雨上がり決死隊の宮迫氏のCMとして非常に話題になるだけでなく、宮迫氏の薄毛改善ぶりにも人それぞれが色々、思いがあるようで、その状況が口コミなどから伝わってきます。

はっきり言って、スカルプDシリーズをみるかぎり、ありきたりな成分しか配合されていません。
そのかわり、成分がよく浸透するような工夫が施されています。

シャンプーに直接的な発毛作用までも求める?

公式サイトによると、スカルプDは頭皮環境の改善に重点をおいて開発されたということです。

過去記事にもありますが、頭皮環境の改善は発毛育毛を促すという結果報告がされています。

そういう意味では、スカルプDの着眼点は現在の科学の進歩に合わせているなと考えることができます。

スカルプDの口コミをみると、薄毛が改善された、増毛したなどというプラスなものが多いので驚きです。

あの日本皮膚科学会AGA治療推奨度Aランクのミノキシジル(リアップ)外用剤でさえも、薄毛やAGAに対して著効しているとは言い難い部分があります。

それが、スカルプDシャンプーのみで育毛、増毛効果が出現したというのはちょっと信じ難くありませんか?

 

「スカルプDは効果なし」という検索が多い真相

スカルプDは、頭皮の状態を「超脂性」「脂性」「乾性」に合わせて脱脂力を変えるという細かさを見せています

ボデイ石けんなども同じように分類しているものが多々あります。

スカルプDの公式サイトでは、育毛・発毛効果は謳っていません。

しかし、宮迫氏の薄毛を改善した頭髪を番組やCMで見て、スカルプDのみで薄毛を改善できたと思いこんでいる人が多いのではと予測します。

この勘違いが、スカルプD効果なしと検索する人が多い理由かもしれません。

つまり、宮迫氏が使用したスカルプDだけを使用してみて効果が無かったため、「効果なし」と判断したのだと予測します。

余談ですが、サイト管理人である私セイジも過去にスカルプDを使っていましたが、同じような印象を持ち、当サイトのおすすめには含めませんでした。

関連記事

育毛剤おすすめ比較ランキング 薬剤師の成分評価と効果があった口コミ体験談

 

おそらく、宮迫氏の育毛効果が本物であるならば、何か育毛剤か医薬品を主体に使用し、それらの効果をより出やすくするためのサポート役としてスカルプDというシャンプーを使用したのではないでしょうか?

スカルプDを開発したという公式サイトにも出ている実名入りの専門家たちは、あくまでも、頭皮環境改善を考えて成分を配合したのでしょう。

 

頭皮環境改善は可能かもしれないが、発毛効果まで求められる成分ではない

スカルプDに入れた成分は、あくまでも、頭皮の質に合わせた洗浄成分や頭皮環境を改善するための成分を配合したわけですから、私が想像するのに、スカルプDを開発した専門家たちは、直接的な育毛・発毛効果は除外して考えていたともいえますね。

スカルプDを取り扱ったサイトが「育毛発毛成分が入っていない」「育毛効果なし」とし、シャンプーに育毛効果を求めています。

まあ、育毛シャンプーというネーミングも、そのような混乱を招くのだとは思います。

また、宮迫氏の頭を見ただけでシャンプーなのに発毛効果がある、「すごい!」と冷静に考えられなくなり、その製品に飛びつくあたりは、AGA,薄毛の悩みがいかに奥深く、効果のでる製品を心底に望むユーザーの人達が多いことを物語っています。

このように製品を正しく見つめられない事態を特にネットでは招きやすいだけに、自分のことに関連する公式サイトは穴があくほど、また、疑いの目を(持ち(これが非常に大事!)ながら、何度も見返すことが重要です。

では、今度はスカルプDは頭皮環境を良くするために、どんな努力をスカルプD開発者たちは散りばめているか、検討してみましょう。

 

開発者が考案した豆乳発酵液は一応、育毛効果も期待できるとのこと

豆乳発酵液は通常より約6倍以上時間をかけ、豆乳(大豆)を乳酸菌でゆっくりと発酵させています。

そのため、育毛効果に定評があるイソフラボンなどが濃い濃度で抽出されています。

このアンファーが開発した豆乳発酵液(エキス末)は、当社以外で解発された複合豆乳発酵液に比べて、増毛効果があるといわれるイソフラボンのエストロゲ活性が当社開発のほうが高いというデータが出ました。

また、毛包形成に必要な遺伝子、発毛作用の毛母細胞の分裂(増殖)に関与するFGF7遺伝子の発現が、当社以外の豆乳発酵液よりも増加していたとのこと。

このように、スカルプDにも育毛効果を期待できる成分は入っているわけですが、公式サイトでは頭皮環境改善に重きを置くということかもしれません。

また、スカルプD効果なしという意見が多いことから考えると、豆乳発酵液は添加程度しかはいっていないのかもしれません。

かといって、量を増やせば、はっきり育毛効果を実現するのかどうかは不明でしょう。

あの医薬品のミノキシジル、ミノキシジルよりも三倍の効果があると言われるキャピキシルでさえも、発毛効果をだすのに四苦八苦しているわけですから。

ただ、スカルプDには発毛成分や育毛成分が全く入っていないとするサイトが多いのですが、この豆乳発酵液の効果は別として、入っている量は少ないかもしれませんが一応は発毛・育毛成分に入ると考えることができます。

ただ、何度も言いますが、頭皮環境改善に重点おいているとのことなので、効果があるほど入っているかとなると、そうではないのではと考えます。

参照URL;予防医学のアンファー「「豆乳を特殊製法により発酵させて、機能性を高めた独自原料」豆乳発酵液」
https://www.angfa.jp/development/?p=452

 

2015年のリニューアル製品に浸透促進成分といわれる「ラメラエクスパンダー」が配合

スカルプDの成分が奥深く浸透するように、頭皮の一番上の角質層にある細胞と細胞の間を拡げ、浸透するルートを作る成分「ラメラエクスパンダ―」を配合しています。

 

提案:スカルプDはミノキシジルやフィナステリドとの併用で効果発揮

スカルプDはあくまでもシャンプーであって発毛、育毛云々は除外して考える必要があります。

一つの製品にあれもこれも求めると、どうしてもそれぞれが希薄になってしまいます。

ある程度は、「モチはモチ屋」式の効果の出し方に徹するほうが効果を期待できます。

そこで、外用育毛剤のリアップ、フィナステリド(プロペシア)などに配合されている育毛、発毛効果をもつ成分ミノキシジルが有効に働くことができるように、サポート役に徹することがスカルプDの有効的な使い方となります。

スカルプDの効果はシャンプー剤として頭皮環境を改善できたかどうかを問題にするべきで発毛、育毛を求めるのは筋違いと言えます、

まとめ

今回ご紹介した内容は以下の通りです。

  1.  シャンプー剤に直截的な発毛・育毛効果を求めるのは筋違い
  2. 「スカルプD効果なし」という問題点について考える。
  3. スカルプDを開発した専門家達とのずれと思い違い
  4. スカルプDの成分「豆乳発酵液」と「ラメラエクスバンダー」について

CMに宮迫氏を起用したことは、成功の一つではあります。

しかし、宮迫に薄毛の改善ぶりが少々、スカルプDはシャンプー剤でありながらも育毛・発毛効果までもが「効果あり」という誤解を生んでしまったようですね。

購入者たちが使用して宮迫氏のようにうまくいかなかったことを「スカルプD効果なし」といっているわけですが、公式サイトでは頭皮環境の改善とあり、発毛育毛効果は「ありともなし」ともいっていません。

購入者が、公式サイトに掲載されていること以上の効果を求め過ぎるのもどうかと思います。