•  > 
  •  > 
  •  > 
  • スカルプグロウFはアデランスのサロン仕様の育毛剤!効果や口コミ評判を薬剤師が徹底分析評価
スカルプグロウFは、かつら、今風にはウィッグの株式会社アデランスが販売している育毛剤です。「えっ?アデランスの育毛剤?」と不思議に思われるかもしれませんが、生活の幅を広げるためのツールとしてのウィッグを中心に、植毛やヘアサロンの方面にも事業展開しています
アデランスのことは知っていますが、ウィッグや1本の髪の毛を2本~6本といった感じで増毛する方法で髪の毛を増やすだけではないのですか?
自毛移植もしていますし、ヘアリプロ(HairRepro)というサロン展開もしており、「薄毛や抜け毛の予防・防止」という事業も展開しています。スカルプグロウFは、サロンに登録していなくてもアデランスオンラインショップで簡単に購入することができる発毛・育毛のためのホームケア商品の中の育毛剤です

スカルプグロウFは、株式会社アデランスが展開しているヘアリプロというサロンで使用されているスカルプケア・ヘアケア商品を自宅でケアできるように展開している、スカルプシャンプー、クレンジング、トリートメント、育毛剤、育毛サプリなどの商品群の中の薬用育毛剤です。

株式会社アデランスは創業が1968年ということですが、1970年に鐘淵化学工業株式会社の洋かつら「フォンテーヌ」の販売会社として設立された株式会社フォンテーヌサービスが始まりということですので、実に、48年間にわたって25万人以上の方の髪の毛の悩みに向き合ってきたトータルヘアソリューション(総合毛髪関連)事業のリーディングカンパニーの一つです。

ウィッグを利用して外観を整えるにしても人工的に増毛するにしても、生え残っている髪の毛にそれらの施術を支える強さが要求されます。髪の毛が抜けて薄毛になっている人は、ヘアサイクルが乱れ成長期の途中にある髪の毛が成長をストップして細くなっているというケースがほとんどです。
言い換えるならば、ウイッグや増毛をしていくためには、太さ、ハリ・コシのあるしっかりとした髪の毛を育むための頭皮環境を整える必要があるというわけです。

ヘアリプロでは、長年にわたり、様々な薄毛に悩む人の話を聞き対応していく中で、ヘアサイクルの正常化と成長因子の分泌制御に着目した結果、スカルプグロウFが誕生したということです。

参照元:株式会社アデランス 企業情報 ごあいさつ
HairRepro 公式サイト ヘアリプロとは

そんな毛髪関連事業のリーディングカンパニーのアデランスが、長年お客様の髪の毛の悩みに向き合い改善していく中で得られた知識やノウハウが詰め込まれた商品となると期待度も大きくなるというものです。

へアリプロ 薬用育毛剤 スカルプグロウF
特徴 細くなって抜ける髪の毛のヘアサイクルを適正化し、髪の毛が成長しやすい頭皮環境を構築する
有効成分 セファランチン
パンテノール
ニコチン酸アミド
その他の成分 成長因子の分泌をサポートする成分
頭皮に潤いを与え髪のハリ・コシを高める16種類の天然植物由来の保湿成分
分類 医薬部外品
内容量 120mL
通常価格(税込) 9,720円

参照元:HairRepro 薬用育毛剤 スカルプグロウF

育毛剤としては価格が高めのような気がしますが・・・?
確かに、人気のリアップX5プラスでも7,000円程度ですので、少し高いように感じられます。しかし、価格というのは配合されている成分の稀少性や量にも関係しています。一概には言えませんが、本来はヘアサロンで使用するような育毛剤ですので、それなりに成分量が濃厚であると考えてもよいのかもしれません
そうですね。気にするべきところは効果が期待できる成分が配合されているかどうかです
量的なことまでは分かりませんが、どんな成分がどんな目的で配合されているのかを検証していきましょう

 

スカルプグロウFに配合されている有効成分は?

スカルプグロウオFは株式会社アデランスが髪の毛の成長因子の研究成果によってパワーアップした育毛剤ということで、現在販売されているものがバージョン4となっており、研究によってより有効な成分が見出されればそれを取り入れてリニューアルを繰り返している薬用育毛剤です。

スカルプグロウFが医薬部外品として販売されている根拠となる有効成分は、セファランチンパンテノールニコチン酸アミドの3種類です。

  • セファランチン:タマサキツヅラフジという植物に含まれているアルカロイドで、抗アレルギー、血流促進作用、免疫機能増強作用があると言われており、円形脱毛症の内服薬としても使用されている成分です。
  • パンテノール:体内でビタミンB5に変換される物質で、ビタミンB5の欠乏症には脱毛や皮膚炎が含まれています。炭水化物、たんぱく質、脂質という食事で摂られる三大栄養素の代謝において重要な働きをします。
  • ニコチン酸アミド:ナイアシンと呼ばれるビタミンB群の一つで、炭水化物、たんぱく質、脂質の代謝において重要なビタミンであるとともに、血管拡張作用があることから育毛剤に添加させることのある成分です。

基本的には、血管拡張作用や代謝能力アップによる血流改善が主な効果のようですが、セファランチンという成分は最近のリニューアルで新たに加えられた成分です。

血行が良くなれば硬化している頭皮も柔らかくなりますし、髪の毛の必要な栄養素も毛根に届けられやすくなりますよね
セファランチン以外はビタミンの前駆体ですから、基本的には代謝力のアップというのが大きな目的ですね
セファランチンは新たに加えられた成分ということですが、何か強い根拠のようなものはあるのでしょうか?

 

セファランチンは育毛剤の定番になりつつある?

セファランチンはタマサキツヅラフジという植物に含まれているアルカロイドで、セファランチンという成分名で配合されているものもあれば、タマサキツヅラフジエキス、あるいは、タマサキツヅラフジアルカロイドという成分名で配合されているものもありますが、最近、育毛剤に良く配合される成分です。

セファランチンには末梢血管を強化する作用のあることが知られており、このことが抗アレルギー作用などの免疫システムに関与した効果があると言われていますが、毛細血管の強化によって毛乳頭や頭皮への栄養供給効果は十分考えられるということかと推測されます。
また、動物実験ではありますが、セファランチンには毛乳頭細胞に直接働きかける作用がある可能性のあることも示唆されています。

ただし、セファランチンは白血球減少症や円形脱毛症の経口医薬品として利用されている医薬品成分ですが、日本皮膚科学会では、セファランチンの発毛促進作用の科学的根拠が十分ではなく、円形脱毛症の治療に対して併用する程度で考えた方が良いという判断をしているようです。

参照元:ウィッキペディア セファランチン
CiNii 皮膚の科学 4(2), 99-103, 2005 Cepharanthineの毛成長促進作用の検討 The Stimulatory Effects of Cepharanthine on Hair Growth
日本皮膚科学会円形脱毛症診療ガイドライン2010

セファランチンはM字ハゲ対策に自信を持っているプランテルという育毛剤やスカルプDの育毛剤にも配合されている成分で、プランテルやスカルプDの育毛剤については本サイト内の以下の記事でご紹介させていただいております。

関連記事:プランテルのM字ハゲへの効果・口コミ評判を分析 M字に対する守備と攻撃のバランス
スカルプDの男性・女性用5種類の育毛・発毛剤の効果を成分から評価 !口コミ評判通りの期待度スで闘う

 

成長因子の分泌を促進するのはどんな成分?

株式会社アデランスが育毛剤に求めるもう一つの着眼点が成長因子ということで、抜け毛・薄毛に悩む人にとっては成長因子の分泌を促進する成分としてスカルプグロウFに配合した成分は以下の3種類です。

  • ビワ葉エキス:ビワの葉に含まれるクロロゲン酸は高い抗酸化活性があり活性酸素から頭皮を守ると言われていますが、最近では、アミグダリンという物質に毛髪成長因子の分泌を促進する作用があるという話があるようです。(探してみましたが、科学論文は見つかりませんでした。)
  • カンゾウ葉エキス:育毛剤では定番とも言える抗炎症作用のあるグリチルリチン酸が含まれているので育毛に悪いわけはありませんが、こちらも成長因子に関する論文は見当たりませんでした。ただし、通常、カンゾウエキスは根や茎から抽出されたエキスということですが、わざわざ葉を使っているというところに意味があるのかもしれません。
  • ホップエキス:男性型脱毛症(AGA)の原因物質であるジヒドロテストステロン(DHT)の抑制作用があることに加えて、毛根の細胞培養実験において細胞増殖を促進することが認められており、成長因子を刺激する効果が期待されます。

科学的根拠という意味では、ホップエキスが唯一論文の存在する成分ですが、ビワの葉エキスやカンゾウ葉エキスに従来言われているような効果があるというだけでも、アクティブではないにしても、頭皮環境が改善されることで成長因子の分泌が促進されるということもあるかもしれません。

参照元:J. Soc. Cosmet. Chem. Jpn. ノ ー ト 29 (4) 411-416 (1996) ホ ップ抽 出物 の育 毛養 毛効果 

ホップエキスは以下の関連記事で紹介させていただいた富士フィルムグループのアスタリフトというブランド名のスカルプフォーカスエッセンスという育毛剤にも配合されている成分です。

関連記事:アスタリフト育毛剤(スカルプフォーカスエッセンス)の効果や評判口コミを分析

 

スカルプグロウFの3つ目のこだわり!16種類の天然由来植物エキスを配合!

先に、書かせていただいた、セファランチン、ビワ葉エキス、カンゾウ葉エキス、ホップエキスの4種類に12種類の植物由来成分を加えた、合計16種類の天然成分が総合的に育毛効果をパワーアップするというのが、スカルプグロウFの3つ目のこだわりと記述されていました。

セファランチン、ビワ葉エキス、カンゾウ葉エキス、ホップエキス

ニンジンエキス、大豆エキス、ヒオウギ抽出液、紅茶エキス、ニーム葉エキス、β-グリチルレチン酸、、スターフルーツ葉エキス、イエローヒマラヤンラズベリー根エキス、テンニンカ果実エキス、アシタバエキス、カッコンエキス、オオムギ発酵エキス

付け加えられる12成分は、抗酸化作用、抗炎症作用、保水作用などの、毛根に直接働きかけて成長因子の分泌を促し毛乳頭を活性化するスカルプグロウFの主力成分の効果をサポートする成分であると考えられます。

結局のところ、タマサキツヅラフジに含まれているというセファランチンとホップエキスが、アデランスの着目しているヘアサイクルの適正化と成長因子の分泌促進に関わる成分で、他の成分はそれらをサポートする成分ということでしょうか?
もともとがサロン用の育毛剤ということですので公開されていない内容も多いのですが、公開されていない科学的根拠というのもあるのかもしれません
新発見は論文にするのではないのですか?
大学や研究機関はそうかもしれませんが、企業の場合には、内容によっては公開せずに自社の商品でしか体感でき内容にするということもあります
特許にすれば技術や発見は保護されるのではないのですか?
特許で制限していることは保護されますが、微妙に変えた類似のものが出る可能性もあるので、論文はもちろん特許にもしない社内秘というものもあります。従って、スカルプグロウFには公式サイトにも書かれていない秘密があるのかもしれません

 

スカルプグロウFの効果検証の総括

スカルプグロウFは株式会社アデランスの展開しているヘアサロン仕様の育毛剤であり、成長因子の分泌を促すことで乱れたヘアサイクルを正常化させ、ハリ・コシ・太さのある髪の毛を育むことを目指した育毛剤です。

トータルヘアソリューション(総合毛髪関連)事業のリーディングカンパニーである株式会社アデランスが販売している育毛剤ということで安心感もありますが、サロン仕様ということもあり、9,720円(税込)と値段が高いというのが気になります。

スカルプグロウFの特徴

  • セファランチンパンテノールニコチン酸アミドの3種の有効成分
  • ビワ葉エキカンゾウ葉エキスホップエキスが成長因子の分泌を促す
  • 主要成分・サポート成分を含む16種類の天然植物由来成分が健全な頭皮を構築し、ヘアサイクルを適正化する

際立った成分と言えばセファランチンとホップエキスくらいで、価格に見合う効果が期待できるのかどうかが懸念されますが、そこはトータルヘアソリューション(総合毛髪関連)事業のリーディングカンパニーである株式会社アデランスが適当なことをしているとも思えません。

配合されている成分の量が分かりませんので、現在設定されている価格が高いのか安いのかは判断できませんよね
稀少成分がたくさん入れば値段が高くなるのは仕方がないのかもしれません。どちらにしても、サロンに行くよりは安く上がるので、先ずは一度試してみるしかないのではないでしょうか?

当サイトでは他の育毛剤については色々と紹介していますので、併せてご覧頂けますと幸いです。