フケが多すぎると薄毛やハゲになる!フケを増やす原因と対処法

男性の薄毛原因
色の濃い無地の服などを着て外出したとき、また、喪服を着てお通夜やお葬式に出席したとき、気になるのが服の肩に落ちるフケという人は多いようです。フケというとかゆみとセットで扱われることが多いかと思いますが、「フケが大量発生するときは何故頭がかゆいのか?」、「フケってそもそも何なの?」、「フケが増えると何故抜け毛が増えるのか?」などの疑問点を持っておられる方も多いのではないでしょうか?

全く気にならないぐらいフケガほとんど発生しない人もいれば、肩や二の腕をいつも払わなければならないという人もいます。
乾燥した粉のようなフケから湿りけのあるフケに至るまで、頭皮の状態によって発生するフケは様々です。

  • 細かい粉のようなフケ
  • 一目でわかるほどの大きな塊になっているフケ
  • かゆみがほとんどないフケ
  • 人目を気にせず頭に手がいってしまうほどのかゆみを伴うフケ
  • 家の中や仕事場のデスク周りに目立つほどの抜け毛を伴うフケ
  • 自分でもわかるほどの臭いが気になるフケ

フケは漢字で書くと「頭垢」、すなわち、頭に発生する垢ということになりますが、頭皮の表面に存在する角質層の最も外側の角化した古い角質細胞が剥がれたものです。
従って、健康的な人でもフケは発生しますし、頭皮のターンオーバーの周期によって発生頻度は変わりますが、頭皮の状態、シャンプーの頻度によって大きく変化することになります。

フケが黒い服の肩に落ちても目立たないぐらいであれば正常で誰にも起こりうることですが、目立ってたくさん落ちてくるようであればフケが薄毛やハゲを進行させる原因の一つになることもあるので、悪化させることが無いように注意する必要があります。

フケが目立つようになるのは嫌ですよねぇ。結婚式や取引先の接待の時に肩にフケがあると困るんですよね
異性にフケ=不潔と思われてしまうのが困るという人もいます。でも、そういった印象を気にする程度という段階はまだまだ初期的症状で、適切なケアをすることなく放置すると、やがては、かゆみを伴い成長途中の毛髪が抜けてしまい薄毛につながってくる可能性もあります
フケを見つけたら、そうなる前に対処した方が良いということですね
そのためには、フケがどういったものでどうなったら問題になるのかといった周辺情報を知っておく必要があります

 

フケのもとは古くなった角質細胞!

フケは新しい角質細胞によって少しずつ押し上げられてきた頭皮の表面にある角質層の最も外側にある古くなった角質細胞がはがれ落ちた、すなわち、頭皮のターンオーバーによって発生する老廃物です。

お肌と同じで頭皮も一定の周期でターンオーバーを繰り返していますので、古くなった角質層がはがれ落ちるという現象は頭皮の健康・不健康に関係なく発生していますし、その周期はお肌のターンオーバーと連動していると考えて間違いないと思います。

ターンオーバーの周期が長くなる、すなわち、下から押し上げてくる新しい角質細胞の量が減ってくると、古くなった角質細胞がはがれ落ちる速度も遅くなり、表皮が乾燥しやすい状態になります。

そして、ある時、ある程度まとまった量の古くなった角質細胞が剥離するようになるわけですが、頭皮で起こる場合にまとまって落ちる古い角質細胞がフケと呼ばれることになります。。
ちょうど、乾燥肌の方の下腿部に白い粉が吹いたようになるのと同じような現象が、頭皮でも起こっているというわけです。

角質細胞は分裂する元気な細胞ではありませんので、頭皮の表層にある古くなった角質細胞というのはケラチンと呼ばれる髪の毛と同じ成分のたんぱく質が主成分となっていますが、適度な水分を含むことによって皮膚の表面にいる常在菌と呼ばれる微生物の餌となることもありますし、皮脂の分泌量が多い頭皮の場合には皮脂に群がる微生物が異常増殖することによってかゆみや臭いの原因となることもあります。

目立ってないだけでフケはいつでも発生しているのですね
フケと呼んでよいのかどうかは分かりませんが、古い角質層がはがれる現象は日常的に起こっているものです。それが、ある程度まとまって目に見えるようになったものがフケと呼ばれるものではないでしょうか?
適度な水分や皮脂が加わるとかゆみ、臭い、抜け毛の原因となるということですが、汗をかいた日はやたらと頭がかゆくなるというのがフケによるかゆみというやつですね
古い角質層がはがれにくくなることで頭皮が乾燥して敏感になりかゆくなるということもありますが、汗をかいた日などにかゆくなるというのは頭皮の乾燥というよりも常在菌の急激な増加によって起こっていると思われます。どちらも体内の免疫反応によるものですが、適切なケアをしなければ頭皮環境が悪化することで抜け毛の進行を促進することになっていしまいます

 

フケの種類とかゆみの原因

フケは脂性フケと乾性フケの2種類に大別され、フケの種類によって対処の仕方が異なってきますので、自身のフケの状態を把握して、種類に応じた対応ができるようにすることが肝要です。

  • 脂性フケ:毛根が多数存在する頭皮や眉毛では毛穴から分泌される皮脂の総量も多くなり、はがれ落ちるはずの古くなった角質細胞が皮脂と汗で固められて大きくなってから落下してしまう見た目ウェットな状態のフケ
  • 乾性フケ:ターンオーバーの乱れによって本来少量ずつはがれ落ちるはずの古い角質細胞がまとまった状態ではがれ落ちる乾燥したパラパラ落下するフケ

かゆみを伴うフケというのは脂性フケの場合が多いのですが、乾性フケでも古い角質細胞が長期間残留することで頭皮の乾燥が進むことで外部からの刺激に敏感になって、ちょっとした異物の存在でもかゆみが発生する場合もあります。

確かに、手で払うだけで簡単に落ちるフケもあれば、そうでないフケもありますね
どちらももとになっているのは古い角質細胞ですが、 そこに皮脂や汗が加わることで大きな差が出てきます
それがかゆみの発生に関係するというわけですか?
かゆみの発生もそうですが、抜け毛に発展するリスクにも違いが出てきます

 

フケによるかゆみの原因は免疫による炎症反応!

脂性フケでも乾性フケでもかゆみが発生する原因は免疫システムが頭皮に存在する異物を排除するために起こる炎症ですが、脂性フケと乾性フケでは免疫システムが作動する原因が異なっており、かゆみの度合いも異なってきます。

  • 脂性フケによって起こる炎症:頭皮は他のどの部分よりも毛穴が多く大量の皮脂が分泌されており、皮脂を餌として増殖する頭皮の常在菌であるマラセチア(Malassezia)と呼ばれる酵母の仲間が異常に増殖することで起こります。
    また、分解された皮脂とフケを餌に様々な微生物が増殖できるようになりますので、放置することで炎症が悪化し臭いも発生するようになってきます。
  • 乾性フケによって起こる炎症:頭皮の角質層が乱れることによって乾燥しやすくなりますし、乾性フケが発生するような状態では様々な代謝能力の低下も考えられますので、セラミドやヒアルロン酸などの保湿成分の不足による乾燥が起こる可能性があります。
    乾燥によってバリア機能が低下した頭皮は過敏な状態で、外部から飛来する花粉や通常レベルの常在菌に対しても免疫システムが作用して炎症が起こる可能性があります。

脂性フケでも乾性フケでも炎症によるかゆみという点では共通しているものがありますが、急激に増殖する微生物の影響でかゆくなる脂性フケでは免疫システムも活発に活動することになり、かゆみも強くなります。

乾燥している冬場よりも汗をかきやすい夏場の方が頭のかゆみが激しいですし、冬場でも鍋を食べて汗をかいたときは頭が異常にかゆくなることがあります
発汗が起こっているということは血流が活発になっていますので皮脂の分泌も活発になって、乾性フケから脂性フケに移行していることが考えられます。また、頭皮の温度が上昇して微生物が増殖しやすい環境になっているということもプラス要因ですね
汗をかいた後なんかは、「いけない」と分かっていても、ついついかいてしまうんですよね
かゆい部分をかくことで少しはおさまるかもしれませんが、かくことによって頭皮に傷がついて栄養が豊富な血液がにじみ出るとますます微生物が増殖して炎症がさらに悪化してしまいます
シャンプーして洗い流すとかゆみがおさまるのは、かゆみを引き起こている汚れや微生物が流されるからですか?
一時的にはそれでフケによるかゆみはおさまりますが、傷ついた皮膚が治ったわけではなく微生物が増殖しやすい状態になっているため、再び頭皮環境が悪化してフケが発生しやすい状態になってしまいます
だから、育毛シャンプー育毛剤には頭皮を保護するための保水成分やかゆみを抑える抗炎症作用のある成分が配合されているのですね。
それはそうと、頭がかゆくてかいていると机の上や床に大量の抜け毛がフケとともに落下してきますし、シャンプーでかゆみはおさまっても排水口に抜け毛が大量にあることも多くなりますが、フケと抜け毛の関係も炎症が関係しているのでしょうか?
フケがらみの脱毛症としては脂漏性脱毛症と粃糠性脱毛症の2種類があり、両者は併発するケースが多いということです

 

フケが脱毛症に発展するメカニズム

フケも皮脂も日常的に発生するものであり、普通にケアしていればそれだけで抜け毛に発展するというわけではありません。

ところが、脂性フケにしても乾性フケにしても炎症を起こすような状態になるまでケアすることなく放置していると抜け毛の原因となることがあり、それが脂漏性脱毛症と粃糠性脱毛症と呼ばれる抜け毛です。

 

脂性フケと薄毛の関係は?脂漏性皮膚炎が抜け毛を拡大する!

脂漏性脱毛症は皮脂の過剰分泌によって毛穴を中心に炎症が起こることによって髪の毛が抜けてしまうという抜け毛のことで、皮脂を餌とするマラセチアなどの頭皮の常在菌が関与する脱毛症です。
初期では皮脂の過剰分泌が発生している毛穴周辺だけで起こりますが、放置すると炎症を起こした毛穴を中心に炎症が拡大した脂漏性皮膚炎と呼ばれる状態になり、炎症に巻き込まれた近隣の毛穴でも抜け毛が発生することになります。
脂漏性脱毛症とフケというのは直接的な関係はありませんが、皮脂の過剰分泌は脂性フケの要因でもありますので、皮脂で固められた大きなフケが発生している頭皮環境では脂漏性脱毛症が起こりやすい環境にあります。

脂漏性脱毛症については以下の関連記事で解説させていただいておりますので、そちらも参考にしていただければと思います。

関連記事:脂漏性脱毛症とは?原因症状と対策について

 

乾性フケと薄毛の関係とは?皮脂が絡むと抜け毛が拡大

フケが何らかの要因で毛穴を塞いでしまうことによって毛穴の内部が炎症を起こして、毛髪を伸長させるはずの毛乳頭細胞が機能を発揮できなくなったために起こる抜け毛が粃糠性脱毛症と呼ばれる病気です。

乾性フケの場合、初期段階の白っぽい細かなフケが頭髪全体に広がっているような状態では毛穴を塞ぐようなことは無いと思われます。

しかし、下記の写真にあるように、カサブタのような形状で固まってはがれ落ちるような状態になるまで放置すると、毛穴を塞いでしまい、毛穴の内部に嫌気性の微生物が増殖し炎症を起こし髪の毛が成長できなくなって抜け落ちる粃糠性脱毛症と呼ばれる抜け毛が発生することになります。

また、乾性フケが発生するような頭皮の状態は頭皮の弾力性を維持するコラーゲンやエラスチンといったたんぱく質やセラミドやヒアルロン酸といった保湿成分も不足気味となり、先に申し上げたように、乾燥して柔軟性の低下した頭皮は炎症を起こしやすい状態になっています。

加えて、発汗などによって一時的に皮脂の分泌が活発になるとフケが皮脂や汗を吸い込んで脂漏性皮膚炎へと発展して、抜け毛が加速される可能性もあります。

粃糠性脱毛症の詳細については以下の関連記事にてご紹介させていただいておりますので、そちらも参考にしていただければと思います。

関連記事:粃糠性脱毛症とは?フケ症とは違うの?原因と治療法は?

フケが発生している状態というのは、乾いた粉上のフケであろうが湿った大きめのフケであろうが、放置すると抜け毛につながるということがよく分かりました
皮脂の影響が先に出るのか後に出るのかの違いで、フケが悪化すると同じような状態になってしまうということです
となると、フケによる抜け毛を防ぐためには早めの対処が大切で、フケの発生を抑えるケアに加えて皮脂の異常分泌を抑えることも大切になってくるということですね

 

フケを増やす4つの原因と対処法

頭皮が正常なターンオーバー周期であっても古い角質細胞は下から押し上げてくる新しい角質細胞と置き換わるようにはがれ落ちています。
ところが、頭皮は普通の皮膚と同じで、食生活やホルモンバランスの乱れなどによって新しい細胞の増殖速度が低下し、ターンオーバーの周期が長くなるということがあり、古くなった角質細胞を押し出す力が低下することによって皮膚の表層にある角質細胞が死んだ古いものばかりになってしまいます。
ある程度溜まった古い角質細胞はかさぶたの様な形で突然剥がれ落ちる、すなわち、発生するフケのサイズが大きく目立つようになるというわけです。

実際には、表層にある古い角質細胞が剥離するようになる要因は新しい角質細胞が生み出される速度によるものだけではなく、本来はがれることなく残っているはずの表層の角質細胞が脱落して発生するフケも存在します。

フケが発生する要因

  • ターンオーバーの乱れに伴い古い角質細胞が剥離されずに溜まってしまう角化
  • 角質層の乱れに伴う頭皮の乾燥
  • 紫外線の影響で起こる角質細胞をつないでいる細胞間脂質の破壊
  • アレルギー性皮膚炎などの炎症を伴う皮膚疾患

ターンオーバーの乱れで起こる角化した細胞の蓄積と角質層そのものが崩れてバリア機能が低下することによる乾燥が主な要因となっているようですが、このことからも分かるように、充分な保湿をすることが大切になってきます。

さらに、既に炎症が起こっていてかゆみが発生しているようなケースでは、過剰な皮脂を洗い流して、現在起こっている炎症を抑え、新たに炎症を起こす可能性のある要因を排除することがフケ症の悪化に伴う抜け毛を予防する上で重要になってきます。

この結論からすると、まさしく、育毛シャンプー育毛剤に配合されている成分がぴったり当てはまりますね
育毛シャンプーや育毛剤を科学的に考えれば、特殊な成分は別として、抗炎症、保湿、抗酸化、抗菌などは必須成分であり、どんな成分を選択し、どんな配合比で組み合わせるかというのが各社の特性となってくるというわけです
育毛シャンプーでは、頭皮に刺激の少ないアミノ酸系洗浄剤を用いて、余分な皮脂を確実に除きながら必要な皮脂を残すと言われますが、それはどういうことなのでしょうか?
その質問の答えとしては、皮脂の分泌が増加してしまう原因を知る必要があります

 

皮脂のことを知り、フケによる抜け毛を防ぎましょう!

フケから抜け毛に進行する上ではフケは悪者のように考える人もおられるようですが、皮脂は皮脂膜といって頭皮の表層をカバーして水分の蒸発を保護したり、異物や雑菌の侵入を防ぐ働きもあります。
従って、過剰に存在する皮脂は炎症を引き起こし抜け毛の原因となりますが、逆に、過剰なシャンプーや強い洗浄剤で皮脂を取りすぎることも頭皮の乾燥を引き起こしてしまいますのでNGということになります。

以上のことが、過剰に発生してしまった皮脂は、過剰な分だけ取り除くことができるアミノ酸系洗浄剤を中心としたシャンプーが理想的である大きな理由になります。
もちろん、炎症を起こしている頭皮を刺激するような洗浄剤や成分もNGですので、洗浄力の強い硫酸系洗浄剤や石油系界面活性剤や着色料などの余分な成分の無添加というのも育毛シャンプーに多くなっています。

まさしく、育毛シャンプーの基本形を教えてもらったような気分です。でも、過剰に皮脂が発生するということにも原因があるのですよねぇ?
そうですね。皮脂の過剰分泌を抑えることでフケや抜け毛のリスクも軽減できることになります

 

皮脂が増加してしまう原因と対策

皮脂を構成する脂肪分はグリセリン脂肪酸エステルと呼ばれる油でありながら水にも馴染むことができる物質であり、人の細胞が代謝してつくるわけですから、体脂肪とよく似た物質が含まれています。
従って、動物性脂肪や糖質を過剰に摂取しながら運動不足になれば、体脂肪だけでなく皮脂も増加する可能性が高くなりますので、毛穴からの皮脂の分泌を少なくするためにはある程度の脂肪、糖質を控えた食生活を送るのも一つの手段です。

しかしながら、体脂肪が少なくメタボ体質でもないのに皮脂が増加するという意外な要因もあります。

皮脂が増加する意外な原因

  • 過剰なシャンプー:頻繁なシャンプーや強い界面活性剤で皮脂を除去しすぎると頭皮が乾燥して抜け毛が起こりやすいということはほとんどの方がご存知ですが、不足した皮脂を早急に補うために過剰に皮脂が分泌されるということもあります。
  • ストレス:皮脂の分泌は自律神経によってコントロールされていますので、自律神経のバランスを乱すようなストレスや睡眠不足によって皮脂の分泌が急増してしまうことがあります。
  • 男性型脱毛症(AGA):AGAの原因物質であるジヒドロテストステロン(DHT)には皮脂の分泌を活発にする作用もあり、AGAを発症している人は皮脂の増加によって抜け毛が進行するという可能性もあるということになります。

日常的なストレスやDHTの増加については急にどうにかできるものではありませんが、シャンプーのやり過ぎは着手しやすいと思います。

DHTはAGAで薄毛になる上、皮脂の増加で抜け毛が起こりやすくなるとはダブルショックですね
DHTの増加は遺伝的な因子もありますし、加齢に伴って増加するというのもある程度は仕方ありませんが、食生活の見直しと合わせて必要以上のシャンプーを避けることは比較的簡単です。ただし、汚れをしっかり落とせなければ現状よりも悪くなる可能性もありますので、シャンプー後の保湿や頭皮ケアは注意が必要です

 

フケが薄毛の原因となる理由のまとめ

フケは頭皮の表面に存在する古くなった角質細胞がまとまって剥離されたもので、頭皮の状態が乾燥しているのか脂ぎっているのかによって乾性フケと脂性フケの二つに大別されます。
しかしながら、乾性フケでも脂性フケでも、フケがかゆみを伴い抜け毛の原因となるケースには人の体に存在する免疫システムによる炎症反応が頭皮環境を悪化させることが大きく影響しています。

フケの予防には汚れを落とすシャンプーは大切ですが、必要以上に皮脂を落とし過ぎないようにすることが大切であり、かゆみを伴うときには抗炎症、保湿、抗酸化成分が配合された頭皮への刺激が少ない育毛シャンプーを使用した方が良いと考えられます。
また、皮脂の過剰分泌を抑えるために、食生活を見直すことも大切です。

以下の記事でご紹介させていただいたシャンプーを使わない湯シャンというのもフケの予防には有効かもしれません。

関連記事:芸能人が実施している話題の湯シャン!薄毛に効果はある?正しい方法は?

また、脱脂力の強いシャンプーではなくアミノ酸をベースとした頭皮に優しいシャンプーを使う方法もあります。詳しくは以下のページに纏めていますので、併せてご参考下さい。

関連記事:育毛シャンプーおすすめ比較ランキング【2018年】薄毛解消した口コミ評価体験談

コメント

タイトルとURLをコピーしました