プロスカーも男性型脱毛症薬として、今でも多くの人が使っていますが、価格重視している人にはプロスカーはとても人気があるようです。

プロスカーが選ばれる、その魅力をいろいろな面から考えていきたいと思います。


プロスカーとは

プロスカーは前立腺肥大によるトラブルの改善のために使われている薬です。

特に排尿困難や頻尿、残尿、排尿痛などの改善のために使われている薬でした。

しかしプロスカーに含まれるフィナステリドという成分に発毛効果があると発見され、メルク社が育毛剤としてプロペシアを発売しました。

プロスカーは男性型脱毛症薬ではなく、前立腺肥大の薬なのです。それに加えて、成分上男性型脱毛症にもなるわけです。

残念ながら内容成分は同じでも、1錠の中の成分量は違っています。

つまり前立腺肥大治療薬の方が5倍の成分量が入っているのです。

そのためそのまま飲むことはできず、実際には成分量の少ない男性型脱毛症薬であるプロペシアの方が便利だということになっているのです。

何故プロペシアでなくプロスカーを選ぶのか

プロペシアもプロスカーも同じメルク社の商品ですが、フィナステリドの含有量だけが違うこの2つの商品ですが、

価格面を考えるとプロスカーが1錠250円に対し、プロペシアは1錠150円から250円程度となっています。

つまり1錠が同じ程度の価格であれば、フィナステリドの含有量の5倍の方が効果は強いのは当たり前です。

ただし、錠剤を5等分ないし4等分にする必要があります。

この手間をあまり気にしなければとてもお得になります。

コスト面を重要視する場合は、やはりプロスカーは大きな魅力のある薬と言えそうです。

プロスカーの効果

プロスカーの効果は最初にご説明したように前立腺肥大治療として、排尿トラブルの改善に効果があります。

そして男性型脱毛症治療薬としては、テストステロンを抑制する力があることです。

男性型脱毛症では一番問題が指摘されているのがこのテストステロンの影響です。

テストステロンが発生することで膨張し、抜け毛や薄毛が起こると言われています。

プロスカーはフィナステリドこそ、このテストステロンを抑制することができるので脱毛薄毛に効果があるのです。

3~6カ月の間に少し改善を感じることが多く、1年後には約60%弱の人が効果を感じ、3年後には80%弱の人が改善を感じているという統計も出ています。

これは男性型脱毛症の効果としては驚くほどの効果ということになります。

プロスカーの使用方法

プロスカーは男性型脱毛症薬の5倍のフィナステリドが含まれているので、5分の1にカットすることがおすすめです。

錠剤カッターで切ると4等分になります。

4等分なら少しだけ多い程度なので問題ありありません。しかし錠剤を1つそのまま飲む事は厳禁としましょう。

また前もって何錠もの錠剤を切っておくことは避けましょう。

1つの錠剤分がなくなったらカットするようにし、カットしたものはジップロップなどの袋に入れ、湿気ないようにしましょう。

また、これは女性や子どもが触れただけでも良くないといわれているので、しっかり持歩くなどして管理をしましょう。

プロスカーの問題は面倒な使用方法が高い壁となります。

少しでも多く飲みたくない、管理がしにくいなどを考えると、いくら価格が安くてもやっぱり便利だとは言い切れないのではないでしょうか。

ジェネリックを使うということも考えてみても良いかも知れません。

プロスカーの副作用

プロスカーの副作用は、やはり使用する前に知っておくべきですね。

プロスカーの特徴などから副作用について、いろいろ考えていきたいと思います。

 

プロスカーの性機能関連副作用

プロスカーの性機能副作用が一番気になるところかも知れません。

勃起不全や性欲減退、精液減少などの副作用が考えられます。特に男性ホルモンを抑えるという効果があることから、このような副作用を心配されています。

確かに2~3%の人にこのような副作用が出ていると言われています。

しかしほとんどの人はプロスカーのための精力減退ということではないようです。

飲むと副作用で勃起不全になるという恐怖心のある人は、精神的な不安からもそのようになるので、もし不安が強い人はプロスカーの使用は避けるべきではないでしょうか。

また副作用は一時的に出るということもあるようです。

気になったらすぐにストップすれば問題ありません。また様子を見ていると戻っていくこともあります。

用法、用量をしっかり守ることは重要です。そのためにプロスカーは4分の1錠にする必要があるので、間違えて1錠飲んでしまうと副作用のリスクも高まってしまいます。

そういう意味ではこのプロスカーは他のフィナステリド系男性型脱毛症薬より危険が高いと言えそうです。

 

その他の副作用

プロスカーの成分のほとんどが肝臓で分解されるので、肝臓機能がしっかりしていないと肝臓障害に陥ることがあります。

その前に数値が高くなるので、そうなったらストップするようにしましょう。また以前肝臓病を患った人も注意しましょう。

他にむくみや血圧が高くなる人がいます。希ですが可能性としてはあるので注意は必要です。

他にも食欲不振や吐き気、頭痛などが起こったら、とにかく一度ストップしてみましょう。

他の要因の可能性もあるのでまずストップしてみて様子を見ましょう。

 

カットの時に注意したいこと

プロスカーの成分は女性や子どもには避けたい成分です。手に触れることも良くないとされています。

特にプロスカーの場合カットして使うので、カットしたときにカスなどの処理も注意する必要があります。

またカットしたものの管理などもきちんとしなければ、最悪な副作用ということになってしまいます。

カットはビニール袋の中で行うことが重要です。

またカットしたものはしっかりまとめて管理して、肌身離さないようにしておくと安全です。

特に子どもがいる家などでは絶対に手にふれないようにしなければなりません。

その管理ができないなら、カットタイプはやめてプロペシアなどに変更しましょう。

もし価格的なことを考えるならジェネリックでもいろいろ出ているので、そちらの方がおすすめです。

 

不安を持ちすぎないように

副作用はきちんと理解しないと、逆に不安を煽ることになってしまいます。それによって不安を持ちながら使用するのは良くありません。

不安によって副作用と同じような症状を作り出してしまうこともあります。性機能に関しては、精神的な不安でも同じようなことになりかねません。

副作用は出たときの対処を考えるためであって、恐怖を煽るためではありません。

もしどうしても不安があるのなら、やはりそのようなものを使わないようにすべきでしょう。

もし、使うならそのような不安を持たず、知識としてしっかり理解することが大切ではないでしょうか。

まとめ

薬に頼るだけでなく、生活の改善などもしかり考えるようにしましょう。

薄毛の要因は1つではないので、いろいろな面で改善することは単なる薄毛改善だけでなく、結構のための改善にもなるのではないでしょうか。