このスペクトラルDNCは5%ミノキシジル育毛剤で、アメリカのDSラボラトリール社の製品です。

5%のミノキシジルと言えば、日本では大正製薬から発売されているリアップX5プラスと同じです。

アメリカで販売れている5%ミノキシジルの育毛剤ではロゲインがあり、ポラリスシリーズではミノキシジルが5%以上になっています。

薬効成分であるミノキシジルが多いほど効果があると考えがちですが、濃度が高くなる分だけ副作用のリスクも上がってしまうので痛し痒しです。

そういう意味では、スペクトラルDNCはロゲインやリアップX5 プラスと同じクラスの育毛剤ということにということになってしまいます。

ところが、スペクトラルDNCの発毛成分はミノキシジルだけでなくアミネキシルという発毛成分も加わり、また、より効果がでるようにナノサムズという最新技術が施されています。

従って、ポラリスのように濃いミノキシジルの育毛剤を使用しなくても、スペクトラルDNCならば副作用のリスクを抑えながら高い効果が期待できるのかもしれません。

ただ、厚生労働省は、薬剤を身体の奥深くまで浸透させるナノ技術に対して「警告」を発しています。それも加えて、スペクトラルDNCについて検討してみたいと思います。

まずは、スペクトラルDNCにミノキシジルと一緒に含まれているアミネキシルという成分が気になる人が多いのではないでしょうか?

 

アミネキシルとは?

日本には、アミネキシルが含まれている育毛剤がないので、馴染のない成分です。

また、アミネキシル単体で使用されることはなく、ミノキシジルと共に入っていることがほとんどです。

アミネキシルは、フランスの化粧品会社として有名なロレアル社が開発した薬です。

毛包の周りが硬くなる(繊維化)と脱け毛が増えたり髪の毛が成長しなくなったりするので、アミネキシルは繊維化を抑制することで脱毛予防効果を発揮します。

ただ、アミネキシルについては、歴史のあるミノキシジルと比べると、メリット・デメリットについてわかっていない部分が多いようです。

ミノキシジルでさえも不明な点が多いと言われているのですが、アミネキシルはそれ以上に不明な点が多く、学術的な論文やエビデンスのある論文も見たことがありません。

それでも、経験則から、ミノキシジルの働きをサポートしたり、アミネキシル自身が何かしら髪の毛にいい影響を与えているとと考えられているのが現状です。

参照URL:サプマートUSA「DS LABORATORIES スペクトラルDNC-L(男性用) / 60ml」
https://www.supmart.com/search/?sbpid=28387

スペクトラムDHCの成分でもう一つ取り上げたいのが、最近注目度が高い銅ペプチドです。

 

最近注目されている育毛成分「銅ペプチド」

ペプチドは数個(2個以上)のアミノ酸が結合した物質のことを言いますが、ペプチドをくっつけることで皮膚への吸収が悪い銅イオンが吸収されやすくなります。

銅は体の中のエネルギーであるATPの合成に必要な金属イオンであることが知られていますが、銅イオンの不足によって頭髪の白髪が増加することも知られています。

特筆したい銅ペプチドの育毛効果は、5αリダクターゼの働きを抑え脱毛を予防できたというフィナステリド(プロペシア)と同じ効果があったという報告です。

 次は、スペクトラルDNCの大きな特徴であるナノサムズといわれる技術について検討してみたいと思います。

 

有効成分を目的部位までしっかりと届けるナノサムズ技術

どんなに効果のある成分であっても、皮膚表面に塗っただけでは意味がありません。

有効成分が皮膚に浸み込み目的部位に到達して、本当の効果が発揮されることになります。

皮膚は体の内外の物質の移動を抑えるためのバリアのようなものですので、表面に塗られた成分が簡単に内部に入るというのは問題です。

そんな皮膚のバリア機能をかいくぐって有効成分だけを皮膚に浸み込ませて、目的とする部位にたどり着かせる技術が「ナノサムズ」という技術です。

人間の頭皮を初めとする皮膚は、250nm(ナノメートル)以上の物質を通過させることはできないと言われています。そのため、分子の大きい育毛剤などは皮膚の表面に有効成分が残ったままになることも少なくありません。

この問題を解消するためには、有効成分を250nmより小さな容器(マイクロカプセル)に詰め込んで、皮膚を通過しやすくすることです。

日本にもこのナノ化を活用した育毛剤や化粧品があります。

スペクトラムDNCのナノサムズは、人間の細胞の1/10以下のサイズのマイクロカプセルにスペクトラムDNCの成分を詰め込み、頭皮を通過(浸透)させ毛包まで確実に届けます。

届いたマイクロカプセルから約12時間かけて少しずつ有効成分が放出されるので、一日二回使用することで24時間、ずっと、毛包に有効成分が浸透し続けることが可能ということになります。

ただ、効果が出続けるということはリスクもあり、低血圧や目まいなどの副作用がが出やすくなるので注意が必要でしょう。

ナノサムズはメリットの大きな技術ですが、いいことばかりではなく、デメリットも同じだけ大きな技術と考えられます。

実際のところ、厚生労働省もナノサムズに限らずナノ技術のリスクを危惧し警告しています。

参照URL:スキンケア大学「よく聞く「ナノ化粧品」ってどういうもの?」
http://www.skincare-univ.com/article/015482/

 

厚生労働省も警告するナノ技術

最近、スペクトラムDNCが活用したナノサムズをはじめ、ナノ化の技術を活用した育毛剤や化粧品が増えてきたと思いませんか?

皮膚を通過できるぐらいに小さくして有効成分を身体の内部まで届けることができるので、より効果が出現しやすくなります。

これを皮膚側から考えてみましょう。

皮膚には外からの有害物質などを侵入させないようにするバリア機能があります。

しかし、物質をナノ化にすることで、容易にそのバリア機能というガードを乗り越えてしまうので、バリア機能として力を発揮することができなくなります。

育毛剤の成分はできるだけ安全性の高い原材料を選択して使用していると考えられるのですが、バリア機能を乗り越えるまで小さくなった成分が安全なままであるのかまでは分かりません。

動物実験でナノ化物質が体内に悪影響が出たという報告も

日焼け止めなどに使われる二酸化チタンにナノ化の技術を施し妊娠したマウスに注射をしたところ、微小化した粒子が母親マウスの胎盤や胎児マウスの脳に移行したという報告がありました。

その結果、流産が増えるとともに、胎児マウスの体重、身長が10%近く減少したということです。

動物実験をそのまま人間の場合に当てはめることはできませんが、ナノ化材料がどのように人間の体に侵襲し影響するのかを考えるきっかけとなり、厚生労働省や経済産業省が安全性調査に乗り出しています。

参照URL:Doctor’sOrganic 「ナノ材料の安全性調査が始まる」
https://www.doctors-organic.com/column/02.html

 

まとめ

① ミノキシジルと一緒に含まれているアミネキシルも、不明点が多いとはいえ、育毛効果があると言われている
② 最近、特に注目されている育毛成分の銅ペプチドは5αリダクターゼの活性を抑える働きがあると示唆されている。
③ スペクトラムDNCの成分の浸透性を高めるナノサムズとい技術
④ ナノサムズのようなナノ化技術に警告。人体への悪影響を考え、厚生労働省が安全性調査を行う。

スペクトラムDNCは、ナノサムズ技術によってミノキシジルが毛包などに近づくことができるため、従来品のミノキシジル製品よりも高い育毛効果が期待できると言われますが、その一方で、ナノ化技術に対する安全性の問題も同時進行しています。
今のところマウスに対する影響しか取り上げられていませんが、人間の体にも有害な影響が出現するようになってしまうかもしれないという不安を抱えている状態です。

少しでも早く安全を確信できる情報が得られることを望みますが、それまで待てないという方は用法容量を守り副作用に十分注意を払うことをおススメします。

関連記事

育毛剤おすすめ比較ランキング 薬剤師の成分評価と効果があった口コミ体験談