プロスカーは抗アンドロゲン薬であるフィナステリドを有効成分とする前立腺肥大症の治療薬として開発された医薬品ですが、フィナステリドに育毛効果が見出されたことからフィナステリドを低用量にしたものが男性型脱毛症(AGA)治療薬としても利用されるようになりました
フィナステリドを有効成分とするAGA治療薬はプロペシアですよね?
プロスカーはフィナステリドを開発したアメリカのメルク社から発売されていますが、プロペシアはフィナステリドを低用量にしたAGA治療薬として発売されています。ただし、プロペシアよりも高用量とはいえども同じフィナステリドが有効成分ですので、プロスカーにもAGA治療薬としての効果があります。ピルカッターで割って服用するという人もいるようです
そんな大雑把な処方で大丈夫なのでしょうか?
プロスカーをAGA治療薬として利用する方が居られるのであれば、その辺りのことを理解して使った方が良いでしょうね!

プロスカーもプロペシアもフィナステリドを有効成分とするメルク社が開発した医薬品ですが、プロスカーは用量5㎎で前立腺肥大症や前立腺がんを抑制する治療薬として認可されており、プロペシアは用量1㎎又は0.2㎎でAGAの治療薬として認可されています。
ただし、日本では、プロスカーは前立腺肥大症・前立腺がんの治療薬として未承認であり、プロペシアはMSD株式会社(旧、万有製薬株式会社)が2005年12月より承認を受けて製造販売している処方箋医薬品です。

すなわち、プロペシアは通常は医師の処方箋無しに購入することができない医薬品ということになりますが、海外で販売されていることもあり個人目的で個人輸入によって入手できる医薬品でもあります。
しかし、プロスカーは日本で未承認ですので、個人輸入で購入するしか入手手段はありません。

プロスカー プロペシア
有効成分 フィナステリド(5㎎) フィナステリド(1㎎、0.2㎎)
適用 前立腺肥大症、前立腺がん AGA
製造販売会社 メルク社 MSD株式会社、日本MSD合同会社
価格(28錠、4週間分) 1,890円~7,430円 4,474円~17,600円

プロペシアの価格(2018年11月現在)はフィナステリドが1㎎のもののみを調べた個人輸入代行業者の範囲内でピックアップしたものです。

プロスカーもプロペシアもかなり価格差が激しいですね
両者とも世界的に製造販売されている医薬品ですが、プロスカーの価格差は個人輸入代行業者の影響が強く出ています。プロペシアについてはヨーロッパ向けにイギリスでヨーロッパ向けに製造販売されているものは比較的安価で購入できるようです。
そもそもプロペシアの適用は前立腺肥大症と前立腺がんということですが、いくら成分が同じフィナステリドだからといって勝手にAGAの治療に使っても良いのでしょうか?
個人が個人の責任において個人輸入して使用するということですから、法的には問題は無いということですが、フィナステリドのことを熟知していなければ大きなリスクを背負うことになります
低用量のプロペシアですら医師が診断して医師の監修のもとで使用することが推奨されているわけですから、大した知識もなくプロペシアやプロスカーを勝手に使用するのは怖いですね
個人輸入による個人ユースはそこが怖いところです。副作用で健康被害が出ても何の保証もありませんから・・・

 

プロスカーをAGAに使っても良いのか?

プロスカーは日本未承認の前立腺肥大症の治療薬として1ヶ月分を個人輸入することは認められているわけですが、輸入したプロスカーをどのように使用するかは輸入した人にしかわかりません。
言い換えるならば、個人輸入代行業者を利用してプロスカーを購入するのに理由はいりませんので、購入したプロスカーをAGA治療のために使用すること自体は何ら問題無いと考えられます。

ただし、ここで注意するべきポイントは、プロスカーが前立腺肥大症の医薬品であって、フィナステリドはAGA治療薬のプロペシアの5倍量含まれているということです。
確かに、5倍量含まれていれば発毛効果も高くなるとは思いますが、濃度が5倍だからといって効果も5倍というわけではありませんし、逆に、副作用のリスクが高くなる方が怖いのではないかと考えられます。

というわけで、プロスカーをAGA治療目的で使用するという方は、ピルカッターを利用して4、5分割して使用しているという方がほとんどです。

ピルカッターは錠剤を半分に切るタイプで、2分割や4分割はまだしも、
そうですね。口コミ情報を見ても、プロスカーそのものに対する不満は目立ちませんが、カットするのが面倒だという方が結構おられるようです
仮に5分割できたとしても正確に割れるわけではないので、過不足は出てきますよね。比較的カットしやすい4分割でも一かけら当たり1.25㎎のフィナステリドが配合されていますので、プロペシアの1㎎よりも多いということになります。多く飲んでも大丈夫なのでしょうか?

 

AGA治療のためのフィナステリドの服用上限は1日、1㎎!?

プロスカーは1992年にアメリカで認可された前立腺肥大症の治療薬ということで、結構歴史のある医薬品ですが、日本でも前立腺肥大症による排尿障害に悩む人は50代で30%はいると言われているにもかかわらず未承認ということです。
日本は他国に比べて審査が厳しいと言われていますが、効果の割にはリスクが高いということんがネックになっているのではないかと考えられます。

一方、医師の管理下で利用する必要のある処方箋医薬品のプロペシアではフィナステリド量が1㎎と0.2㎎の2種類が用意されており、1日1錠で1日に1㎎摂取が上限とされています。
アメリカでもAGA治療を目的とする場合には必要以上の高濃度摂取はリスクを高めるだけであり、1㎎の低用量での使用とされていることを考えると、1㎎以上の摂取は好ましくは無いと考える方が妥当ではないかと思われます。

参照元:ウィッキペディア フィナステリド

AGA治療のためにプロスカーを1日に1錠服用するというのは無謀であることは素人でも分かりますが、0.25㎎という微量だけ超えることで効果と副作用リスクがどの程度なのかというのは心配ですね
プロペシアが1日1㎎を上限とするように定められていますので、1.25㎎を飲み続けるとどうなるのかというデータは無さそうですし、プロスカーにしても日本で未承認ということもあって詳細なデータを見つけることができませんでした
プロペシアは0.2㎎も用意されているということですが、効果に大きな差がないのであれば、4分割したものをさらに半分にして8分割にして服用するというのはどうなのでしょうか?
プロスカーをAGA治療を目的として使用するのであれば、面倒かもしれませんが、その方法は一番おススメできる方法です。8分割すれば一かけらのごとのバラツキはさらに大きなものとなりますが、0.2㎎~1㎎の範囲内に入っているのではないかと推測されます

 

フィナステリド濃度による効果と副作用の差

フィナステリドのAGAの抑制効果の中心となる酵素の阻害というのは、阻害する物質の量や活性が強くなればなるほど強く阻害しますので、量に応じて効果も副作用も大きくなることに間違いはありません。

しかしながら、効果と副作用は必ずしも有効成分の濃度に比例するというわけではなく、「フィナステリドが阻害するⅡ型の5αリダクターゼがどの程度存在するのか?」、「フィナステリドの血中濃度がどれくらいの速度で減少するのか?」など、いろいろな要素が関係してきます。

下表の数字はプロペシアの添付文書に記載されている、フィナステリド量と効果・副作用の関係を示したものです。

フィナステリド量 0.2㎎ 1㎎
効果 54% 58%
副作用 1.5% 6.5%

参照元:医薬品情報データベース プロペシア錠0.2㎎、プロペシア錠1㎎(プロペシア添付文書)
http://database.japic.or.jp/pdf/newPINS/00051088.pdf

フィナステリド量が0.2㎎と1㎎の比較において、効果は1㎎の方がわずかに高いというだけですが、副作用については1㎎の場合には0.2㎎の4倍もあることになります。

言い換えるならば、多少のバラツキはあっても8分割によって0.2㎎から1㎎の範囲におさまるようになれば、効果はほとんど同じで副作用リスクは低い状態で利用できるということになります。

プロペシアは世界で初めて発売された経口タイプの育毛剤であり、効果の高いデュタステリドを有効成分とするザガーロが発売されている現在においても根強い人気のある育毛剤です。プロペシアノの効果のメカニズムや副作用などの詳細については以下の関連記事でご紹介させていただいておりますので、そちらを見ていただければと思います。

関連記事:プロペシアはフィナステリドを有効成分とする世界初の飲む育毛剤!

フィナステリドが1㎎を超えると効果に大差がないのに副作用リスクが高まるというのがよく分かるデータだと思います
人にもよると思いますが、効果はあまり違わないのに副作用リスクはかなりアップします。だからこその1㎎が上限ということだと思います
手間ではありますが、プロスカーは大まかでも良いので八つに割って服用するのが最も良さそうな気がしてきました
でも、4分割でも8分割でも、割って飲む時には保管管理には注意が必要です、妊婦はもちろん授乳しているお母さん、あるいは、乳幼児が接触するだけでも、お子様の成長に異常をきたす可能性があります。もちろん、室内で犬を飼っている場合も同様です
分割して管理に気を使ってと結構面倒ですね。でも、そこまでしてでも、プロスカーをAGA対策に利用するというのは、費用的なことでしょうか?
そうですね。それが最も大きい理由かと思います

 

何故プロペシアでなくプロスカーを選ぶのか

プロペシアもプロスカーも同じメルク社が開発した発毛剤ですが、対象となる疾患の人数、実際に利用する人数などで起こる生産量の違いや発売されてからの年数、開発に要した費用などがが大きく異なってきます。
1995年から発売されているプロスカーは、フィナステリドの量が5㎎とプロペシアの5倍量であるにも関わらず、プロペシアよりもかなり安価な医薬品となっています。

両者とも購入ルートによって価格は異なりますが、1錠あたりの価格を比較すると、

  • プロスカー67.5円~265円
  • プロペシア160円~629円

と大きな差があります。

加えて、プロペシアは分割して使用するのが一般的ですので、最安値で考えると、1日当たりの費用は4つに割るなら16.8円、8つに割りなら8.4円ということになります。
高値で購入したとしても、1日当たりの費用は4つに割るなら66.3円、8つに割りなら33.1円ということになりますので、高値で購入したとしてもプロペシアの1日分よりも安い費用でフィナステリドの効果を体感できるということになります。

1日当たりの費用で考えるとフィナステリドの効果を試すならプロスカーを使いたいという気持ちはわかります
そうですね。プロスカーを1日1錠は無謀かもしれませんが、仮に、1日1錠で服用したとしてもAGAちりょうやくの
使用方法と管理だけしっかりしなければいけないということですね
そのためにも、フィナステリドの情報、特に、副作用ややってはいけないことをしっかり把握しておく必要があり、是非とも当サイトのプロペシアの記事にある情報を合わせて見ておいて頂きたいと思います

関連記事:プロペシアはフィナステリドを有効成分とする世界初の飲む育毛剤!

 

プロスカーの総括

プロスカーは1992年にアメリカのメルク社から発売された前立腺肥大症の治療薬ですが、有効成分であるフィナステリドの副作用として体毛の増加が確認されて、低用量のフィナステリドを配合したプロペシアというAGA治療薬が発売されたという経緯があります。
言い換えるならば、フィナステリドを有効成分とするプロスカーにも発毛効果があることは明白ですが、AGAの治療を目的とする場合副作用リスクを考慮して、1日の服用量がプロペシアレベルまで落とせるように錠剤を分割して飲む方がほとんどのようです。

発毛剤としてのプロスカーの特徴

  • フィナステリドを5㎎含むプロスカーを発毛剤として使用する場合、4、5分割して使用する人が多い。
  • 価格が低下してきていることもあり、コストパフォーマンスが良い
  • 分割使用によって副作用リスクが低下するとともにコストパフォーマンスがさらに良くなる
  • 日本では未承認ということもあり、個人輸入代行業を利用したネット通販で購入するしかできません。

副作用リスクを考慮するのであれば、4分割、5分割と言わず、8分割して0.2㎎~1㎎というプロペシアの範囲内におさまるようにしてお試しいただくのがより安全であると思われます。

4分割ならばできそうですが、8分割となると難しいですね
別にきっちり8つに分割する必要はありません。一つの錠剤が大まかに8つの欠片に分割されていればプロペシアと同じレベルの効果と副作用リスクの発毛剤として利用できるのではないかという提案です
そうですね。8つの欠片に分かれていれば最大でもフィナステリドが1㎎を超えることが無いということですね
そういうことです。でも、副作用のリスクが下がるといっても無くなるわけではなく、効果だけでなく最低限どんな副作用があるのかぐらいは知った上で使用することをおススメします。あと、カットして服用する場合には、女性や乳幼児が触れることが無いように管理することも忘れないでください