今回のポイント

  1. 薄毛の原因となる添加物を、一切使っていない
  2. 昆布から抽出した“フコイダン”で、頭皮も髪も元気になる
  3. アミノ酸の浸透度が高く、毛根まで届く
  4. 使いやすさを考えた容器も、おススメのポイント

薄毛に悩み始めてから、女性誌を見たり、ネットの情報誌をチェックしたりしましたが、いろいろある原因の中で一番気になったのは添加物です。

シャンプーやリンス、コンディショナー、そして、これまでお試しで使ってみた育毛剤にも!

若い頃から添加物が入っているアイテムを、少し気にしながら使ってきましたけど、やっぱり髪や頭皮にダメージを与えていたんだと実感。

今さらながら、太くてコシのある髪を取り戻すために、無香料のシャンプーやリンスなどを使い始めたのですが、育毛効果はみられません。

そこで、あらためて育毛剤を使ってみようと、“無添加”にこだわったアイテムを探していて見つけたのが、こちらの「マイナチュレ」。

育毛剤の香料は薄毛を進行させる原因に

これまでの育毛剤というのは、健康な髪を作り出す成分は含まれていたものの、余計な成分が頭皮の環境を悪化させて、逆に、薄毛を進めてしまうようなアイテムもあったんです。

その代表的な成分が、香料です。

使ったあとのさわやかさを出すために香料は使われていますが、中には肌に刺激を与えるものもあり、使い続けていたら頭皮が炎症を起こしてしまうこともあります。

しかも、香料はシャンプーやリンスなどにも含まれていますから、毛母細胞は大きなダメージを受けて、髪は細くなるばかり・・・。

 

美しい髪のためなら、香料はいらない!

他にも、育毛剤が腐らないようにするための防腐剤、洗浄目的に使われる石油系界面活性剤なども、すべてお肌にダメージを与える可能性がある成分です。

炎症だけでなく、乾燥肌を招き、抜け毛が増えてゆくことにもつながります。

すべての添加物を気にしていたらキリがありませんが、やっぱり、安心して使えるものじゃないと!

 

マイナチュレは、クロレラ、ローズマリー、ボタン、シナノキといった植物の成分を抽出して、育毛に有効な成分と相乗効果が出るように作られた育毛剤です。

「無添加」と「高品質」にこだわっているのが、このアイテムの大きな特長で、香料やタールはもちろん、紫外線吸収剤や着色料、合成ポリマーも一切入っていません。

ちなみに、紫外線吸収剤は、みなさんもお使いのUVクリームなどに含まれていますが、紫外線のダメージを抑える一方で、肌トラブルの原因にもなってしまうんですって!

 

実際に使ってみると分かるんですが、マイナチュレは、ほぼ、無臭で、頭皮に付けてもべとつきを感じません。

有効成分などの変なニオイは、まったくありませんね。

mynature-2

香料という添加物が、いかに不要な存在だということを、痛感しました!

 

昆布に秘められた美髪成分に注目です!

マイナチュレに含まれた天然成分の中で、わたしが注目したのは、昆布のエキスです。

みなさんは、「フコイダン」って聞いたことありますか??

北海道で採れる「三石昆布」から抽出されているんですが、美髪パワーがとにかくスゴイんです!

 

普段、わたしたちが目にしている昆布って乾燥していますけど、海から採れた直後はネバネバしているんですね。

これが、フコイダンの正体。

昆布自体が乾燥することから守ったり、海中で衝撃を受けたりした時に細胞を修復するといった役割を持っています。

 

フコイダンのパワーは、人間のカラダにも効果的であるとされていて、抗ウイルス、抗アレルギー効果や、がんを予防する効果も期待されているんです。

もちろん、頭皮にも素晴らしい効果を発揮します。

 

まずは、保湿力。

頭皮の水分量を保って乾燥を防ぎ、毛母細胞のはたらきを活発にしてくれます。

顔の保湿と違って、頭皮はあまりケアする習慣がありませんし、先ほどお話ししたシャンプーなどの添加物の影響で、肌環境は悪化しがちです。

そう考えると、天然成分で強力に保湿できるというのは、うれしい限りだと思いませんか?

 

浸透しやすい10種類のアミノ酸を配合

わたしたちのカラダにある細胞の約60パーセントは、たんぱく質でできています。

このたんぱく質を構成しているのが「アミノ酸」。

テレビのコマーシャルで紹介されている健康食品で、この言葉を耳にしたことがあるという人も多いことでしょう。

 

アミノ酸にはいくつもの種類があって、それぞれ、含まれている食べ物が異なります。

例えば、アルギニンは鶏やマグロ、大豆などに、セリンは小麦粉、鰹節などといった具合です。

こうした成分は化粧品と同じで、食べ物経由で体の内側から摂取するだけでなく、外部から浸透させても効果的で、細胞を元気にして健康的な髪を作り出します。

 

マイナチュレには、

  • PCAナトリウム(頭皮の水分量を保つ)
  • リシン(頭皮を柔らかくする)
  • ブロリン(髪のコシを保つ)
  • アラニン(細胞の活動を活発にする)
  • アルギニン(成長ホルモンの分泌を活発にし、髪を増やす)
  • ベタイン(しっかり保湿する)
  • セリン(乾燥肌や炎症などの肌トラブルを防ぐ)
  • グルタミン酸(肌のターンオーバー※を正常に保つ)
  • グリシン(肌の酸化を防ぎ、老化スピードを遅くする)
  • トレオニン(皮膚細胞の再生を促す)

といった10種類のアミノ酸が配合されています。

※ターンオーバーとは、古い細胞がはがれ落ち、新しい細胞が外側に押し出される活動のことで、30~40代だと40日、50代だと70日ぐらいの周期です。

 

女性ならではの症状に合わせて開発された商品

話は変わりますが、薄毛の悩みは男女共通ですよね。

でも、そのメカニズムは全然違うということ、ご存知でしたか?

つまり、女性は女性専用の育毛剤を使わないと、効果が期待できないのです。

 

薄毛のメカニズムについては、こちら(【a03.doc】へのリンク)で詳しく解説していますので、後ほどじっくり読んでいただくとして、ここではカンタンに説明しておきましょう!

男性の場合は、ホルモンの影響を受けやすい生え際や頭頂部から薄くなり始めて、最後は頭全体に及んでしまう傾向にあります。

ですから、男性用の育毛剤には、ホルモンのはたらきを抑え、皮脂の分泌が過剰にならないようにする成分が、必ず含まれているんですね。

 

一方、女性は紫外線、シャンプーの刺激、ドライヤーの熱など、外部からのダメージが大きな要因となります。

髪が薄くなるのは頭頂部から、というケースが多いのは、こうした理由があるからです。

また、髪の毛がまとめて細くなるのではなく、1本ずつの毛が遅くなるのも大きな特徴。

こうした抜け毛の仕組みを考えて作られたのが、マイナチュレです。

 

パッケージデザインへの配慮もうれしいです!

マイナチュレの容器って、ノズル式になっているので、とても使いやすいです。

mynature-2

今までの育毛剤って、スプレータイプのものが多かったんですが、これだと頭皮にうまく届かないですし、髪の毛がべたべたすることもありました。

効果が出なかったのは、そのせいもありますね・・・。

マイナチュレの容器は化粧品のようですから、ドレッサーに置いても違和感がありません。

 

急に友達が遊びに来ても、

「育毛剤を使っているんだ」

なんて気づかれないのも、きちんと女性の気持ちに配慮しているんだな~、と感じるポイントです。

 

それに、容器はプラスチック製だから、落としても安心!

結構、サイズが小さいですし、鏡を見ながら使うので、手が滑っちゃうこともありますからね~。

 

後は、効果が出たら言うことなしです。

育毛剤は、最低でも半年ぐらい使わないと効果が出ないらしいですから、早速、使用開始です!

使用感はもちろんのこと、髪や頭皮の様子までしっかりレポートしますから、ぜひ、体験記もご覧下さい!

他の商品との徹底比較も、見逃せませんよ!!