•  > 
  •  > 
  •  > 
  • プランテルのM字ハゲへの効果・口コミ評判を分析 M字に対する守備と攻撃のバランスで闘う
プランテル」はM字で悩む男性をターゲットにした育毛剤で、「M字と闘う!」をキャッチコピーとしたブランドです。

薄毛に悩む日本人男性の中で「育毛剤を試そう!」という人は、M字型薄毛で悩む人が最も多いといっても過言ではありません。
お風呂に入ってシャンプーをしたときの排水溝の抜け毛が多くなったのを見てもシャンプーで何とかしようとしますし、進行してM字どころではなくなってしまった人は半ばあきらめ気味になっているのではと思います。

排水溝の抜け毛に気づいた初期段階で育毛剤を使用していれば進行を抑える、あるいは、回復させることも可能かもしれませんが、そこそこ値の張る育毛剤を使うというのはなかなか難しいのかもしれません。
人に指摘されて初めて「何とかしなければ・・・」となるのも、無理のない話です。

というわけで、M字が目立つようになってから何とかしたいという人のために、M字の原因を徹底的に追及し研究に研究を重ね幾度もの試作を経て完成させた自信の商品がプランテルということです。

他人、特に、女性にM字を指摘されると幾つになってもショックですし、人生観が変わるほどのコンプレックスを抱えている人もたくさん知っています
そうですね。育毛剤で相談に来られるお客様のほとんどの方はM字が目立つようになってからですし、皆さん言われるのは「父親も・・・」という方は多いですね
もっと早くに何とかしていればとは思うのですが、まあ、「後の祭り」という人が多いんでしょうね
早ければ早いほど選択肢は多いと思いますが、M字が目立つようになってからでもプランテルのような育毛剤もあります。まずは、M字型薄毛というものがどういうもので、どんな原因によるのかを知ることが大切ですね

 

男性型脱毛症にM字ハゲが多い理由

男性型脱毛症(AGA)というのは、5αリダクターゼという酵素によってによって男性ホルモンのテストステロンがDHT(ジヒドロテストステロン)に変換され、DHTが毛乳頭細胞にある男性ホルモン受容体に結合することによって成長過程にある毛髪を脱毛させることによって起こります。
ここまではM字ハゲに悩んでおられる方、育毛に興味を持っておられる方ならば、どなたでもご存知のことかと思います。

実は、5αリダクターゼにはタイプⅠとタイプⅡの二つのタイプがあり、それぞれがテストステロンからDHTタイプⅠとDHTタイプⅡを合成します。
そして、5αレダクターゼのタイプⅠは後頭部・側頭部に多く、タイプⅡは前頭部・頭頂部に多く存在します。

AGAの原因物質はDHTタイプⅡであり、DHTタイプⅡが毛乳頭細胞表面の男性ホルモン受容体に結合することで脱毛が起こる、すなわち、前頭部と頭頂部の方がAGAが起こりやすい部位というわけです。
とりわけ、額の両サイドにあるこめかみ部分は皮膚のすぐ下に頭がい骨が存在するような頭皮が最も薄い場所であり、AGAの影響を受けやすい場所ということになります。

 

かくして、DHTの影響に伴う脱毛はこめかみ部分から発症することになり、M字薄毛が発生するということになります。

当然ですが、他の場所も遅れて脱毛が起こってくることになりますので、やがてはM字がM字でなくなり頭頂部に向かって進行し後頭部と側頭部を残した禿げ頭の状態になってしまうというわけです。

なるほど、M字ハゲにはそんなからくりがあったのですね
細かく言うとご紹介したような話になりますが、タイプⅡを抑える効果があるのが医薬品として認可されているフィナステリドです。
M字と闘うプランテルにフィナステリドと同じ効果があるのか?ということになりますが、配合されている成分から検証していきましょう

 

M字と闘うプランテルに配合されている有効成分

プランテルがM字に特化した成分であるのであれば、フィナステリドと同じく5αリダクターゼのタイプⅡを阻害、あるいは、最低でもタイプⅡとタイプⅠの両方を阻害する効果があるということになります。

ところが、配合されている成分はというと他の育毛剤にもみられるような成分ばかりで、期待を持てるような特別な成分があるわけではありません。

 

プランテルの配合されている主要10成分

公式サイトで紹介されているプランテルの成分は、「有効育毛成分による黄金比トリプル発毛促進構造」として3種類、「A-DHTホルモン理論がテストステロンを狙い撃ち!」と称して配合されている7種類の天然成分となっています。

後半の7種の天然成分については、「男性ならではの生え際の悩みに特化!遺伝の悪夢を断ち切ります!!」と追記されていますので、直接的なM字抑制は後半成分に期待されるということでしょう。

ただし、既に始まっているM字ですので、抜けてしまった、あるいは、細くなっている毛髪を育てる頭皮環境や育毛成分も大切ということで、発毛促進に関わる3成分があるのだろうと推測されます。

現状を改善するための成分と根本原因であるDHT対策を合わせてのM字対策です。先ずは、発毛成分について検証してみましょう。

 

3種類の発毛促進成分とは?

男性型脱毛症であるAGAは成長期にある毛髪が途中で抜けてしまう現象ですので、DHTのタイプⅡが増加しても抜けない、あるいは、抜けにくいしっかりした毛球に成長させることで成長期を延ばすことは期待できるかもしれません。

即ち、頭皮環境を整えながら育毛に必要な栄養素を送りこむことができる成分は、M字と闘う武器となりえるというわけです。

公式サイトでは脱毛をブロックする守備機能と発毛を促進する攻撃機能を組み合わせる黄金比率というように紹介されています。

有効育毛成分による黄金比トリプル発毛促進構造
  • センブリエキス:血行促進作用によって発毛に必要な栄養素の供給を活発化
  • セファランチン:血管拡張作用による血流改善
  • グリチルリチン酸2K;抗炎症。抗アレルギー作用によって荒れた頭皮を修復

個々の成分は特殊性があるわけではありませんが、上記の3種が黄金比率で入っているということでプランテルのノウハウとなっているのでしょう。

参照元:プランテル 公式サイト
https://www.plantel.biz/plantel/index.html

 

DHTの攻撃から毛髪を守る7成分!

「A-DHTホルモン理論」を構成する有効成分が以下の7種類で、7種類の天然成分が理想的な配合でDHTタイプⅡに対抗できる毛乳頭細胞を産み出す力になると推測されます。

7種類の毛活天然成分
  • ヒオウギエキス(男性ホルモン対策):イソフラボン誘導体が5αリダクターゼの活性を抑える
  • ビワ葉エキス(成長力):炎症を起こしている頭皮をケアし、頭皮を引き締める
  • 海藻エキス(周期修正):DHTの影響で乱れたヘアサイクルを正常化する
  • プロビタミン5(脂に対抗):ビタミンB5として知られるパントテン酸には糖や脂質の代謝において重要な役割があります
  • 牡丹エキス(吸収力):ベオノサイトやベオリノット、ベオノールなどが有効成分で、消炎や血行促進作用があります。
  • シナノキエキス(フケ・かゆみ):リラックス効果のあるハーブとして使用されていますが、頭皮を引き締める効果もあります。
  • ヒキオコシエキス(フケ・かゆみ):頭皮の保湿とともに殺菌効果もあります。

DHTの影響に対抗するための成分としてはヒオウギエキスと海藻エキスということになり、他の成分は発毛促進に関係する3成分をサポートする成分のようです。

特に、海藻エキスはM-034で注目されているミツイシコンブ抽出成分で、チャップアップブブカイクオスにも配合されています。

開発元の株式会社天真堂では、M-034が含まれる海藻エキスで抜け毛を処理すると毛球が著しく膨らむことが確認されているそうです。
メカニズムは分かっていませんが、少なくとも、毛髪がしっかり成長することで抜けにくい状態を素早くつくり出すことができる成分と言えそうです。

参照元:株式会社 天真堂 ソヴール08
https://www.tenshindo.ne.jp/product/sauveur08/

植物性成分だから安全ということにはなりませんが、プランテルに含まれている植物性成分は安全性が高いものがほとんどであり、使いやすい育毛剤であると言えます。

 

プランテルの総合評価

プランテルは「M字と闘う!」育毛剤ということですが、配合されている成分からは目立った新規性があるようには感じられません。

しかしながら、様々な成分の配合比が重要であり、メーカーの言うとおりであれば、1+1が2ではなく3にも4にもなるという育毛剤がプランテルの印象です。

言い換えると、プランテルでは、各成分がバランスよく配合されることで各成分が効果的に機能するように設計されており、M字と闘う悩める男性をサポートする育毛剤ということになります。

プランテルは専門医が監修しており信頼性が高いと言われているスキンケア大学でも紹介されているM字型用育毛剤として紹介されています。

その記事の中では、M字対策の育毛剤選びのポイントとして、「男性特有のバランスサポート」と「血行促進」に着目して開発されている育毛剤を選ぶことがすすめられています。
現時点で抜けようとしている髪の毛が抜けないようにサポートすることと抜け毛の根本原因をケアする成分のバランスが重要というわけです。

ただし、薄毛の進行状況によっては、頭皮が硬くなって育毛剤に配合されている有効成分が浸透しないことも起こります。

そんな時には、M字の進行具合によっては頭皮を柔軟にして各成分の浸透力にこだわりを持った同じ会社が販売しているフィンジアを使うのも良いかもしれません。