アボダート・デュタス(デュタステリド)はAGA治療にあたり、プロペシア(フィンペシア)よりも強い効能があります。

副作用や効能については「アボダートとは」や「デュタスとは」をご覧ください。

デュタスはアボダートのジェネリックですが、効果については全く同一です。

異なるのは価格のみで、新薬へのこだわりがないのであれば、デュタスをオススメします。

今回は、フィナステリド・アボダート・デュタスにどれ位の価格差があるのか、また長期間の服用も視野に入れて、詳しく見ていきましょう。

アボダートの価格

デュタステリドを含むAGA治療薬は、どれも海外からの個人輸入で入手することになります。

そのため、価格は購入サイトや時期などで一定ではありません。

目安となる価格帯は以下の通りです。

30錠4800円~6000

60錠7800円~18000

90錠10900円~26000

購入するサイトによって大きな差があります。

特に安価で購入できるサイトは「ベストケンコー」「KAIGAI-DRUG」です。

デュタステリドによるAGA治療は、フィンペシア同様半永久的に服用し続けることになります。

本格的に治療を始めるのであれば、まとめて購入した方が割安です。1日1錠、1カ月で30錠の消費になります。

アボダートの最低費用は1カ月で約5000円、年間で約6万円、10年間で60万円ほどです。

 

プロペシア(フィナステリド)の価格

プロペシアは市販で販売されていないため、価格の目安というものがありません。

クリニックや病院によって診察料などが加わるため、プロペシアだけで計算されることは少ないでしょう。

相場としてプロペシア1錠は250円~300円前後です。

1カ月で8000円程度必要になります。年間で96000円、10年で96万円。

アボダートやデュタスと比べると非常に高額です。

フィナステリドを服用する場合は、費用を考えてフィンペシアなどのジェネリックを活用するべきでしょう。

ジェネリックであれば、プロペシアの2割以下の費用で入手し続けられます。

 

デュタスの価格

デュタスはプロペシア・アボダートと異なり、ジェネリックなので非常に安価で購入することができます。価格は以下の通りです。

30錠2880円~3800

60錠4200円~6000

90錠6100円~8100

150錠8400円~13100

デュタスは小ロットよりも、ある程度まとめて購入した方が割安になります。

デュタスとアボダートの主成分は0.5㎎のデュタステリドです。

そのため、効果は全く同じなので安価であるから、効果も薄いということはありません。

デュタスは1カ月で約3000円、1年で約36000円、10年で36万円です。

 

各治療薬の価格差

上記3種類のAGA治療薬(30錠・1カ月分)の価格差は以下の通りです。

プロペシア 8000

アボダート 6000

デュタス  3000

差額

プロペシアとデュタスの間で5000

プロペシアとアボダートの間で2000

アボダートとデュタスの間で3000

以上になります。

 

1番高い差額がプロペシアとデュタスの5000円なので、年間を通して差額は6万円です。

10年間で60万円もの金額が削減できます。

デュタスの年間費用が36000円ですので、1年間の差額でデュタス約1年半分の費用が浮くことになるのです。

 

まとめ

ジェネリックは海外輸入のため、偽物や未認可の成分などリスクがあります。

しかし、今回ご説明した分の金額が浮くことを視野に入れると、十分に検討範囲と言えるでしょう。

プロペシアやアボダートの費用が理由で、諦めていた人もデュタスを採用すればAGA治療に踏み切れるのではないでしょうか。

AGA治療は長期治療なので、始める際には専門医と相談しながら服用するようにしてくださいね。