ヘア・フォー・ユーはインドにあるグレンマーク社によって作られているAGA治療薬のジェネリック医薬品です。

主要成分がミノキシジルで、配合率には2%になります。

国内においてミノキシジルの入手はかなりの費用が必要になりますが、ヘア・フォー・ユーはその他のジェネリック同様、安価で入手可能です。

また他のAGA治療薬とヘア・フォー・ユーの一番の違いとして、ヘア・フォー・ユーにはアミネクシルという成分が含まれています。

アミネクシルはロレアル社が発見した、ミノキシジル・プロペシア以外に脱毛抑制効果が唯一認められている成分です。

脱毛を防止できる明確なメカニズムは分かっていませんが、その他のミノキシジルのみで構成されたジェネリックよりも、AGA治療に効果的なのかも知れません。

今回はアミネクシルをはじめとした、ヘア・フォー・ユーについてお話していこうと思います。

ヘア・フォー・ユーとは

ヘア・フォー・ユーは冒頭でも述べたように、インドのグレンマークという製薬会社によって作られたAGA治療薬になります。

新薬は不明ですが、主成分はミノキシジルとアミネクシルです。

ロニタブやミノタブとは異なり、外用薬として頭皮に直接塗り込んで使用するタイプになります。

ミノキシジル配合率は2%とポラリスや、ジュンヘアーに比べるとミノキシジルが含まれている割合が低いです。

配合率が少ないから効果が薄いのでは?と不安に感じるかもしれませんが、ミノキシジルは少量でも十分に効果を得ることができます。

またヘア・フォー・ユーには2%以外にも5%、10%と種類があるので、どうしても2%では難しい場合は、濃度が高いものを選ぶと良いでしょう。

濃度が高ければ、それだけ効果が出る確率も上がりますが、決して治療効果が高まるわけではありません。

ヘア・フォー・ユーのミノキシジル配合率は最低2%と若干少なめですが、その分アミネクシルが含まれています。

アミネクシルには、脱毛を防いでくれる効果があるのです。ただし、脱毛抑制効果のみで育毛・発毛効果はないので注意が必要です。

アミネクシルには脱毛抑制効果、ミノキシジルには発毛・育毛効果が含まれているので、ミノキシジルのみよりも、効果的にAGA治療を進めていけます。

しかし、アミネクシルの効果も脱毛防止を完璧にする保証もないので、プロペシアと併用して効果を高めていくのが理想的でしょう。

 

ヘア・フォー・ユーの価格

ヘア・フォー・ユーの入手経路はその他ジェネリック同様、ネットによる個人輸入になります。その為、利用するサイトによっても金額はまちまちです。

またミノキシジルの配合量によっても異なってくるのです。濃度が上がればその分価格も上がります。

あくまでも目安ですが、60mlで1700~2800円ほどです。

使用する部位や、範囲によっても使用する量は違うのでどれくらいの期間使えるかは一概には分かりません。原則1カ月で考えておけば無難でしょう。

 

ヘア・フォー・ユーの副作用

ヘア・フォー・ユーはAGA治療薬の中でも、アミネクシルという独自成分が含まれた珍しいジェネリック医薬品です。

アミネクシルには脱毛を予防する効果もあり、その他プロペシアなどと一緒に使えば、より効果的に発毛治療を行えます。

あらゆる薬品において、一番気になるのが服用した際の副作用ですよね。

ヘア・フォー・ユーには、含まれているミノキシジル濃度が異なる3段階の種類があります。

それぞれ配合率が2%、5%、10%と人に合わせた製品を選択できるのが特徴です。

ミノキシジルの濃度は高くなればなるほど、効果が出る確率が高くなります。比例して副作用が出るリスクも高くなるということを忘れてはいけません。

脱毛防止成分であるアミネクシルには特段副作用は報告されていませんので、ヘア・フォー・ユーの副作用とは即ち、ミノキシジルの作用となります。

そこで今回はヘア・フォー・ユーの副作用や、使用上における注意事項についてお話していきましょう。

 

ヘア・フォー・ユー使用における注意事項

ヘア・フォー・ユーはミノキシジルの外用薬なので、その他ジェネリックと特別変わる注意事項はありません。

ミノキシジルを主成分とする内服薬の場合は、副作用も強く出る可能性が高く、体質によっては使用を中止しなければならないこともあります。

しかし、ヘア・フォー・ユーは外用薬で、頭皮に直接塗るタイプの薬になりますので、その点のリスクは非常に低いと言えるでしょう。ただし、どんな使い方をしても大丈夫というわけではないので、改めて注意するべき項目を挙げておきましょう。

  • 頭皮に吹き出物、炎症、ヘア・フォー・ユー以外の薬剤を使っている
  • 妊娠中あるいは授乳期間中
  • 使用後の手洗い
  • 口に入れない
  • かゆみや痛みを感じる

これらの症状が出てきた場合は、速やかに使用を中止して医師に相談するようにしましょう。

内服薬と比較して危険性は少ないとはいえ、本来は血管拡張剤なので人によっては別症状が出る可能性は十二分に考えられます。

また、小さなお子様がいる家庭では、子供が誤って食べたり、触ったりしないように注意してください。

体質によっては皮膚の炎症や、低血圧症につながってしまう可能性があるのです。

初めてミノキシジルの外用薬を使うという人は、クリニックなどで使い方を教えてもらってから使用するようにしましょう。

 

ヘア・フォー・ユーの副作用

冒頭で説明した通り、ヘア・フォー・ユーの副作用は即ちミノキシジル成分によるものです。

その他ジェネリックでも詳しく説明していますが、血管拡張における副産物として、低血圧症や頭皮の炎症・フケ・多毛症などといった症状が出る可能性があります。

基本的に外用薬・内服薬問わず、大量摂取しない限りは命の危険は少ないです。

しかし、その薬品に対してアレルギーや拒否反応がある場合は、重篤な問題に発展しないとも限りません。

特にAGA治療薬のジェネリックは、日本では認可されていない物も多いため、注意が必要です。

使用中に少しでも異常を感じるようなら、まずは専門医に状態を診断してもらうようにしてください。

発毛に成功しても、健康を害してしまっては意味がありません。

 

まとめ

AGA治療薬はどれも同じように感じますが、実は少しずつ改良されているのです。

近頃ではIPS細胞による発毛の切り口も発見されているほどなので、将来は薄毛による悩みも些細なことになるのかもしれません。

現在はまだ時間のかかる症状ですが、諦めずに治療を続ければ、必ずフサフサの髪の毛を手に入れることができるのです。