フィンカーは主成分がフィナステリドとなっています。

フィナステリドは前立腺肥大治療薬として発売されていますが、男性ホルモン抑制をして薄毛を改善していくことにも使えます。

他にもフィナステリドが主成分になっている男性型脱毛症薬がありましが、フィンカーの特徴や効果はどういうところなのでしょう。

そんな側面からも見てみたいと思います。

フィンカーの基本情報

フィンカーは前立腺肥大治療薬であるプロスカーのジェネリック薬となっています。

男性型脱毛症に効果の高いプロペシアとまったく同じフィナステリドという成分なので、男性型脱毛症にも効果があります。

ただしもともとは前立腺肥大治療薬なので量的に調整が必要になります。

このフィンカーの主成分であるフィナステリドは、前立腺肥大治療に使う場合1日に5mgとなっていますが、男性型脱毛症の場合は1日1mgで十分と言われています。

そのため男性型脱毛症の治療薬に転用するためには、ピルをカッターなどで割って仕様することが必要になります。

 

フィンカーのメリット

フィンカーのメリットは錠剤を分割することができるので、価格的にとても割安にすることが可能なのです。

前発剤のであるプロスカーは前立腺肥大症の治療薬として発売されたものなので、フィナステリドは男性型脱毛症に必要な分の5倍も含有されています。

ということは分割することができれば、5分の1の価格でフィナステリドを使った男性型脱毛症薬と同じ効果が期待できるのです。

フォンカーは薬価がプロスカーに比べてジェネリックなので、ずっと安く抑えることができます。

その上に、5分の1ということになるので、価格の上でも人気が高いのは当然かも知れません。

 

フィンカーに移行する人が増えている

日本に初めてフィナステリド効果のある男性型脱毛症の薬が入ってきたときに、多くの人がプロペシアを服用していたのではないでしょうか。

そのうち後発剤としてジェネリックでどんどん、このフィナステリドを主成分とした男性型脱毛症薬が出てきました。

そして多くの人がジェネリックという利点からそちらの商品に移っていったのではないでしょうか。

そうなると同じ成分なら少しでも安いものをという人たちが増えていきました。

その後男性型脱毛症薬でなくても、同じ成分を使った前立腺肥大治療薬プロスカーのジェネリック薬のフィンカーが注目されたのです。

そして価格的には他の薬より安いということが知れられるようになったのです。

今はフィンカーに移行している人も多くなっています。ただし、1錠を5等分にするのが面倒という人にはおすすめできません。

そのぐらい特に気にならない人にとっては、これほどフィナステリド系の男性型脱毛症薬を安く手に入る方法はないのではないでしょうか。

フィンカーが100錠入で6000円から7000円ということは、男性型脱毛症として使う場合なら500錠で6000円から7000円という計算になります。

つまり1日分が12円ということになるのです。これは相当お得な価格です。だからこそ今、フィンカーに移行する人が増えているのです。

価格も単に安いという場合は、製品自体に問題があるものと、中間業者に問題があるという場合を考えなければなりません。

しかしこのフィンカーに関しては、もともと確実が製品であっても安心な中間業者であっても定価はこのように安いものです。

あとは5等分にするという手間をどう考えるかということになりそうです。

 

フィンカーのメリット・デメリット

フィンカーは前立腺肥大治療薬プロスカーのジェネリック薬として発売されています。

しかし多くの人が男性型脱毛症薬として使用しているという経緯があります。

特に価格面で割安ということがあり、男性型脱毛症薬からフィンカーに移行している人も多くいるのが現状です。

そこでこのフィンカーのメリットとデメリットの両面から副作用についても考えていきたいと思います。

 

フィンカーの効果

フィンカーの効果は、男性型脱毛症薬で人気のプロペシアと同じ効果が得られることで人気があります。

男性ホルモンであるテストステロンを5αリダクターゼが分解します。それによって薄毛を抑制するというものです。

確かに多くの体験者が驚くような効果を感じています。

まず使用して3カ月から半年で何かしらの変化を感じるようになります。

その後1年、2年と続けることで80%近くの人が確実に薄毛改善の効果を感じています。

この効果は今までの薄毛改善薬とはまったく違った効果のため、多くの使用者が感激しているとも言われています。

 

フィンカーの副作用

フィンカーの副作用でまず多くの男性が心配するものが勃起不全、性欲減退、精液の減少ということが挙げられます。

薬の影響は3週間程度で体から消えて行くので、何かあったらストップすることでまた元に戻ると考えられます。

薄毛を改善したい人は女性との関係を良くしたいという場合も多く、薄毛改善しても性機能が落ちれば意味がありません。

フィンカーの人気は高く、多くの人は感じてないということなのです。

副作用が起こる人は使用者の3~4%と言われています。これはどんな薬でも、ある程度副作用があるものがほとんどです。

副作用の内容にビビってしまう人もいますが、そんなに心配はないということが言えそうです。

また肝臓病を持っている、以前なったことがあるという場合は飲めません。フィンカーは大体の成分が肝臓で代謝されていきます。

そのために肝機能が弱っていたり障害があると服用はきつくなります。

 

フィンカーの分割ミスによる副作用

フィンカーの人気はやっぱり低価格ということになります。

その理由は男性型脱毛症薬としてではなく前立腺肥大治療薬のジェネリック薬なので、割安になっているという理由があります。

しかしそのためには1錠を5分の1に割ることが必要になります。

しかしなかなか5分の1に割ることはできません。

そこでつい5分の1以上の成分を続けて飲んでしまうなどということがあると、副作用が出やすくなる可能性があります。

またつい普通より多く飲んでもっと効果を出そうとして1錠を一気に飲んでしまうことなどが起こりやすくなります。

実際は1日1mg以上多く飲んでも効果があるわけではないようですが、そんな飲み方をする人もいるようです。

その辺の理解ができていないと、つい多く飲んでしまいやすい状況であることが副作用の1つとも言えるかも知れません。

ちなみに錠剤カッターなどでは4分の1が切りやすいので、その程度なら問題ないと言われています。

飲み過ぎの副作用は本来薬の副作用ではなく、自分できちんと管理すれば問題ないことです。錠剤のカットも神経質になることはありませんが、4分の1以上は禁止です。

 

まとめ

薬の副作用はもちろんないに越したことはありません。

ただどうしても効果を追求すると、副作用も出てくることもあります。副作用は誰にでも出るものではありません。

最初は試してみて観察するようにしましょう。また体調によっても出る副作用もあります。そんなときは1回休んでみるなど、自分なりの調整も重要になりそうです。