日本でプロペシア、リアップ、そして三番目の待望のAGA治療薬「ザガーロカプセル」が2016年6月13日、グラクソ・スミスクライン社より市場に登場いたしました。

すでに2015年9月28日に承認を受けていましたが、諸事情で発売が延期されていました。

ザガーロカプセルの薬効成分は、「デュタステリド」です。

日本でもデュタステリド成分の製品「デュタス」が、個人輸入できるAGA治療薬としてよく知られていました。

日本でも発売された「ザガーロカプセル」に合わせて、「デュタステリド」についての効能、フィナステリドとの比較、そして諸外国のデュタステリドへの対応を紹介します。

デュタステリドとは?

プロベシアの成分フィナステリドと同様に、前立腺肥大症治療薬の一つです。前立腺肥大症は前立腺の細胞の増加で肥大し、その周辺にある尿道を圧迫するため、頻尿、残尿感といった症状が出る病気です。

前立腺肥大症の発症原因は、男性ホルモンです。あのAGAの悪しき敵です。単純に考えても前立腺肥大症の治療薬は、AGAの治療薬にもなりうるということは一目瞭然ですね。

デュタステリドもフィナステリドも、5α還元酵素の働きを阻害することで、テストステロンよりも男性ホルモンの効果が最高で30倍もあるDHT(ジヒドロテストステロン)の生成を抑えます。

その結果、前立腺が縮小、尿道の圧迫を取り除き、頻尿、残尿感を改善します。

 

デュタステリドとフィナステリドの比較

DHTの生成を抑えて前立腺肥大症、AGAを改善していくのは両方とも同じです。しかし、この両者の差は特にAGA治療薬として使用されるときに出ます。

テストステロンに働きかけてDHTを生成する5α還元酵素には1型と2型、2種類あります。プロベシアのフィナステリドは、Ⅱ型5α還元酵素の働きだけを抑えます。

一方、デュタステリドは1型、Ⅱ型両方の酵素の働きを抑えます。

Ⅰ型5α還元酵素は後頭部と側頭部の毛乳頭細胞に、Ⅱ型5α還元酵素は頭頂部や前頭部の毛乳頭細胞に存在しています。

毛乳頭細胞は、毛の成長を司る因子を持っています。

 

ザガーロが出る前

日本ではアポルブがデュタステリド製剤として発売されていました。もちろん、AGAではなく前立腺肥大症治療薬として。

AGA治療薬の効能はありませんでした。そのため、日本でアポルブをAGAの治療薬として使用するには保険適用外の自由診療でなければいけません。

AGA治療自体が元々、患者さん側が100%支払いとなっています。

日本でもAGAの治療薬が世に出ているにも拘らず、いまだに保険適用になっていないのは、まだまだ、美容、整容的な部分が色濃いと厚生労働省側が判断していると言うことです。

因みに、乳癌切除手術後の乳房再建ですが、過去は保険適用外でしたが、現在、基本的な再建は保険適用の手術となっています。

 

ザガーロが発売されたメリット

フィナステリド含有のプロベシアしか、日本にはAGA内服治療薬がありませんでした。また、日本では薬の値段も高く、安価な薬を求めて不安ながらに輸入薬で対処していた人も少なくありません。

副作用が、または何か不都合なことが起きようとも、輸入した薬について何の保証もなく、自己責任の上で処理しなくてはいけません。

しかし、日本の厚生労働省が認可したAGA治療薬であれば、患者さん全額支払いの自由診療とはいえ、医薬品副作用被害救済制度が適用されます。

また、日本で発売されているAGA治療薬は、医師が診察して処方するということになっているため、安全性は高まります。

そのようなことから、ザガーロが日本で発売されるということは、非常な大きな意味を持っていると言えます。

ただ、日本での治療にかかる費用は高額であったり、病院を受診しなくてはいけないということから、輸入薬を求める人は少なくありません。

 

アボダードのジェネリック医薬品:デユタス

前立腺肥大症治療薬のアボダートは、日本ではアポルブと呼ばれています。デュタステリド0.5mgの製剤で、グラクソ・スミスクライン社の開発、販売です。

デュタスは、アボダートのジェネリック医薬品です。

フィンペシアはフィナステリドの特許が切れていないうちに、インドのシプラ社が自国の政策を利用し製造しました。世界的に見た場合、ジェネリック医薬品とは言い難いものがあります。

日本も特許が切れていないうちにファイザー社のフィナステリドを発売しましたが、こちらはメルク社公認です。また、厚生労働省が義務づけた諸試験にも通過したれっきとしたジェネリック医薬品です。

デュタスはインドのDr.Reddy‘sLaboratories社がデュタステリドの特許が切れた後に、製造したジェネリック医薬品です。

因みにこのインドの会社は、2011年7月に日本の富士フィルムと業務提携の契約を結びましたが、2013年6月に契約を解消しています。

理由は富士フィルム側が提携してジェネリック医薬品を製造していく過程で、自社の技術などを活かす場がないということのようです。

 

韓国が早々とデュタステリドをAGA治療薬に

アボダードは前立腺肥大症の治療薬としてのみ、適応となってますが、2009年、韓国ではアボタードをAGAの治療薬として認可しました。

日本ではアボダート(アポルブ)は医師の処方薬であるため自由に入手できないので、フィナステリド製剤(フィンペシアなど)のように個人輸入で入手するという人もいます。

ただ、こちらも副作用や何か不都合がおきても、自分で対処するということになります。

 

デュタステリドによるAGA治療効果

新しく発売されたザガーロの服用量は0.1、0.5mで、どちらも一日一回です。

デュタスの服用量で色々、ネットでも議論がなされていました。

デュタスがアボダートのジェネリックということで一カプセルが0.5mgです。前立腺肥大症の治療としては0.5mg/日です。

フィナステリドを前立腺肥大症の治療薬として使用する場合、5mg/日です。

同成分のAGA治療薬「プロぺシア」は、前立腺肥大症治療薬使用時の1/5の1mg/日です。

このようなことから、ザガーロ0.1mg/日でも効果があると考えられています。

0.5mg/日となると、効果はあるかもしれませんが、勃起不全、女性化乳房などの副作用も当然、強くなります。

従って、インドの製薬会社が製造しているデュタスは一カプセルが0.5mgであり、これを医師でもない一般人が個人輸入して毎日、服用し続けるのは危険を伴います。

では、脱カプセルして少し服用すればいいではないかとセコく考える人がいれば、これはこれで非常に危険な行為となります。

そこに妊娠可能な年齢の女性や妊娠中の女性がいて、彼女たちがカプセル内の薬に触れた場合、経皮吸収で体内に入ってしまいます。

男子の胎児の生殖器に奇形が発生する危険性が生じてきます。

 

デュタステリドは腫瘍マーカーを低下させる

デュタステリド製剤を輸入して自己責任の上で服用している人に要注意です。デュタステリドはAGAを改善するだけでなく、前立腺を縮小させ、前立腺肥大症の症状を改善します。

そして、デュタステリドはPSA(前立腺特異抗原)という腫瘍マーカーを低くしてしまう作用があります。

ということはデュタステリドは前立腺がんを予防してくれるわけなの?と早合点してしまいそうですが、そういう意味ではありません。

そうではなくて、前立腺がんが発生していても腫瘍マーカーがデュタステリドの影響で低くなってしまうため、発見が遅れてしまうことがあります。

そういうことから、本当はデュタステリドは、医師の元で使用すべき薬なのです。

デュタステリドを輸入して自分の判断で内服している人は、前立腺の検査を定期的に行われることをお勧めします。