育毛剤育毛シャンプーなどを比較して情報提供しているサイトは、プロテク頭皮ストレッチシャンプーを「育毛シャンプーらしくない」と判定しているところが多々あります。
はい、私もそう感じております。

市場に出ている一番新しいプロテク頭皮ストレッチシャンプーのテーマは、「頭皮柔軟化」です。今までは「頭皮正常化」でした。
頭皮正常化というのは「皮脂の除去」ということのようですが、現在は皮脂の役割を重んじている傾向が強いことを思えば、単に皮脂の除去ではなく「過剰な」皮脂の除去とすべきだったのではと思います。

このような書き出しからしておそらく、このプロテク頭皮ストレッチシャンプーを少々批判しようとしているのではと、読んでくださっている皆さんは早くも感じ取られているのでは?

頭皮柔軟化というけれど、この成分ではプラスマイナスゼロになりませんか?

先代のプロテク頭皮ストレッチシャンプーのテーマが「皮脂除去で頭皮正常化」でしたね。

そのためなのでしょうか、ラウレス硫酸ナトリウムという安価で非常に洗浄力が強い成分(合成界面活性剤)が配合されています。

洗浄力が強いということは、脱脂力も強いということです。
そのため、頭皮への刺激も強く、皮膚の弱い人、乾燥肌の人は避けたい成分です。

ラウレス硫酸ナトリウムの後に表示されている「ラウリン酸アミドプロピルベタイン液」も洗浄成分です。
こちらは植物性の洗浄成分で、赤ちゃんのようなデリケートの人でも安心して使え、コンディショナーとしても活用できます。

 

ラウリン酸アミドプロピルベタイン液はラウレス硫酸ナトリウムの刺激を緩和するために配合

ラウリン酸アミドプロピルベタイン液は、ラウレス硫酸ナトリウムの刺激性や脱脂力の強さを回避するために配合されたと考えられます。

先代のプロテク頭皮ストレッチシャンプーのテーマ「皮脂除去」に合わせた配合なのでしょうが、他の育毛シャンプーでは皮脂の除去に対して高級な保湿性のあるアミノ酸系の洗浄成分を使用しています。

今度、リニューアルされた現在のプロテク頭皮ストレッチシャンプーのテーマは、「頭皮柔軟化」です。

 

先代と現在のプロテク頭皮ストレッチシャンプーに入っているモノラウリン酸ポリグリセリル

モノラウリン酸ポリグリセリルは非イオン系の界面活性剤という洗浄成分でありながら、低刺激でマイルドな性質を活用し、保湿などの目的で配合されることも少なくありません。

公式サイトによると、モノラウリン酸ポリグリセリルは洗浄成分として配合したとありました。
この成分は先代にも入っています。

 

頭皮柔軟化とは「乾燥を防止」すること

つきたてのお餅は非常に柔らかく。時間が経過すると、乾燥して硬くなっていきます。
ということは、頭皮柔軟化とは乾燥を防止するということです。

そのため、乾燥しないように保湿成分が配合されています。

ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル・オクチルドデシル)ショウキョウエキス(ショウガ根茎エキス)が保湿成分に相当すると、公式サイトでは掲載されています。

公式サイトでの指摘はありませんでしたが、「海藻エキスー5」も保湿成分になるでしょう。先代のプロテク頭皮ストレッチシャンプーには配合されていませんでした。

 

プラスマイナスゼロと評価した理由

① 「頭皮柔軟化」がテーマの現在のシャンプーにも、皮脂除去がテーマだった先代に配合されていたラウレス硫酸ナトリウムが表示の筆頭に上げられるほどしっかり入っています。

頭皮柔軟化とは頭皮の皮脂を取り過ぎないことも重要なことと考えた場合、脱脂力の強いラウレス硫酸ナトリウムを配合するのはどうなのでしょうか?
せめて皮脂を取り過ぎない洗浄成分のアミノ酸系界面活性剤を配合するべきではないでしょうか?

② 現在のプロテク頭皮ストレッチシャンプーにはテーマにあわせ頭皮を柔軟にする保湿成分(前出)が入っているが、配合されているラウレス硫酸ナトリウムのせいで新成分よる保湿効果は低下し、結局プラスマイナスゼロ」にならない?

ラウレス硫酸ナトリウムがどれぐらい入っているかによります。
ただ、医薬部外品は医薬品のように配合量の表示が必要ないので、どれぐらい配合されているのか不明です。
皮膚を刺激するほど、つまり強力な洗浄力(脱脂力)を保持できるほど配合されているのか、あるいは、添加程度なのかによります。
添加程度なら頭皮を乾燥させるほどの力はないでしょうが、表示の位置が筆頭、要するに保湿成分よりもたくさん入っているのでしょうから、頭皮への刺激はそれなりにあるのかもしれませんね。

少しゴチャゴチャ言いすぎましたが、結論として、たしかに先代のシャンプーよりは頭皮柔軟化の実現は可能だと思われますが、ラウレス硫酸ナトリウムの濃度に変化はないのであれば、先代よりは頭皮を柔らかくし、現在のプロテク頭皮ストレッチシャンプーに新しく入った保湿成分などが配合されたほど、頭皮の柔軟化は期待できないということになります

すなわち、先代と現在のシャンプーは頭皮柔軟化に関しては、プラスマイナスゼロという関係になると考えます。

このあたりの考察を踏まえたシャンプーの評価はいかのページにも纏めています。

関連記事

育毛シャンプーおすすめ比較ランキング 実際に薄毛解消した口コミ評価体験談

 

先代と現在のシャンプーをテーマで違いを演出させようとした努力はわかるのですが、他のサイトでも指摘されているように頭皮柔軟化を目指すための洗浄成分の選択に配慮してもっと思い切った差別化をしなければ、「頭皮柔軟化」のテーマで作ったシャンプー剤として目立たないのではないでしょうか?

あと、プロテク頭皮ストレッチシャンプーで気になるのが、有効成分であるピロクトンオラミンという部分です。ピロクトンオラミンは先代にも現在のものにも配合されています。

公式サイトでは、ピロクトンオラミンを入れる目的をふけ、かゆみを防ぐ」ために配合したと掲載されています。

 

ピロクトンオラミンは選択的に細菌を死滅させることができない?

ピロクトオラミンは強い殺菌効果を持っているため、皮脂と細菌がくっつき、ふけ、痒みなどをもたらす脂漏性皮膚炎などの予防には有効だと考えられます。

しかし、皮膚には悪い菌ばかりではなく、皮膚の健康を守ろうとする良い菌も存在しています。
ピロクトンオラミンは。菌を選択的に殺菌することはできません。

となると、ピロクトオラミンが配合されたシャンプーを毎日、毎日,続けて使用すると、良い菌まで殺菌されてしまうことにならないでしょうか?

どの程度、配合されているのかは表示されていないので憶測に過ぎないのですが、プロテク頭皮ストレッチシャンプーでの表示のされ方は無視することはできない量だと予測します。
皮脂が多い人であれば、ピロクトンオラミンで殺菌をし、皮脂と結びつく細菌を減らすことでふけ、かゆみを抑えることが可能でしょう。

従って、自分の頭皮環境の状態をよく知り、プロテク頭皮ストレッチシャンプーの使用量、使用回数などを考えることが、このシャンプーと上手につきあっていく一つの方法といえるかもしれません。

 

まとめ

今回ご紹介させていただいた内容は以下の通りです。

この記事の内容まとめ
  •  「頭皮柔軟化」のシャンプーとしてプロテク頭皮ストレッチシャンプーは成り立つかどうかは問題
  •  頭皮の柔軟化とはどういうこと?
  • プロテク頭皮ストレッチシャンプーに入っているピロクトンオラミンの量は、他のシャンプーと比べて多い?
  • ピロクトンオラミンは殺菌効果があるが、細菌に対して選択毒性がないため、使用しすぎは良い菌まで殺菌してしまう。有効に利用する方法を検討する必要がある

現在のプロテク頭皮ストレッチシャンプーのテーマである「頭皮柔軟化」は、柔軟化させる成分を旧品に加えられただけでクリアされているようになっているところに少々疑問が残ります。

「頭皮柔軟化」と「皮脂除去……」は相反するテーマのように思えるのですが、皮脂除去を解決せずにそのまま、頭皮柔軟化成分を加えているような成分配合になっているのではないでしょうか?
頭皮柔軟化は乾燥防止が基本ですから、やはり、ラウレス硫酸ナトリウムの使用は控えてほしかったと思います。