リアップエナジーは大正製薬株式会社のオンラインショップと一部のショッピングサイトで限定的に販売を開始されたスカルプケアーシャンプーです。リアップと言えば、テレビコマーシャルでも観ることがあるミノキシジルを配合している国内有数の発毛剤ですが、リアップエナジーは日本の発毛業界を牽引してきたリアップの名前を配した育毛シャンプーであることからも、大正製薬株式会社の力の入れようが感じられます

大正製薬株式会社が1999年にミノキシジルを1%含有したリアップを発売して以来、リニューアルやバージョンアップを繰り返しながら、現在のリアップX5プラスという主力商品に至っている人気の発毛剤です。

リアップをご使用いただくために同時に発売されたのがプレリアップスカルプシャンプーという育毛シャンプーですが、リニューアルや商品の追加をしながらとはいえ、長期間にわたりリアップシリーズとプレリアップシリーズという組み合わせで発毛・育毛業界をリードしてきました。

このような背景のもと、2017年11月にリアップの商品コンセプトに合致したリアップエナジーというスカルプシャンプーが発売開始されたわけですが、日本におけるミノキシジル配合の外用発毛剤の特許が切れたことで2018年後半から次々と発売されだしたスカルプDメディカルミノキ5、リグロEX、ミノアップといったミノキシジル配合の競合品が世の中に出てくる前にスペシャルな育毛シャンプーとして発売されたのではないかとも感じられます。

特に、発毛剤として有名なリアップに対して育毛シャンプーのスカルプDとして知られるアンファー株式会社のスカルプDメディカルミノキ5に対する対抗意識は尋常ではないと推測されます。
ちなみに、スカルプDメディカルミノキ5の発売は2017年10月の予定であったものが添付文書の不備などによって2018年8月に延期されたという経緯があることから、リアップエナジーはスカルプDメディカルミノキ5の発売に合わせたスカルプDの育毛シャンプーを意識した商品に感じられるというわけです。

リアップエナジー薬用スカルプシャンプー&薬用スカルプパックコンディショナー
ストロングオイリーシャンプー オイリー ドライ パックコンディショナー
適用肌タイプ 超脂性肌用 脂性肌用 乾燥肌用
特徴 頭皮の潤いを残しながら頑固なベタツキを洗い流します。
リニューアルでボタニカルフレッシュ成分を新配合。
頭皮の潤いを残しながら余分な皮脂を洗い流し、頭皮を清潔にします。
リニューアルでボタニカルバランス成分を新配合。
乾燥しがちな頭皮に潤いを保つ海藻由来成分で髪や頭皮の汚れをやさしく洗います。
リニューアルでボタニカルモイスト成分を新配合。(乾燥によるフケ・かゆみを抑えます)
硬くなった頭皮に潤いと柔軟性を供給します。
リニューアルで、毛髪ケア成分のアルギニンにタウリンとボタニカルバランス成分新配合。
分類 医薬部外品 医薬部外品 医薬部外品 医薬部外品
内容量 400mL 400mL 400mL 400mL
通常価格(税込) 3,900円 3,900円 3,900円 3,900円

参照元:大正製薬ダイレクトオンラインショップ リアップエナジー

リアップエナジーは、リアップシリーズ、すなわち、ミノキシジルの育毛効果を効果的に利用するために頭皮環境を整えるためのスカルプシャンプーというのが商品コンセプトになっており、頭皮の皮脂の状態に合わせて3つのタイプのシャンプーが用意されています。
そして、シャンプーは所詮は10分程度でしっかり洗い流すために表面的な頭皮ケアにとどまることになりますので、シャンプー後に頭皮ケア成分を頭皮の奥まで浸透させるとともに洗浄後の毛髪のケアを充実させるために薬用スカルプパックコンディショナーの使用が推奨されています。

ここまで見ても分かるように、頭皮のタイプに合わせた育毛シャンプーであるということだけでもスカルプDの育毛シャンプーと同じ考え方になっており、価格も3,900円(税込)と同じです。

リアップエナジーの商品ラインナップはスカルプDの薬用スカルプシャンプーと構成が似ていますね
頭皮のタイプに合わせてシャンプーの機能を変えるというのはスカルプD薬用スカルプシャンプーの構成と同じですし、価格も同じです。2017年11月に発売開始されたときには化粧品であったものが、2018年11月にリニューアルされて医薬部外品となり、ますます、似たような商品というイメージです
でも、どこか違いはあるんですよね?
スカルプDでは豆乳発酵液というオリジナル成分が配合されているのに対して、リアップエナジーはボタニカル成分を中心になっていることが特徴のようですので、リアップエナジーのコンセプトから検証してみましょう

ちなみに、スカルプDの薬用スカルプシャンプーに関する情報は以下の記事で詳細にご紹介させていただいておりますので、そちらも合わせてみていただければと思います。

関連記事:スカルプDのシャンプーは進化するスカルプケアシャンプー !口コミ評判通りの効果が期待できるか徹底分析

 

大正製薬のリアップエナジーのコンセプト

スカルプシャンプーというぐらいですから健康的なスカルプ、すなわち、頭皮を維持するために必要な成分が配合されたシャンプーであることは間違いありません。

同社のニュースリリースでは、リアップエナジーがお客様に提案するのが「ヘアサイクルに着目したライフタイムスカルプケア」ということになっています。
ライフタイムスカルプケア」という言葉は「 生涯を通じて頭皮環境に応じた手入れ」という意味が込められているそうです。

さらに、リニューアルしたリアップエナジーでは、皮脂や汚れを取り除きながらも頭皮に潤いと柔軟性を与えることで頭皮の代謝をサポートするボタニカル成分を配合しています。

参照元:大正製薬株式会社 公式サイト ニュースリリース 未来に、力を。「RIAPUENERGY(リアップエナジー)」新発売
大正製薬株式会社 公式サイト ニュースリリース 「リアップエナジー薬用スカルプシャンプー」、「リアップエナジー薬用スカルプパックコンディショナー」発売

リアップエナジーでは生活習慣や健康状態、あるいは、年齢といった要因で変化する頭皮の状態に合わせてシャンプーを選択することが将来起こるかもしれない薄毛や脱毛のリスクを低減させるという考え方がスタート地点にあり、次のステップでは、頭皮の代謝能力をアップするための成分を追加したというわけです。
言い換えるならば、リアップエナジーは髪の毛が生える畑である頭皮を肥沃にする効果によって、「今日の頭皮と、未来の髪に」を実現するために開発された育毛シャンプーであるということになります。

リアップエナジーはミノキシジルが有効に働くための頭皮環境づくりの育毛シャンプーということですか?
ミノキシジルは血管拡張作用と成長因子の活性化で髪の毛を育む発毛成分ですので、確実に汚れを落としながらも広がった血管内を血液が流れやすい環境を作るための育毛シャンプーが大切であるというわけです
ということは、それぞれのシャンプーの洗浄効果の違いと追加配合されたというボタニカル成分がポイントになってきそうですね

リアップシリーズの発毛剤やミノキシジルの効果については以下の記事で詳細にご紹介させていただいております。

関連記事:リアップの成分から効果や副作用・ジェットや女性向けリジェンヌなどの使い方や通販価格も解説

 

リアップエナジーの注目する皮脂の調整と抜け毛の関係とは?

毛髪の成長を妨げる大きな因子としては、

●テストステロンがジヒドロテストステロン(DHT)に変換されることによる毛髪の成長期の短縮
●毛穴から分泌される皮脂の増加

の二つが挙げられます。

もちろん、DHTを抑えることは発毛・育毛にとって重要であることは否定できませんが、テストステロンの量が正常であったとしても皮脂の分泌が異常な場合も抜け毛が増加するというのも事実であり、頭皮に存在する皮脂の量を正常にすることも発毛・育毛にとって重要です。

  • 毛穴にある皮脂腺から分泌される皮脂は汗と混ざって薄皮脂膜を形成し頭皮や毛髪が乾燥するのを防ぐバリアのような働きをしますので、皮脂の量が減ってくると頭皮の保水力が低下し、乾燥傾向になってきます。
  • 皮脂が多すぎる場合には汚れが付着しやすくなりますし、皮脂を餌としている頭皮の常在菌が繁殖してフケや痒みの原因となることもあります。

すなわち、皮脂というのは全く要らないというわけでもありませんし、多すぎても問題があるということになり、適切な量に維持することが大切というわけです。

 

リアップエナジーが提唱するライフタイムスカルプケアの重要性とは?

先に申し上げたように、リアップエナジーは頭皮の変化に合わせて適切なシャンプーを選択するように配慮することが将来の髪の毛にとって大切であるというライフタイムスカルプケアを提唱しています。

頭皮の状態というのは遺伝的な体質などによる個人差が大きいものですし、同一人物であっても、食事や運動量などの生活習慣や加齢に伴う代謝能力の低下、ホルモンバランスの変化によっても頭皮の状態は大きく変わってくる可能性があります。

皮脂はワックスエステル、スクアレン、トリグリセライドといった脂肪酸を中心に構成されており、毛根にある皮脂腺の細胞によって生産されていますが、体脂肪がたまりやすいような生活習慣であれば皮脂の量も多くなってきます。

言い換えるならば、人の体で脂肪酸を生産する代謝経路は食事で摂られる炭水化物や脂肪を利用してつくられますが、皮脂の原料も同じですので、血液中の中性脂肪が多い人は皮脂の量も多くなる可能性が非常に高いというわけです。
逆に、体脂肪の少ない人は皮脂量も少ない傾向にあるわけですが、加齢に伴う代謝能力の低下によってお肌のターンオーバーが延長されるようになると乾燥肌はより悪化することになります。

現在使っているシャンプーが気に入っているからといって、頭皮の変化に気づかずに同じシャンプーを使っていると今は良くても将来の抜け毛・薄毛に大きく影響することになります。

 

リアップエナジーは頭皮の状態に合わせて3つの製品を使い分けれる

リアップエナジーでは頭皮の状態に合わせて、三つのタイプのシャンプーと髪の毛の強度を高めてボリューム感を出すためのコンディショナーが用意されています。

  1. リアップエナジー薬用スカルプシャンプーストロングオイリー(超脂性肌用):頭皮のベタつきが気になる方向け
  2. リアップエナジー薬用スカルプシャンプーオイリー(脂性肌用):頭のニオイが気になる方向け
  3. リアップエナジー薬用スカルプシャンプードライ(乾燥肌用):頭皮のかさつきが気になる方向け

リアップエナジーがリニューアルされた際に医薬部外品に変更されていますが、その根拠となる有効成分は3種のシャンプーに共通している消炎鎮痛効果と角質軟化作用のあるサリチル酸です。

リニューアルされたスカルプエナジー薬用スカルプシャンプーに共通する三つの特徴が以下の通りです。

  1. ボタニカルリフレッシュ成分を新配合
    タウリン(収れん)、オウレンエキス(抗菌、消炎)、オウバクエキス(消炎、保湿)
  2. きしみの少ない洗い心地と洗浄力(洗浄成分の配合割合を変えることで各頭皮タイプに対応
    テトラデセンスルホン酸ナトリウム液、ヤシ油脂肪酸アミドプロピルベタイン液、ヤシ油脂肪酸ジエタノールアミド、ラウリルヒドロキシスルホベタイン液、濃グリセリン、ポリオキシエチレンヤシ油脂肪酸グリセリル、塩化O-[2-ヒドロキシ-3-(トリメチルアンモニオ)プロピル]ヒドロキシエチルセルロース
  3. 洗浄後の爽快感を醸し出すアロマ成分

さらに、これら3種の薬用スカルプシャンプーに加えて、リアップエナジーパックコンディショナーが頭皮のタイプに関係なく、血管拡張作用のあるアルギニンに頭皮を引き締めるタウリンにアマチャヅルエキスの抗酸化力とドクダミエキスの抗炎症作用によって頭皮に潤いと柔軟性を供給します。

 

リアップエナジー薬用スカルプシャンプーストロングオイリーの成分とは?

皮脂量の多い人は午後になると額がべたつくほどという人もおられますが、そこまで皮脂の量が多くなると、通常のシャンプーでは洗浄力不足で洗浄後もベタベタしているというようなこともあります。
そんな方には強力な洗浄効果のあるシャンプーが必要になりますが、強すぎると皮脂が減りすぎて新たな皮脂膜が形成されるまでの水分保持に問題が生じることも懸念されます。

リアップエナジー薬用スカルプシャンプーストロングオイリーでは、洗浄力の強い硫酸系界面活性剤を配合しながらも、最小限にとどめて不足する洗浄力を頭皮への刺激が少ないアミノ酸界面活性剤と気泡力の両性界面活性剤でカバーするように設計されています。

リアップエナジー薬用スカルプシャンプーストロングオイリーの頭皮ケア成分

有効成分:サリチル酸(消炎、角質軟化)
その他の頭皮ケア成分:オウレンエキス(抗菌、消炎)、オウバクエキス(消炎、保湿)、タウリン(収れん)、サンショウエキス(抗菌、血流促進)、オランダカラシエキス(抗菌・血行促進)、サボンソウエキス(洗浄)、レモングラス抽出液(抗菌)、シモツケソウエキス(抗糖化)

ストロングオイリーは超脂性肌用ということもあって、洗浄力は強めということですか? 抗菌性のボタニカル成分も多いようですが・・・?
確かに洗浄力を強くしなければ洗浄後に余剰の皮脂が残ってしまう可能性のある方に向けたシャンプーですので、汚れを完全に落とすために洗浄力は強くなってしまいます。皮脂が過剰に存在する方は脂漏性脱毛症を起こしやすいので、抗菌成分も多くなります

 

リアップエナジー薬用スカルプシャンプーオイリーの成分とは?

日中は頭がべたつくというわけではありませんが、夜になると額のべたつきや頭のにおいが気になるというような人は、酷くはないにしても、結構オイリーと考えた方が良いということです。

リアップエナジー薬用スカルプシャンプーオイリーでは、洗浄力の強い硫酸系界面活性剤の量を抑えて気泡力の高い両性界面活性剤の割合が多くなっており、洗浄力不足をアミノ酸系界面活性剤で補うような形に設計されています。

リアップエナジー薬用スカルプシャンプーオイリーの頭皮ケア成分

有効成分:サリチル酸(消炎、角質軟化)
その他の頭皮ケア成分:オウレンエキス(抗菌、消炎)、オウバクエキス(消炎、保湿)、タウリン(収れん)、アマチャヅルエキス(抗酸化)、ドクダミエキス(血行促進)、シナノキエキス(抗酸化)、ウーロン茶エキス(抗酸化)、セイヨウハッカエキス(爽快感)、l-メントール、

ストロングオイリーと比べると、抗酸化成分が多くなっていますね
想像ですが、洗浄力を抑えて必要な皮脂を残すように洗浄するリアップエナジー薬用スカルプシャンプーオイリーでは、活性酸素により皮脂が酸化したり頭皮のハリ・ツヤ成分が分解されたりすることで頭皮環境が悪化するのを抑制するように配合されているのではないかと思います
リアップエナジー薬用スカルプシャンプーオイリーでは必要な皮脂を残すように洗浄力が調整されているため、皮脂膜を守るようなボタニカル成分が配合されているというわけですね
そうですね。抗酸化物質は皮脂の酸化を防ぐだけでなく、頭皮が糖化して硬くなるのも防いでくれます

 

リアップエナジー薬用スカルプシャンプードライの成分とは?

頭皮が乾燥気味の人は頭皮の角質層の乱れによって炎症が起こりやすく、白い粉のようなフケが発生しやすい上に、頭がかゆくなりやすいとというのが特徴的です。
フケが発生している状態では僅かな皮脂の蓄積でも頭皮の常在菌が増殖しやすくなり、粃糠性脱毛症から脂漏性脱毛症へと移行してしまうケースも起こる可能性があります。

リアップエナジー薬用スカルプシャンプードライでは、頭皮への刺激が少ないアミノ酸系界面活性剤を中心に足りない洗浄力を硫酸系界面活性剤と起泡性の高い両性界面活性剤で構成されています。
オイリーと似たようなイメージですが、硫酸系界面活性剤の配合量はかなり少なめになっていると予想されます。

洗浄剤の刺激を抑える配合になっているといえども刺激がないわけではないので、敏感になっている乾燥肌の方のために、ボタニカル成分はボタニカルフレッシュ成分に加えて保湿性アップにつながるボタニカル成分が配合されています。

リアップエナジー薬用スカルプシャンプードライの頭皮ケア成分

有効成分:サリチル酸(消炎、角質軟化)
その他の頭皮ケア成分:オウレンエキス(抗菌、消炎)、オウバクエキス(消炎、保湿)、タウリン(収れん)、アロエエキス(2)(保湿、消炎)、ヨクイニンエキス(保湿、消炎)、セージエキス(抗菌)、シャクヤクエキス(消炎、抗菌、皮膚の保護)、海藻エキス(1)(保湿)、l-メントール

当たり前ですが、乾燥肌には今ある炎症を抑えて保水力アップですね
そういうことです。ただ、保水力アップは 乾燥に伴うフケを抑えることにもつながりますし、その後に起こる可能性のある脂漏性脱毛症のリスクを低減させることにもなります

 

リアップエナジー薬用スカルプパックコンディショナーの成分とは?

髪の毛の洗浄は汚れをしっかり落とすという意味では強めに洗浄したいわけですが、洗浄力が強すぎるとシャンプー後に髪の毛がギシギシするような感じになってしまい、ボリューム感が喪失してしまうこともあります。
そんなことが起こらないようにシャンプーを選べば良いのですが、日々変化している頭皮と毛髪の状態に合わせて間違った選択をしないとは限りません。

リアップエナジー薬用スカルプパックコンディショナーでは、毛髪ケア成分はもちろんのこと、サリチル酸に抗炎症作用のあるグリチルリチン酸ジカリウムを有効成分に加え、消炎効果が補強されています。
また、シャンプーにはないアルギニンが血管を拡張することによって頭皮ケアのための有効成分とボタニカル成分を頭皮全体に浸透拡散するように考えられているというのが特徴的です。

リアップエナジー薬用スカルプパックコンディショナーの全成分

有効成分:グリチルリチン酸ジカリウム、サリチル酸
その他の成分:オウレンエキス(抗菌、消炎)、オウバクエキス(消炎、保湿)、タウリン(収れん)、L-アルギニン(血行促進、成長因子活性化)、アマチャヅルエキス(抗酸化)、ドクダミエキス(血行促進)、シナノキエキス(抗酸化)、ウーロン茶エキス(抗酸化)、セイヨウハッカエキス(爽快感)、l-メントール、ジプロピレングリコール、セタノール、塩化アルキルトリメチルアンモニウム、流動パラフィン、ステアリルアルコール、塩化O-[2-ヒドロキシ-3-(トリメチルアンモニオ)プロピル]グァーガム、クエン酸、1,3-ブチレングリコール、ゲラニオール変性アルコール、エタノール、無水エタノール、パラオキシ安息香酸メチル、水、香料

アルギニン以外はリアップエナジー薬用スカルプシャンプーオイリーと似ていますね
スカルプコンディショナーは長時間にわたって頭皮をケアするので、ある程度頭皮環境が整った状態であるオイリーの洗浄後がイメージされているということかもしれません
全シャンプーに共通するスカルプコンディショナーですから、どこかに的を絞って配合成分を決定しているというわけですね

 

リアップエナジー薬用スカルプシャンプーの分析の総括

リアップエナジー薬用スカルプシャンプーは使用者の頭皮の状態に合わせて選択できるようになっており、それぞれの頭皮に適した洗浄効果と頭皮ケア効果が期待できるように配慮されているスカルプケアシャンプーです。

リアップエナジー薬用スカルプシャンプーと薬用パックコンディショナーの特徴

  • リアップエナジー薬用スカルプシャンプーストロングオイリー(超脂性肌用):頭皮のベタつきが気になる方向け
  • リアップエナジー薬用スカルプシャンプーオイリー(脂性肌用):頭のニオイが気になる方向け
  • リアップエナジー薬用スカルプシャンプードライ(乾燥肌用):頭皮のかさつきが気になる方向け
  • リアップ薬用スカルプパックコンディショナー:硬くなった頭皮に潤いと柔軟性を供給し、シャンプー後の髪の毛を保護

リアップエナジーはリアップシリーズの主要発毛成分であるミノキシジルの発毛作用を効果的に発揮させるための育毛シャンプーであり、将来の髪の毛のために今できる頭皮ケアを行うためのスカルプシャンプーでもあります。

DHTの影響を抑えることが無いリアップに発毛・育毛効果が無いという人もおられるようですが、リアップエナジーの強みである髪の毛が生える土壌を整備することも発毛・育毛にはとても大切です。
抜け毛の原因は一つではありませんもんね
頭皮環境の悪化が男性型脱毛症(AGA)を 加速することもありますので、早い段階で頭皮環境を改善するリアップエナジーとリアップを組み合わせたスカルプケアが大切になるというのが大正製薬株式会社のかんg
リアップシリーズ用にプレリアップという育毛シャンプーのシリーズもありましたよね・・・?
プレリアップシリーズは1999年にリアップの発売を開始すると同時に発売された育毛シャンプーですが、本格的な育毛シャンプーであるリアップエナジー薬用スカルプシャンプーが発売された現状では、育毛初心者の若者向けといったイメージの商品です

プレリアップシリーズのスカルプシャンプーに関する詳細は以下の関連記事にてご紹介させていただいておりますし、それだけでなく、様々な育毛シャンプーを紹介させていただいておりますので、併せてご参考にしていただければ幸いです。

関連記事:
プレリアップスカルプシャンプーの成分・効果を薬剤師が徹底分析!プレリアップシリーズは抜け毛対策に使えるのか?
育毛シャンプーおすすめ比較ランキング【2018年】薄毛解消した口コミ評価体験談

リアップエナジーについては、セイジが注文して実際に使用してみましたので、体験談もご紹介させていただきます

 

リアップエナジーが届きました!

注文して3日後、佐川急便のお兄さんがリアップエナジーを届けてくれました。

包みは綺麗に包装されており、中を開けるとさらに綺麗な状態でした。

包みを最後まで開くと、大正製薬の社名が入った箱が出現。有名な「鷹のマーク」も健在です。

箱の中には大正製薬からのメッセージが書かれていました。

「こんにちは、大正ダイレクトです。ご依頼主様からの贈り物をお届け致します」

という丁寧な文章の後に、コールセンターの電話番号も書かれていました。ここまで丁寧に準備してくる会社は少ないので感動ものでした。

箱の奥底には今回注文したリアップエナジー薬用スカルプシャンプーオイリーとリアップエナジー薬用スカルプパックコンディショナーが入っていました。

リアップエナジー薬用スカルプシャンプーオイリーには、薬剤師さんも解説しておられたオウレンエキス、オウバクエキス、タウリンのボタニカルフレッシュがしっかり配合されていました。(当たり前ですが・・(笑))

続いて、リアップエナジー薬用パックコンディショナーです。精力剤によく含まれているアルギニンが入っているのが特徴的ですね。

 

リアップエナジー薬用スカルプシャンプーオイリーの使用体験談

シャンプーは透明状で殺菌性のありそうな香りがします。これはベタツキを除去する成分であり、においにも表れています。

泡立ちは他のシャンプーと比較してかなり良く、手に2回プッシュして程度で子の通りです。

イクオスブラックシャンプーチャップアップシャンプーなどの他のシャンプーと比較して、かなり泡立つので洗いやすく、洗った後も爽快感があります。

あまりに洗浄力が強いと頭皮への刺激が強すぎるのでは?、と思いましたが、成分を見る限り強力なものは入っていません。

薬剤師さんの分析結果でも述べられていますが、アロマ成分によりそう感じさせているようです。

 

リアップエナジーコンディショナーの使用体験談

リアップエナジーコンディショナーは写真のように白く流動性のない液体でした。

髪にからませると、すぐに透明色になります。

驚いたのは「ツヤが物凄く出る」ことと「爽快感が半端ない」ことでした。

正直、冬場に使ったら頭が寒くて風邪を引くんじゃないか?、というくらいの爽快感です。

オイリーとセットで使うと、ベタツキや痒みが消え爽快感が継続するので夏場は特にセットでの利用がおすすめです。

 

リアップエナジーシャンプーを使った感想・おすすめポイント

まず感じた点は、「とにかく爽快感が強い」という点です。

このサイトでおすすめしている他の育毛シャンプーと比較しても断トツです。一方で、頭皮の正常化効果はそれほど変わらないので、リアップエナジーの方がおススメです。

他の安価なシャンプーの場合は刺激の強い成分を入れていることが多いのですが、リアップエナジーの場合は、洗浄剤に配慮するだけでなく香気成分にもアロマなど自然な成分を使用しており、頭皮への影響を抑えています。

続いて、育毛シャンプーに最も期待するポイントである頭皮の正常化についても、自分の頭皮に合わせて強さをストロングオイリー、オイリー、ドライから選ぶことで最適なケアができます。

自分の頭皮に応じて強さが選べる製品には、リアップエナジーのライバルとも言えるスカルプDシャンプーがありますが、ミノキシジル配合の発毛剤と合わせて使うのであれば、ミノキシジルのことを知り尽くしており使用されてきた歴史のある大正製薬株式会社の保有する多くのデータは魅力的です。

私は頭皮の脂分が多く、夏場の汗・においがとても気になるタイプでした。2017年12月からオイリーを選んで使っていますが、痒みやにおいが無くなり、正常な状態の頭皮を維持できていると感じています。

なにより、日本で唯一の医薬品育毛剤であるリアップのシャンプー版ということで効果の信頼性・期待値が高いので、今後も使い続けていく予定です。

皆さまもぜひ一度お試し頂けますと幸いです。

当サイトではこの他にも色々な育毛シャンプーを利用し効果を纏めていますので、併せてご覧いただけますと幸いです。

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です