男性にしても女性にしてもAGAに限って言えば、「少し軟かな」と考えます。

また、本当に円形脱毛症(軽度)であれば、病院に行き、医師が処方するフロジン外用液というカルプロニウム塩化物が5%という高い濃度が入っているもので一刻も早く治療すべきです。

円形脱毛症は炎症反応が強いので、おそらく医師はフロジン外用液だけでなく、炎症やアレルギーを抑えるような治療薬も追加するはずです。保険が可能な治療なので安心して最適な治療を受けることができます。

サイト運営者セイジが実際に色々と試した育毛関連製品の効果を纏めています。 詳しくは育毛シャンプー育毛剤の記事をご覧下さい。

関連記事

ピックアップ記事

  1. どうも、管理人のセイジです! 以下の記事でも書いていますが、私は旋毛の薄毛を改善するためにチャ…
  2. 女性特有の脱毛症とは? 女性にも脱毛症はありますが、男性のような禿げ方をする人は見たことがありませ…
  3. 出産を終えたあとに控えている「産後脱毛」は、主に妊娠・出産による女性ホルモンが深く関係します。 …
  4. このページでは、育毛剤をかれこれ3年以上試し、回復中のセイジがおすすめの育毛剤をご紹介しています。 …
  5. [speech_bubble type="std" subtype="L1" icon="chapu…

最近の投稿



ページ上部へ戻る