•  > 
  •  > 
  •  > 
  • KURO EX(クロイーエックス)育毛剤がM字ハゲに効果的な理由を評価 有効成分が患部に長く滞在
鏡を覗き込む度にため息をつきたくなるほど悩ましいM字ハゲを改善するべく、M字対策に特化して販売されている育毛剤がKURO EXという商品です。
口コミ情報サイトを見てみると、クリニックと併用することを勧めているから効果が無いという意見も見られましたが、本当にそうなのかを検証してみることにしました。

額の中心部の髪の毛は残っているのに両サイドの生え際が薄くなるM字ハゲは、男性を悩ます近年若年化が目立つ薄毛の一つです。
M字ハゲに悩む人は多く、近年では、中高年から若年層へと移行する傾向すらみられます。
最初のうちはまるで剃りこみを入れたようになり、顔つきが強面になってしまいがちです。

怖い顔つきになっている間はまだ良いのですが、「いずれは残っている中心部も無くなって、頭の両サイドと後ろだけ髪の毛が残った状態になってしまうのか・・・?」と不安になるのも当然です。

「M字になるのは本当に遺伝なのか?」
「放置したら、最後はどうなってしまうのだろうか?」
「どうやったら後退を止められるのか?」

など、多くの中高年や若者が情報不足で悩んでおられるようです。

このサイトに来られたというあなたもその一人ということではないでしょうか?
そこで、M字に自信を持っているKURO EXの開発コンセプトについてみてみましょう。

KURO EXの商品コンセプト

公式サイトには、

  • 「多くのAGAクリニック利用者も併用」
  • 「M字対策の決定版」
  • 「永く、深く、留まる」

というキャッチコピーが書かれています。
薄毛対策の薬や有効成分というのは世の中にたくさんありますが、有効成分が毛穴の奥にある毛乳頭や毛母細胞に届いていない状態では、いくら頑張っても効果がなかなか見えてきません。
KURO EXが提案するM字改善は、有効成分が毛穴の奥深くまで浸透、かつ、永く留まるように工夫がされている ということです。
また、KURO EXは体の外側から育毛にアプローチしますが、クリニックなどで体の内部からと並行して薄毛対策することで、より効果的に薄毛改善ができると考えているようです。

KURO EXがM字の皮膚に有効成分を効果的に送り届ける秘密に入る前に、M字ハゲと呼ばれる薄毛がどんなもので、何故できるのか、 何故改善しにくいのかについて考えてみたいと思います。

 

M字ハゲと呼ばれる薄毛とは?

冒頭にも申し上げたように、額の部分の髪の毛の生え際が薄毛になってくる症状の初期段階であり、こめかみ上部の部分から頭頂部に向かって徐々に髪の毛が薄くなっていく状態がアルファベットの「M」の文字に似ていることから「M字(ハゲ)」と呼ばれるようになりました。

M字ハゲは普段は髪の毛が被っているために気づくことがありませんが、

髪の毛のボリュームが無くなってきたとき
お風呂上りなどの髪の毛が濡れているとき
髪をかき上げたとき
父親の若い頃の写真を見たとき

などに「わっ!!!」となってしまうことも少なくありません。
プールや海に遊びに行ったときに、友達や彼女に指摘されたりすると最悪です。

以下にM字ハゲの原因について解説していますが、薄毛に影響を与える生活習慣が若者のM字ハゲが増加している原因ではないでしょうか?

 

M字ハゲの原因は?

M字ハゲの原因は、父親が薄毛という遺伝的な要因は否定できませんが、M字ハゲが起こる原因は遺伝だけではありません。

偏食、喫煙、運動不足といった不摂生な生活やストレスによる睡眠不足やスマホ・パソコンによる眼精疲労から不適切なシャンプーの方法が原因となることもあります。
遺伝的にAGAが発症しやすい人であれば、そのような生活習慣がM字ハゲの進行を促進することになりますので、M字ハゲが起こる年齢がより早くなってしまいます。

5αリダクターゼによるジヒドロテストステロン(DHT)の生成によるAGA

テストステロン(男性ホルモンの一種)が5αリダクターゼという酵素と結合することによって発生するジヒドロテストステロン(DHT)が原因となるAGAはM字ハゲの最も大きな要因です。
体には必要なDHTも毛包近辺でDHTが男性ホルモン受容体に結合することで薄毛(ハゲ)が起こります。
DHTが男性ホルモン受容体に結合する能力はテストステロンの10倍と言われており、DHTに変換することによって加齢い伴い減少するテストステロンを補う形になります。
ところが、必要なはずのDHTが頭皮で増加すると、それが薄毛の原因になってしまうというわけです。

5αリダクターゼは遺伝子にある設計図に従って体内で合成される酵素の一つですので、遺伝的要素が含まれていることになります。

 

額の薄毛の進行はAGA治療薬で止まりにくい!?

M字ハゲに早い段階で気付いてクリニックに通う人もおられますが、AGAを止める、すなわち、DHTの上昇を止める薬としてプロペシアなどが処方されます。
もちろん、プロペシアはAGA治療の内服薬として認可されていますので効果はありますが、額部分にだけ集中して効果が出てくるというわけではありません。
特に、額部分は育毛が困難な部分であり、結果がなかなか見えて来ないという人が多いようです。
そこで、内服薬による治療をしながら外からもM字ハゲの改善を目指して育毛剤を使用する方が多くなってきます。

 

M字ハゲには育毛剤も作用しにくい!

一生懸命働くことを「額に汗する」と比喩することがあるように、額は頭皮が薄く汗をかきやすい場所です。
加えて、眠っているときや横になっているとき以外は、額は地面に対して垂直になっていますので、育毛剤を利用しても有効成分が働く前に汗で流れてしまいます。
お風呂上がりの汗をかきやすい時やシャンプーした後の濡れている状態では、なおさらということになります。

そこで、汗や水に流されることなく有効成分が額のM字部分に止めることができるKURO EXが有効になってくるというわけです。

 

KURO EXが永く留まる理由

KURO EXに含まれる有効成分が目的とする場所に「永く留まる」理由は、育毛剤を濃密ジェルにしていることにあります。
濃縮ジェルの被膜は簡単に汗で流れ落ちるということはありませんので、KURO EXの有効成分は塗った場所にとどまっています。
言い換えると、ゆっくりではありますが確実に毛穴の中に浸透し毛乳頭や毛包細胞に有効成分を運ぶ時間を稼いでくれます。

入浴直後の大量に汗をかくような新陳代謝の高い、すなわち、固くなっている頭皮が柔らかくなり毛穴が開いている状態が育毛剤を作用させるのが最も効果的なタイミングですが、通常の育毛剤ではM字部分に塗った育毛剤が流れてくる汗とともに流れ落ちてしまいます。
汗で流れることのない濃密ジェルタイプにすることで、有効成分を目的とする毛穴付近に永く留めてピンポイントの育毛ができるように工夫されているというわけです。

しかも、ドライヤーで乾燥させることで、ジェルに配合されている美容成分が細い髪の毛を根元からコーテイングすることでボリュームアップしてくれるというおまけがついてきます。

このサイトでは様々な育毛剤を紹介してきましたが、KURO EXのようなアイデアを取り入れた製品はありませんでしたので、これはとても画期的です。

KURO EXの育毛成分・製品の強み

毛乳頭にダメージを与える可能性のあるエタノールを使っていない育毛剤であることは言うまでも無く、多くの強みがあります。

KURO EXの強み
  • 頭皮の保湿・柔軟化に効果を発揮するフコイダンを含む5種類の海藻エキス
  • 血行促進効果のあるニンニクとローズマリー
  • 脱毛抑制効果が期待できるゴボウとシナノキ
  • DHTの生成を抑えるビワ葉、オウゴンエキス
  • 血行促進効果のあるセンブリエキス
  • 抗炎症作用のあるアルニカ

脱毛抑制並びに発毛サポートを目的とした5種類の海藻由来成分と18種類の植物エキスが配合されています。

ヘアサイクルを補正する有効成分

毛母細胞が分裂するために必要な11種類のアミノ酸が発毛を促進し、2種類の天然保水成分が角質層を乾燥から守る働きで植物性の有効成分をサポートするように配合されています。
結果的に、成長期を維持するための栄養素を毛乳頭に栄養を送り続けることで、ヘアサイクルが正常化するという仕組みになっているようです。
成長期が永く維持された髪の毛は、毛母細胞から分裂した髪の毛の素が十分補給された太くて長い髪の毛になるということです。

 

まとめ

① KURO EXのコンセプトとメーカーの狙い
② M字ハゲの状態
③ M字ハゲの原因はAGAと生活習慣
④ プロペシアのような内服薬はピンポイントでM字ハゲを狙うことができない
⑤ 普通の育毛剤は汗や水で流れ落ちてしまうので、効果が出にくい
⑥ 濃縮ジェルタイプのKURO EXは塗った場所にとどまり、有効成分が浸透するための時間を稼ぐ

KURO EXは、有効成分を塗った場所に滞留する時間を如何に永くするかという工夫がされていることが最大の特徴です。
成分そのものは他の育毛剤と比べて特に優れているというわけではありませんが、「永く、深く、留まる」ことによってAGAの治療薬やサプリメントによる体の内外から効果的にM字改善を期待できる商品ということです。
クリニックに通っておられない方のために、サプリメントも用意しているという念の入れようです。

参照元:KURO EX 公式サイト
http://beau-lab.jp/kuro-ex/