育毛シャンプーの説明を見ると皮脂は頭皮の保湿の貢献している大切な成分ですので皮脂を落としすぎないようと解説されていると思えば、洗髪して十分に皮脂を落とさなければ汚れが溜まって抜け毛が増えると説明しているサイトもあります。一体、どうすれば良いのでしょうか?皮脂が原因で頭皮が乾燥したり抜け毛になったりすることがあるのかどうかを検証してみましょう

皮脂は毛穴の中間にある皮脂腺に存在する皮脂線細胞が合成して溜め込んだ物質が細胞の崩壊とともに皮脂腺内に蓄えられた、言わば、細胞の死骸の塊のような物質です。
皮脂を構成する脂肪分はグリセリン脂肪酸エステルと呼ばれるでありながら水にも馴染むことができる物質であり、「脂肪酸」という部分には、人の細胞が代謝してつくるわけですから、体脂肪とよく似た物質が含まれています。

皮脂腺から分泌された皮脂は伸長する毛髪の周りをコーティングするとともに、毛穴から外に出て汗腺から分泌される汗と混ざって皮脂膜を構成します。

以上のように、皮脂は毛髪や頭皮とは切っても切れない縁のある生体成分であり、グリセリン脂肪酸エステルという皮脂の主成分の物理的な性質と化学的な性質が良くも悪くも頭皮環境や育毛環境に大きな影響を与えることになります。

そう言えば、ニキビは毛穴に溜まった皮脂を餌にアクネ菌が増殖して起こるようなことを聞いたことがありますが、これは皮脂の悪い部分ということですか?
そうですね。皮脂が過剰に分泌されることで毛穴が詰まってしまって起こるのがニキビですが、皮脂による抜け毛というのもニキビと似たようなところがあります
皮脂は油ですからベタベタしていて髪の毛や頭皮に汚れがつきやすいし、やっぱり皮脂は悪い要素の方が強そうですね
そういうわけではないのですよ。皮脂が無ければ頭皮が可能して抜け毛の原因になることもありますし、毛髪の乾燥も切れ毛や枝毛の原因になることもありますし、静電気によってまとまりが悪くなるということもあります
多くても少なくても抜け毛や薄毛の原因になるのであれば、皮脂に関する情報・知識を充実させて、抜け毛を防ぐための正しい皮脂ケアが大切になりそうです

 

頭皮と毛髪を守る皮脂の働き!過剰な皮脂は頭皮を悪化させることも?!

 

冒頭で、毛穴から分泌された皮脂は汗と混ざって頭皮全体に広がり皮脂膜を形成するとお話しさせていただきましたが、薄い皮脂膜が頭皮や毛髪を覆っていることで頭皮や毛髪の内部から蒸発する水分を最小限に抑え、頭皮と毛髪に潤いを与えるという重要な役割を担っています。

また、頭皮に存在する皮脂を分解・代謝できる常在菌によって皮脂の主成分であるグリセリン脂肪酸エステルが脂肪酸に分解され、頭皮の表面を弱酸性にして病原菌などの中性を好む細菌の増殖を抑える機能も持つことになります。

他方、皮脂を餌とする常在菌が過剰に増殖する、すなわち、餌である皮脂の分泌が過剰になると、増えすぎた微生物を抑えるために免疫システムが作動して頭皮の炎症を起こし頭がかゆくなることにつながります。これが、脂漏性皮膚炎です。

また、べっとりしている皮脂が膜状に頭皮や毛髪をコーティングしていることで、空気中を漂っている汚れが付着することにつながり、それらを餌にさらに微生物が増殖して炎症が進むとともに悪臭が発生してしまう原因になってしまいます。

参照元:ウィッキペディア 皮脂
https://ja.wikipedia.org/wiki/皮脂

なるほど、それで、良くも悪くも頭皮や毛髪の環境に大きな影響を与えるということですね
皮脂が多いという人は髪の毛がべたつくしかゆみや臭いの原因になるので皮脂を悪者のように思っている人も多いのですが、お肌と同じで、皮脂が少ない人の頭皮や毛髪は乾燥しやすく頭皮の潤いだけでなくハリツヤにも悪影響を与え、ひいては、抜け毛につながることもあります
なるほど、適正な量の皮脂は頭皮と毛髪を守るし、少なすぎても頭皮や毛髪の乾燥によって環境が悪化してしまうということですね。でも、切れ毛や枝毛は脱毛症というほと大げさなものではなさそうですし、頭皮の乾燥による脱毛というのも別の要因との組み合わせですよね?
そうです。先に説明させていただいた抜け毛は皮脂が直接引き起こす脱毛症ではありません。実は、過剰に分泌される皮脂によって起こる脂漏性脱毛症という症状があり、それがニキビができるメカニズムと似ているというわけです

 

皮脂が毛穴を塞ぐことで起こる脂漏性脱毛症?

頭皮や毛髪が汚れて頭がかゆくなってしまうほどシャンプーの頻度が低いためにおこる抜け毛というのは一時的なもので、汚れを落とし頭皮の炎症を抑える成分や保護する成分を含む育毛シャンプーでケアすることで、炎症が治まれば抜け毛は次第に減少してきます。

しかしながら、皮脂の過剰分泌によって毛穴が塞がれて毛穴の表面で炎症が起こり、それが毛穴の奥まで拡がって毛包の機能が邪魔されて起こる抜け毛が発生する脂漏性脱毛症では、毛穴の奥まで過剰な皮脂を除くような洗浄は困難です。

仮に皮脂が除けたとしても、後から後から分泌される皮脂を抑える、すなわち、根本的な原因である皮脂の過剰分泌を抑えない限り抜け毛は続きます。
似たような症状に粃糠性脱毛症という症状がありますが、粃糠性脱毛症は毛穴を塞いでいるのが古くなって剥がれた角質細胞であり、毛穴の表面で起こる炎症が毛包環境を悪化させて抜け毛が発生するというのは同じです。

粃糠性脱毛症については本サイトでも以下の記事で詳細を解説させていただいておりますので、そちらの方も併せてご覧になればより分かりやすいかと思います。

参照元

粃糠性脱毛症とは?フケ症とは違うの?原因と治療法は?

ニキビと似ている脱毛症というのが脂漏性脱毛症のことですか?
そうです。過剰に分泌される皮脂によって毛穴が詰まってしまうニキビと原因が同じということです

 

脂漏性脱毛症とニキビの違いは?脂漏性脱毛症の症状とは?

脂漏性脱毛症とニキビは同じように皮脂が毛穴に詰まって起こりますが、脂漏性脱毛症は毛穴の表面で酸素があっても無くても増殖できるマラセチアという真菌が炎症の原因となって起こります。

一方、ニキビは毛穴の奥で増殖する酸素が無い場所を好むアクネ菌という嫌気性細菌が原因で起こる炎症です。
実際には、ニキビの表面ではマラセチア菌の増殖が起こっている可能性が高く、表面ではマラセチア菌の増殖もあるとは思われます。
しかし、アクネ菌によって起こる炎症が毛根に影響を与えるため、徐々に毛根に影響を与える脂漏性脱毛症よりも素早く抜け毛に至ることになります。

また、脂漏性脱毛症では毛穴の表面近くが詰まるだけでも発生する可能性がありますので、頭ニキビができるような皮脂の分泌量であるのであれば、頭ニキビよりも早い段階でマラセチアの増殖が起こってきていることは予想されます。

皮脂の分泌には性ホルモンが深く関わっており思春期の若者の方が罹患するリスクは高くなるということになりますが、体脂肪率が高いメタボ体質の方は生活習慣も含めて脂肪が増加しやすい状況ですので、生活習慣の乱れがちな男性に罹患する可能性が高くなります。
但し、脂漏性脱毛症の罹患者自体が少なく、脱毛症に悩む人の約1%ほどであると言われています。

 

脂漏性湿疹の症状

脂漏性脱毛症を発症するケースでは脂漏性皮膚炎も起こっている可能性があり、頭皮はいつもベタベタしていて、肉眼でも皮脂が毛穴を塞いでいるのが分かるほどになります。

皮脂が毛穴に詰まり炎症が始まっている状態ではかゆみがある程度ですが、抜け毛が始まる状態になると炎症は毛穴の奥の方まで進み、発生部位の局所的なかゆみがどんどん酷くなり痛みを伴う状態になっていると予想されます。
悪化すると皮脂の分泌もととなる毛穴を中心に炎症が拡がり、広範囲にわたって痛みや痒みを伴う脂漏性皮膚炎へと進展していくことになります。

脂漏性皮膚炎を発症した頭皮では、かゆみとともに、肌触りがカサカサしてきて、症状が進行するにつれてフケやかさぶたを生じるようになります。
さらに、症状が進むと炎症を起こしている頭皮から黄色っぽい液体がにじむようになり、最終的に薄毛を促す状態になります。

 

脂漏性脱毛症の治療と対策

脂漏性脱毛症が既に発症している場合には、毛穴の奥深くまで炎症が進んでいることが予想されます。
病院を受診して脂漏性脱毛症と診断されたときには、現在起こっている炎症と炎症の原因となっているマラセチアを抑えるために、外用の抗ヒスタミン剤や抗真菌剤が処方されます。

しかし、本当の意味での脂漏性脱毛症の対策は、毛穴を塞いでいる皮脂の分泌量を正常な状態に戻すことが必要になります。

おススメの脂漏性脱毛症対策

  • アミノ酸系の洗浄成分を使った育毛シャンプーを使用し、毛穴に詰まった皮脂を絞り出すように頭皮マッサージをしながら洗浄する
  • バランスの取れた栄養摂取と適度な有酸素運動により代謝を活発にすることで皮脂が過剰になる生活習慣を改善する
  • 皮脂のもととなる脂肪の摂取をできるだけさけて、野菜も食べるようにする

体脂肪と皮脂の合成というのはよく似ており、皮脂が過剰に分泌される状況というのは体脂肪がたまりやすい、すなわち、メタボを誘発するような食生活の乱れや運動不足が脂漏性脱毛症を引き起こすということです。
対策としてはダイエットと同じようなことになってきますし、ダイエットと違うところといえば、余分な皮脂を落とし常在菌を正常な状態に戻すことが加わるという点です。

また、思春期に伴う性ホルモンのバランス変化による皮脂の増加による脂漏性脱毛症であれば、対策はニキビと似たようなことになりますので、先に示したおススメの脂漏性脱毛症対策は有効であると考えられます。

アミノ酸系の穏やかな洗浄を配慮した育毛シャンプーを使用するにあたっては、マラセチアの増殖を抑えることができる、すなわち、抗真菌力のあるミコナゾール硝酸塩配合のシャンプーであるコラージュフルフルネクストというシャンプーは特におススメです。
育毛シャンプーやコラージュフルフルネクストについては、当サイトでも以下の関連記事で詳細に解説しておりますので、そちらを参照していただければと思います。

関連記事

コラージュフルフルネクストでフケ原因菌を防ぐことができるのか?

関連記事

育毛剤おすすめ比較ランキング【2018年】薬剤師の成分評価と効果があった口コミ評価体験談

過剰に分泌される皮脂を抑えるような生活習慣と頭皮ケアがポイントということで、中高年の方は体脂肪の減少を心掛けていれば脂漏性脱毛症の心配はなさそうです
ニキビが気になる人はニキビのケアで洗顔を念入りにする際に、頭皮のケアも同時に行うようにした方が良いということです
ホルモンバランスも影響する可能性があるということですので、ストレス対策も大切そうです