抜け毛は男性にとって深刻な問題ですが、抜け毛にもいろいろな種類があります。

その中でも粃糠性脱毛症は割合的に少ないと言われている脱毛症です。

粃糠性脱毛症がどのような原因で発症するのか、その症状・改善法なども合わせてまとめてみました。

粃糠性脱毛症の主な原因は?

粃糠性脱毛症とは、フケや皮脂などの老廃物が毛根の回りを塞いでしまい、そこに頭皮に存在している常在菌の異常繁殖が起こり、毛根が炎症を起こし脱毛に至る症状です。

「粃糠」という言葉は、本来は「役に立たないもの(しいな、ぬか)」ですが、粃糠性脱毛症においては頭皮が糠のようにボロボロ落ちる様子から命名されています。

つまり、粃糠性脱毛症の原因は「フケ」なのです。大量に発生したフケが毛穴を塞いでしまい、毛穴の中に皮脂が詰まってしまいます。

そこに、皮脂を餌としているマラセチアが大量に増殖し、代謝物である「遊離脂肪酸」という、皮膚にとって刺激となる物質を作り出します。

これが炎症の原因となり、抜け毛を促してしまうのが粃糠性脱毛症です。

似たような症状に「脂漏性脱毛症」がありますが、これは皮脂の過剰分泌が原因でり、粃糠性脱毛症とは別の病気です。

ただし、両者が併発する可能性は高いです。とは言え、粃糠性脱毛症も脂漏性脱毛症も発症率は脱毛症全体から見れば少ない方で、珍しい病気でもあります。

 

その他の原因は?

また、ホルモンバランスの乱れや、免疫低下などが大きく関係しているとも考えられています。

ホルモンバランスの乱れによる抜け毛は以下の記事で解説しています。

関連記事:内分泌疾患・下垂体疾患などのホルモンの異常による病気と抜け毛との関係

 

一般的に使われているシャンプーも、頭皮アレルギーになる要因の1つと考えられています。

合成界面活性剤をはじめ、化学薬品でできたシャンプーなどの長期使用による弊害も要因の1つではないかという説もあります。

また要因は1つではなく、さまざまな要因が重なって起こったり、逆に重ならなければ起こらないものだったりするのかも知れません。

 

フケ=不潔ではない

フケが大量に発生する状況を、人は「頭を洗っていない不潔な人」と捉えることが多いです。

確かに、頭をきちんと洗っていないとフケは発生します。

しかし、フケが発生するからといって不潔かどうかは別なのです。

実は、頭を洗っていない程度のフケの発生では粃糠性脱毛症は起こらないのです。

もしその程度で発症するのであれば、粃糠性脱毛症はもっとメジャーな病気となっていたでしょう。

また、一般的に知られている「フケ症」もフケを発生させますが、これも粃糠性脱毛症を発症するほどのものではありません。

粃糠性脱毛症の原因となるフケは、それらとは次元が異なるほど大量にフケが発生した状態ですが、その原因は「角質異常」です。

根本的なメカニズムは未だ解明されていませんが、ホルモンバランスの乱れやストレスによる自律神経の乱れなどが原因であるとされています。

これによって頭皮の角質のターンオーバーが過剰な速度で起こり、その代謝物として大量のフケを伴うようになるのです。

つまり、不潔とは一切関係がないのです。むしろ、潔癖症で頭皮が気になって仕方がないような人ほどストレスによる自律神経の乱れを起こし、粃糠性脱毛症を患いやすくなると言えます。

 

非構成脱毛症の治療と対策

まず、粃糠性脱毛症による脱毛は頭皮の炎症が原因なので、炎症に対してステロイドを、炎症の原因となるマラセチアに対して抗真菌薬を用います。

しかし、これで完結するわけではありません。粃糠性脱毛症のそもそもの原因は角質異常によるフケの発生です。

なので、このままでは再発する可能性が高いです。

まず、ストレスを溜めないように心がけます。

ストレスは自律神経を乱し角質異常を誘発しますので、まずはストレスを溜めないように心がけます。

運動は代謝を促進・安定させる効果があり、角質の異常発生を防ぐことができます。食生活においても野菜を中心にバランスのとれた食事を心がけましょう。

また、頭皮への刺激も粃糠性脱毛症の原因となることが多いです。直接的な刺激だけでなく、シャンプー選びも重要です。

刺激の少ない「アミノ酸系シャンプー」を選ぶべきですが、おすすめの製品は以下の記事で解説しています。

私が利用した中で、この中でも特にフケを効果が見られるのはウーマシャンプーです。

食生活やシャンプーの選定による有効な対策を続けることで、粃糠性脱毛症の再発を防ぎます。

 

まとめ

粃糠性脱毛症はフケの大量発生によって毛穴が詰まり、マラセチアの増殖によって炎症が起こり脱毛を促す病気です。

フケは角質異常によるもので不潔さとは無関係です。ステロイドや抗真菌薬によって治療しますが、再発の可能性が高いです。

ストレスを溜めない、適度に運動する、食事のバランスを整える、アミノ酸系シャンプーを使うなど、粃糠性脱毛症の再発を防ぎます。