kurokamiスカルプ は5周年を迎えたharuが5年間守り続けた従来品の黒髪スカルプ・プロをパワーアップさせてリニューアルした育毛シャンプーです。
黒髪スカルプ・プロは女性をターゲットに「見た目年齢が5歳は若返る」というアンチエイジングケアシャンプーとして販売されていましたが、kurokamiスカルプはこだわりはそのままに5年前にはなかった技術と成分を詰め込んだという育毛シャンプーということです

黒髪スカルプ・プロは産後の髪質の変化、丁寧に髪の毛をケアする時間も取れないというジレンマから開発された育毛シャンプーですが、5年も経つと加齢に伴う髪や肌の変化に従来品では物足りなく感じる部分が浮き出してくるようになり、より満足度の高いシャンプーを目指して新規成分を導入してリニューアルさせたのがkurokamiスカルプという育毛シャンプーということです。

旧商品名の「黒髪」と新商品名の「kurokami」いう言葉から分かるように、haruのシャンプーは育毛のための頭皮ケアはもちろん白髪のケアにも注力した育毛シャンプーです。
漢字をローマ字にすることの意味が説明されているわけではありませんが、「くろかみ」というキーワードを残したかったのではないかと推測されます。

すなわち、kurokamiスカルプは、従来品のコンセプトをそのまま残しながら、従来品の一つ一つの特徴をパワーアップさせることによってより高い満足感が得られるようにリニューアルさせた育毛シャンプーであると考えられます。

kurokamiスカルプ
特徴 新配合で洗浄力アップ
1本でボリュームとツヤを実現するオールインワンのシャンプー
ミノキシジルの3倍の効果があるといわれるキャピキシルによる育毛効果
頭皮を守る天然成分
髪の毛の黒い色素であるメラニンの合成を促進するヘマチンを配合
分類 化粧品
内容量 400ml(2ヶ月分)
通常価格(税抜) 3,600円

参照元:haruシャンプー kurokamiスカルプ|公式haruオンラインショップ

「くろかみ」というキーワードにこだわったkurokamiスカルプは、黒々としたしっかりした髪の毛になるようなイメージが強いです
kurokamiスカルプは髪の毛をケアする時間のない忙しい女性のいつまでも若々しく美しくありたいという女性の願望が科初のきっかけということで、ヘアケア、スキンケアだけでなく、ライフケアまで考えられている育毛シャンプーです。洗髪時間の短縮や低価格、長く安心して使えるという点も配慮されているようです
kurokamiスカルプは黒髪スカルプ・プロの発売から5歳余分に歳をとったことで起こる髪の毛の悩みを解消するためにパワーアップさせたということですが、パワーアップの内容を把握した方がよさそうです
そうですね。そこは大きなポイントですので、従来品のこだわりポイントとそれをどうやってパワーアップさせたのかを検証していきましょう

 

従来品の黒髪スカルプ・プロのこだわりポイントは?

従来品の黒髪スカルプ・プロは、名前の由来とも考えられる黒髪を維持するために配合されているヘマチンと当時から育毛成分として注目されていたキャピキシルを中心に頭皮をケアする22種類の天然成分を配合した育毛シャンプーとしてリリースされました。
シャンプーとしての洗浄効果も、頭皮に優しいアミノ酸系界面活性剤に泡立ちの良い両性界面活性剤を配合した育毛シャンプーではオーソドックスな頭皮に優しい洗浄剤が配合されていました。

    • ヘマチン:黒髪スカルプ・プロでは「メラニン・メラノサイトのメカニズムに着目してヘマチンを配合」とされていたようですが、ヘマチンには髪の毛の色素であるメラニン合成において重要な酵素であるチロシナーゼを活性化する働きがあると言われています。ただし、メラニン合成を促進する効果というのは科学的に証明されているわけではありません。一方、ヘマチンは髪の毛の主成分であるケラチンというたんぱく質に含まれるヒスチジンや最も割合の多いシステインと強く結合するポルフィリンという高酸化力の強い物質であり、ケラチン同士をつなぐことによりダメージヘアの補修と強度アップは期待されます。

    • キャピキシルLUCAS MEYER COSMETICS社(カナダ)で開発されたアカツメクサハナエキスとアセチルテトラペプチドを中心とした育毛成分です。
      アカツメクサに含まれるビオカニンAという成分が5αリダクターゼの活性を抑え男性型脱毛症(AGA)の原因物質であるDHTの合成を抑える効果があることが報告されており、4つのアミノ酸でできているアセチルテトラペプチドが細胞外に分泌されるコラーゲンやエラスチンといった頭皮の弾力性につながる物質の分泌を促す効果があります。

参照元:ウィキペディア キャピキシル

これだけでもそれなりの効果があったので5年間も継続して販売されてきたわけですが、kurokamiスカルプは5周年を祝してのリニューアルという以外に、満足できないという声を反映させてのリニューアルという面もあるのではないかと推測されます。

ヘマチンが白髪の改善するというのは科学的に明らかにされていないということですが、となると、商品名にも入っている「くろかみ」というこだわりは怪しいということでしょうか?
ヘマチンがメラニン合成を促進するという論文は見つけられませんでしたが、メカニズムがわからないというだけであって、ヘマチンが白髪改善に効果が無いということを証明するものではありません。メラニン合成に与える影響については今後の研究次第ということではないでしょうか・・・
もしかすると、kurokamiスカルプのパワーアップされている点に鍵があるのかもしれませんね

 

kurokamiスカルプは何をパワーアップしているのか?

従来品の黒髪スカルプ・プロに配合されているヘマチンの黒髪効果の有無についてはいろいろな議論があるようですが、髪の毛の強度を高める効果と抗酸化活性というのはヘマチンという物質の化学的性質から考えられる性質です。
紫外線によって発生する活性酸素による毛髪や頭皮へのダメージを防ぐ効果は十分に期待できますし、紫外線を吸収しやすいメラニン色素自体も活性酸素によって分解される可能性もあります。

言い換えるならば、髪の毛の強度を高め活性酸素から髪の毛や頭皮を守る効果が期待できるヘマチンは、髪の毛に含まれるメラニン色素を分解から守る効果が期待できるというわけです。

というわけで、リニューアルされたkurokamiスカルプのパワーアップされているポイントは以下のようになっています。

kurokamiスカルプのパワーアップ

  • 洗浄力と保湿力のパワーアップ:従来品の洗浄成分はアミノ酸系界面活性剤に両性界面活性剤を組み合わせたという育毛シャンプーでよく見られる洗浄成分ですが、kurokamiスカルプで洗浄効果をパワーアップするために配合されているのがキメの細かい泡を生み出し汚れを浮き出させるソープナッツエキス(サピンヅストリホリアツス果実エキスです。
    また、頭皮の健全化に必要な栄養素である不足しがちなアミノ酸も補充されており、頭皮が本来持っている保湿力をパワーアップさせる配合になっているようです。
  • 紫外線対策の追加:外に出ることが多い女性のカラダの中で最も大量の紫外線を浴びる毛髪や頭皮は、紫外線の影響で発生する活性酸素によってダメージを受けやすい状態にあります。kurokamiスカルプでは、抗酸化活性の強いスイカズラ花エキス、マテ茶葉エキスやグアバ果実エキスが髪と頭皮を紫外線によるダメージから守ります。
  • 長期にわたって安心して使える33種の天然成分と10の無添加:従来品では毛髪と頭皮をケアする22種類の天然成分ということでしたが、新配合のソープナッツも含めた11種類の新規成分を追加配合することで頭皮に優しくパワーアップさせています。また、新規成分として配合されているホップエキスは男性型脱毛症(AGA)の原因物質であるジヒドロテストステロン(DHT)の抑制作用や毛母細胞の増殖を刺激する作用が確認されています。
  • フケ、かゆみ、ニオイ対策を追加:頭皮のかゆみやニオイはストレスの源ですので、頭皮の常在菌の増殖を抑制するためのサトウダイコン、ヤシ由来の抗菌成分が新配合されていますし、マテ茶葉発酵液の抗酸化力が皮脂の酸によって発生する臭いもブロックします。さらに、セロリ種子エキスにはかゆみを抑える効果があるということです。

kurokamiスカルプでは、紫外線対策の強化に加えて、頭皮の健全化と維持をパワーアップさせるためにより効果の高い新規成分を導入しているというわけです。


ちなみに、kurokamiスカルプに配合されている全成分は以下のようになっています。橙色の成分は新規配合されたリニューアル成分と思われます。

水、ココイルグルタミン酸TEA、コカミドDEA、グリセリン、プロパンジオール、ココイルメチルアラニンNa、ココイルグリシンK、セロリ種子エキス乳酸桿菌/マテチャ葉発酵液(抗酸化作用)、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、(カプロイル/ラウロイル)ラクチレートNa、クエン酸トリエチル、サピンヅストリホリアツス果実エキス(ソープナッツ)、トコフェロール(抗酸化)、ホップエキス、オオムギ発酵エキス、豆乳発酵液、ワカメエキス、アカモクエキス、スイカズラ花エキス、加水分解シルク、加水分解コンキオリン、マテチャ葉エキス(抗酸化)、カボス果汁、アサイヤシ果実エキス(抗酸化作用)グアバ果実エキス、コーヒー種子エキス、ビワ葉エキス(抗炎症と抗菌)、アセチルテトラペプチド-3、アカツメクサ花エキス(キャピキシル)、ソメイヨシノ葉エキス、センキュウ根茎エキス(抗炎症、血行促進、毛母細胞分裂促進)、リンゴ果実培養細胞エキス(抗酸化)、ハイブリッドローズ花エキス、カミツレ花エキス、ブッソウゲ葉エキス(抗酸化、抗菌)、ヘマチン、海塩、グルタミン酸Naグリシンアラニン、水添ホスファチジルコリン、ダイズステロール、ポリクオタニウム-10、カプリン酸グリセリル、ラウリン酸ポリグリセリル-2、ラウリン酸ポリグリセリル-10、BG、エタノール、キサンタンガム、レシチン、デキストラン、シリカ、レモン果皮油、アオモジ果実油、グレープフルーツ果皮油、オレンジ油、イランイラン花油、ライム油、カプリリルグリコール

参照元:haruシャンプー kurokamiスカルプ|公式haruオンラインショップ

成分を並べただけでは分からないリニューアルの特徴がよく分かりました
従来品の黒髪スカルプ・プロもヘマチンを始めとする抗酸化作用のある天然成分が充実している育毛シャンプーですので、2番目の紫外線対策の充実というのが最も大きなリニューアルのポイントではないかと思います。活性酸素を消去する反応は短時間で起こるので処理時間の短いシャンプーでは抗酸化活性の高い成分が重要であるというのがkurokamiスカルプでは重要と考えられていると思われます
後、ホップエキスというのも注目されている成分ですよね?
黒髪スカルプ・プロの育毛効果のキーであったキャピキシルをパワーアップさせるという意味では、DHTの増加を抑制するホップエキスは期待度も大きいのではないでしょうか?ホップエキスについては論文の報告もあるということです。

参照元:J. Soc. Cosmet. Chem. Jpn. ノ ー ト 29 (4) 411-416 (1996) ホ ップ抽出物の育毛養毛効果 

 

kurokamiスカルプの育毛パワーの総括

kurokamiスカルプは従来品の黒髪スカルプ・プロをパワーアップしてリニューアルした育毛シャンプーということですが、パワーアップのポイントは以下の4つです。

  • 洗浄力と保湿力のパワーアップ
  • 紫外線対策の追加
  • 長期にわたって安心して使える33種の天然成分と10の無添加
  • フケ、かゆみ、ニオイ対策を追加

従来品の黒髪スカルプ・プロはヘマチンの黒髪効果とキャピキシルの育毛効果を中心に22種類の天然成分によって毛髪と頭皮をケアする育毛シャンプーです。

ヘマチンの黒髪効果は科学的な根拠が弱いようですが、ヘマチンのダメージヘアの補修効果と抗酸化活性による毛髪と頭皮のダメージの回避の効果とキャピキシルの育毛効果をサポートするためのリニューアルのポイントとなっているのが紫外線によって発生する活性酸素の除去効果とホップエキスによる抜け毛の予防と推測されます。

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です