フィンカーはフィナステリドを含有するプロスカーという育毛剤のジェネリックです。フィナステリドは前立腺肥大の治療薬として開発された薬ですが、後に男性型脱毛症(AGA)に対する効果も確認されたことでAGA治療薬としても利用されるようになりました

フィンカーやもととなるプロスカーは、テストステロンをジヒドロテストステロン(DHT)に変換する5α‐リダクターゼという酵素の働きを抑える効果のあるフィナステリドを主成分とした前立腺肥大症の治療薬です。
DHTというと毛乳頭細胞にある男性ホルモン受容体に結合することで毛髪の生産をストップしてしまうAGAの主な要因ですので、フィナステリドを主成分とするフィンカーやプロスカーにAGA治療効果があること自体は不思議なことではありません。
ただし、DHTの増加を抑えるというメカニズムは同じでも、前立腺肥大症のために使用する場合とAGA治療に使う場合では1日に使用する量が異なっています。

フィナステリドを配合したAGA治療薬としては、プロスカーを製造販売しているメルクシャープアンドドーム社ではフィナステリドをAGA治療薬に見合った量に調整したプロペシアを販売していますし、ファイザー社、沢井製薬株式会社、東和薬品株式会社、大興製薬株式会社、シオノケミカル株式会社、武田テバファーマ株式会社など国内外の大手の製薬会社から「フィナステリド錠」としてプロペシアのジェネリック医薬品も販売されています。

プロスカーを製造販売している会社がフィナステリドを配合したAGA専用のプロペシアを出しているということは、前立腺肥大症の薬であるプロスカーをAGA治療薬として使用するのは問題あるということでしょうか?
フィンカーやプロスカーは容量を調整するために割って飲む必要がありますから割るのも難しいということもあるでしょう
過剰摂取すると副作用のリスクも高くなるということですか?
AGAの治療目的で使用する場合、効果があると期待感が大きすぎて過剰になりがちですからね。フィンカーのようにジェネリックで安く購入できるとなるとさらにリスクは増大しそうです
それにしても、プロペシアの特許が切れたとたんにそんなにたくさんのジェネリックが出てくるということは、フィナステリドの育毛効果は間違いないということを意味しているのかと期待してしまいますそ
そういうことなら、フィンカーの最大の使用メリットであるコストパフォーマンスを活かせる利用方法を解説させていただいた上で、フィナステリドの効果と副作用についても説明しておきましょう

 

フィンカーの基本情報

フィンカーのもととなるプロスカーは世界最大規模を有するメルクシャープアンドドーム社が製造販売している前立腺肥大治療薬です。
フィンカーやプロスカーの有効成分であるフィナステリドはAGAに効果のあるプロペシアにも使用されていることからも分かるように、薄毛治療にも効果があるということでアメリカではAGAの治療薬としても承認されています。

フィンカーはプロスカーを有効成分であるフィナステリドを使用していることはもちろん、配合量も全く同じですので、両者の差はジェネリックであるフィンカーの方が低価格で利用できるということです。
特許に記述されていない製法上のノウハウなどは異なる可能性はありますが、非常にシンプルなな構成の医薬品ですので効果や副作用にも差が無いというのが一般的な見解です。

ただし、前立腺肥大治療に使う場合のフィナステリドの量は1日に5㎎となっておりフィンカーの錠剤もそのように設計されていますいますが、男性型脱毛症の場合は1日1㎎で十分と言われています。
言い換えれば、ィンカーをAGA治療薬に転用するためには、ピルカッターなどで1/5に割って使用することが必要になります。

普通でも安いジェネリックを1/5に割って使うとなると、さらにお得ということですね
セイジさんの言われた通りで、コストパフォーマンスの良さからプロペシアやそのジェネリックから移行する人も増加してきているという状況でもあるらしいです
そうですよねぇ。AGA治療となるとどうしても長期になりますし、コストパフォーマンスは捨て難いです
それだけに、フィナステリドのメリットデメリットに関してはしっかり把握している必要があり、用法容量について注意を払うべきです
先ずは、フィンカーのコストパフォーマンスがどの程度かということを知りたいです

 

フィンカーのコストメリットはどれくらい?

フィナステリド効果のあるAGAの薬が日本に初めて入ってきたときに、多くの人がプロペシアを服用し、特許が切れてジェネリックがたくさん出てくることで、価格メリットからジェネリックへの移行者も増えてきました。
そうなると、同じ成分なら少しでも安いものをという人たちが増加し、1/5に割って使用するフィンカーが注目されるようになったというわけです。
ただし、1錠を5等分にするのが面倒という人にはおすすめできません。

フィンカーは10錠~100錠のものが販売されていますが、一日一回1/5を飲むだけですので、10錠あれば50日継続利用することができます。

2018年2月時点での10錠入りフィンカーの価格は1,930円~2,530円で1日当たり40円~50円程度です。
数が多くなればなるほど安くなるわけですが、30錠入りを購入すれば1日当たり16円~25円程度で150日間利用できることになります。
送料が無料になるのはほとんどの場合10,000円以上ですのでネットで購入する場合には1,000円の送料がかかりますが、10錠入りの場合には1,000円÷50日で一日当たり20円、30錠入りの場合には1,000円÷150日で一日当たり6.7円程度上乗せになります。

すなわち、送料込みで考えても、高くても、一日当たり60円~70円で50日間試すことができるというわけです。

 

プロスカーや他のフィナステリド含有AGA治療薬と比べると?

プロスカーの価格は2018年2月時点で28錠入りで3,630円~4,800円で販売されているようですので、送料込みで考えると、一日当たり165円~207円程度です。

すなわち、ィンカーを利用すればプロスカーの1/3程度の価格で利用することがでるというわけです。

一方、フィナステリドを含有しているAGA治療薬として販売されているプロペシアやフィナステリド錠といったジェネリックでは一つのパッケージに100錠で販売されていますので、以下のようになります。

  • プロペシアの一錠の価格(送料込み):一錠あたり342円~410円
  • プロペシアのジェネリック(送料込み):一錠あたり42円~58円

もとになる、プロペシアよりはフィンカーの方がお得ですが、プロペシアのジェネリックと比較ということになると、フィンカーを最小単位の10錠で購入するよりはプロペシアのジェネリックの方が安くなります。

ジェネリック同士で比較するのであれば、フィンカーでコストメリットをということならば30錠以上の製品を購入する必要があるというわけです。

錠剤を分割するという手間を考えるとプロペシアのジェネリックでも構わないのではないかという気がします
試してみるという段階ではその方が良いかもしれませんが、効果が体感できて長期戦ということになれば30錠や60錠入りのフィンカーを購入するコストメリットも出てきます
そうですね。1年分購入しても自分に合っていなければ「安物買いの銭失い」になってしまいますもんね
コストパフォーマンスが分かったところで、フィンカーを利用するにあたって知っておいて頂きたいフィナステリドの効果と副作用ですね

 

フィンカーのメリット・デメリット

最初に申し上げたように、フィンカーは前立腺肥大治療薬であるプロスカーのジェネリック薬として発売されています。

AGA治療薬として利用するにあたっては5分割して飲むことになりますが、少なければ副作用のリスクは下がりますが効果も下がってしまいますし、多ければ効果は上がっても副作用のリスクも増大します。

 

フィンカーの効果

フィンカーの効果は、AGAの主な原因であるテストステロンの減少に伴うDHT[の増加を抑えることにあります。

DHTには二つのタイプが存在し、額部分から頭頂部にかけて多く発生するタイプⅡのDHTが毛乳頭細胞の男性ホルモン受容体に結合することで成長途上にある毛髪が抜けてしまうというのがAGAです。
フィナステリドはタイプⅡの5α-リダクターゼを阻害することでタイプⅡのDHTの増加を抑制する効果のあることが証明されています。

多くの塗るタイプの育毛剤が効果が出にくい額部分のM字ハゲに対しても、経口タイプのフィンカーの利用によって効果が期待できると言われています。

一方で、経口タイプのフィンカーではフィナステリドの効果は血液にのって全身に及ぶことになります。

すなわち、フィナステリドによって男性ホルモン受容体の活性化が起こらないことによるトラブル、いわゆる、副作用のリスクも高くなることになります。

通常は使用して3カ月から半年で何かしらの変化を感じるようになり、その後1年、2年と続けることで80%近くの人が確実に薄毛改善の効果を感じています。

もしも、この期間で効果が感じられない場合は、薄毛の原因がテストステロンの減少によるものではないということかもしれません。

 

フィンカーの副作用

フィンカーの副作用で多くの男性が心配するものが、勃起不全性欲減退精液の減少ということが挙げられます。
薄毛を改善したい人は女性との関係を良くしたいという場合も多く、薄毛改善しても性機能が落ちれば意味がありません。
また、軽微な副作用としては、頭痛、腹痛、消化不良、動悸、息切れなども言われています。

ただし、薬の影響は3週間程度で体から消えて行くので、何かあったらストップすることでまた元に戻ると考えられます。

実際のところは、副作用が起こる人は使用者の3~4%と言われており、用法容量を守っていればそんなに心配はないということが言えそうです。

また、血液中のフィナステリドは肝臓で代謝分解されますが。肝機能が低下している人は血液中のフィナステリド濃度が下がりにくいので、副作用のリスクも高くなります。
効果も副作用のリスクも血液中のフィナステリドの濃度によって変化しますので、体調や体質、あるいは、分割ミスによる僅かなフィナステリド摂取量の差が健康状態に悪影響を与えないという保証はどこにもありません。

効果の裏に副作用ありというように感じましたが、それだけのリスクを負っても髪の毛を増やしたい人が多いということが人気の秘密と感じました
薬の副作用はもちろんないに越したことはありません。ただ、過剰に効果を追求すると、副作用も出るリスクも上がっていまいます。十分な知識を持っていれば軽い段階で服用を一時的に辞めるなど自己防衛もできます
これは尋常ではないと感じたら、迷わず病院に行くということも覚えておいた方が良さそうです
病院に行くということで思い出しました。言うのを忘れていましたが、プロスカーもフィンカーも日本では未承認の医薬品であり、医薬品副作用被害救済制度の対象外ということになります。

フィンカーやプロスカーのよう医療用医薬品は患者の状態を把握している医師が処方するべき医薬品です。
個人輸入代行という形でネット通販で購入することはできますが、自己責任で利用して副作用被害にあっても適切な治療が受けられない、あるいは、治療費の補助を受けることができないというリスクがあることも頭に置いておく必要があります。