マイナチュレスカルプシャンプーは、ダメージヘアや髪の毛のハリ・コシ・ツヤが無くなってきた、さらには、髪の毛の老化が気になるという加齢性の薄毛に悩む女性におすすめの育毛シャンプーということです。いわば、日常的に髪の毛を酷使している女性や更年期障害の影響が出始めるアラフォー女性の薄毛の悩みに対処するための育毛シャンプーということかもしれません

パーマやカラーリングなど髪の毛がファッションの一部となっている人は男性よりも女性の方が多く、ダメージヘアに悩む女性も結構多いのではないかと思います。
ここで注意するべき点は、髪の毛がダメージを受けてしまうような状況は髪の毛を育む頭皮にも物理的なストレスをかけているということです。

若いころからの髪の毛や頭皮に対するストレスはきっちりケアしていなければ、女性ホルモンが減少してくる、すなわち、更年期障害が発症する年齢に近づくことによって、頭皮や髪の毛のトラブルが発生しやすい状態になっている可能性が大です。
更年期障害といえば、40代後半から50代前半というのが一般的ですが、女性ホルモンであるエストロゲンが減少し始めるのは30歳を超えたあたりからで、個人差はあるものの、抜け毛などの症状が目立ち始めるのは更年期障害を意識し始める40歳くらいからと思います。

ところが、抜け毛や薄毛に悩み始めた女性は、「ふけやかゆみの症状は頭皮が汚れているから・・・」と一生懸命シャンプーしてしまうことで余計に抜け毛が悪化してしまうということもあり、適切なシャンプーを選んでいただくことが薄毛や抜け毛の進行をくい止めることにつながるというのがマイナチュレスカルプシャンプーの開発コンセプトになっているように感じられます。

マイナチュレスカルプシャンプーは、ダメージが蓄積された頭皮や髪の毛をケアするための育毛シャンプーとして徹底した無添加処方にこだわり、頭皮や髪の毛に余分なダメージを与えるような成分を極力排除し、乾燥肌や敏感肌の女性でも安心して使用できる天然植物由来の成分を中心に構成されています。
もちろん、シャンプーですから、使い心地や洗い心地といった使用感にまでこだわって開発されているということです。

そして、セットでご使用いただくことを推奨しているスカルプ&ヘアコンディショナーも、スカルプシャンプーと全く同じ特徴を持った商品となっています。

マイナチュレ スカルプシャンプー マイナチュレ スカルプ&ヘアコンディショナー
特徴 頭皮・毛髪環境をサポートする植物由来成分を中心とした配合
ダメージが蓄積されている頭皮と毛髪にやさしい無添加処方
頭皮へのやさしさを保ちながらも使用感やボリュームアップしやすい毛髪
高温多湿にさらされる商品を開封後の成分の酸化から守る二重構造の容器
分類 化粧品 化粧品
内容量 200mL 185g
通常価格(税別) 3,360円(送料:750円) 3,360円(送料:750円)

参照元:マイナチュレ 公式サイト スカルプシャンプー
マイナチュレ 公式サイト スカルプ&ヘアコンディショナー

マイナチュレスカルプシャンプーとスカルプ&ヘアコンディショナーは医薬部外品ではないのですね
医薬部外品の方が効果があると思う方も多いようですが、医薬部外品と化粧品というのは登録の違いがあるだけでそんなに大きな違いがあるわけではありません
髪の毛の汚れを落として好みの髪型にセットしやすいように髪の毛の表面をコーティングするというシャンプーとコンディショナー・トリートメントの主目的に、頭皮ケアが加わったというのが育毛シャンプー・コンディショナーですから、医薬部外品も化粧品も考え方は同じですもんね
育毛シャンプー選びで注目するべきポイントはどんな頭皮ケア成分が配合されていて自分にとって使いやすいかどうかということです。というわけで、マイナチュレスカルプシャンプーのこだわりポイントから検証していきましょう

 

マイナチュレスカルプシャンプーの4つのこだわり

マイナチュレシリーズのこだわりは徹底した無添加にあるということで、安心して長期にわたって使用できる体に負担をかけない商品開発にあります。

無添加という言葉は育毛シャンプーではよく見かける言葉ですが、この意味は決して何もいれないということではなく、育毛シャンプーとしての機能に関係せず頭皮に刺激を与える可能性のある成分を添加しないという意味です。

言い換えるならば、使用感や髪の毛のサラサラ感やボリュームアップなどを実現すすためには、天然成分で代替できるものは代替し、それが無理ならば必要な成分は使用し、それに伴う頭皮環境の悪化をカバーする頭皮ケア成分を配合するということが大切であるということです。
これによって、はじめて頭皮へのやさしさと使用感を両立させることができるというわけです。

さらに、マイナチュレスカルプシャンプーで注目すべきは、1ヶ月高温多湿の場所で保管されることの多いシャンプーが使い切るまでに劣化するのを防ぐために容器が工夫されている点です。

マイナチュレスカルプシャンプーの4つのこだわり

  • 頭皮・毛髪環境をサポートする植物由来成分を中心とした配合
  • ダメージが蓄積されている頭皮と毛髪にやさしい無添加処方
  • 頭皮へのやさしさを保ちながらも使用感やボルームアップしやすい毛髪
  • 高温多湿にさらされる商品を開封後の成分の酸化から守る二重構造の容器

 

マイナチュレスカルプシャンプーの頭皮環境を整え育毛をサポートする成分

抜け毛が増加している頭皮は炎症が起こっている可能性が高いだけでなく、乾燥肌や敏感肌に悩んでいる女性の場合には頭皮も同じような状態になっていることも考えられます。

フケ・かゆみが起こっている人はすでに起こっている頭皮の炎症を抑えながら新たに炎症や乾燥を起こさないようにすることが大切であり、マイナチュレスカルプシャンプーでは炎症を抑える抗炎症成分や保湿成分や抗酸化物質、さらに、頭皮の血行をアップさせて柔軟かつ弾力のある頭皮を実現するための成分が配合されています。
しかも、配合されている成分は天然植物由来の成分を中心とした、安心して長期間使用することができる成分となっています。

マイナチュレスカルプシャンプーに配合されている天然由来成分

  • 抗炎症:アラントイン、グリチルリチン酸2K、ローズマリー葉エキス
  • 抗酸化・抗糖化:フラーレン、ロドデンドロンフェルギネウムエキス、アケビエキス、セイヨウサンザシ果実エキス、セージ葉エキス、タチジャコウソウ花/葉エキス、ビルベリー葉エキス
  • 保湿:ユビキノン、加水分解エンドウタンパク、キュウリ果実エキス、水添レシチン、ダイズステロール、セイヨウノコギリソウエキス、スクワラン
  • 毛髪保護・補修:ビート根エキス、γ-ドコサラクトン、加水分解エンドウタンパク
  • 角質ケア:ナツメ果実エキス、クロレラエキス、サッカロミセス溶解質エキス、
  • フケ・かゆみ:サリチル酸、ラベンダー花エキス
  • 毛髪エイジング(ハリ・コシ):γ-ドコサラクトン、加水分解エンドウタンパク、加水分解ケラチン(羊毛)
  • 肌弾力アップ:加水分解エラスチン、加水分解ヒアルロン酸、水溶性コラーゲン、カニナバラ果実エキス、セイヨウオオバコ種子エキス
結構多種類の成分が配合されているようですね
そうですね。その中には、頭皮だけでなく毛髪をケアする成分も含まれています
そう言われると、「毛髪保護・補修」と「毛髪エイジングケア」のための成分も配合されています
ダメージヘアをケアする成分によって髪の毛の地力を回復させているから、マイナチュレスカルプシャンプーの無添加処方が実現できるということもあるのかもしれません

 

マイナチュレスカルプシャンプーの無添加へのこだわり

先に申し上げたように、マイナチュレシリーズの最大のこだわりは身体に悪影響を与える可能性のある成分を可能な限り排除するということにあります。

マイナチュレスカルプシャンプーにおけるこだわりの無添加は以下のようになっています。

シリコン、着色料、パラベン、石油系界面活性剤、紫外線吸収剤、タール系色素、合成ポリマー、合成香料、サルフェート

シリコンについては賛否両論ではありますが、一般的に頭皮環境を悪化させる可能性のある成分と考える人が多く、最近では一般のシャンプーでもシリコンフリーとなっているものが増えています。
一方、洗浄剤についても、石油を原材料として合成された硫酸系の界面活性剤に勝る天然系の界面活性剤は難しいといわざるを得ません。

マイナチュレスカルプシャンプーでは、育毛シャンプーの欠点ともいえる点を、天然植物成分を中心とした頭皮ケア成分と毛髪ケア成分でカバーし、使用感を損なうことなく頭皮ケアを実現しているということです。

マイナチュレスカルプシャンプーに配合されている抗菌成分は保存料としても働くことができますし、抗酸化成分は紫外線によって発生する活性酸素の影響を緩和する効果が期待されます。
しかも、天然植物由来の成分の中には色やさわやかな香りを持つ成分も存在しています。

言い換えるならば、頭皮や毛髪をケアする成分によってある程度の使用感の実現は可能というわけですが、もちろん、それだけでシャンプーとしての十分な機能が確保されるというわけではありません。

頭皮に対する刺激がある代わりに、強い洗浄能力や髪の毛の摩擦軽減が実現できる上に、価格を安く抑えることができるから一般のシャンプーには硫酸系の石油系界面活性剤やシリコンが使われるということですよね?
育毛シャンプーでは、シリコンや強い界面活性剤を使わなくても、それらを使ったシャンプーと同等の使用感が得られるための工夫が大切になってきます

 

マイナチュレスカルプシャンプーの洗浄剤は?

マイナチュレスカルプシャンプーでは、通常の育毛シャンプーでよく使われる頭皮への刺激が少ないアミノ酸系の界面活性剤が使用されています。

アミノ酸系界面活性剤は、硫酸系の界面活性剤のような強い酸性を示す洗浄剤ではなく頭皮への刺激が少ない弱酸性の洗浄剤ですし、皮脂をとりすぎることなく頭皮の保湿性を損なうことない洗浄剤です。

ただし、洗浄能力が劣ることは否めませんので、泡立ちの良い両性界面活性剤を配合してキメの細かい泡によって劣っている洗浄力をカバーするようになっています。

マイナチュレスカルプシャンプーに配合されている洗浄剤

コカミドプロピルベタイン、ラウロイルメチルアラニンNa、コカミドDEA、ラウロイル加水分解シルクNa、ラウリルヒドロキシスルタイン、ジラウロイルグルタミン酸リシンNa、

 

マイナチュレスカルプシャンプーの使用感へのこだわり

無添加、特に、ノンシリコンシャンプーは、シャンプした後に髪の毛の櫛通りが悪くゴワゴワしているということがマイナス面の口コミとして挙げられています。

頭皮への負担を減らすための無添加であっても、髪の毛の汚れやベタつきを取りかつ髪の毛がサラサラになるというシャンプー本来の目的に不満を持つ人も少なからず存在するというわけです。

マイナチュレスカルプシャンプーでは、髪の毛をコーティングすることができる油分を配合することによって、きしみやごわつきのない洗い上がりを実現し、指通りのよいまとまりやすい髪の毛にするための工夫もなされています。
しかも、先の毛髪の保護・補修のための天然植物成分の働きと合わさることで、シリコンフリーを感じさせない仕上がりになる工夫になっています。

公式サイトの内容成分にある「〇〇油」と書かれている成分がシリコンの代わりになるのですね
詳細は解説されていませんでしたが、配合されている油分は保湿成分や香料をい兼ねているものもありますし、シャンプーでよく使用される刺激の弱いエモリエント剤なども配合されていることから、複合的な効果でシリコンフリーをカバーしているのだと思います。そして、多種類の油分を配合しているからこそ酸化によって劣化することが少ないように容器にも工夫が施されています
成分だけを見ると他の育毛剤と比べて抜きんでた部分は無いように思われましたが、使用期間中に成分が劣化することが無いように考えているというのはポイントですね

 

マイナチュレスカルプシャンプーの容器は二重構造で酸素との接触を最小限に!

シリコンの代替品に油分をたくさん配合すると、使い始めは良いのですが、使用している間に酸素との接触面が増加し、高温多湿のお風呂場では酸化によって配合されている油分が劣化してしまう可能性も出てきます。

マイナチュレスカルプシャンプーでは、内側の容器がプッシュした分だけ潰れて内容物が空気に触れにくい二重構造の容器が採用されています。
この容器は、シャンプの成分を酸化から守るだけでなく、最後の1滴まで出しやすいというメリットもあるようです。

マイナチュレスカルプシャンプーは無添加を実現するための配合とそれらを使用う期間中に変性しないようにするための工夫にまで配慮されているということですね
僅かなことかもしれませんが、最後の一滴まで絞り出せるというのも注目すべきポイントではないでしょうか?プッシュ式のシャンプーでは結構残っているのに出にくくなってしまうということもありますので・・・

マイナチュレスカルプシャンプーの総括

マイナチュレスカルプシャンプーは頭皮に余計な負担をかけないための無添加に対するこだわりを追求した育毛シャンプーであり、9種類の成分の無添加を実現するために配合成分や容器の工夫が施された商品となっています。

  • 天然植物由来成分を中心とした配合によって、頭皮・毛髪環境のケアをサポートする
  • ダメージが蓄積されている頭皮と毛髪にやさしい無添加処方でダメージヘアを補修しながら頭皮を守る
  • 頭皮へのやさしさを保ちながらも使用感やまとまりのよい毛髪を実現する
  • 高温多湿にさらされる商品を、成分を酸化から守りながら最後の一滴まで絞り出しやすい二重構造の容器を採用している

育毛シャンプーというと、昔は男性用というイメージが強いのかもしれませんが、近年では女性が使用するための細やかな心遣いが施された女性用の育毛シャンプーも多数リリースされており、マイナチュレスカルプシャンプーもそのうちの一つです。

冒頭で紹介されているコンディショナーの検証がありませんでしたが・・・?
マイナチュレスカルプシャンプーに配合されている頭皮ケア成分と毛髪ケア成分をより効果的に頭皮や毛髪に維持するための成分、すなわち、洗浄が終わってお湯とともに流されてしまう成分を頭皮や毛髪の表面に維持することがコンディショナーの目的です
といいことは、育毛シャンプーに配合されている維持したい有効成分が配合されているということですね
より効果を実感していただくためには併用することが推奨されています。マイナチュレシリーズには女性用の育毛剤も用意されていますので、マイナチュレスカルプシャンプーやスカルプ&ヘアコンディショナーで満足できる結果が得られない方は育毛剤のしようも考えてみてはいかがでしょうか?

マイナチュレシリーズの育毛剤については以下の関連記事で詳細に説明させていただいておりますので、そちらも合わせてみていただければと思います。

関連記事:マイナチュレの効果を分析評価!女性型の薄毛に合わせた口コミ評判の良い育毛剤