ルルシアはイクオス(IQOS)という人気の育毛剤の販売会社から新コンセプトで出された女性用無添加育毛剤であり、抜け毛・薄毛のタイプによって選べる育毛剤となっています。女性の抜け毛・薄毛の原因は二つに大別され、自分の抜け毛・薄毛のタイプと合致した育毛剤を選ばなければ、どんなに良い育毛剤であっても効率的な効果は得られないということが基本になっているようです

イクオス(IQOS)はQ&Aには男女兼用の育毛剤であるように書かれていますし夫婦で使っている人もいるということですが、女性専用の育毛剤が欲しいという顧客からの要望もあり、開発されたのがルルシア(LULUSIA)という女性専用の育毛剤です。

イクオスには3種類の保湿性の高い海藻やミツイシコンブから抽出された毛根を活性化すると言われるミツイシコンブから抽出されたM-034など保水性を向上させたり毛根を元気にするという意味では女性にも使うことができる育毛剤かもしれません。
しかしながら、男性型脱毛症(AGA)の原因物質であるジヒドロテストステロン(DHT)を合成する5αリダクターゼという酵素を阻害する天然成分の配合を第一に説明している公式サイトを見る限り、やはり、イクオスは男女兼用としながらも男性の抜け毛・薄毛を抑えることを最大の目的としていることは否めません。

そのような背景のもと、愛用しているお客様からの女性用の育毛剤が欲しいという声に呼応して、イクオスで培ったノウハウをもとに開発されたのがルルシアということです。

ルルシアを開発した株式会社キーリーでは、大きく2つのタイプに分けることができる女性の抜け毛・薄毛のメカニズムのそれぞれに対応する育毛剤をつくることが顧客満足につながるという結論に到達し、2018年8月に「ルルシアルフレ」と「ルルシアシャルム」という2種類の育毛剤が誕生しました。

参照元:株式会社キーリー 公式サイト NEWS 「タイプ別マッチングシステム」であなたのタイプに合った育毛剤が選べます! 女性の薄毛に着目した2つの女性用育毛剤ルルシア「ルフレ・シャルム」を同時に発売開始!

「ルフレ」と「シャルム」というのはどちらもフランス語で、ルフレには「輝き」シャルムには「魅力」という意味があるそうです。
この意味から想像すると、ルルシアルフレは30歳を超えて女性ホルモンの減少が気になりだした輝きを取り戻したいという女性のための育毛剤であり、ルルシアシャルムは日常的な頭皮や髪の毛のダメージを解消して魅力的になりたいという女性のための育毛剤であると想像されます。

ルルシアルフレ ルルシアシャルム
お薦めする頭皮トラブル 女性ホルモンの減少に伴うエイジングによって悪化した頭皮トラブル 乱れた生活習慣やストレスによってダメージを受けた頭皮トラブル
有効成分 センブリエキス
グリチルリチン酸ジカリウム
塩酸ジフェンヒドラミン
ニンジンエキス
センブリエキス
グリチルリチン酸ジカリウム
特徴 不足する女性ホルモンを補う天然成分
天然成分によるエイジングケア
毛髪を育てる頭皮の保水力をアップ
毛穴の奥まで浸透するナノ化技術
天然成分によるエイジングケア
ダメージヘアを補修・保護する有効成分
容量 120mL 120mL
定価(税別) 4,980円 4,980円

 

名は体を表すということですね。女性の場合、女性ホルモンの減少は加齢に伴う更年期障害が典型的ですが、妊娠・出産や定期的に訪れる生理でもホルモンバランスは変化します。また、仕事や家事、育児などによるストレスで抜け毛が増えるというのも聞いたことがあります。そうそう!パーマやカラーリングで髪の毛や頭皮に余分な負担がかかる機会も男性よりも多いですしね
抜け毛・薄毛という結果は同じでも、ホルモンバランスの変化のような女性特有の事情からくるものもあれば、身体の内外から受けるストレスからくるものもあります。事情が異なればケアの仕方や必要な栄養素も異なってくるので、ルルシアではルフレとシャルムの2種類が開発されたと考えられます
ルルシアには自分にあった育毛剤を選ぶために「タイプ別マッチングシステム」というものがあるように聞いたのですが・・・?

販売元の株式会社キーリーのニュースリリースにも書かれていますが、ルルシアの公式サイトにある簡単な質問に答えるだけで自分に合った育毛剤を選択できるシステムがタイプ別マッチングシステムです

2種類だけならタイプ別マッチングシステムが無くても分かりそうなものですが・・・?
ホルモンバランスの乱れと日常的なストレスというのは、多かれ少なかれ、両方とも抱えているという人は多く居られますので、 どちらの方に荷重がかかっているのかによって育毛剤を選ぶわけですから、自分に適した育毛剤を選ぶには大切なシステムかもしれません。
ちなみに、公式サイトでは「世界初」と書かれていますが、スカルプDスカルプDボーテで有名なアンファー株式会社のシャンプーにも頭皮タイプチェックのシステムがあります
世界初かどうかは別にして、タイプ別マッチングシステムで自分に合った育毛剤がルフレかシャルムかが分かれば、難しいことを考えなくても良いという便利なシステムということですね
必要な育毛剤が決まれば、その商品の説明のサイトに移動します。決まった育毛剤がどんな商品なのか?どいったところに気を付けるべきなのか?が分かるサイトに移動するというわけです
でも、サイトの説明では分かりにくいことも多いので、ポイントだけでも詳しい解説が欲しいですね

 

ルルシアルフレは女性ホルモンの減少を補いふんわり女性らしさを取り戻す!

ルルシアルフレはホルモンバランスの乱れ、すなわち、女性ホルモンの減少による女性の”ゆらぎ”による抜け毛・薄毛の対策用に開発された育毛剤ということですが、ホルモンバランスが乱れる原因というのは、以下に示すように、更年期障害だけではありません。

  • 加齢
  • 閉経
  • ストレス
  • 過激なダイエット
  • 慢性的な睡眠不足

30歳を過ぎたあたりからの加齢に伴う現象や女性特有の閉経といった原因で女性ホルモンが減少するというのは歳をとればどなたにも起こる現象ですが、女性ホルモンの分泌は脳からの指令によって制御されていますので、脳を刺激するような精神的なストレスによって減少するということは20歳代の方でも起こります。

女性の脱毛症に最も多いと言われる瀰漫性脱毛症、妊娠・出産に伴う分娩後脱毛症、女性に多いと言われるストレス性の円形脱毛症など、ホルモンバランスの乱れによって起こる抜け毛・薄毛は誰にでも起こりえるというわけです。

参照元:女性のために薄毛治療病院安心ガイドマップ

分娩後脱毛症や円形脱毛症の詳細は以下の記事に解説させていただいていますので、自分が該当する、あるいは、興味のある方は参考にしていただければと思います。

関連記事:妊娠・産後・更年期の抜け毛・薄毛の原因と対策
10円ハゲだけで終わらない深刻な円形脱毛症 !現在の治療法は?改善策はある?

女性ホルモンは歳をとれば減少するし出産後は抜け毛が増えるというのも聞いたことがありますが、無理なダイエットや睡眠不足などの生活習慣で女性ホルモンが減少するということも起こるのですね
だからこそ、ある程度歳をとったら薄毛になるのも仕方が無いと思う反面、生活習慣を改善すればちょっとはマシになるのかとも考えます。しかし、生活習慣というのはそんなに簡単に変えられるものではないから、育毛剤を利用して短期間で解決したいという人がいるというわけです
ルルシアルフレは短期間で抜け毛・薄毛を改善するために、必要な成分が配合されているというわけですね

ルルシアルフレの4つの頭皮へのアプローチ

ルルシアルフレがホルモンバランスという女性のゆらぎにアプローチするためにこだわっている成分をご紹介させていただく前に、ルルシアルフレに配合されている全成分をご紹介させていただきます。

【有効成分】(医薬部外品の根拠となる効果があると認められている成分)
センブリエキスグリチルリチン酸ジカリウム、塩酸ジフェンヒドラミン
【その他の成分】
ダイズエキス、イザヨイバラエキス、ヒオウギ抽出液、ビワ葉エキス、ボタンエキス、シナノキエキス、ヒキオコシエキス(1)、クロレラエキス、オウゴンエキス、ローマカミツレエキス、アルニカエキス、オドリコソウエキス、オランダカラシエキス、ゴボウエキス、セイヨウキズタエキス、ニンニクエキス、マツエキス、ローズマリーエキス、ニンジンエキス、サクラ葉抽出液、加水分解シルク液、アマチャヅルエキス、アロエエキス(2)、ホップエキス、カンゾウ葉エキス、海藻エキス(1)、海藻エキス(4)、海藻エキス(5)、乳酸ナトリウム液L-ピロリドンカルボン酸L-アルギニンDL-ピロリドンカルボン酸ナトリウム液L-アスパラギン酸グリシンL-アラニンL-セリンL-バリンL-プロリンL-スレオニンL-イソロイシンL-ヒスチジンL-フェニルアラニン、D-パントテニルアルコール、精製水濃グリセリンフェノキシエタノール水酸化ナトリウム1,3-ブチレングリコールポリオキシエチレン硬化ヒマシ油、ラウリルジメチルアミンオキシド液、エタノール無水エタノール

上記の橙色で書かれている成分はルルシアシャルムにも共通している成分であり、血行促進効果のあるセンブリエキスや抗炎症作用のあるグリチルリチン酸ジカリウム、さらには、各種アミノ酸も代謝を活発にしほとんどがたんぱく質でできている髪の毛を育むためには頭皮のタイプに関係なく必須の栄養素というわけです。

それはそうですね。抜け毛が起こりやすい頭皮は炎症が起こっている可能性もありますし、血流を活発にして必要な栄養をを供給するというのは育毛の常套手段のようなものですもんね
その辺りも含めて、早速、ルルシアルフレの特徴的なアプローチの仕方について見ていきましょう

ルルシアルフレの特徴となる4つのアプローチ

  1. 女性ホルモン不足を補う天然成分イソフラボンのダイズエキスイソフラボンアグリコン含有のヒオウギ抽出物イザヨイバラエキスといった、体内で女性ホルモンのエストロゲンと同じような働きをする成分を配合。
  2. 3種類の育毛有効成分で頭皮環境を整えて育毛促進:センブリエキス(血行促進)、グリチルリチン酸ジカリウム(抗炎症)、塩酸ジフェンヒドラミン(鎮痒)。
  3. こだわりの天然成分で頭皮のエイジングケア:頭皮に弾力性を与えるプロビタミンB5(D-パントテニルアルコール)、天然保湿成分である乳酸Na、ピロリドンカルボン酸とそのナトリウム塩、海藻エキス3種類、消炎効果のあるオドリコソウエキス、サクラ葉エキス抽出液、アルニカエキス、アマチャズルエキスが配合されており、保水力を高めた健全な頭皮環境を産み出します。
  4. 細くなった髪の毛にハリ・コシ・ツヤを取り戻した美しい髪を育む:ヒアルロン酸やコラーゲンの産生を促すアロエエキス、頭皮や髪の毛に吸着して保水力をアップさせる加水分解シルク、毛根由来細胞を増殖させるホップエキスによって、健全な抜けにくい髪の毛を育める健康的な頭皮ができます。

ルルシアルフレに配合されている成分の中心となるのは、減少している女性ホルモンの働きを助ける、イソフラボンやイソフラボンから糖鎖がはずれた吸収力の高いイソフラボンアグリコン、詳細は不明ですが、イソフラボンと同様の作用があるイザヨイバラエキスと考えられます。


そして、女性ホルモンが補われたところで、ダメージを受けている頭皮を補修・保水することによって、根元からハリコシのある髪の毛を育み、ふんわりとした女性らしい頭髪を取り戻すように配合されています。

参照元:女性用無添加育毛剤ルルシア-LULUSIA-公式通販サイト
(サイト内のルルシアルフレの「詳しくはこちら」を左クリックすると商品サイトに移動します)

そりゃぁ、そうですね。女性ホルモンと同じ作用が期待できる成分と保水成分を供給すれば、不足している女性ホルモンを補い保水力がアップすることで頭皮環境が改善されて、髪の毛が生えやすい頭皮ができますよね
頭皮環境が改善されることで、ルルシアの共通成分であるアミノ酸やルルシアルフレに配合されているその他の天然成分も効果的に利用されることになります
確か、頭皮のエイジングケアに使用されている3種類の海藻エキスというのはイクオスにも配合されていましたよね

よく憶えていましたね!3種類の海藻エキスというのはイクオスのキーとなる頭皮の保水力をアップさせる成分です。M-034という日高コンブエキスには保水力だけでなく毛乳頭細胞を活性化する作用があると言われています。イクオス育毛剤に配合されている3種類の海藻エキスについては以下の関連記事で詳細に解説されています

関連記事:イクオス育毛剤の効果を成分から徹底評価 利用した口コミ評判も掲載

 

ルルシアシャルムはストレスでダメージを受けた頭皮環境を改善!

ルルシアシャルムは「ライフスタイルが乱れがちな頭皮トラブルタイプの抜け毛・薄毛に!」というキャッチコピーの女性専用育毛剤で、日常的に受けているストレスが原因で起こる代謝トラブルによって悪化した頭皮環境に対応するのが主な目的となる育毛剤です。

女性ホルモンの減少もストレスが要因で起こることがありますが、ストレスが脳を刺激することで、女性ホルモンだけでなく脳から出てくる様々な信号に乱れが生じて体のあちこちで代謝トラブルが起こるようになります。
代謝トラブルによって必要な栄養素が不足したり組織や細胞が本来のパフォーマンスを発揮しなくなることで様々な健康トラブルが起こるわけですが、抜け毛というのもストレスが原因で起こるトラブルの一つです。

一過性のストレスであれば原因となっているストレスが無くなれば抜け毛も治まるかもしれませんが、ストレスが慢性化していれば抜け毛が積もり積もって薄毛になるということもあるというわけです。
日常的なストレスが原因で起こっている抜け毛・薄毛に対して女性ホルモンを補うような育毛剤を使用しても効果が上がらず、余計にストレスがたまって抜け毛が悪化していくということもあるかもしれません。

ルルシアシャルムは、女性ホルモンの減少とは全く別の視点で、日常的なストレスで起こり得る抜け毛・薄毛に対処するように配合された育毛剤であり、体外から受けるストレス、すなわち、パーマやカラーリングで使用される薬液や紫外線由来で発生する活性酸素などの影響でダメージを受けた頭皮や毛髪を修復・保護する配慮も行われているように感じました。

ルルシアシャルムに配合されている全成分は以下のようになっています。

【有効成分】(医薬部外品の根拠となる効果があると認められている成分)
ニンジンエキス、センブリエキスグリチルリチン酸ジカリウム
【その他の成分】
ビワ葉エキス、ユキノシタエキス、海藻エキス(1)、ヒアルロン酸ナトリウム(2)、テトラ2-ヘキシルデカン酸アスコルビル、天然ビタミンE、シアノコバラミン、スフィンゴ糖脂質、N-ステアロイルフィトスフィンゴシン、N-ラウロイル-L-グルタミン酸ジ(フィトステリル・2-オクチルドデシル)、加水分解ケラチン液、乳酸ナトリウム液L-ピロリドンカルボン酸L-アルギニンDL-ピロリドンカルボン酸ナトリウム液L-アスパラギン酸グリシンL-アラニンL-セリンL-バリンL-プロリンL-スレオニンL-イソロイシンL-ヒスチジンL-フェニルアラニン、水素添加大豆リン脂質、ジラウロイルグルタミン酸リシンナトリウム液、クエン酸ナトリウム、無水クエン酸、精製水濃グリセリン、1,2-ペンタンジオール、フェノキシエタノール水酸化ナトリウム1,3-ブチレングリコールポリオキシエチレン硬化ヒマシ油無水エタノール

上記の橙色で書かれている成分はルルシアルフレと共通している成分であり、頭皮のタイプに関係なく髪の毛を育むためには必須の栄養素というわけです。

ルルシアシャルムの特徴となる4つのアプローチ

  1.  配合されている成分を浸透させるナノ化技術:水素添加大豆リン脂質によって封じ込められた加水分解ケラチン、11種類にアミノ酸、3種類のビタミン、天然保湿成分で構成される「ナノカクテル」を毛穴の奥まで浸透させることで効率的に効果を発揮します。
  2. 代謝トラブルで悪化した頭皮に効率的に栄養素を供給するために血行促進効果をパワーアップする3種の育毛有効成分:センブリエキス(血行促進)、ニンジンエキス(血行促進)、グリチルリチン酸ジカリウム(抗炎症)
  3. 天然由来の保水成分で頭皮を包み込むエイジングケア:ヒアルロン酸と3種のセラミド(スフィンゴ糖脂質、N-ステアロイルフィトスフィンゴシン、N-ラウロイル-L-グルタミン酸ジ(フィトステリル・2-オクチルドデシル))という保水成分に、「エモリエントカクテル」と呼ばれるビタミンC誘導体(テトラ2ヘキシルデカン酸アスコビル)、天然ビタミンE、ビタミンB12(シアノコバラミン)、天然保湿成分(乳酸Na、ピロリドンカルボン酸とそのナトリウム塩)、ユキノシタエキスが加えられ、頭皮を包んで保護します。
  4. ハリ・コシ・ツヤのあるリッチな美髪を育む:ダイレクトに毛髪の原料となる加水分解ケラチンに、ジラウロイルグルタミン酸、ビワ葉エキス、ヒジキエキス、ユキノシタエキスといった髪の毛と頭皮を保護する成分が配合されています。

当然ですが、ルルシアシャルムには女性ホルモンを補う成分は配合されておらず、健康的な頭皮を手に入れてそれを保持する成分と新たなるダメージから頭皮と頭髪を守るために、保水効果・抗炎症作用・代謝促進作用・抗酸化作用のある成分が配合されています。

参照元:女性用無添加育毛剤ルルシア-LULUSIA-公式通販サイト
(サイト内のルルシアシャルムの「詳しくはこちら」を左クリックすると商品サイトに移動します)
辻製油株式会社 製品紹介 水素添加レシチン

ルルシアシャルムはルフレと異なり、とにかく、血行を良くすることで代謝を活発にして、育毛に必要な栄養素や効果が期待できる成分を効率的に利用できる頭皮にするような育毛剤のように感じられました
女性ホルモン不足が原因の抜け毛・薄毛の場合も髪の毛を育む栄養素は必要ですが、それ以前に、頭部だけでも女性ホルモン不足を解消する必要があります。それに対して、日常的なストレスが原因で起こる慢性的な抜け毛は栄養不足が主な原因と考えられますので、毛根に素早く栄養素を供給する成分が中心になっています
抜け毛・薄毛という結果が同じでも、原因が異なれば対処の仕方が異なるということがよく分かりました

 

ルルシアという女性専用無添加育毛剤についての総括

ルルシアは「女性専用の育毛剤が欲しい!」という要望に応えて、男女兼用育毛剤であるイクオスを販売している株式会社キーリーが新たに開発した女性のための女性の事情に合わせた育毛剤であり、ルルシアルフレとルルシアシャルムの2種類が販売されています。

  • ルルシアルフレ:女性ホルモンの代替物質で女性ホルモンの減少に伴う抜け毛・薄毛をケアし、悪化した頭皮環境を改善するという、女性特有の体のゆらぎによる抜け毛・薄毛を改善するための女性専用無添加育毛剤
  • ルルシアシャルム:日常的に起こっているストレスからくる体調不良が原因で起こる抜け毛・薄毛をケアするために、徹底した血行不良の改善と頭皮の保湿管理を行う、慢性化しているストレスによる抜け毛・薄毛を改善するための女性専用無添加育毛剤

原因が異なれば対処方法も異なるという考え方のもと、女性に抜け毛・薄毛を引き起こす原因とメカニズムに合わせた配合が考えられた2種類になっています。

また、女性ホルモンの減少による更年期障害にある中高年の女性は日常的なストレスを抱える人も少なくなく、自分の抜け毛・薄毛が女性ホルモンが原因なのか?ストレスが原因なのか?といった主原因を探るタイプ別マッチングシステムを公式サイトに用意されているので、自分に合った育毛剤を簡単な質問に答えるだけで選択できるようになっています。

評判の育毛剤を使ってみてけど自分には合わなかったという口コミをよく見かけることを考えると、頭皮のタイプに合わせて公式サイトに合わせて複数ある商品から自分に合った商品を探すことができるというのは無駄が無くていいですね
100%間違いないということはありませんが、高確率でマッチした商品を選べるように工夫されているはずです。育毛剤ではルルシアがマッチングシステムを導入していますが、シャンプーの分野ではスカルプDボーテという女性のための育毛シャンプーでも導入されていました 。(詳細は以下の記事にてご覧いただけます)マッチングシステムについては世界初がどちらかというのはお客様にとっては関係の無い話ですが、このシステムは育毛剤や育毛シャンプー選びが楽になりますね

関連記事:スカルプDボーテシャンプーは女性の悩みに寄り添う 口コミ評判を体感できるかを徹底分析