ロニタブはインタスファーマ社が売り出している、AGA治療薬ミノタブのジェネリックです。

基本効能はミノタブと同様で、また服用タイプのミノキシジルなので外用薬よりも直接発毛効果を促します。

ミノキシジル5㎎配合と10㎎配合の2種類があり、新薬のミノキシジルと使い方もほぼ同じです。

ぬるま湯か水で1日1錠、飲むようにしてください。

外用薬と違って内服薬はAGA治療の他に、副作用などの身体に与える影響が強くなります。

また身体に合わないものを長期的に使っても、効果が半減してしまうので、使用する際にはじっくり吟味する必要があるでしょう。

各ジェネリックは効能や使い方は同じでも、価格などの細かな部分は異なってきます。

そこで今回は服用タイプのロニタブについて、詳しく見ていきましょう。

ロニタブの効能は?

ロニタブはファイザー社が製造・販売を行っているロニテンのジェネリックです。

主成分はミノキシジルなので、服用することで身体の血管を拡張して血液の流れを促進してくれます。

血行促進されることで、髪により多くの栄養が流れていき発毛・育毛効果が期待できるのです。

ミノキシジルには内服薬・外用薬の2種類があり、より効果が高いとされているのは内服薬の方になります。

外用薬は頭皮に直接塗り込む為、部分的な治療には最適です。

ただデメリットとして生え際には使えないというのと、製品によっては匂いが気になることがあります。

また内服薬と比べると、塗るのに若干の時間と手間がかかるため、少々面倒に感じる人もいるかもしれません。

ロニタブは5㎎と10㎎の製品がありますが、治療を始めたばかりのうちは5㎎から始めた方が良いでしょう。

内服型のミノキシジルは、血管拡張をする反面多毛症や低血圧症を引き起こす可能性があります。

AGA治療中に5㎎を長期間使ってみても効果が表れない場合、10㎎に切り替える形にした方が、身体への負担も少なくて済むでしょう。

配合率が高くなれば、その分効果は出やすくなります。

しかし、効果が出やすいというだけで5㎎よりも早く髪の毛が生えてくるというわけではありません。

あくまでも一定量の濃度がなければ、効果が表れない人向けの物です。

 

ロニタブの入手経路

ロニタブはインドのインタスファーマ社によって作られているジェネリック医薬品ですので、日本国内での入手は主にネットになります。

購入するサイトで値段はまちまちですが、基本的には5㎎1錠当たり250円前後が多いようです。1箱10錠入りで2500円前後+送料になります。

10㎎は1錠あたり300~350円前後になり、少し割高です。

価格の面からでも、5㎎で効果があるならそちらを使い続けた方がお得になります。

ミノキシジルの内服薬は、国内ではあまり流通しておらず素人の独断使用はそれなりの危険性を伴います。

可能なのであれば専属の医師や、専門のクリニックで治療プランなどを一緒に考えて利用した方が安全です。

個人輸入で独断服用する場合は、一切の保証はありませんので注意してくださいね。

AGAの治療をするために、治療薬のジェネリックを個人輸入する人は多いのではないでしょうか。

ミノキシジル・プロペシアを始めとして、国内では販売されていない薬でもネットを通せば格安で入手することができます。

ロニタブも国内で入手するのは難しいため、海外からの取り寄せが主な入手経路です。

海外輸入で入手する最大のメリットは、格安でかつ容易に手に入るという点でしょう。

反面、国内では認可されていない成分が含まれているケースもあり、安全面での保証が一切ないというデメリットも含んでいます。

ロニタブはミノキシジルを主成分としたジェネリック医薬品ですが、内服薬のため服用の際には注意が必要です。

今回はロニタブの副作用や使用方法について、詳しく見ていきましょう。

 

ロニタブの副作用

ロニタブは内服型のミノキシジルなので、その点においては使用上の注意はほぼ同じです。

使用方法は年齢12歳以上で1日1錠、あるいは0.5錠を2回水またはぬるま湯で飲みます。

ロニタブの効能は全身の血管拡張であり、元々は高血圧症の治療に用いられる薬です。

よくある副作用として、高血圧症のための薬なので、健常な人が飲むと低血圧症になる可能性があります。

ロニタブを服用することで血管が拡張し、結果として頭皮や毛髪に関する血管も拡張するのです。

それによって栄養が効率的に運ばれるようになり育毛・発毛へと繋がります。

しかし、内服薬である以上は効果を及ぼす範囲を限定することはできません。

外用薬と違って効き目は強く、全体的に効果があるというのは反面、こうしたデメリットにもつながっているのです。

その他、狭心症や反射性頻脈などを併発させる可能性もあるので、可能であれば交感神経抑制剤も一緒に服用しましょう。

またロニタブに含まれる成分に対してアレルギーを持っている人は、絶対に摂取しないようにしてください。

過去、ミノキシジルを服用していて医師に止められたことがあったり、心筋梗塞などの経験がある人も、服用してはいけません。

薬品を使って血管拡張をすると、人によっては身体に大きな負担を与えることになります。

特に心筋梗塞の経験がある人は、心臓付近の血管も拡張して血圧が変化することで再発してしまう恐れもあるので注意が必要です。

AGA治療を始める際にロニタブを始めとする、プロペシア・ミノキシジルの内服薬を利用する場合は、必ず専門医に相談してから用いるようにしてください。

相談する先は、自身の行きつけの病院かAGA治療において確かな実績と評判があるクリニックなどです。

今はネットでも多くの情報が掲載されているので、しっかりと情報を集めて自分に合ったクリニックを選択するようにしましょう。

補足ですが、ロニタブを服用すると人によってはむくみが出てくることがあります。

もしそれが辛いほど出てくるようであれば、塩分などの摂取を少し抑えるようにしてみましょう。

それでも改善されなければ、医師に相談してみてください。

 

まとめ

血管拡張剤として有名なミノキシジルの内服薬、ロニタブはインドで作られるジェネリック医薬品です。

外用薬と比べると、リスクこそ高くなりますがその分効果は確実なものとなります。

AGA治療の内服薬でキーポイントとなるのは、自分の身体にあったものを選べるかどうかです。またロニタブと相性の良い薬との併用も重要でしょう。

AGA治療は内服・外用問わず目に見える効果が出てくるまでは時間がかかりますが、治療を行っていけば、回復の傾向は必ず見えてきます。