ヘアリプロ薬用スカルプシャンプーは髪の毛の専門家といっても過言ではないアデランスが自信を持ってお届けする育毛シャンプーです

アデランスが48年にわたって薄毛を気にする人の悩みに寄り添って得られたデータと検証結果をもとに開発されたアデランスのこだわりが込められたサロン品質のトータルスカルプケアシャンプーということです。

ヘアリプロというのは、hair reproduction=毛髪再生(?)から来ているのではないかと推測されますが、単純に洗浄するというだけのシャンプーではなく、毛髪を再生するために何が必要で何をどうすればよいのかということを考えて造られているシャンプーのように感じられます。

アデランスと言えば、様々な角度から毛髪の悩みに取り組む、世界中に展開している毛髪業界のリーディングカンパニーです。

アデランスは植毛や増毛というイメージが強い会社ですが、育毛や発毛にも力を入れているのですか?
アデランスはフォンテーヌというかつらの販売から始まっていますが、2000年12月からサロン事業を展開し、アデランスの研究開発から生まれた製品を用いたサロン育毛サービスを展開しています
サロン事業を展開することで顧客から生の声を聴いて、その情報を開発に活かしているというわけですか?
そういうことですね。ヘアリプロ薬用スカルプシャンプーの大きな特徴は、頭皮の状態、すなわち、皮脂が多いか少ないかによってシャンプーを分けることから始まります

 

ヘアリプロのサロン育毛サービスとは?

公式サイトによると、ヘアリプロは「25年以上に及ぶ毛髪研究の蓄積から生まれた、先進のヘアサポートシステム」ということで、その間に入手された毛髪と頭皮に関する顧客の悩みに向き合い、その情報をもとに見出された有効成分とそれらを効率的に利用するための専用機器、さらには、プロの手技によってより確実に顧客の満足を実現するというシステムです。

一回の施術に要する目安時間は70分から80分程度ということで、施術の流れは以下のようになっています。

ヘアリプロサロンコースの流れ

  1. ヒアリング:髪の毛と頭皮の状態や生活習慣の確認
  2. ヘアリプロスカルプDEX:ジェット水流で毛穴に詰まった汚れを落とす炭酸スパ
  3. ヘアリプロZ:角質層の深部まで刺激を伝えてイオンを導入することで潤いのある頭皮を誘導
  4. ヘアリプロ LED NB:赤色LEDの光の照射
  5. クレンジングマッサージ
  6. シャンプー
  7. モルビドスチーム&クールダウン
  8. スカルプグロウ塗布&リラクゼーションマッサージ

ベーシックコースのお試し体験でも12,960円(税込み)ですので、庶民がなかなか手を出せるような価格でないように思います。

施術に使用される専用マシンも自宅用機器が販売されているようですが、消耗品で無いとはいえども、59,400円~145,800円と結構高い機械となっています。

サロン育毛サービスは魅力的だけれどもお金も時間も厳しいという人のために、サロンで使われているシャンプーやクレンジングなどが販売されており、ヘアリプロ薬用スカルプシャンプーもそのうちの一つというわけです。

参照元:アデランス ヘアリプロ公式サイト サロン育毛サービス
https://www.aderans.co.jp/mens/hairrepro/service/#
参照元:レディースアデランス 商品サービス紹介
https://www.aderans.co.jp/ladies/product/hairsupport/instrument/

 

ヘアリプロ薬用スカルプシャンプーの特徴は?

ヘアリプロ薬用スカルプシャンプーは、25年以上の年月をかけて26万人を超える髪の毛の悩みを改善するために研究開発されたスカルプシャンプーということで、「洗浄×育てる」をキーワードに構成されているようです。
そして、このスカルプシャンプーの大きな特徴は、髪の毛を育てる成分は共有しながらも、皮脂量、すなわち、頭皮の状態に合わせて洗浄効果の異なる2種類のシャンプーが用意されていることにあります。

毛髪や頭皮の汚れは、毛穴にある皮脂腺から分泌される皮脂に汚れが付着したり皮脂を餌に微生物が繁殖することによって起こりますが、皮脂の量によって汚れの度合いが異なるというのは当たり前の話です。

皮脂量が多い人は過剰な皮脂が毛穴に詰まりやすい上に頭皮や毛髪をコーテイングしている皮脂に付着する汚れも多くなり、強い洗浄効果が必要とされます。

一方、皮脂量が少ない人は皮脂膜が薄くなる、あるいは、皮脂膜が欠如することによって頭皮は乾燥気味ですので、強い洗浄力は必要なく頭皮の保湿力を高めるケアが大切になってきます。

 

2種類のシャンプーの使い分けは?

公式サイトの内容をそのまま引用すると、以下のチェック項目に3つ以上該当する人は脂性肌タイプのSCALP SHAMPOO(Oily)を使用し、3項目未満の人は普通/乾燥肌タイプのSCALP SHAMPOO(Normal & Dry)を使用するようになっています。

  • 週に4日以上お酒を飲む
  • 頭皮のベタツキが気になる
  • 頭の臭いが気になる
  • 夕方になると、顔が脂っぽい
  • 毎日、整髪料を使用する
  • 油っぽい食事が多い

 

また、さらに脂ぎっているという人のために、清涼感をアップさせるメントールの配合量を4倍にしたメガOilyと6.5倍にしたギガOilyも新発売されています。
いずれも、配合されている3種類のアミノ酸系洗浄剤はOilyタイプの120%アップとなっています。

 

リプロ薬用スカルプシャンプーの洗浄力のキーとなるのは?

リプロ薬用スカルプシャンプーは洗浄力にこだわりがあるといっても、毛髪が育つ頭皮環境をないがしろにしたのではスカルプケアを名乗ることはできません。

というわけで、他のスカルプケアシャンプーと同じように頭皮に優しいアミノ酸系洗浄剤を使用し、同じアミノ酸系洗浄剤でも微妙に異なる洗浄力を利用して3種類のアミノ酸系洗浄剤を贅沢に配合した「アミノストロングウォッシュα」と命名された新開発された洗浄成分をベースに、脂性肌用と乾燥肌用にそれぞれ補強するアミノ酸系洗浄剤を変えています。

アミノストロングウォッシュα
ラウロイルアスパラギン酸ナトリウム、ラウロイルメチル‐β‐アラニンナトリウム、ヤシ油脂肪酸メチル‐β‐アラニンナトリウム

アミノストロングウォッシュαは、洗浄剤中のアミノ酸の比率をアップさせることで皮脂の溶解力をアップさせた頭皮に優しい洗浄剤で、泡立ちが良くすすぎやすいという効果もあるそうです。

もちろんですが、頭皮に悪影響を与える可能性のあるシリコンや余分な人工物は使っていません。

薬用スカルプシャンプー[Oily]

アミノストロングウォッシュαにヤシ油脂肪酸アシルグルタミン酸ナトリウムを加えた、頭皮がべたつき脂っぽいと感じる皮脂量が多い人に向けて開発された成分で、強い洗浄力と使用後の爽快感をアップさせる効果が期待されます。

薬用スカルプシャンプー[Normal&Dry]

アミノストロングウォッシュαにヤシ油脂肪酸アシルグルタミン酸TEAを加えることで、適度に汚れを落としながらも頭皮の潤いを保てる配合になっています。
ヤシ油脂肪酸アシルグルタミン酸TEAは古くから使われているアミノ酸系洗浄剤の中でも特に皮膚に対する刺激の少ない成分です。

頭皮の状態に合わせて洗浄効果を変えるというのは、いろいろな人の頭皮を見てきたアデランスだからこそと言えるのかもしれませんが、当サイトでも紹介させていただいた大正製薬のリアップエナジーも同じで、アプローチの仕方は違っていても皮脂量に合わせてシャンプーを選ぶことは正解ということなのかもしれません。

 

リプロ薬用スカルプシャンプーの頭皮ケア成分は?

リプロ薬用スカルプシャンプーでは、抜け毛や薄毛はヘアサイクルの各ステップをコントロールしている成長因子が鍵であるという考え方がベースとなっています。

頭皮環境を整えて成長因子を正常に分泌するように細胞を活性化させることが大切で、そのことがハリツヤのある髪の毛を育てて維持するというわけです。

リプロ薬用スカルプシャンプーでは、グリチルリチン酸、ピロクトンオラミンといった抗炎症・抗菌を目的とした薬用成分とは別に、頭皮の保湿、柔軟化、抗菌を目的とした有効成分、さらには、細胞を活性化させる細胞分裂や毛髪生産を促進するためのアミノ酸を含む有効成分などを、天然成分を中心に配合されています。

アルギニン、アスパラギン酸、グリシン、アラニン、セリン、L-バリン、プロリン、トレオニン、L-イソロイシン、ヒスチジン、L-フェニルアラニン、オウバクエキス、ε-ポリリジン10%溶液、イソステアロイル水解コラーゲンAMPD塩、グリセリル‐N-(2-メタクリロイルオキシエチル)カルバメ-ト・メタクリル酸ステアリル共重合体、ウメ果実エキス、シャクヤク浸出液、ハス種子乳酸菌発酵液、チンピエキス、ヒドロキシプロピル-β-シクロデキストリン、アシタバ抽出液、ヒドロキシプロピルキトサン液、N-オクタノイルグリシン、イソプレングリコ-ル、グリセリンエチルヘキシルエ-テル、DPG、乳酸Na液、PCA、DL-PCA・Na液、水酸化ナトリウム、濃グリセリン、ヤシ油脂肪酸アシルアルギニンエチル、シア脂、ラベンダ-油、ユ-カリ油、ハッカ油、チョウジ油

この中のハス種子乳酸菌発酵液やヒドロキシプロピル-β-シクロデキストリン(環状オリゴ糖CD)などはリニューアルに伴って新配合された頭皮の健康成分であり、新しいものをどんどん取り入れていくことで種類が多くなってしまったような感があります。

洗浄と頭皮を育てる成分の説明と種類を聞くと値段の方が心配になってきますが、価格はどうなっているのでしょうか?
リプロ薬用スカルプシャンプーの公式サイトでも、コストパフォーマンスだけはD評価と低くなっています
サロン仕様なので仕方がないということですかね。ところで、いろいろ種類がありますがそれぞれ価格は違うのですか?
いいえ。どれも定価は同じで3,888円となっています。試すのであれば初回限定で50%OFFというものもあります

 

リプロ薬用スカルプシャンプーを使うときのポイント

リプロ薬用スカルプシャンプーはリプロサロン育毛で使用されているシャンプーであり、プロのテクニックが加わることでより効果的に実力を発揮できると考えられます。

そこで、リプロ薬用スカルプシャンプーを購入して使う人のために、アデランスからのアドバイスが二度洗いということです。どんなスカルプシャンプーのサイトにもシャンプー時の頭皮マッサージは解説されていますが、シャンプーの主目的は汚れを落とすことにあり、アデランスではシャンプー時の2度洗いを推奨しているのではないかと推測されます。

頭皮マッサージに気を取られると洗浄が疎かになるケースが多くなるということから、最初は髪の毛の汚れや整髪料を洗い流すためのシャンプーで、2回目に頭皮に付着した皮脂を除くことで頭皮環境を整えることに集中するという洗い方です。

リプロ薬用スカルプシャンプーの「洗浄×育てる」というコンセプトからも分かるように、洗浄と頭皮環境を整えることを確実に実行することの大切さをアピールしているように感じられます。

参照元:ヘアリプロ薬用スカルプシャンプー 公式サイト 初回限定50%OFF
http://www.aderans-shop.jp/shop/pages/teiki50off.aspx

値段は高いけれども、アデランスという毛髪のリーディングカンパニーがリプロ薬用スカルプシャンプーに込めたこだわりはよくわかりました
コストパフォーマンスが気になるのであれば、他のシャンプーと併用するのもよいかもしれません
そうですね。サロンに行くよりも安上がりだし、一度お試しで購入して、少しずつ効果を経験してみたい気もします