ネット上ではまさに育毛剤花盛り?

と思えるほど、育毛剤や育毛剤に関連したシャンプーの種類が沢山あります。

その中にはAGA専門医が自ら監修、あるいは考案した育毛剤、育毛シャンプーも少なくありません。

育毛シャンプーといえば、アミノ酸シャンプーが主流ですが、銀座総合美容クリニックのAGA専門医が石けんシャンプーを考案しました。

何故、石けんシャンプーを作ったのでしょうか?

石けんについて

最近、石けんの使用を勧める皮膚科医が多くなりました。また、ドラッグストアなどでも石けん素材の洗浄剤が多くなりました。

石けんは合成洗剤と比べて、自然や体に優しいと言われています。しかし、扱いにくい洗剤浄剤でもあります。ドラッグストアなどで大量陳列して、大特価で売られているシャンプー剤

は大体、合成洗剤です。安価で使いやすい反面、脱脂力が強くて肌荒れしやすいとよくいわれていることはご存知の方も多いでしょう。

スカルプフォーマットシャンプーは石けんシャンプーではありますが、⁺石けんのデメリットをうまくカバーし、泡立ち良くして使いやすくしてあるそうです。

 

石けんは動植物性の油脂が原料

有名なのが天ぷらの廃油。家庭でも苛性ソーダ―を添加して石けんを作ることができます。

その他、牛脂、ラード、ヤシ油、大豆油、ナタネ油、オリーブ油から石けんを作ることができます。

スカルプフォーマットシャンプーは、ヤシ油を使っています。因みに合成洗剤の主な原料は石油です。

 

石けんが自然に優しい理由

石けんは先ほど紹介した天然油脂と苛性ソーダとの加水分解で作られます。そのため、別名脂肪酸ナトリウムとも呼ばれています。

カルシウムなどのミネラルを多く含んだ硬水の場合、カルシウムと石けんの成分が結合して石けんカスといわれる金属石けんになってしまいます。石けんカスになったということは洗浄力の低下、つまり界面活性剤としての働きが低下したことを意味します。

ここまで読まれた方は「あら、残念」と思われたことでしょう。しかし、デメリットとも言えるこの現象は、考えようによってはメリットになります。

つまり、最後、界面活性剤としての力を失うということは頭皮や皮膚への石けん成分の残留がなく、その界面活性の効果を失った石けん液が流れていく川や土などへの環境汚染も軽減されるということになります。石けん液の濃度が高い時は洗浄力が強く、低くなれば、洗浄力が低下、要するに界面活性の力は弱まるため、皮膚にも環境にも優しい洗浄剤と変化していくわけです。

スカルプフォーマットシャンプーが頭皮環境を整えると言われているのは、色々な理由がある中で、「石けん」であることもその理由の一つと考えられます。

 

合成洗剤のシャンプーが皮膚や環境に悪影響を与えるとされる理由

合成洗剤は石けんカスができやすい石けんのデメリットを補うためにできたと言われています。

つまり、石けんカスができないようにするための色んな物質(水軟化剤など)を添加します。その他にも石けん以上に高性能化を目指して色んな化学物質を混ぜ込み、使用量も石けんよりはかなり減らすことができます。

しかし、合成洗剤は石けんよりもかなり多くの化学物質が含まれ、頭皮や皮膚への刺激はかなり強くなります。また、石けんカスができないことは洗浄力にとってはメリットだとしても、合成洗剤の濃度が薄くなっても界面活性の力は失われないということになります。ということは洗剤成分がいつまでも皮膚などに残留してしまう心配をしなくてはいけません。そのため、すすぎは石けん以上に十分、行わなくてはいけません。特に肌が弱く、刺激を強く受けやすい人は注意しましょう。

※最近は製法、研究の発達などで従来の合成洗剤よりも分解されやすく、肌への残留性を抑えた合成洗剤も市場に出回るようになったようです。

全ての合成洗剤を一括りにして毒性が強いという考え方はもはや、古いと言えるかもしれません。よく表示成分を見て、わからなければ、薬剤師、販売登録者に尋ねてみましょう。

 

石けんシャンプーのデメリットを解消したメソケアプラスシャンプー

石けんでシャンプーすると、石けんカスができてしまいます。先述したように石けんカス自体は無毒化されたもので、合成洗剤の様に残留性を気にする必要はありませんが、髪がごわついたり、軋んだりする原因になるのでできるものなら解消したいものです。

シャンプー後、十分すすいだ後、酸性の液(酢やクエン酸)でリンスすると、軋みが解消されます。

しかし、スカルプフォーマットシャンプーはこのデメリットを石油系界面活性剤やクエン酸などに頼ることなく解決しています。

このシャンプーは石けん成分が基本ですが、アミノ酸系成分も入っています。このアミノ酸系成分との併用で石けんシャンプーのデメリットを解消しています。

口コミの中には、このシャンプーは洗浄力がソフトというのがありました。このシャンプーを考案した医師が皮膚科専門医(AGAは皮膚科の分野)であることを考えれば、当然と思われます。

要するに合成洗剤系のシャンプーでは洗いすぎで、皮脂が減るほど洗う必要がないということでしょう。頭皮に限らず、皮脂の取りすぎなどで起きる皮膚の乾燥はとにかく「NG」と皮膚科専門医たちは考えています。

皮脂は外界の異物がたやすく、皮膚の下に侵入することを防ぐ役目を持っています。もっと、曖昧に言うならば、皮脂の取りすぎさえなければ少々、汚れが残っていてもいい、どうせ、毛穴の下からきれいな皮脂が上がってくるのだから、たまに洗う程度で十分という、医師が最近、マジに増えています。

 

両性界面活性剤が入っている

シャンプーの中に「2-アルキル-N-カルボキシメチル-N-ヒドロキシエチルイミダゾリニウムベタイン」という物質が表示されているのをよく見かけます。

この物質は両性界面活性剤です。〜〜ベタインというのは両性界面活性剤のことです。ただ、ベタインという文字が無くても両性界面活性剤の場合もあります。

スカルプフォーマットシャンプーにはこの両性界面活性剤が入っています。

両性界面活性剤とはアルカリ性水溶液では陰イオン界面活性剤として働き、酸性溶液では陽イオン界面活性剤として働きます。

両性界面活性剤自身は、マイルドで皮膚や髪の毛に優しいと言われるアミノ酸系成分よりもさらにソフトで保湿性があり、刺激性も抑えられています。そのため、洗浄力も弱まりますが、他の洗浄成分との併用で泡立ち、洗浄力が高まるという優れた界面活性剤です。

 

スカルプフォーマットシャンプーとAGA

一般的な石けんシャンプーは低刺激でありながら、洗浄、脱脂力が強いと言われています。そのため、乾燥肌の人には不向きかもしれません。

また、AGAや薄毛が進行して、頭皮の露出部位が広範囲な人は頭皮が乾燥しやすく不向きかもしれません。

しかし、石けんの皮膚に対しての低刺激性など合成洗剤よりもメリットな部分も多くあります。

スカルプフォーマットシャンプーは石けんシャンプーですが、アミノ酸系成分なども添加して石けんのデメリットを補い、頭皮や髪の保湿性を高め、潤いのある髪に仕上げます。

乾燥予防の大切さを知る皮膚科専門医が考えた成分が入っています。

乾燥予防に重きを置いているせいか、やや洗浄力に欠けるようですが、どうしても汚れが気になる時だけ、洗浄力が上回るシャンプーをしっかり泡立てて使用し、その後は再び、スカルプフォーマットシャンプーに戻るという使い方でも、十分に頭皮環境を整えることが可能だと考えます。

必ずしも育毛に結びつかないことがあるかもしれませんが、安全性が高く、育毛以外にも使え、たとえ合わなかったとしても、大きなトラブルに見舞われることがなさそうなシャンプーです。