男性型脱毛症(Androgenetic Alopecia : AGA 以下AGA)は頭頂部や前頭部が薄くなるタイプの抜け毛です。

昔も今も3人に1人がAGAにかかるといわれ、若ければ20歳頃から発症しますが、その割合は年代と共に増えて40代では約30%にまで至ります。

この記事ではAGAの特徴やを色々な事例を交えて解説しています。なお、調査の結果、数十年前も現在もAGAの発症率は同率だったようです。

毛髪への男性ホルモンの作用

AGAは男性ホルモンが発育を抑える作用を髪に与えることで生じます。

ここでは、そのメカニズムを順を追って解説します。

男性ホルモンがAGAの原因になる仕組み

男性ホルモンであるテストステロンは、血液を介して細胞内に入っていきます。

そこで5α-リダクターゼという酵素の作用でジヒドロテストステロン(DHT)に変わります。

これが男性ホルモン受容体にくっついて、細胞の核の中に入っていきます。その後、標的遺伝子のプロモーター*にくっついて、たん白質を誘導し色んな働きを始めます。

(*プロモーター:遺伝学の専門用語。DNAからRNAを作る転写の開始に関与するDNA上の領域)

何故、テストステロンがDHTに変わる必要があるのかというと、DHTに変わることで男性ホルモン受容体との結合力が、10倍以上高まるからです。

その男性ホルモン受容体はどこにあるのかと言えば、前述した間葉系の毛乳頭細胞にあります。ビタミンDなどが存在する上皮系の毛母細胞には存在しません。

そして、男性ホルモンの受容体とテストステロンが結ぶつき、髪の発育を抑えることで薄毛が進みます

男性ホルモンの受容体が存在する毛乳頭細胞は限られていて、「前頭部」「頭頂部」「髭」「腋毛」「陰毛」などにあります。

面白いことに後頭部の毛乳頭細胞には存在していない、つまり男性ホルモンの影響を受けません

前頭部や頭頂部はハゲていても、後頭部の毛はまだ残っている人が多い理由です。

ちなみに、5α-リダクターゼは、タイプⅠとタイプⅡがあります。

 

前者は人間の色んな組織、細胞にありますが、後者は精嚢、前立腺、外陰部など、限定された部分にしかありません。

その後、研究が進み、後者、タイプⅡが前頭部や髭などの毛乳頭細胞にもあることがわかりました。

女性の場合、思春期頃から濃くなっていく腋毛の毛乳頭細胞にある5α-リダクターゼはタイプⅠだけが存在しています。

男性ホルモンの影響を受ける部位は年齢によって変化する

男女問わず、思春期になると、男性ホルモンの影響を受ける部位の毛の周期が変化してきます。

つまり、全身の毛が男性ホルモンの影響を受けるのではなく、男性ホルモンの刺激を受ける部分は限定されています。

男性は幼少の頃は、髭も胸毛は軟毛ですが、思春期になると、硬毛になり、目立ってきます。これが男性ホルモンの働きなのです。

因みに女性と男性ホルモンの関係はどうなっているでしょうか?

女性は思春期になっても顔の毛や胸の毛は軟毛のままですが、陰毛や腋毛は男性ホルモンの影響を受け、硬毛になって行きます。これは男女共に同じです。

毛の周期に影響を与えるのは男性ホルモンだけではありません。ビタミンD、糖質コルチコイド、甲状腺ホルモンもそうですが、男性ホルモンとは作用する場所が違います。

男性ホルモンは間葉系(カンヨウケイ)細胞にのみ作用、男性ホルモン以外は主に毛皮の上皮細胞に作用します。

 

サルもAGAになる。去勢された人はどうなるのか?

usuge-basic_2

AGAの原因は男性ホルモンによる刺激です。

薄毛で悩むのは人だけと思われがちですが、実は動物も同じです。例えば、東アジアに棲息するベニガオザルは、AGAを発症します。

面白い事例ですが、1930年代にアメリカの化学者J・B・ハミルトンは、AGAの発症に男性ホルモンが関与していることを証明しました。

彼は思春期頃、去勢された人に男性ホルモンを投与してみました。

この人達の中で、近親者にAGAを発症した人がいた場合、男性ホルモンの投与で脱毛が始まりました。

その一方、去勢された時点ですでに脱毛が進行していた場合、去勢実行後は進行がストップしました。

しかし、男性ホルモンの投与で再び、脱毛が始まりました。

古来中国の宦官はハゲていなかったかも知れませんね。三国志にはそんな話は出てこないので不明ですが(笑)

 

AGA治療につながる発症メカニズムの解明

AGAを発症する人の男性ホルモンは頭の毛に対しては発育を抑えますが、一方で髭や腋の毛の発育を促します。

このメカニズムはどのようにして行われるのでしょうか?

成長因子と抑制因子の共存

思春期頃に男性ホルモンが増えていきます。髭の成長ホルモンをたっぷり含んだ毛乳頭細胞からIGF-Ⅰという成長因子が作られてきます。

このIGF-1が角化細胞に作用し、髭が増毛していきます。

その一方で、前頭部などでは成長ホルモンが増え、毛乳頭細胞からTGF–β1という抑制因子が作られます。

これは成長因子とは逆に角化細胞の増殖を抑えたり、細胞の死と言われるアボトーシスを起こさせたりします。

この抑制因子をマウスに投与すると、脱毛が起こったそうです。

以上のことからAGAの発症には、毛乳頭細胞の中にある男性ホルモンによって文泌されるTGF-β1という抑制因子がキーポイントだということがわかったのです。

メカニズムがわかれば次は当然、治療薬の開発ということになります。

 

白髪の人はハゲないと言うけど本当?AGAにならないの?

白髪の人はハゲないと、本当によく言います。

どういうわけか、世間では特に男性の場合、脱毛症のタイプと白髪のタイプに大別されています。実際、見た目でも白髪の男性は髪がフサフサしているように見えます。

今は死語になっているかもしれませんが、「ロマンスグレー」という言葉がありました。作家の五木寛之氏のフサフサしたロマンスグレーの髪は見事で、あのような髪に憧れた男性も多かったと聞きます。

ロマンスグレーは、白髪混じりで髪がフサフサしたステキな中年男子の褒め言葉でもありました。

では、医学的に言うと、どういうことなのでしょうか?

白髪になったとしても、髪がフサフサであって、ハゲていないないということは、男性型脱毛症になってはいないということになります。

予測になりますが、その男性は遺伝的に「ハゲない」と考えられます。

つまり、基本的に白髪であるかどうかとハゲであるかどうかはあまり関係ないということになります。

若白髪という言葉もありますが、確かにこの様な男性は大半の方がハゲでいません。医学的に言えば、まだ男性脱毛症になる年齢に達していないうちから、白髪が出てきてしまったと考えられます

しかし、年齢が進み、白髪とは無関係に、やはり、遺伝的素因、その他の因子によって男性型脱毛症になる人は、なります。

ただ、白髪の色が皮膚の色に近いということで、ハゲが黒髪よりも目立ちにくいという点はあります。

もしかすると、白髪の毛根の毛乳頭細胞が黒髪よりも男性ルモンの影響を受けにくいのかもしれない……などとも考えたりしますが、まだそこまで解明されていません。