MONOVOヘアトニックブラックシャンプーは白髪対策シャンプー!その効果とは?

男性向けシャンプー
商品名に「ブラック」という文言が入っている育毛シャンプーはいくつかありますが、MONOVOヘアトニックブラックシャンプーは黒い髪を迎えやすい頭皮に誘導する、すなわち、白髪対策に配慮した育毛シャンプーです。もちろん、育毛シャンプーですので、髪の毛を育むことができる頭皮を構築するための成分も配合されています

男性にとってハゲにつながる抜け毛は大問題ですが、実年齢よりも老けて見える白髪の増加というのも量と年齢によっては深刻な問題です。
年齢とともに少しずつ白髪や抜け毛が増えてくるのは誰にでも起こる話であって、程度にもよりますが、「ある程度は仕方がないかなぁ・・・」とあきらめている人も多いのかもしれませんが、20歳代、30歳代で白髪が増えて目立ってくるとなると人の目が気になりますし、これから結婚を考えている男性にとっては大きな問題となってくる可能性もあるというわけです。

さて、女性の場合は白髪になるならカラーリングを楽しもうということで、毛染めをオシャレの一環にするという方も居られるかもしれません。
しかし、仕事をしている男性は染めるとしても黒という人が多いですし、一日の疲れを癒すために入っているお風呂で手間暇をかけて毛染めをしなければならないというのも大変ですので、育毛シャンプーだけで抜け毛と白髪の進行を抑えることげできるというのは期待感も大きいのではないかと思います。

MONOVOヘアトニックブラックシャンプーは、抜け毛対策はもとより、白髪対策も兼ね備えているという男性向けの育毛シャンプーであり、シャンプーだけで髪の毛がサラサラになるというトリートメントいらずですので手間もコストも抑えることができるということです。

MONOVOヘアトニックブラックシャンプーでは

MONOVOヘアトニックブラックシャンプー MONOVOヘアトニックグロウジェル
特徴 これ一本で若々しいツヤ黒髪へ

・アミノ酸系をベースにした洗浄成分
・厳選された天然植物エキス31種類を独自配合
・MELITANE GL200(アセチルヘキサペプチド-1)で黒い髪を迎えやすい頭皮環境
・ノンシリコン、硫酸系界面活性剤や合成着色料不使用

抜け毛予防、育毛、薄毛、フケ、かゆみをサポート

・センブリ、カンゾウなどの和漢成分を凝縮配合
・無添加・無香料

分類 化粧品 医薬部外品
内容量 300mL 100mL
通常価格(税抜き) 4,500円
11,300円

参照元:スカルプケア「ヘアトニックブラックシャンプー」MONOVO

MONOVOヘアトニックブラックシャンプーは育毛の説明があまりないようですが・・・?
そうですね。キャッチコピーも「染めない新習慣」ということで、説明の中心は白髪対策に特化されているようです。育毛対策としてはMONOVOヘアトニックグロウジェルとセットにして販売していることから育毛効果はあまり期待できないのかもしれません。まぁ、「31種類の天然植物成分」というのが発毛に関わる頭皮環境の改善に貢献していると考えられますが・・・
白髪対策というのが「MELITANE GL200」ということですね。31種類の植物成分というのは、アミノ酸系の洗浄成分と合わせてMONOVOヘアトニックブラックシャンプーの育毛の中心になりそうなので検証していただいた方が良さそうです
今回はMONOVOヘアトニックブラックシャンプーについて検証いたしますが、MONOVOヘアトニックグロウジェルというのは抜け毛の気になるところにスポット的に育毛効果を強化するタイプの育毛剤のようです

 

ブラックという名前のついている育毛シャンプーで白髪対策はMONOVOヘアトニックブラックシャンプーだけ!?

MONOVOヘアトニックブラックシャンプーのように商品名に「ブラックシャンプー」という言葉が入っていると「白髪に良いのかな・・・?」と考えがちです。

商品名に「ブラック」あるいは「ブラックシャンプー」という言葉が入っているシャンプーは、本サイトでもご紹介させていただいているプレミアムブラックシャンプーイクオスブラックシャンプー、さらに、ブラック・ケアシャンプー、DHCブラックコンディショニングシャンプー 、ロレッタのデビルブラックシャンプーなどいくつかあります。
しかしながら、MONOVOヘアトニックブラックシャンプー以外は、洗浄効果をアップさせるために炭化したクレイや備長炭の微粉末をを配合、すなわち、シャンプーそのものが黒い液体であるシャンプーであって、白髪対策に特化しているというわけではありません。

MONOVOヘアトニックブラックシャンプーは、髪の毛が抜けにくい頭皮ケアをするとともに、黒い髪の毛を維持する効果が期待できる成分であるMELITANE GL200が配合されていることを特徴とする育毛シャンプーです。

MONOVOヘアトニックブラックシャンプーの特徴

  1. アミノ酸系をベースにした洗浄成分
  2. 厳選された天然植物エキス31種類を独自配合
  3. MELITANE GL200(アセチルヘキサペプチド-1)で黒い髪を迎えやすい頭皮環境を構築
  4. ノンシリコン
  5. 硫酸系界面活性剤や合成着色料の不使用
白髪対策が特徴のわりには、黒い髪を迎えやすい頭皮環境へ導く効果は3番目なんですね
そうなんです。MONOVOヘアトニックブラックシャンプーは育毛シャンプーなので、しっかりした髪の毛を育む頭皮環境というのが絶対条件にあるみたいです
先ずは、他の「ブラックシャンプー」にない黒髪効果というのを教えていただけますか?

 

MONOVOヘアトニックブラックシャンプーに配合されているMELITANE GL200とは?

黒い髪の毛を誘導するというMELITANE GL200はLUCAS MEYER COSMETICS(ルーカスマイヤーコスメティックス)社から販売されているアセチルヘキサペプチド‐1を有効成分とする商品名であり、アセチルヘキサペプチド‐1は、アラニン、アルギニン、ヒスチジン、ロイシン、フェニルアラニン、トリプトファンというの6つのアミノ酸によって構成されているペプチド誘導体です。

LUCAS MEYER COSMETICS社の公式サイトによると、MELITANE GL200は髪の毛の色素であるメラニンの合成を促すα-MSHというメラノサイト刺激ホルモンと同様の作用があることが髪の毛を黒くする作用につながるように解説されています。
MELITANE GL200は皮膚におけるメラニンの合成も刺激しますので、皮膚の紫外線対策の目的で使用することができる成分であり、化粧品などで皮膚の保護剤やコンディショニング剤としても使用される成分です。

髪の毛が白髪になるメカニズム

髪の毛の黒い色の原料となっているのはメラノサイトという細胞が生産するメラニンと呼ばれる色素たたんぱく質であり、メラノサイトがメラニン色素を合成するように誘導する物質がメラノサイト刺激ホルモンです。
毛母体と呼ばれる毛乳頭の表面部分には毛母細胞とメラノサイトが混在しており、血液から供給される栄養素を利用して毛母細胞が分裂して順次角化していくことによってケラチンでできた髪の毛が育まれ、分裂した毛母細胞にメラノサイトが生産するメラニン色素が混在することによって髪の毛に色がつきます。
逆に、毛母細胞が活発に分裂して髪の毛が成長しても、メラノサイトのメラニン生産能力が低下していたり生産されたメラニン色素が効果的に毛母細胞に転送されなければ、髪の毛の色は角化した毛母細胞、すなわち、ケラチンを主成分とする白いたんぱく質だけの白髪になってしまうというわけです。

参照元:LUCAS MEYER COSMETICS公式サイト PRODUCT ”MELITANE ”
池田物産株式会社 化粧品原料検索データベース MELITANE GL200

LUCAS MEYER COSMETICS社と言えば育毛剤や育毛シャンプーでは有名なキャピキシルを販売している会社ですよね。同じ会社のMELITANE GL200を使うのならばMONOVOヘアトニックブラックシャンプーでは何故キャピキシルを配合しなかったのでしょうか?
会社の事情までは分かりませんが、コスト的な問題もあるのかもしれませんし、MONOVOヘアトニックブラックシャンプーでは白髪対策ということに注力しているということもあるのかもしれません。そこで、育毛効果が満足できない方のためにMONOVOヘアトニックグロウジェルを用意したのではないでしょうか?!
MONOVOヘアトニックブラックシャンプーの育毛対策というのが、公式サイトでも言われている31種類の植物成分というわけですね
頭皮に優しいアミノ酸系を中心とした洗浄剤やシリコン・合成着色料を使用しない配合というのも頭皮をケアする上で大切ですが、それは他の育毛シャンプーでも実行されていることですので、育毛に関する特徴となると配合されている植物成分ということになります

 

MONOVOヘアトニックブラックシャンプーのスカルプケア成分は?

MONOVOヘアトニックブラックシャンプーにはキャピキシルのような話題の育毛成分は配合されていませんが、アミノ酸系をベースにした洗浄成分や頭皮に余分な刺激を与える可能性のある成分を排除するという育毛シャンプーならば当然ともいえる配慮もされていますし、頭皮をケアする「厳選された天然植物エキス31種類を独自配合」というのもポイントになっています。

 

MONOVOヘアトニックブラックシャンプーの洗浄効果は?

頭皮に優しい洗浄成分というのは、頭皮への刺激が少ない分だけ洗浄力も弱くなってしまうというデメリットもあります。

MONOVOヘアトニックブラックシャンプーの洗浄成分

ココイルグルタミン酸TEA(アミノ酸系界面活性剤)、コカミドDEA(非イオン性界面活性剤)、ラウラミドプロピルタイン(両性界面活性剤)、加水分解ケラチン(ダメージヘアの補強)、ポリクオタニウム-7(帯電防止)、ポリクオタニウム-10(帯電防止)、ジラウロイルグルタミン酸リシンNa(ダメージヘアの補強)

洗浄力の弱いアミノ酸系界面活性剤をカバーするために泡立ちの良い非イオン性界面活性剤や両性界面活性剤を使用していますが、洗浄力不足に不満を持つと言われる他の育毛シャンプーと大きな差があるわけではありません。
従って、洗浄力に関してはMONOVOヘアトニックブラックシャンプーも不満を持たれる方がおられるかもしれませんが、皮脂が多めの方はともかく乾燥気味という方には十分使用可能かと思われます。

加えて、ダメージヘアの補修を行い、毛髪表面の静電気を防止することができる成分が配合されることによって、MONOVOヘアトニックブラックシャンプーだけでトリートメントをした後のような髪の毛のサラサラ感が実現できるようになっています。

ここまでは、MONOVOヘアトニックブラックシャンプーの特徴というよりも、メリットもデメリットも含めて通常の育毛シャンプーの特徴ですね
まぁ、そういうことですね。やはり、31種類の植物成分というのを検証する必要がありそうです 。実は、公式サイトには「厳選された天然植物エキス31種類を独自配合」と書かれているのですが、公開されている成分を見る限り、植物成分そのものは31種類以上含まれています

 

MONOVOヘアトニックブラックシャンプーの植物由来成分とは?

MONOVOヘアトニックブラックシャンプーに配合されているという植物由来成分は全部で37種類あり、以下に全ての植物成分を書いておきます。

MONOVOヘアトニックブラックシャンプーに配合されている植物由来成分

グリチルリチン酸2K、オタネニンジン根エキス、褐藻エキス、センブリエキス、ボタンエキス、ヒキオコシ葉/茎エキス、ニンニク根エキス、ローマカミツレ花エキス、ゴボウ根エキス、アルニカ花エキス、セイヨウキズタ葉/茎エキス、オドリコソウ花/葉/茎エキス、オランダガラシ葉/茎エキス、セイヨウアカマツ球根エキス、ローズマリー葉エキス、フユボダイジュ花エキス、トウキ根エキス、シャクヤク根エキス、マグワ根皮エキス、クララ根エキス、ワレモコウエキス、ノイバラ果実エキス、アロエフェロックス葉エキス、ハベルレアロドペンシス葉エキス、ビート根エキス、チャ葉エキス、ドクダミエキス、サトウキビエキス、ヨモギ葉エキス、ザクロ花エキス、ダイズ種子エキス、ユーカリ葉油、ローマカミツレ花油、ラベンダー油、レモン果皮油、オレンジ油、ハッカ油

他の育毛シャンプーや育毛剤と比べて際立って珍しい植物成分というものはありませんが、頭皮ケアに必要とされる抗炎症、保湿、抗酸化、血流改善効果が期待される成分が網羅されており、育毛シャンプーでここまで多くの植物成分が配合されているというのが珍しいということかもしれません。

見慣れない成分としてはハベルレアロドペンシス葉エキスというのがありますが、長い間水を与えない状態からでも水を与えると復活することから「復活草」とも呼ばれるハベルレアロドペンシスという植物のエキスです。
メカニズムは分からないので、ハベルレアロドペンシス葉エキスを配合することでどの程度の効果が有るのかというのは未知数ですが、頭皮に保湿力を与える効果を期待してのことかと推測されます。

ありきたりとはいえ、数が多いというのがMONOVOヘアトニックブラックシャンプーの特徴ということですか?
そう言ってしまうと身も蓋もありませんが、現実的にはそういうことかと思いますし、公開されていない配合比というところもオリジナリティの一つかと思います
総合的に考えると、育毛シャンプーとしての機能で他の育毛シャンプーに負けることのない成分が配合されている上に、白髪対策に特化したMELITANE GL200が配合されているということが大きなポイントになっているように感じられます

 

MONOVOヘアトニックブラックシャンプーの育毛効果と白髪対策に関する総括

MONOVOヘアトニックブラックシャンプーは、スカルプケアということに関しては他の育毛シャンプーと大きな差は無いように思われますが、他の育毛シャンプーと差別化するための最大の特徴というのがMELITANE GL200という白髪を抑え黒い髪を実現するという点にあると考えられます。

MONOVOヘアトニックブラックシャンプーの特徴

  • アミノ酸系をベースにした洗浄成分
  • 厳選された天然植物エキス31種類を独自配合
  • MELITANE GL200(アセチルヘキサペプチド-1)で黒い髪を迎えやすい頭皮環境を構築
    ノンシリコン
  • 硫酸系界面活性剤や合成着色料の不使用

毛が抜けてハゲになるくらいなら白髪の方がましということもあるかと思いますが、実年齢よりも老けて見える白髪の増加というのは、若い人、特に、未婚の方にとっては深刻な問題になるケースもあります。

白髪については17型コラーゲンの影響によってバルジ領域の環境が乱れてしまうことで毛乳頭にメラノサイトを供給する色素幹細胞が維持されなくなり、結果的に、メラノサイトが減少することで白髪になってしまうという報告もありますが、メラノサイト刺激ホルモンと同じ働きのあるMELITANE GL200の作用はそれらとは全く別の効果と考えることができます。

17型コラーゲンの合成能力と白髪の関係性も含めた白髪に関する情報については以下の関連記事で詳細に解説しておりますので、白髪に悩んでおられる方は合わせて読んでいただければと思います。

関連記事:
白髪を抜けば白髪が増える?本当?ウソ?
白髪と薄毛の研究から見出された17型コラーゲンは髪の毛の老化の救世主になるのか?!

コメント

タイトルとURLをコピーしました