育毛剤と言えば男性のためのものというのは昔の考えで、今は女性の薄毛の悩みに合わせた女性向け育毛剤もどんどんリリースされています。「男性向けと女性向けはどこが違うのか?」、「どんなことを考えなければいけないのか?」など、知りたいと思いませんか?
そこで、今回は、女性向けの育毛剤がどのような考え方で開発されており、どんなことに配慮されて成分が選ばれているのかを検証していきたいと思います。

男性向けの育毛剤についてはかなり情報が出回っておりますし本サイトでもご紹介させていただきましたが、女性用育毛剤に関する一般の方が知ることができる情報はまだまだ少なく、

  • 女性にも男性型脱毛症(AGA)と同じような形で抜け毛が起こる女性の男性型脱毛症(FAGA)というものがある
  • 女性ホルモンの乱れによって抜け毛が起こる
  • ストレスが抜け毛を引き起こすなど

何となく「そうなのかなぁ・・・」と思っている方も少なくないようです。

女性にも男性ホルモンが存在し、加齢に伴うテストステロンの減少による男性ホルモン活性を補うために合成されるジヒドロテストステロン(DHT)が原因となって髪の毛のヘアサイクルが狂って成長途上にある髪の毛が抜けてしまう男性型脱毛症(AGA)の女性版とも言える女性の男性型脱毛症(FAGA)もあります。
このような背景のもと2017年に発表された「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン」というのはAGAと似て非なる女性男性型脱毛症に関する知見も含めて改訂されたということですが、内容的にはあまり変わっていないという批判もチラホラ見受けられます。
しかしながら、このガイドラインが考えられているという時点で、男性とは異なる部分も含めた女性の薄毛に対する対策も含めた取り組みがなされ始めたということは紛れもない事実であり、女性用の育毛シャンプーや育毛剤が開発・販売され始めたというわけです。

育毛剤の公式サイトにあるQ&Aを見ていると「女性でも使えますか?」という質問が目に入りますし、ほとんどの育毛剤において「女性が使っても問題はありません」や「男女兼用です」といった返事が多く見受けられます。
頭皮環境が悪化すれば男性・女性に関わらず髪の毛が抜けやすい環境になることは間違いありませんし、悪化している頭皮環境を改善するような育毛剤であれば男性用も女性用も関係ありません。
しかしながら、カラダの内部で起こっている脱毛に影響を与える頭皮の悪化の原因というのは、肉体的な構造も生理的な特性も異なる男性と女性では似ている点もあれば全く異なっているという点もあります。

男性向けに開発された育毛剤が女性に対して効果が無いということはありませんが、配合されている成分によっては必ずしも満足できるような結果が導かれるとは限らないというのも現実問題として存在し、女性に向けた育毛剤という商品が多数輩出されるようになってきていると考えられます。

そうですよねぇ!同じ試すなら効果が大きい方が良いですし、女性特有の原因に配慮されていることで効果がアップするならば女性用育毛剤を使った方がよいに決まっています
悪化している頭皮環境を改善するという意味であれば男性用に開発された育毛剤を使用することが悪いわけではありませんが、女性特有の肉体的・生理的な状況に合わせた成分が配合されている育毛剤がより効果的であると考えるのは自然なことかと思います
先ずは、女性の抜け毛の原因にどんなものがあるのかを知る必要がありそうですね
先に申し上げたように頭皮環境が悪化、すなわち、頭皮が炎症を起こしたり、乾燥したり、栄養が不足すれば抜け毛が起こるのは男女に関係なく起こります。問題はそういった頭皮環境の悪化が何故起こっているのかということです

 

女性の薄毛のタイプは?

男性ホルモンの割合が異なる女性と男性ではDHTの影響も異なり、FAGAの女性の場合には完全にハゲてしまうという人はほとんどおらず、全体的に抜け毛が増加しボリューム感が無くなってくるというのが一般的です。
一方、女性ホルモンが圧倒的に多い女性では女性ホルモンのバランスの乱れが抜け毛を引き起こすということも言われており、瀰漫性脱毛症や分娩性脱毛症などはその最たるものです。

女性の薄毛にはいくつかの種類がありますが、男性の薄毛と共有するものもあれば女性特有の抜け毛というものもあります。

女性に多い脱毛症

  • 瀰漫(びまん)性脱毛症:ホルモンバランスの乱れが大きな要因であり、老化・ダイエット・ストレス・過度の洗髪などが原因で起こる女性の脱毛症の最も多い症状です。
  • 円形脱毛症:突然、円形に脱毛する脱毛症で、大きさが豆粒程度のものから500円玉くらいの大きさまで様々ですが、多発する場合は医師に診てもらう必要があります
  • 分娩後脱毛症:出産、授乳などによってホルモンバランスが乱れて起こる脱毛症で、ほとんどの場合半年から一年で回復します。
  • 脂漏性脱毛症:皮脂が過剰に分泌されることで毛穴に詰まった皮脂によって毛乳頭が機能しにくくなってしまうことで起こります。食生活の乱れを中心とした生活習慣が主な原因ですが、過度の洗髪による頭皮環境の悪化も原因となります
  • 粃糠(ひこう)性脱毛症:いろいろな原因がありますが、頭皮環境の悪化によって大量にフケが出るときになる脱毛症です。フケが毛穴を塞ぎ血液から毛包に補給される栄養が不足することで起こります。
  • 牽引性脱毛症:髪の毛を引っ張るような髪型を長く継続することで起こる頭皮への負担が起こる脱毛症です。髪型を変えて頭皮の血行を良くするマッサージをすることで回復します。

参照元:女性のための薄毛治療病院 安心ガイドマップ 女性の脱毛症の種類

円形脱毛症、脂漏性脱毛症、粃糠性脱毛症は男女関係なく起こる可能性のある脱毛症ですが、女性の脱毛症で最も多いとされる瀰漫性脱毛症や女性にしか起こることがない分娩後脱毛症というのは女性ホルモン、すなわち、エストロゲンが大きく影響していることが知られています。

また、女性に起こる可能性のあるAGAであるFAGAにも更年期におけるエストロゲンの減少が少なからず関与していると言われています。
科学的な詳細は不明な部分も多いようですが、ストレスについても気分のアップダウンがあることからも分かるように自律神経が通常通りに働くなり、ホルモンバランスの乱れを引き起こすことで抜け毛を引き起こすとも言われています。

明確なところは分かっていないにしても、薄毛に悩む女性は更年期に入った女性に多いということを聞きますし、性ホルモンのバランスの変化が抜け毛に影響しているということでしょうか?
女性ホルモンが多いということがすべての原因というわけではありませんが、その影響が大きいということは否めませんね
ということは、女性ホルモンの減少を補うような育毛剤が薄毛に悩む女性にとって最も有効ということでしょうか?
そういう育毛剤もありますが、ホルモンバランスの変化が悪化させている頭皮環境を重点的にケアするような育毛剤が有効な場合もあります。先ずは、どうして女性特有の抜け毛が起こるのかということをがわ知ることが大切かと思います

 

女性の体の中での性ホルモンの働きとは?抜け毛にどのように影響してくるのか?

女性ホルモンは女性らしい肉体を、男性ホルモンは男性らしい肉体を形成するステロイドホルモンとして体内に存在し、女性の体の中には圧倒的に多いとされる女性ホルモンだけでなく、割合的には少ないとはいえ男性ホルモンも存在しています。

女性の肉体的、生理的特徴というのは個人差があり、性ホルモンの微妙なバランスの差異が個人差の原因となってきます。
言い換えるならば、男性ホルモンの割合が多くなることで男性ホルモンの影響が強く発現している女性と女性ホルモンの影響が強く発現している女性で差があるというわけです。

加えて、年齢に応じた成長を促すための特定のホルモンの増減、女性特有のイベントである月経や妊娠・出産、あるいは、加齢による女性ホルモンの減少などによって性ホルモンのバランスは変化し、それに伴い抜け毛を含む体調異常が起こる可能性もあります。

発毛に影響する可能性のある男性ホルモンの働き

  • 筋肉増強
  • 皮脂腺の活性化

 

発毛に影響する可能性のある女性ホルモンの働き

  • 皮下脂肪の増加
  • 皮膚のハリツヤを維持するコラーゲンの生産
  • 細胞間脂質の補充による角質層正常化
何らかの原因で女性ホルモンが減少してバランスが変わってしまうことで頭皮環境が悪化する可能性があるというわけですね
全ての薄毛が女性ホルモンが原因というわけではないでしょうが、確率的には高いのでその点に注目した育毛剤が有効である可能性が高いということかと思います

 

女性の頭皮は乾燥しやすい!何故?

男性でも年を取れば皮膚も頭皮も乾燥しやすくはなりますが、個人差はあるものの、加齢に伴う乾燥肌というのは女性の方が圧倒的に多いと思われます。

頭皮を含む皮膚は皮脂腺から分泌される皮脂によって形成される皮脂膜によって皮膚表面から蒸発する水分が抑えられていますが、皮脂腺の活性化に関与する男性ホルモンが少ない女性は皮脂の分泌量が少ないという方が多く、お肌同様頭皮も乾燥しやすいというのが一般的です。

女性ホルモンが多いと皮下脂肪が増加し、余剰の脂質が皮脂の生産に利用されにくいということもあるのかもしれません。
また、更年期と呼ばれる中高年の女性では加齢に伴う女性ホルモンの減少によって、頭皮の弾力性が低下するとともに保湿性に関わるヒアルロン酸の生産が低下することによる乾燥、セラミドなどの不足による角質層の乱れなどによってより乾燥しやすい状態になってきます。

頭皮が乾燥しやすくなっている、あるいは、乾燥してしまっている女性は外部からに刺激に対して敏感になり、炎症が起こることで頭皮が抜け毛が進行しやすい状態になっているというわけです。

確かに、中高年の女性で乾燥肌や敏感肌に悩むという女性が多いというのはよく聞きます
お肌で起こっていることは頭皮でも起こっている可能性が高いですし、特に、毛穴の多い頭部は皮脂腺からの皮脂の分泌が少ないというのは乾燥の大きな原因となります。すなわち、乾燥肌の傾向がある人は頭皮の乾燥をケアする成分に力を入れている育毛剤が有効である可能性もあるというわけです

 

筋肉不足で血行不良?!栄養不足で抜け毛が増える!

冷え性の人は男性よりも女性の方が多いというのは聞いたことがあるかもしれませんが、手足の先にある毛細血管、いわゆる、末梢血管に血液が流れにくいことで外気の低温を打ち消すための体温が伝えられずに起こる現象です。
筋肉を動かすことで冷え性を改善することがよく言われますが、一般的に、男性ホルモンの割合が低い女性は男性に比べて筋肉量が少ないために体温が上がりにくく、冷え性がなかなか改善されないということもあります。

さて、話がそれましたが、特殊なケースを除いて男性よりも筋肉力が低い女性の場合には、頭部のように心臓から離れた位置では血流が不足することで血液を利用した栄養素の運搬能力も低くなりがちです。
さらに、皮下脂肪増加に伴う血中総コレステロールの増加が血流を悪化させる可能性もありますし、コラーゲンやエラスチンの生産能力が低下することで頭皮の弾力性が低下することが頭皮の毛細血管への血行不良を起こしてしまう可能性もあります。

言い換えるならば、男性ホルモンが少ないことによって血流を上げることが難しい女性は、髪の毛を育む毛乳頭に栄養素を送るための血流も不足しがちですし、加齢に伴い女性ホルモンが低下してくることによって血液の粘度が上昇したり頭皮のハリツヤの低下によって血行不良が栄養不足も悪化させ、髪の毛が育ちにくい環境になってしまう可能性が高くなるというわけです。

育毛剤では保湿効果や血流改善効果のある成分がよく利用されていますが、女性用育毛剤では乾燥と血流対策に注力されているものが期待できるということでしょうか?
もちろん、抜け毛の原因は他にもあるのかもしれませんので一概には言えませんが、保湿と血流改善は特に大切であると思います。炎症を起こしていることでかゆみが発生している場合などは、痒い所を掻くことで頭皮を傷つけて雑菌が増殖してしまうために発生する抜け毛というのも考えられます
いずれにしても、一般的に育毛剤に要求されるような抗炎症、抗菌、保湿、血行促進は必要ですが、特に、保湿と血行促進に力を入れている育毛剤が望ましいということですね
後は、女性ホルモンを代表するエストロゲンと同じ働きをするイソフラボンを配合することによって、頭皮部分の女性ホルモンを補うような育毛剤も注目されています。先ずは、イソフラボンを目玉にしたおススメの育毛剤をご紹介させていただきます

 

イソフラボンが女性ホルモンの減少を補うタイプの女性用育毛剤

エストロゲンは女性ホルモンを代表するステロイドホルモンであり、40歳代半ばあたりから、いわゆる、更年期と呼ばれる年齢層の女性はエストロゲンが急激に減少しテストステロンの割合が増加することにより起こる抜け毛、すなわち、FAGAが起こります。
ただし、テストステロンの割合が少ない女性の場合には男性ホルモン活性の低下を補うために合成される伴うDHTの抜け毛に及ぼす影響も小さく男性のようにハゲてしまうということはまれで、頭頂部を中心に全体的に髪の毛が減ってくるような形の薄毛が目立つようになります。

また、妊娠・出産という女性特有のイベントの直後にエストロゲンが急激に減少することによって起こる抜け毛である分娩後脱毛症というものもありますが、月経に合わせた月単位で変動する周期的なエストロゲンの減少については直接抜け毛を引き起こすレベルではないと考えられています。

関連記事:産後の抜け毛の原因は女性ホルモンの急激な減少!黄体ホルモンも影響するのか?

エストロゲンの減少が直接抜け毛に影響する原因については曖昧な部分も多いというのが現状ですが、先に申し上げたようなエストロゲンの減少によって起こる頭皮の乾燥や血行不良の影響が大きいのではないかと考えられます。

従って、頭皮の乾燥や血行不良に思い当たる女性は保湿や血行促進に有効な成分をパワーアップさせたような育毛剤がおススメですが、頭皮の状態がよく分からないという方は根本原因である女性ホルモン不足を補うために体内でエストロゲンと同じような働きをすると言われるイソフラボンを配合した育毛剤がおススメです。

以下に、当サイトでもご紹介させていただいているイソフラボンを配合したおススメの女性用育毛剤として、スカルプDボーテとルルシアルフレをご紹介させていただきます。(それぞれの説明の下にある関連記事で詳細な内容について確認することができます)

スカルプDボーテ

女性のためのエイジングケアシャンプーのブランドである「スカルプDボーテ」シリーズより発売されている育毛剤は「スカルプエッセンス」、「スカルプスパセラム」、「エストロジー スカルプセラム」の3種類がリリースされています。
女性の薄毛の改善・予防のためには減少した女性ホルモンを補うことが重要であると考えるスカルプDボーテの育毛剤は、独自製法の豆乳発酵液(ソイセラム)で女性ホルモンを補うためのイソフラボンを高濃度に供給し、現在起こっている頭皮のトラブル、すなわち、炎症、乾燥、血行不良などを改善するための成分と合わせた配合となっています。

関連記事:スカルプDの男性・女性用5種類の育毛・発毛剤の効果を成分から評価 !口コミ評判通りの期待度

ルルシアルフレ

ルルシアはイクオス(IQOS)という人気の育毛剤の販売会社から新コンセプトで出された女性用無添加育毛剤であり、抜け毛・薄毛のタイプによって選べる2種類の女性用育毛剤を用意しています。
ルルシアルフレはイソフラボンをダイズエキス、イソフラボンアグリコン含有のヒオウギ抽出物、イザヨイバラエキスといった様々な形で供給するように配慮した女性ホルモン不足を解消することを主眼に置いた育毛剤であり、頭皮環境の改善、エイジングケアを目的としたを天然成分も配合されています

関連記事:ルルシアはエイジレスな髪を目指すルフレと元気な髪を手に入れたいシャルムの2種類

イソフラボンを配合した育毛剤はどちらかというと40歳代、50歳代、あるいは、それ以上の高齢者に向けたエイジングケアを考えた育毛剤のようなイメージですね
高齢者の場合には肌ツヤが良くても女性ホルモンが減少していることは間違いないので、エイジングケアも含めたスカルプDボーテの育毛剤やルルシアルフレはおススメです
ルルシアには2種類の育毛剤が用意されているということですが、もう一つはどのようなタイプの育毛剤でしょうか?
ルルシアにラインナップされているもう一つの育毛剤はルルシアシャルムといって、育毛剤に配合されている成分を効率的に頭皮に吸収させるための技術が施されています。頭皮への浸透力にこだわった女性用育毛剤にはアスタリフトという育毛剤もありますので併せてご紹介させていただきます

 

頭皮への浸透力にこだわったおススメの女性用育毛剤

育毛剤には各社独自の成分も含めて頭皮環境を即時的に改善する成分や長期的な展望で発毛力を維持できるような成分が配合されていますが、どんな成分も頭皮に吸収されなければ効果を発揮することはありません。
逆に、仮に成分に特殊な成分が含まれていないような育毛剤であっても、浸透力をパワーアップさせるだけで効果が2倍にも3倍にもアップするという可能性もあります。

先にご紹介させていただいたルルシアのもう一つの育毛剤であるルルシアシャルムや株式会社富士フィルムヘルスケアラボラトリーが開発したアスタリフトの育毛剤は、配合された成分が効率的に頭皮に吸収されて効果を発揮するナノ化技術を導入するという点にこだわった育毛剤です。

それぞれの説明の下にある関連記事で詳細な内容について確認することができます。

ルルシアシャルム

ルルシアシャルムに導入されているナノ化技術は水素添加大豆リン脂質という脂質で構成されるミセルというナノサイズの油滴の中に育毛成分を包み込んで毛穴の奥まで浸透させる「ナノカクテル」と呼んでいる技術です。
育毛成分としては、血行を促進させるセンブリエキスやニンジンエキス、加水分解ケラチン、11種類にアミノ酸、3種類のビタミン、天然保湿成分といった頭皮の乾燥を防ぎハリツヤを回復させるための成分とそのために必要な栄養素も配合されています。

関連記事:ルルシアはエイジレスな髪を目指すルフレと元気な髪を手に入れたいシャルムの2種類

アスタリフト育毛剤

アスタリフトはフィルム事業で有名な富士フィルムグループの株式会社富士フィルムヘルスケアラボラトリーという会社のエイジングケアのブランド名です。
アスタリフトスカルプフォーカスエッセンスという育毛剤の目玉となっている成分はアスタキサンチンという抗酸化力の高いカロチノイド系の色素ですが、フィルム事業で培われた成分をナノサイズで封じ込めるナノ化技術が活かされています。
さらに、アスタリフトの育毛剤のもう一つのこだわり成分が頭皮の弾力性を維持するために配合されている水溶性コラーゲン、浸透性コラーゲン、ピココラーゲンという3種類のコラーゲンであり、頭皮の奥深くまで段階を経て浸透することで細部の保湿までケアするように考えられています。

関連記事:アスタリフト育毛剤(スカルプフォーカスエッセンス)の効果や評判口コミを分析

配合されている成分を確実に頭皮に浸透させる技術というのは育毛剤では大切なような気がします
育毛成分には様々な物性、サイズの成分が含まれていますので、折角塗っても吸収されやすい成分もあれば吸収されにくい成分もあります。吸収されやすい成分は放っておいても効果を発揮できますが、吸収されにくい成分というのは何らかの工夫をしなければ有効に作用しないというのがルルシアシャルムやアスタリフトのこだわりとなっています
ナノ化技術によって浸透力をアップさせる成分は弾力性を失って硬くなった頭皮に柔軟性を与えるような成分が多くなっているようですが・・・?
コラーゲンなどが不足した上、乾燥して硬化している頭皮は通常の頭皮よりも成分を吸収する能力が劣っていると考えられますので、ナノ化技術や浸透性の高い低分子成分というのは大切ということかもしれません。頭皮が柔らかくなれば、通常では吸収されにくい成分も浸透しやすくなり使えば使うほど効果が上がってくるということも期待できるかもしれません
女性ホルモンが不足しがちな女性のための育毛剤では血行促進も重要であるということでしたが、血流をアップさせると言えば血管を拡げる効果のある発毛剤に使われているミノキシジルという医薬品成分がありましたが、女性用育毛剤ではミノキシジルを配合した発毛剤というのはあるのでしょううか?
男性用発毛剤で使用されるミノキシジル濃度は5%が標準ですが、ミノキシジルについては女性に対する安全性の確認が行われていないこともあり、2%や1%という濃度が使用されています

 

ミノキシジルを配合した血流改善効果のある女性用発毛剤は?

ミノキシジルは外用発毛剤の有効成分として有名ですが、元来、血管拡張薬として開発された医薬品成分であり、男女差があるものではないと思われます。
ただし、ミノキシジルは男性用の育毛成分として開発された経緯があることから、女性に対する安全性確認がなわれていないということです。

ホルモンの影響で筋肉量が少ない女性に多いと言われる手足のむくみを起こしやすい傾向にある方は末梢血管が早くなった血流を流しきることができないためにむくみが悪化する恐れがあるため、1%や2%といった低濃度のミノキシジル配合発毛剤が使用されます。

というわけで、ミノキシジルを低濃度で配合した女性用の外用発毛剤は世界的にも多くの種類がありますが、安心してご使用いただけるという観点から、日本においてミノキシジル配合の外用発毛剤として有名なリアップシリーズから発売されているリアップリジェンヌをおススメします。(リアップリジェンヌの詳細については、説明の下にある関連記事で詳細な内容について確認することができます。)

リアップリジェンヌ

リアップシリーズから発売された女性用のミノキシジル配合の発毛剤としては、2005年にリアップレディが発売され、現在はバージョンアップしたリアップリジェンヌに至っています。
ミノキシジルの血管拡張作用によって女性ホルモンの影響で低下している血流を改善し、発毛に必要な栄養素が毛乳頭細胞や毛母細胞に供給されやすくなるという効果を期待する発毛剤です。
配合されているミノキシジルは1%と低くなっていますが、近年では、ミノキシジルにはいくつかの発毛・育毛を刺激する働きもあるという説やデータも出されていることを踏まえると、充分な効果が期待できるかもしれません。

関連記事:リアップの成分から効果や副作用・ジェットや女性向けリジェンヌなどの使い方や通販価格も解説

確かに、リアップシリーズと言えば、大正製薬株式会社が自信をもって発売しているミノキシジル配合の発毛剤の老舗ですから、そんな会社が発売している女性用のリアップリジェンヌは安心して使えそうです
ミノキシジルは男性用発毛剤としてのイメージが強い医薬品成分ですが、発毛に関わる細胞の活性化に関する研究が進めばもっよ注目されるようになるのかもしれません
注目すべき女性用育毛剤というのはここでご紹介いただいたくらいでしょうか?保湿力アップに注力した女性用育毛剤というのは無いのでしょうか?
その逆で、育毛剤を使用する女性は乾燥肌に悩む女性が圧倒的に多いことから、保水力アップというのは女性用育毛剤では必須の項目となっています。従って、方法はそれぞれ違っていますが、どの女性用育毛剤も頭皮の保水力アップには注力しています

 

その他のおススメ女性用育毛剤は?

先に申し上げたように、頭皮の保湿性アップというのは女性用育毛剤では必須の項目ですが、保湿効果のある成分を配合するという直接的な効果を狙った育毛剤もあれば、健全な頭皮を維持する成分によって頭皮が本来持っている保湿性を回復させる成分を配合した育毛剤もあります。

もちろん、全ての育毛剤に共通する現在起こっている炎症、血行不良、乾燥などを改善する成分だけでなく、ダメージを受けている頭皮を回復するような女性用育毛剤は分娩性脱毛症や牽引性脱毛症などの一過性の抜け毛や初期段階の抜け毛には十分の効果が期待できると思います。

というわけで、本サイトでご紹介させていただいている注目の女性用育毛剤を以下に概略をご紹介させていただきます。それぞれの育毛剤の詳細については、説明の下にある関連記事で確認することができます。

マイナチュレ

マイナチュレは硬くなった頭皮を柔らかくして血流を改善することで、乱れたヘアサイクルを修正するための女性専用の育毛剤です。
ヘアサイクルの正常化を目指し、傷んだ頭皮をいたわる低刺激の天然成分と頭皮の保水力を高める成分に毛髪の成長に必要な栄養素を加え、頭皮に刺激を与えるような無用な成分を一切含まない配合になっています。

関連記事:マイナチュレの効果を分析評価!女性型の薄毛に合わせた口コミ評判の良い育毛剤

花蘭咲

花蘭咲(カランサ)はエビネという和性の蘭の抽出液を中心に発毛に必要な成分を配合した女性用の育毛剤です。
エビネエキスの育毛効果はあまりメジャーではありませんが、1995年に抜け毛の減少・頭髪の成長が見いだされた特許が公開されて以来様々な研究が行われ、血行促進、抗炎症、抗菌がエビネエキスだけでカバーできるカラントサイド、グルコインディカン、トリプタントリンといった物質が女性の育毛に欠かせない効果のあることが発見されたということです。

関連記事:花蘭咲の効果や評判口コミを分析 実際に利用した体験談あり

ベルタ育毛剤

毛包に働きかけて細くなった髪の毛を元に戻す育毛成分や頭皮の保湿と血行促進といった頭皮ケア成分、さらには、フケや痒みを抑える抗炎症成分が配合されてるオーソドックスな育毛剤です。
99.6%が天然由来成分ということから妊娠中や授乳中の女性でも安心して使うことができ、乾燥気味の敏感肌やアレルギー体質の方へのリスクもパッチテストで確認されているという安全性に注力されている育毛剤でもあります。

関連記事:ベルタ育毛剤の効果や評判口コミを分析 実際に利用した体験談あり

本サイトでは。これらの他にも、ラムダグロープレジール、CA101スカルプエッセンス、パントスチンとパントガール、薬用育毛剤MIYABIKAなど個性的な女性用育毛剤もご紹介させていただいておりますので、以下の関連記事を参考にしていただければと思います。

関連記事:
ラムダグロープレジールの効果の秘密は?開発経緯・成分を徹底検証!
CA101スカルプエッセンスは女性が開発した女性のための育毛剤
パントスチンとパントガールは女性のAGA、薄毛改善の黄金コンビ?
薬用育毛剤MIYABIKAに配合される「循環」と「潤い」をもたらす成分とは?

 

女性向け育毛剤を使うことの重要性を徹底解説の総括

抜け毛を引き起こすほどに悪化している頭皮環境を改善するような育毛剤であれば男性用も女性用も関係ありませんので、男性用育毛剤を併用することも効果が無いというわけではありませんが、頭皮の悪化の原因というのは、肉体的な構造も生理的な特性も異なる男性と女性では似ている点もあれば全く異なっているという点もあります。

女性ホルモンの割合が多い女性の場合、瀰漫性脱毛症や分娩後脱毛症のようなホルモンバランスの乱れによって起こる抜け毛というのが多くなってきますので、減少した女性ホルモンを補うような育毛剤や女性ホルモンの減少によって発生する頭皮環境の変化に特化した育毛剤を選ぶことが大切です。

女性用育毛剤を選ぶポイント

  • 女性ホルモンの減少を補うイソフラボンを高濃度で配合
  • 女性ホルモンの減少によって発生する頭皮の血行不良の改善に注力
  • 女性ホルモンの減少によって発生する頭皮の乾燥の改善に注力

もちろん、現在起こっている抜け毛の原因となる頭皮環境を改善する即時的な抗炎症成分、保水成分、血行促進成分、抗菌成分なども重要ですが、長期的な展望で健全な頭皮を回復させるように配慮されている育毛剤がおススメです。

フケ・かゆみ、あるいは、頭部の悪臭などがあれば別ですが、目立った特徴が無いようなケースでは、自分の頭皮がどんな状態になっているのかというのは分かりにくいですよねぇ?
頭皮というのはお肌の延長上にありますので、お肌の状態を見て頭皮で起こっていることを連想するというのも一つの手段です

当サイトでは、ここでご紹介させていただいた女性用育毛剤も含む人気の女性用育毛剤についてご紹介させていただいておりますので併せて参考にしていただければと思います。

関連記事:女性用育毛剤口コミ人気おすすめランキング

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です