「糖質制限が髪の毛にどのように影響するか」という記事であり、糖質制限ダイエットをすすめる記事ではないということを最初にお断りしておきます。
というような前書きの後ではありますが、過剰過ぎない適切な糖質制限をすることのメリットは大いにあります。ご紹介しましょう、

ダイエットは薄毛やハゲになりやすいということがよく言われます。
ところが、糖質を制限すると、薄毛の改善がみられハゲ防止になったたという報告も出ています。
この関係からか、糖質制限ダイエットで知られるライザップもネット上でハゲる?ハゲない?で色々な情報が流れているようです。
その他、糖質制限で薄毛が解消されたという本まであり、糖質制限と薄毛に対する関心度は非常に高いようです。

55歳のハゲた私が76歳でフサフサになった理由

著者の東京医科歯科大学名誉教授・藤田紘一郎氏は、重度の糖尿病患者だったそうです。

藤田氏の話では、「糖質カットの食事をし続けた結果、薄毛が改善した」ということのようですが、糖質を制限していけば、当然、血糖値が下がり糖尿病は緩和されるので、髪の毛にもいい影響をもたらすと考えてもおかしくはありません。

しかしながら、糖質制限ダイエットについては専門家の間でも賛否両論ですし、依然としてはっきりとした科学的根拠がありません。
世に出ている論文の中には、首をかしげるようなものも出回っていると言われています。
因果関係がまだ明らかにされてはいませんが、過激な糖質ダイエットを行なった人の中には死亡者もいます。

藤田氏の糖質制限による薄毛改善の成功は、藤田氏が医師であるがゆえに自分の体の状況を専門的に観察しながらの糖質制限の結果ということも考えられます。

以下で、過剰な糖質制限の怖さ(デメリット)もご紹介させていただきますが、「緩やかな糖質制限」が一番薄毛改善に効果的ということに納得していただければ嬉しく思います。

 

頑張り過ぎない糖質制限

ダイエットに執着しすぎて度を過ぎた糖質制限をすることでダイエットには成功するかもしれませんが、体のどこかに異常をきたすということはよくあります。
ライザップの糖質制限メニューが2カ月で終了するようなシステムになっているのは、過剰な糖質制限で体調不良にならないように考慮したものと考えることができます。

 

糖質制限とは?

糖質制限はごはん、パン、麺類、スイーツなどの糖質を含むメニューを制限するというものですが、糖尿病改善、ダイエットなどの効果が期待できます。

ごはんやパンなどは炭水化物と呼ばれますが、ぶどう糖が連結してできたでんぷんが豊富に含まれている食材です。


唾液に含まれるアミラーゼなどのでんぷん分解酵素によって最小単位であるぶどう糖まで分解された形で、血液中に溶け込みます。
ごはんを食べた直後は血糖値が上昇することになりますが、血糖値が一定レベルを超えると膵臓からインスリンが分泌され、上昇した血糖値を下げてくれます。
インスリンには、血糖を下げると同時に、エネルギーに変換されなかった糖質を中性脂肪の形で蓄える働きがあります。

中性脂肪は皮下脂肪や内臓脂肪として脂肪細胞に蓄えられることから、糖質を中性脂肪に変えるインスリンは「肥満のホルモン」ともいわれています。

そこで、糖質を含む炭水化物などを制限すれば、血糖の上昇はみられなくなりインスリンも分泌されません。
その結果、中性脂肪の蓄積が減り体重は減るというメカニズム、これが糖質制限(ダイエット)というわけです。

中性脂肪という名前から、脂っこいメニュー、すなわち、食事から摂られる脂肪分を控えればいいと考えてしまういる人が意外と多くおられます。
確かに、脂っこいメニューの摂り過ぎにも問題がありますが、糖質の摂り過ぎで中性脂肪が蓄積されると考えてください。

 

頑張り過ぎない糖質制限が薄毛改善に良い理由

糖質制限は血糖値上昇を抑制できるため、糖尿病の改善や予防には非常に効果的です。
糖尿病は全身の血管にダメージを与え血流が悪くなりやすいために、薄毛の原因の一つとしてよく取り上げられています。

前述した本の著者である藤田氏も、薄毛だった頃は重度の糖尿病だったと言っておられます。
また、藤田氏が行った糖質制限では炭水化物や糖質を含むメニュー以外の制限はあまりなく、他のダイエットに比べ、糖質を含まないお酒はOKというあたりが取り組みやすいというメリットもあります。
案外、ダイエット効果が早く出やすいことも、人気のあるダイエット法と言われる由縁でしょう。

注意点
インスリン注射や血糖値を下げる薬を使用している人が糖質制限をする場合、医師や栄養士などの指導を受けましょう。

 

糖質制限は頑張りすぎてもNG

あまりにも厳しい糖質制限は、有害なダイエット法や薄毛改善方法にすり替わってしまうので注意しなくてはいけません。

 

三大栄養素(糖質・脂質・たん白質)のバランスが崩れる

三大栄養素の中で最も大量に摂取されるのが主食であるごはんなどに含まれる炭水化物(糖質)であり、食事全体の約6割というのが標準です。
すなわち、糖質制限を厳しく行なえば、約6割の食事を抜く日が延々と続くということになり、三大栄養素のバランスは大きく乱れることになります。

食事で摂られる栄養素を代謝するために必要なエネルギーを造り出す糖質が不足していますので、たんぱく質や脂質が摂取されても利用することができません。

その上、炭水化物は糖質としてエネルギー源として利用されるだけでなく、吸収されない未消化のでんぷんが食物繊維としても作用します。

でんぷんという炭水化物を削減することで腸内の食物繊維も不足することになり、腸内環境が乱れることにもつながり有害物質の排出も停滞しがちになります。

ちなみに、薄毛と腸内細菌の関係については下記のURLに詳しく掲載していますので、是非、ご覧いただきたいと思います。

過度の糖質制限はタンパク質を糖質の代わりに使うために薄毛を誘発してしまう!

人の体は食事で糖質、すなわち、炭水化物を摂取されなくなると、体に蓄積している物質をエネルギー源として利用するようになります。

最初のうちは体脂肪を代謝することでぶどう糖を合成することになりますので、ダイエット効果が期待できます。また、筋肉などを動かすための蓄積物質としてはグリコーゲンが利用されます。

代謝が可能な体脂肪やグリコーゲンがリミットを迎えても糖質制限を続けると、今度はタンパク質をエネルギー源として利用するようになります。

つまり、体内のたん白質を減らしてでも、糖質の補充をしようとするわけです。
となると、ケラチンというたんぱく質が主成分である髪の毛への影響が気になるところです。
貴重なたんぱく質は生命維持に必要な酵素、組織、器官に使用され、生命維持に影響のない髪の毛は後回しになってしまいます。

薄毛対策のためには過度の糖質制限は止めましょう

糖質を摂り過ぎても不足し過ぎても「薄毛進行」ということがわかっていただけたのではないでしょうか?

糖質制限をやり過ぎたり、糖質制限以外でも過激なダイエットを繰り返したりしていると、大量の抜け毛が生じてしまうことがあります。
ヘアサイクルにおける成長期が栄養不足のために短くなって、一気に休止期に向かうことが原因です。

だからといって、糖質制限を頑張り過ぎたために大量の抜け毛が発生してから慌ててごはんを食べてしまっては、急上昇した血液中のブドウ糖を利用できずに、体脂肪として蓄えてしまうことになります。

ダイエットの失敗によくあるリバウンド現象を似ていますが、このようなケースでは抜け毛がさらに悪化することになります。
そんな時でも、余剰の糖質が血液中に発生しないように、少しずつ糖質を増やしていくことをお薦めします。

例えば、エネルギーが必要な朝や昼は炭水化物を摂るようにして、夜はたん白質を中心とした糖質制限メニューなどにしてはいかがですか?

 

管理人の体験談:ライザップに通い過度な糖質制限をしたがハゲなかった

実は、サイト管理人のセイジは2017年6月から継続的にライザップに通っています。この間、米・パン・麺を一切食べず、かなり厳しく糖質制限をしていました。

ただ、私はこの間で髪の毛が薄くなることはありませんでした。

ライザップは徹底的に糖質制限を行うため、米・パン・麺はもちろんの事、調味料に含まれる糖分量にも気を使うように指導します。

このような状態ですと、先に村田薬剤師が解説してくれたようにタンパク質をエネルギー源として利用するようになり髪への栄養が後回しにされる可能性が高くなります。

ただ、ライザップでは糖質を控える代わりに体重の1.5倍グラム程度のたんぱく質を摂るように指導します

例えば、私の体重70kgだったので、1日に105gのたんぱく質を摂ることになります。

これだけのたんぱく質を摂れば、髪へも十分に栄養が送られるため、薄毛になる確率は相当低くなると推測します。少なくとも、私セイジはハゲることはありませんでした(一応、育毛シャンプーは併用していましたが)。

糖質制限ダイエットで怖いことは、たんぱく質などの他の栄養素の摂取量が不足することと思います。ライザップでは糖質を抑えつつも他の栄養素をしっかり摂るように指導が入るため、トレーナーの指示をしっかり守っていればハゲることはないでしょう。

まとめ

① 糖尿病対策の糖質制限で薄毛が改善された例
② 頑張り過ぎない糖質が薄毛改善に良いのはなぜ?
③ 過度の糖質制限は三大栄養素のバランスを崩すため抜け毛を促進する
④ 体内のエネルギー不足で髪の毛までたんぱく質がまわらない
⑤ 糖質制限はやり過ぎないことが最大のポイント

糖質制限とダイエットや薄毛の関係については、専門家の間でも賛否両論のようです。

ライザップのような肉体改造を目的とした糖質制限は期間限定で行うものであり、専門家による体調管理が行わなわれているため、指導をきちんと守っていれば薄毛になることはないと思われます。

一方で、一般の人が独学で糖質制限ダイエットを試みるというのは、健康を害するリスクも高く、薄毛を気にしておられる方であれば尚更リスクが高いと言えます。