男性だけでなく、女性の体内にも男性ホルモンが存在するため、女性でもAGAになることがあります。

 

AGAの治療薬として認められているフィナスリドのような5α-リダクターゼ阻害剤は男性のAGAでなければ使用することができません。

ところが、パントスチンという5α-リダクターゼ阻害剤ならば、フィナステリドよりはマイルドですが、女性のAGAの治療に使用することができます。

そして、パントガールという女性の薄毛改善内服薬と併用することで、さらなる効果があるということです。

そこで、パントスチンパントガールはどのようにしてAGAや薄毛改善を行うのか、探ってみましょう。

因みに、パントスチンは男性にも使用ができ、フィナステリドによる性欲減退などの副作用を極力避けたい、また、マイルドな薬を求める場合に適しています。

パントスチンとは?

パントスチンは、脱毛の治療に用いる外用剤で医薬品です。特に女性の薄毛改善のために製造されたものですが、男性も使えます。

パントスチンは商品名で、成分はアルファトラジオールが入っています。

 

アルファトラジオールの働きはフィナステリドと同じ

AGAという男性型脱毛症は、テストステロンという男性ホルモンが5α‐リダクターゼによってDHT(ジヒドロテストステロン)に変わり、DHTが男性ホルモン受容体に結合することで発症します。

DHTが男性ホルモン受容体に結合することでヘアサイクルの成長期を短縮させるため、髪が抜け始めます。

アルファトラジオールはAGA誘因物質であるDHTを増やす5-αリダクターゼの働きを抑える物質です。

要するに、AGA治療ガイドラインの推奨度№1のフィナステリドと似たような働きを持っているのです。

フィナステリドよりは効果がマイルドなアルファトラジオール

マイルドという言い方をすると耳に優しく聞こえますが、率直に言えば、フィナステリドより効果が低いということです。

しかし、本来ならば効果が低いというのはデメリットですが、AGAの治療にフィナステリドを使うことができない女性にとって、フィナステリドよりはマイルドなアルファトラジオールはメリットのある薬ということになります。

 

女性はフィナステリドを使えない理由

デュタステリドとフィナステリドで解説していますので、併せてごらん頂けますと幸いです。

 

アルファトラジオールは女性ホルモン(エストロゲン)の仲間

アルファトラジオールは17⁻αエストラジオールの略名で、女性ホルモンの仲間です。女性ホルモンに増毛効果があることはよく知られています。

女性が更年期に入ると薄毛になりやすくなるのは、女性ホルモンの減少が原因です。そこで、脱毛を極力、抑えるため、アルファトラジオールパントスチンに入れました。

17-トラジオールはα型とβ型が存在しますが、それぞれが女性ホルモン受容体に結合することで効果が出現します。

 

パントスチンは男性にもOK!

女性ホルモンの投与は更年期障害を改善させたり、健康的な皮膚を保つために非常に有効ではありますが、もちろん、副作用もあります。

肝機能障害の危険性や乳がんの発生率が高くなり、男性であれば、女性化乳房など体に変化が出てしまいます。

17⁻トラジオールはアルファ型とベータ型が存在しており、パントスチンにはアルファ型が入っていると前述しました。

アルファ型のエストラジオールは女性ホルモン受容体への結合力が強くありません。そのため、効果もマイルドです。

このことは男性がパントチンを使っても、女性ホルモン投与の副作用に見られる「女性化」の現象を抑えることができます。

このことが、パントスチンは男女兼用の薄毛治療薬といわれるわけです。

また、フィナステリドの副作用が気になる男性にも使いやすい薬です。

 

パントスチンの効果

パントスチンの主成分であるアルファトラジオールは医薬品とはいえ、マイルドな効果を持つ成分ということになります。

ということは、AGA発症間近か、発症予防レベルの使用が一番、効果的ということになります。

残念なことに、フィナステリドは抜け毛を防止してヘアサイクルを正常化する働きはありますが、ミノキシジルのように発毛を促す成長因子を作りだす働きはありません。

そのフィナステリドと同じような働きをするアルファトラジオールも同様です。

しっかりとパントスチンの効果を引き出すには、数カ月は使用し続ける必要があります。

 

男性はフィナステリドへの切り替えが必要なことも

パントスチンは日本では販売されておらず、手に入れるためには個人輸入に頼るしかありません。その他、パントスチンを取り扱う医療機関を受診することも一つの手です。

効果が非常にマイルドであり目立った副作用もあまりないようなのですが、成分が女性ホルモンの仲間であることを考えると、個人輸入での使用ではなく医師の下での使用が一番安全に効果が期待できます。

また、男性の場合、パントスチンでは効果が全く見られない恐れもあります。そのような場合、フィナステリドへの切り替えも考えなければ、AGAはどんどん進行していくことでしょう。

医師の下であれば、切り替えの見極めの時期、併用療法、併用薬物などの使用のタイミングなど、一般人では難しい効果的な治療法を行なうことができ、悪化を防ぐことができます。

 

安全性が高いことも重要。でも効果が出なければ無意味。

パントスチンは安全性が高いので、女性のような軽症のAGAには使用する価値はあるかもしれません。しかし、進行したAGAの男性が安全性を求めるあまりにパントスチンを選択するのはどうかな?とも思います。

このあたりの判断はたくさんの臨床経験を持つ医師にゆだね、悪化を防ぐことが大事です。

次は、パントスチンの効果出現をサポートすると言われているサプリメント「パントガール」について検証してみましょう。

参考URL;パントスチン

http://www.ks-skin.com/35h03/

 

パントガールについて

パントスチンと併用することで抜け毛防止だけでなく、育毛効果を期待できるといわれるパントガールの成分は、どんなものが入っているでしょうか?

 

・ビタミンB1:糖分などの栄養素をエネルギーに変える働きがあります。毛母細胞などが分裂増殖して発毛させるときに利用されるエネルギーを提供します。

・パントテン酸カルシウム:ビタミンB類の仲間であるパントテン酸とカルシウムが結合した物質です。各栄養素をエネルギーに変えたり、皮膚(頭皮)の健康を保つ成分です。

・薬用酵母:酵母はたん白質やビタミンなどが豊富で、髪に必要な栄養素をたくさん含まれています。また、消化酵素も含まれており、栄養素を吸収しやすい形に分解し、髪への栄養源を増やします。

・L-シスチン:髪の毛はケラチンというたん白質でできています。ケラチンの中で一番多いのが、L-シスチンというアミノ酸です。

・ケラチン:髪の毛の主成分です。

・パラアミノ酢酸:ビタミンB群の仲間であり、葉酸の合成に必要なパラアミノ安息香酸(PABA)は髪の毛

や肌を健康に保つ働きがあります。

パントガールは本当に発毛、育毛効果がある???

パントガールに入っている成分は単なる栄養補給程度であり、発毛、育毛という非常に強いエネルギーを必要とする栄養剤とは思えません。

上記のような成分で、パントスチンの十分なサポートができるのかと疑問を持ってしまいます。

これで発毛効果が出るというのであれば、世に出ている総合栄養剤も育毛効果があることになるというと、言いすぎでしょうか?

 

パントスチンの検証まとめ

良い点

女性のAGAに使用できるというメリットはとても大きいです。

 

悪い点

男性が使用するには少し、効果の程度が少し弱い気がします。

 

こんな方におすすめ

男女に関係なく副作用などが気になる人が気軽に使用することができます。