BELTAは女性の悩みに向き合い美容と健康を届ける女性専用商品を通販している女性専用ブランドですが、薄毛に悩む女性の声から生まれたのがベルタシャンプー・トリートメントです。
髪の毛が長い人が多い女性の場合、薄毛の改善はもちろんのことシャンプー後の髪の毛の感触は大きなポイントになります。

「BELTA」というのはイタリア語で美女を意味する言葉ということで、BELTA(ベルタ)というブランドは

  • 酵素や葉酸サプリなどの女性のための健康食品
  • 妊婦の肌トラブルをケアするクリーム
  • 育毛剤や育毛シャンプーなどのヘアケア製品

など、「キレイになりたい」、「キレイでいたい」という女性の美しさを追求する願望を効果的に実現するために立ち上げられたブランドが生み出したシャンプー・トリートメントです。

そして、もう一つのBELTAブランドの特徴というのが、顧客の一人一人と相対することができる通販のメリットを活かしたサポート体制にあります。

商品を開発するにあたって最も重要なことが顧客のニーズを知ることであり、ニーズに合わせた商品を顧客に届ける。

まさに、WIN&WIN(ウィンウィン)の関係を構築することができるというわけです。

参照元:BELTA通販公式サイト BELTAブランドとは
https://belta-shop.jp/brand

どんな良い商品をつくっても顧客ニーズが無ければ意味がないですし、一つ一つの悩みを解消するための成分を見つけて配合すれば満足度も上がってくるというものです
すべての悩みに対応するとどうしても成分が増えてしまい価格が上がることにつながってしまうのかもしれませんが、その分、悩みの解消につながる良い商品ができるという考え方もあります
なるほど!効果重視というわけですね!
シャンプー単体の価格で税抜き3,490円ですので、決して安いというわけではありませんが、 無茶苦茶高いというわけでもありません
やはり、効果が期待できるということになりそうです
というわけで、ベルタシャンプー・トリートメントについて、検証していくことに致しましょう

 

ベルタシャンプー・トリートメントに込められたBELTAのこだわり!

シャンプーやトリートメントは誰もが染髪するときに普通に使っていますが、髪の毛や頭皮についた汚れをシャンプーで落とし、汚れとともに髪の毛の皮脂膜が無くなることでゴワゴワ・パサパサになった髪の毛をトリートメントでスタイリングしやすい髪の毛に戻すという程度に考えている人が多いのかもしれません。

BELTAがシャンプーとトリートメントに求める効果

  • シャンプー:髪の毛と頭皮についた汚れを落とすことで頭皮の清潔度を保つのはもちろんのこと、新たな髪の毛を育てるためのが健全な頭皮環境を構築する。
  • トリートメント:髪の毛の表面を保護するためのリンスやコンディショナーの役割に加えて、髪の毛に有効成分を供給することで傷んだ髪の毛の修復し、髪の毛の質感をコントロールする。

すなわち、ベルタシャンプー・トリートメントは髪の毛や頭皮の汚れを皮脂に付着した確実に落としながらも必要な皮脂を残し、かつ、育毛剤育毛シャンプーのように現在のダメージヘアを修復し健康な髪の毛を育む頭皮環境を実現するために効果が期待される成分が配合されているというわけです。

参照元:BELTA HAIR 公式サイト ベルタシャンプー・トリートメント
https://belta-shop.jp/shopping/lp.php?p=belta_shampoo_treatment_1

ベルタシャンプーとベルタトリートメントは、それぞれの役割を果たしながらも髪の毛を芯から健康な状態に保つための工夫がされているというわけですね
シャンプーとトリートメントの基本的な機能は含ませながら、シャンプーでは頭皮をトリートメントでは髪の毛のケアを中心に配合を考えていると思われます
それぞれが別々に機能しているということでしょうか?

 

ベルタのシャンプー・トリートメントのポイントは?

女性の薄毛の原因としては、ストレスが原因と言われる円形脱毛症や出産・授乳という女性特有の特殊な状況による分娩後脱毛症、あるいは、無理なスタイリングによる牽引性脱毛症などもあります。

一般的に多いというのが瀰漫(びまん)性脱毛症、脂漏性脱毛症、粃糠(ひこう)性脱毛症の3種類です。

  • 瀰漫(びまん)性脱毛症:ホルモンバランスの乱れが大きな要因であり、老化・ダイエット・ストレス・過度の洗髪などが原因で起こる女性の脱毛症で最も多い症状です。
  • 脂漏性脱毛症:皮脂が過剰に分泌されることで、毛穴に詰まった皮脂によって毛乳頭が機能しにくくなってしまうことで起こります。食生活の乱れを中心とした生活習慣が主な原因ですが、過度の洗髪による頭皮環境の悪化も原因となります
  • 粃糠(ひこう)性脱毛症:いろいろな原因がありますが、頭皮環境の悪化によって大量にフケが出るときになる脱毛症です。フケが毛穴を塞ぎ血液から毛包に補給される栄養が不足することで起こります。

参照元

女性のために薄毛治療病院安心ガイドマップ 女性の脱毛症の種類

ベルタシャンプー・トリートメントのこだわりポイントを考えると、女性の薄毛の原因となる要因としては、皮脂の過不足による頭皮環境の悪化が主だったものということが、顧客からのヒアリングで得られたBELTAの出した結論と推測されます。

伸長してくる髪の毛や頭皮の保水性を保つためのコーティングとして作用する皮脂膜の機能からも分かるように、人の頭というのは体の皮膚の中で最も多い場所であり、それだけ汚れも付着しやすく環境が悪化しやすいと言われています。

ベルタシャンプーでは汚れの付着した皮脂だけを洗い流し必要な皮脂を残すことにこだわり、それでも失われる頭皮の保水力を様々な有効成分によって補うように考えられています。

さらに、女性の髪の毛はカラーリングやスタイリングによるダメージが男性以上に大きく、表面的なケアをしただけでは枝毛や切れ毛といった髪の毛のトラブルを起こすリスクは大きくなっています。

ベルタトリートメントでは、パサパサ・ゴワゴワをすぐに回避できる成分とは別に、髪の毛本来の力を発揮できるようにダメージを受けている個所を修復する成分が配合されています。
ベルタシャンプー・トリートメントは頭皮の保水力を維持しダメージヘアを修復することがポイントということですね。でも、オールインワンではないので、セットで使わなければ十分な効果が体感できないということでしょうか?
シャンプーとトリートメントはセットで販売されていることが一般的ですが、ベルタシャンプーとベルタトリートメントは特にセットで使うことが重要かもしれません
どういうことでしょうか?
ベルタトリートメントは、先に行われたベルタシャンプーの効果をサポートするかのように、髪の毛や頭皮をケアする成分は同じものが配合されています

 

ベルタシャンプーとベルタトリートメントに配合されている成分を検証

ベルタのシャンプーとトリートメントの特徴について、公式サイトをそのまま引用させていただくと、以下のようになっています。

ベルタシャンプー

  • アミノ酸系洗浄成分で優しい洗浄力とふっくらした強い泡立ち
  • パパイン酵素の力で古い角質をスッキリ洗い落とす
  • 37種類のボタニカル成分配合
  • 業界最大級の成分数78種類を配合
  • エイジングケアにこだわった艶やかシャンプー
  • 頭皮の皮脂バランスを整え気になるニオイをブロック
  • 天然由来成分100%で13の無添加

ベルタトリートメント

  • 補う、守る、うるおす、毛髪ケア成分を29種類配合
  • オーガニック成分15種類配合
  • 髪の芯まですばやく浸透し徹底補修
  • 乾燥で波打つクセを素直にやわらかくまとまる髪へ
  • 天然由来成分100%で13の無添加

参照元

ベルタシャンプー・ベルタトリートメントの成分について

簡単に言うと、ベルタのシャンプーもトリートメントも、頭皮のエイジングとダメージヘアの修復に必要な多種類の天然成分を配合した商品であるということかと思います。

ただし、過大な表現や紛らわしい表現もあるので、商品が悪いというわけではなく、しっかりと内容を把握した方が良さそうです。

例えば、ベルタのシャンプーとトリートメントは両者とも「天然由来成分が100%」というように記載されていますが、原材料表を見ると必ずしもそうではありません。

「業界最大級の成分数78種類を配合」というのも、水並びに原材料の加工時に配合されているであろうデキストリンや乳酸Naの賦形剤、とろみを出すための増粘剤なども含めての78種類です。

ウソというわけではないけれども、有効成分だけならばもっと少ないということですか?
まぁ、そんな感じですね。ただし、有効成分だけを取り上げたとしてもかなりの数の天然成分が配合されているということは確かです。
シャンプーやトリートメントに限らず、多種類の成分が配合されている製品というのは、一つ一つの成分が追いかけられないので、結局のところ、有効成分がたくさん入っていると製品ということしか分からないんですよね
そうですね。それならば、公式サイトとは別の視点で原材料を解析していきましょう。先ずは、シャンプーとリンスの共通している天然成分から見ていきましょう

 

ベルタシャンプー・トリートメントに共通する成分は?

公式サイトの紹介では、シャンプーではボタニカル成分と言っていますし、トリートメントではオーガニック成分と言っていますが、植物由来の天然成分を中心とした原材料のことを流行りの言葉を使い分けただけで、シャンプーにもトリートメントにも同じ天然系の原材料がやたらと多く使用されています。

共通の天然成分

  • 3種の高保湿オイルホホバ種子油、アルガニアスピノサ核油、オリーブ果実油
  • 12種類のオーガニックエキス:カニナバラ果実エキス、ツボクサエキス、オウゴン根エキス、イタドリ根エキス、カンゾウ根エキス、チャ葉エキス、ローズマリー葉エキス、カミツレ花エキス、ダマスクバラ花エキス、ゴボウ根エキス、セージ葉エキス、ローマカミツレ花エキス
  • 22種類の植物エキスザクロ果皮エキス、プエラリアミリフィカ根エキス、ユズ果実エキス、ウメ果実エキス、アシタバ葉/茎エキス、ダイズ種子エキス、アルニカ花エキス、オドリコソウ花/葉/茎エキス、ニンニク根エキス、セイヨウアカマツ球果エキス、サトウキビエキス、ビルベリー果実エキス、レモン果実エキス、オレンジ果実エキス、サトウカエデエキス、クレマティス葉エキス、セイヨウナツユキソウ花エキス、スギナエキス、ヒバマタエキス、セイヨウキズタ葉/茎エキス、オランダガラシ葉/茎エキス、サボンソウ葉エキス

全部合わせて37種類がシャンプーで言うところの「37種類のボタニカル成分配合」ですし、最初の二つを合わせた15種類がトリートメントで言われるところの「オーガニック成分15種類配合」となるようです。

共通のアミノ酸原料

アルギニン、アスパラギン酸、グリシン、アラニン、セリン、バリン、プロリン、トレオニン、イソロイシン、ヒスチジン、フェニルアラニン

その他の共通原料

フムスエキス(フルボ酸含有原料)、PCA(保湿剤)、ジラウロイルグルタミン酸リシンNa(保湿剤)、トコフェロール(ビタミンE;抗酸化物質)、グリチルリチン酸2K(抗炎症剤)、メドウフォーム-δ-ラクトン(エモリエント剤)、アミノカプロン酸(抗炎症)、BG(ブチレングリコール;保湿剤)、ヒアルロン酸Na(保湿剤)など

個々の成分の効果についてはスペースの関係で控えさせていただきますが、概ね、保湿、抗炎症、抗酸化作用に加えて、血流改善並びに髪の毛を育てるためのアミノ酸などの栄養素が配合されています。
すなわち、シャンプーとトリートメントの両方の共通成分として、頭皮の環境を改善する成分と髪の毛の補修を促進するボタニカル成分を中心とした有効成分が多種類配合されているというわけです。

ベルタシャンプー・トリートメントに配合されている共通の原料は、BELTAから販売されているベルタ育毛剤に配合されている原料と重複するものもたくさんあり、育毛を強く意識したシャンプー・トリートメントであると見受けられます。

参照元

BELTA HAIR 公式サイト ベルタシャンプー・トリートメント

ベルタ育毛剤の詳細については、当サイトでも以下の関連記事においてご紹介させていただいておりますので、興味のある方は是非参考にしていただければ思います。

有効成分が共通しているということは、髪の毛も頭皮も同じ成分で保湿・補修ができるということでしょうか?
髪の毛も頭皮も形こそ違いますが、構造や組成は似ている部分も多く、同じ成分で両方の環境が整うということは十分あると思います
すべての機能を解説するのは無理にしても、BELTAならでは、というか、ベルタのシャンプー・トリートメントの特徴とも言うべき一押し成分というのはありますか?

 

ベルタシャンプー&トリートメントの一押し成分はこれ!?

配合されているどの成分にも役割があるようですが、公式サイトの解説でアピールされているポイントを総合的に評価すると以下の三つが挙げられます。

3種の高保湿オイル

ホホバ種子油、アルガニアスピノサ核油、オリーブ果実油が、シャンプーで減少したしまった頭皮の皮脂膜を補うことで保湿力をアップさせ、髪の毛をコーテイングすることで保湿力をアップさせるだけでなくパサつきを抑えたまとまりやすい髪の毛に変えてくくれます。

ヒアルロン酸、ザクロ果皮エキス、プエラリアミリフィカ根エキス、ユズ果実エキス

プエラリアミリフィカ根エキスに含まれるイソフラボンがホルモンバランスが乱れた女性のエストロゲン活性を助け、ユズ果実エキスに含まれヒト型セラミドに似た構造のセラミドが減少した角質層やキューティクルを接着している細胞間脂質を補います。また、ヒアルロン酸は誰もが知っている皮膚の保湿成分であり、髪の毛と頭皮を乾燥から守ります。
ザクロ果皮エキスは石榴果皮(せきりゅうかひ)と呼ばれる漢方生薬でもありますが、頭皮の炎症を抑える効果は期待できるかもしれません。

フムスエキス(フルボ酸含有原料)

数千万年以上にわたって堆積された土壌から抽出される天然土壌エキスで、フルボ酸と呼ばれる金属イオンを浸透させるキレート効果があるといわれています。

正直に申し上げると、ザクロ果皮エキスとフムスエキスはどういう役割でシャンプーとトリートメントに配合されているのかは不明です。
もしかすると、ザクロの種子にエストロゲン活性が見いだされたという報告をもとに同じような効果があると考えたのかもしれませんし、フムスエキスは細胞内へのミネラルの取り込みを促進することから栄養素の代謝を促進する効果が期待されるのかもしれません。

参照元:ウィッキペディア ザクロ
https://ja.wikipedia.org/wiki/ザクロ
参照元:ウィッキペディア フルボ酸
https://ja.wikipedia.org/wiki/フルボ酸

確かに、これだけ原材料が多いと、何故配合されているのか分からないものがあっても不思議はありません
複数の成分が配合されていると未知の相乗効果が生まれる可能性もありますし、無意味ということは無いのかもしれません
ところで、これだけ共通成分が多いということならば、一つにまとめてしまっても良いのではないかという素人考えが浮かんでくるのですが・・・?
残りの原材料はしシャンプーとトリートメントの本来の機能に関わる部分ですので、個々に見ていくことにしましょう

 

ベルタシャンプーの洗浄能力の特徴は?

ベルタシャンプーのこだわりは、クリーミーな泡でゴシゴシ擦ることなくシッカリとした使用感を感じながらも、頭皮への刺激が少ないことにあります。

育毛シャンプーでは圧倒的に多く使われている頭皮への刺激が少なく程よい洗浄力が得られるアミノ酸系界面活性剤を中心とした洗浄成分が配合されています。

ベルタシャンプーの洗浄成分

ライロイルメチルアラニンNa、コカミドプロピルベタイン、ココイルグルタミン酸TEA、コカミドメチルMEA、スルホコハク酸ラウリル2Na

低刺激のアミノ酸系界面活性剤といえども刺激がないわけではないので、コカミドプロピルベタインやコカミドメチルMEA、さらに、微量のスルホコハク酸ラウリル2Naなどの泡立ちを良くする界面活性剤を加えることで、ゴシゴシ擦ることなく泡で包み込むように髪の毛を洗うことができます。

また、硫酸系界面活性剤と比べて洗浄力が弱くなるアミノ酸系界面活性剤の欠点を補うために、たんぱく質分解酵素であるパパインを配合し、古い角質層を分解することで皮脂を残して汚れだけを落とす工夫もされています。

さらに、いくら抑えているとはいえども、シャンプー後は皮脂量が減少し頭皮の保湿力は通常よりは低下します。

そこで、カプリル酸グリセリルやメドウフォーム-δ-ラクトンといった頭皮からの水分の蒸発を抑え柔らかい頭皮を維持するエモリエント効果のある原料も配合されています。

先に言われていたように頭皮と髪の毛が似ているのだから、ここまで配慮されているシャンプーならばそれだけでも良いように思うのですが・・・
それは、シャンプーという作業についてよく考えればわかります。洗浄した後はどうしますか?
そりゃぁ、泡が残らないようにしっかりすすいで・・・!そうか、たくさん配合されている有効成分もそのほとんどがすすぎの段階で流れ落ちてしまうのですか?
そうです。洗浄後は界面活性剤が残らないようにしっかりすすぐ必要がありますので、シャンプーという短時間の間に頭皮や髪の毛に浸透できなかった成分は洗い流されてしまいます
トリートメントはすすがないのですか?
トリートメントも処理が終わればすすぐのが一般的ですが、全体に馴染ませた後に頭皮や髪の毛に十分に浸透するように3分程度の時間を置くことを推奨しており、すすぎもぬめりが無くなる程度にすすぐだけで良いので有効成分が残ります。

 

ベルタトリートメントの特徴は?

トリートメントは乾燥させた後の手触りに代表される髪の毛の感触をよくすることが主な目的です。

ベルタトリートメントに配合されている髪の毛の感触を整える成分は、一般的なコンディショナーやトリートメントに配合されている成分と比べても、特に珍しいというわけではなく、処置した後の髪の毛の保湿、帯電防止、柔軟化に作用する成分が配合されています。

ベルタトリートメントの髪の毛保護成分

水添ナタネ油アルコール、ミリスチルアルコール(エモリエント剤)、ジグリセリン(保湿)、ペンチレングリコール(保湿・抗菌)、(ダイマージリノール酸/ステアリン酸/ヒドロキシステアリン酸)ポリグリセリル-10(エモリエント剤)、ステアルトリモニウムプロミド(帯電防止・柔軟化)、ジココジモニウムクロリド(帯電防止・柔軟化)

しかしながら、多種類の有効成分が配合されているベルタトリートメントの場合には、成分を浸透させるために、トリートメントが全体に馴染んだ後に3分ほど時間を置くことが重要になってきます。

特に、ベルタトリートメントに配合されているヒアルロン酸、セラミドを含むユズ果実エキスと14種類のアミノ酸がダメージヘアを修復し乾燥によってまとまりにくくなることを防いでくれます。

参照元

BELTA HAIR 公式サイト ベルタシャンプー・トリートメント

今回はベルタシャンプー・トリートメントの良い点、疑問点を忌憚なく詳細に教えていただきありがとうございます。大変、勉強になりました
ベルタシャンプー・トリートメントの悪いところを言ったわけではなく、論理的な面が分からないところがあることを思ったままに述べさせていただいただけです(笑)ベルタシャンプー・トリートメントは育毛のことも考えられている女性のためのシャンプー・トリートメントだと思います
そうですね(笑)何が良いのか分からなくなってしまうという原料が多い製品にありがちな欠点も、系統立てて情報を整理することでポイントが見えてくるということがよく分かりました。結局、髪の毛も頭皮も水分を保持するためのケアが何処まで考えられているかは重要みたいですね

男性用の育毛剤や育毛シャンプーでも同じことが言えます 。頭皮や髪の毛の水分の重要性やケアの仕方については、当サイトでも以下で詳細に解説していますので、そちらも参考にしていただければと思います

関連記事

髪の毛と頭皮の乾燥は育毛の大敵!意外と知らない適正水分量と保湿のポイント!