最近は男性だけでなく女性も薄毛に悩んでいます。薄毛のことで皮膚科を受診する人が増えていると言われています。

女性も男性型脱毛症になる理由

男性の脱毛の原因は男性型脱毛症だけでなく、円形脱毛症など他にも色々あります。

同じように女性の薄毛、脱毛の原因も女性ホルモンのバランスの乱れ、円形脱毛症、その他色々あります。

薄毛で悩む女性の半数は男性型脱毛症が原因と考えられています。ただ、脱毛の過程や治療法が異なります。

 

女性の体内にもある男性ホルモン

男性も女性も男性ホルモンと女性ホルモン、両方持っています。男性だから男性ホルモンしかない、女性だから女性ホルモンしかないというわけではないのです。

女性の場合、男性ホルモンは副腎、卵巣内で合成され、筋肉や体毛に関与しています。ということは、女性も男性型脱毛症になる作用機序は根本的には男性と同じということになります。

つまり、前述したように、テストステロンという男性ホルモンが、Ⅱ型5α-リダクダーゼによってDHT(ジヒドロテストステロン)に変化し、これが毛乳頭細胞を刺激するため、男性型脱毛症に女性もなってしまうのです。

女性の血液中のテストステロンの量は男性の約1/10とかなり少なめではありますが、思春期になると、女性も腋毛や陰毛が生えてくるのは男性ホルモンが原因なのです。

このような毛乳頭細胞には、Ⅱ型リダクダーゼは存在しませんが、Ⅰ型5α-リダクターゼとその受容体が存在します。

腋毛や陰毛はこのⅠ型5α-リダクターゼの力で十分、成長します。男性の頭頂部などにはⅡ型5α-リダクターゼが多く、女性の頭頂部はⅡ型5α-リダクターゼがあまり働いていないため、男性ほど脱毛しないのではと、指摘する専門医もいます。

女性の頭頂部の薄毛には、Ⅱ型5α-リダクターゼの働きを阻止するフィナステリドの効果があまり見られないため、そのように考えられるわけです。

 

閉経時に薄毛になりやすい理由

女性は閉経を迎えるころ、つまり更年期に入ると、女性ホルモンが著しく減少します。そのため、男性ホルモンの分泌量が増加し、男性型脱毛症になりやすくなります。

男性は頭頂部、前頭部に脱毛が多く、女性は生え際の脱毛があまりおこらず、頭頂部に脱毛がおきやすくなります。

同じ男性ホルモンによる男性型脱毛症なのに何故、このような性差が出るのかはまだ解明されていません。

 

女性の男性型脱毛症の治療法

先ほど説明したように男性に有効な治療薬フィナステリドは、女性には効果がありません。また、妊娠可能な年齢の女性、授乳する女性にはこの薬の服用は、危険視されています。

それは、DHT「ジヒドロテストステロン」が胎児の陰茎、陰嚢を造るのに大事な役割りを持っているので、フィナステリドの服用でDHTの合成が抑えられてしまうことになるからです。

ただ、フィナステリドは精子には悪影響を及ぼさないので、フィナステリド服用中の男性の子供を妊娠した場合は、そのような心配はいりません。

 

閉経し、妊娠の可能性がない女性の場合

もう、「妊娠することがないので、フィナステリドの服用は可能のように思うのですが、更年期以降に男性型脱毛症になった場合、フィナステリドは効果がないと言われています。

従って、女性の場合は『内服薬ではなく、外用剤が治療の中心となります。

 

女性の男性型脱毛症の治療薬

良く使用されているのが1%ミノキシジル溶液です。 大正製薬からリアップレディという商品名で販売されています。

これは性ホルモンに関係する副作用は現在のところ、見られていません。

 

市販されている女性用の発毛育毛剤

○ベネフィークセラムノワール(資生堂);注目成分・パナックスジンセンエキス

(医薬部外品)パナックスジンセンエキスが毛母細胞に直接作用育毛効果、脱毛予防の効果を発揮する

○ブローネ薬用エッセンス(花王);注目成分・ニコチン酸アミド

(医薬品部外品)毛乳頭細胞に働きかけて、育毛効果などを期待する

○モウガL(ツムライフサイエンス);男性用の「モウガ」と同じ

○NFカロヤンガッシュ(第一三共);男性版にあるNFカロヤンガッシュ」と同じ

上記のような外用剤で効果がない場合

日本では保険適応外だったりして、一般的ではありませんが、フィナステリド以外の内服薬を使用することがあります。

例えば、スピロノラクトン(利尿剤)、デキサメタゾン、シメチジン、経口避妊薬などです。

更年期障害などに対応する女性ホルモン補充の方法もありますが、乳がんの危険性も考えられるため、医師とよく相談しながら、薬の選択をする必要があります。ただ、薄毛対策で病院を受診した場合、保険適用にはならないので、よく考えて受診することが重要です。

 

女性の抜け毛の原因

先に閉経時期に抜け毛が多くなる原因を先述しましたが、それ以外で女性の抜け毛の原因になるのはどんなものがあるでしょうか?

①過度のダイエットによる抜け毛

極端に食事制限をすることが多い女性は、慢性のび漫性脱毛症になることがあります。び漫性脱毛症とは髪の毛が全体的に薄くなることをいいます。

毛髪の細胞分裂の速度は非常に速く、栄養を必要とするところです。そのため、栄養が偏ったり、不足すると、身体だけでなく毛髪への栄養が不足し、抜け毛が増えていきます。

②鉄欠乏性貧血による抜け毛

特に若い女性に多いです。

鉄分の不足は、髪のツヤや潤いを失います。

休止期の脱毛になります。

③膠原病による抜け毛

膠原病の一つである全身性エリトマトーデス(SLE)は若い女性に多い病気ですが、かなりの高い割合でび漫性の脱毛を起こしやすくなります。

乾燥が強く、つやのない髪になります。

⓸慢性休止期脱毛症

これは女性特有の抜け毛です。女性の中でも男性型脱毛症は多いのですが、その次に多いのがこの慢性休止期脱毛症です。

通常であれば、休止期の毛髪の割合が約10%であるのに対して20%に増えるために抜け毛が多くなるのです。大体、30歳以上に多いと言われています。

男性型脱毛症と異なる点は、短い軟毛ではなく長い硬毛が抜けやすくなります。また、頭全体が薄くなっていきます。

原因は不明です。症状はひどくなったり軽くなったりして、何年か続きますが、全部の毛髪が無くなる心配はいりません。ミノキシジルの外用剤で改善することがあるようです。

⑤性腺刺激ホルモンや女性ホルモンの分泌量減少で抜け毛

脳下垂体から卵胞刺激ホルモン、黄体刺激ホルモンなどの性腺刺激ホルモンがいます。

このホルモンの分泌量が減少すると体全体の毛が減少していきます。毛髪の抜け方はやはり、男性型脱毛症ではなく、び漫性の脱毛で頭全体の髪の毛が少なくなります。

女性は出産後、一時的に抜け毛が増えることがあります。

しかし、この症状はその時期が過ぎれば、元通りに戻ります。また、ピルを飲んでいる女性で、服用を中止すると、抜け毛が増えることがあります。

また、生理前になると、エストロゲンの分泌が低下し、黄体ホルモンのプロゲステロンが増えますが、この現象も又、抜け毛が増える原因となります。。

このように男性以上に女性はホルモンの影響を受けやすくホルモンバランスが乱れがちです。身体だけでなく、毛髪にも配慮が必要になります。