花蘭咲(カランサ)はエビネという和性の蘭の抽出液を中心に発毛に必要な成分を配合した女性用の育毛剤の名前です。

「花蘭咲というのは聞いたことが無いなあ?」と思いますが、それもそのはずで、原材料の中心に位置するエビネの学名がCalanthe discolor(カランセ・ジスカラー)に漢字を当てはめただけの当て字です。

というわけで、花蘭咲は商品名にエビネを使うくらいのエビネにこだわりを持った商品ということになりますが、エビネそのものを知らないという人も少なくありません。
というのも、エビネが観賞用としてブームになったのは1970年代から1980年代ですし、自生している野生のエビネは希少性の高いものとして知られています。

わざわざ、入手の難しいエビネにこだわるということは余程大きな育毛効果があるのではないかと期待してしまいます。

まずは、エビネという蘭がどういうものかを少し調べてみましょう

花蘭咲に使用されるエビネは自然栽培!

エビネはウイルスに感染しやすい植物であり、無菌播種による人工栽培方法が確立されていますので市販の鉢植えなどは問題ありませんが、野生種のエビネは2011年に確認されている総個体数が20,000程度で、準絶滅危惧種に指定されるほどです。

さて、エビネエキスに含まれる育毛・発毛成分は野生のものの方が多いと言われており、自然の肥沃な土壌で厳しい環境下で育ったエビネの方がより効果が高いということです。

もちろん、花蘭咲に使用されている使用されているエビネは野生のものではありませんが、宮崎県の山間部で野生に近い自然栽培されたエビネ蘭を使用しているということですので、希少性は非常に高く花蘭咲の通常価格も他の女性用育毛剤よりは少し高めです。

そんな希少性の高いエビネエキスには血行促進作用や抗菌作用があり、育毛には持って来いの成分です。

 

エビネエキスに含まれる有効成分!

エビネエキスの育毛効果はあまりメジャーではありませんが、1995年に抜け毛の減少・頭髪の成長が見いだされた特許が公開されて以来様々な研究が行われ、その後の研究成果からカラントサイド、グルコインディカン、トリプタントリンといった物質に女性の育毛に欠かせない効果のあることが発見されたということです。

カラントサイド : 頭皮表面から浸透することにより頭皮の血液の流れを活性化し、毛母細胞の分裂を促進することで毛髪の産生を促す。
グルコインディカン:カラーリングやパーマなどの影響で炎症を起こしている頭皮の炎症を鎮静化し、脱毛の元となる頭皮環境を改善する。
トリプタントリン:藍にも含まれる抗菌作用のある成分で、フケ並びにフケに伴う痒みを抑えるとともに消炎作用もある成分です。

これらの成分については効果の確認が行われており特許出願もされていますが、作用メカニズムについてはまだまだ研究途上ということです。

花蘭咲にも配合されているセンブリエキス(血行促進)塩酸ピリドキシン(増血)ニコチン酸アミド(皮膚の消炎)などの育毛効果も、エビネエキス一つでもカバーできるのかもしれません。

参照元:google patent  皮膚外用剤(JP2005179219A)
https://patents.google.com/patent/JP2005179219A/ja

頭皮の保護と消炎作用が女性の育毛にとって重要であるのかを知れば、エビネエキスの有効性が分かりやすいかもしれません。

 

女性の薄毛の原因はヘアサイクルの乱れが主要因!

分け目やつむじで素肌が目立つ頭髪にボリューム感が無くまとまらない髪の毛にハリコシが無いシャンプーしたときの抜け毛が増えているなどが一般的な女性の抜け毛の症状です。

女性にも男性ホルモンはありますが、男性よりも量的に少ないので男性のように禿げてしまうことはありません。

女性の薄毛の原因

  1. 加齢による女性ホルモンのバランスの乱れや血行不良などによる栄養不足
  2. 無理なダイエットやストレスといった生活習慣による血流の悪化
  3. フケや痒みといった頭皮のトラブルに伴う頭皮環境の悪化

これらの原因から起こってくることは、栄養不足によって髪の毛が十分に成長できない、成長途上にある髪の毛が抜け落ちるといったことが起こる、いわば、ヘアサイクルが乱れてしまうことにあります。

乱れたヘアサイクルを正常にする、すなわち、成長期を維持し毛根に十分な栄養を送り込むための血流改善と頭皮環境の整備が、女性の育毛において重要なポイントであるというわけです。

もちろん、エビネエキスだけで育毛剤が構成されているわけではなく、エビネエキスを効果的に作用するためのサポート成分も配合されています。

 

花蘭咲に配合されているサポート成分

エビネエキスが育毛・発毛に有効な成分であることは特許になっていることからも明白ですが、女性の薄毛の原因が多岐にわたっており、また、一つであるとは限りませんので、より良い育毛剤にするためにはエビネエキスをサポートする成分が重要になってきます。
花蘭咲には、エビネエキスをサポートする頭皮に優しい2つの有効成分と9種類の天然育毛成分も配合されています。

育毛・発毛に重要な2種類の有効成分

  • 塩酸ピリドキシン:血液量を増やし血流を活発にする
  • ニコチン酸アミド:頭皮で起こっている炎症を静める

エビネエキスをサポートする9種類の植物成分

  • ユズ:血管拡張作用(血流改善)
  • エイジツ:皮膚の保護作用
  • ローズマリー:抗菌・抗酸化作用
  • サンザシ:血行促進作用
  • チャエキス:抗酸化作用と抗菌作用
  • センブリ:血流改善作用
  • ワレモコウ:収斂作用
  • トウキ:血液循環の向上作用
  • トウガラシチンキ:血管拡張作用(血流改善)

各成分の後ろにカッコ書きしている作用からも分かるように、エビネエキスに期待される育毛・発毛効果が網羅されているようなイメージです。

また、天然成分が中心になっているので、極度に悪化している頭皮環境にも安心して使用することができそうです。

ただし、保湿効果のある成分があまり含まれていない点は気になるところではあります。

頭皮はお肌の延長上にありますので、更年期障害などの加齢に伴う乾燥肌やお肌のハリツヤが気になるという方は、頭皮でも同じような状況になっている可能性があります。

参照元:花蘭咲 公式サイト
https://www.mycare.co.jp/landing_page/karansahalf_g_04_rn_r_m.php?mparams=3505

 

花蘭咲の総合評価

花蘭咲は特許成分であるエビネエキスを中心とした女性用育毛剤ですが、薄毛の原因が多岐にわたる女性に配慮したエビネエキス以外の成分も充実しているようです。

ただし、記事内でも申し上げたように頭皮の保水力向上は期待ほどの効果はないかもしれませんので、花蘭咲を育毛剤として試してみようという方はシャンプーやコンディショナーで頭皮の保水力向上が期待できるものを併用した方が良いのかもしれません。
もちろん、シリコンのような毛穴に悪影響を与える可能性のあるものを使うのはNGです。

花蘭咲のおすすめポイント

  1. 花蘭咲は1本2,400円(初回限定)でお試しできる
  2. 3カ月間利用すれば効果を実感できる可能性がある
  3. 花蘭咲には細胞の老化を防ぐ抗酸化物質が多い

気になる添加物もチェックしてみたところ、香料、着色料、パラベン、合成界面活性剤といった頭皮への刺激物は一切使われていないことも分かりました。

ただし、育毛剤を試すなら、最低でも髪の毛が頭皮に出てくるまでの3か月間、できるなら、成長サイクルの乱れが正常に戻るまでの3か月間、合わせて6か月間は使ってみる必要があります。

karansa-2

まるでアロマオイルのようなホッコリする癒しの香りですので、長期使用しても気にならないのではないかと思います。

その他の女性向け育毛剤についても以下の記事でご紹介していますので、併せてご覧いただけますと幸いです。