皆さんは頭皮の匂い(香り?)と、薄毛の関係をご存知でしょうか。

ネットの情報では頭皮が臭いとはげる、などといった情報も見かけます。実際、頭皮が臭えば薄毛になるのでしょうか。

全くの無関係とは言えませんが、基本的に頭皮が臭うから薄毛になるのではありません。

薄毛になるような頭皮環境だから、異臭を発するのです。

例えるなら「部屋が臭いからゴキブリが出る」ではなく「臭いを発する生ごみなどがあるから出る」という感じになります。

つまり原因は匂いではなく、匂いを発する物質がある頭皮環境なのです。

そこで今回は頭皮の匂いと、薄毛の関係性についてお話して行きましょう。

 

頭皮が匂うと薄毛になる?

そもそも頭皮が匂う要因は頭皮に残っている皮脂などです。皮脂が日々の洗髪では洗い落とせておらず残留して細菌が増殖、結果として異臭を発します。

頭皮や毛穴に細菌が増えていけば、当然薄毛や髪のダメージにつながっていくでしょう。

これが、頭皮が匂うと薄毛になると言われるメカニズムです。

また頭皮や毛穴には皮脂の他にも、フケやシャンプー・整髪剤の洗い残しがカスとして蓄積されていきます。

これらが長期間洗い落とされず酸化して、他人でも感知できるレベルの異臭を発するようになるのです。

まず対策として、毎日の洗髪を念入りに行うようにしましょう。ただし強く洗うだけでは頭皮や髪の毛に負担を与えるだけです。

シャンプー前のお湯洗いをじっくりとおこない、頭皮マッサージなどをしながら時間をかけて行うと良いでしょう。

これだけでも頭皮の汚れを落とすことができます。

資金に余裕があるのであれば、頭皮マッサージ効果や毛穴洗浄効果のあるシャワーヘッドなどを導入してみても良いと思います。いきつけの美容室などがあれば詳しく教えてもらえるでしょう。

細菌を増やさないためには

洗髪をじっくり行う以外にも頭皮の細菌を抑制する方法はあります。ひとまず方法だけを挙げると以下の通りです。

  • ・入浴後、髪の毛をしっかりと乾かす
  • ・枕やバスタオルを清潔に保つ

この他、トリートメントオイルなどで髪へのケアも行えば、サラサラヘアーを手に入れることができます。洗髪後、髪の毛が濡れたままでいると頭皮が乾燥してしまうだけでなく、細菌が増殖しやすい環境が頭皮にできてしまうのです。

入浴後はタオルである程度水分を拭き取り、ドライヤーで髪の根元からしっかりと乾かすようにしましょう。

またバスタオルや枕も細菌が繁殖しやすい場所です。

一度使ったバスタオルは雑菌がうじゃうじゃいるので、必ず新しいものを使うようにしてください。枕は定期的に丸洗い、あるいは殺菌・消毒するようにしましょう。

この2つの項目を意識するだけでも、頭皮の異臭を抑えることができます。

 

まとめ・食事も気を付けて!

補足として、普段の食生活でも肉やファーストフードなどの脂肪分が高いものは避けるようにした方が良いです。

油が中心の食事だと、その分皮脂も余計に分泌されてしまいます。これは頭皮に限らず、健康のためにも意識すべきことでしょう。

AGAなどが原因の場合は別ですが、頭皮環境や食生活が問題の薄毛は今回お話したようなことが要因になっています。

意識しながら行うのは大変かもしれませんが、時間をかけて取り組めば少ならず効果は出てくるしょう。

さっそく改善して、フサフサのいい香りがする髪の毛を手に入れましょう!