12代目のスカルプDシャンプーがつい先日に出たばかりですが、13代目が2017年8月9日に早くもリニューアル発売されました。

毎回、改良を行い、進化していく意欲を見せているスカルプDシャンプーですが、この発売されたばかりの13代目のスカルプDシャンプーもさらに改良され、今までにない成分が加えられています。

13代目スカルプDシャンプーは、「頭皮の厚みに着目した」というのが主なキャッチコピーです。

どういうことなのでしょうか?
頭皮の厚みと薄毛の関係、また、13代目に新たに加えられた頭皮に厚みをもたせるためのサポートをする成分について検証してみたいと思います。

頭皮の厚みと薄毛の関係

医師との共同開発でよく知られているスカルプDシャンプーですが、13代目も小山太郎医学博士の研究発表を元に考えられたシャンプーです。

小山医学博士の研究発表こそが、頭皮の厚さと薄毛の関係がテーマでした。

 

小山医学博士の研究発表の内容

2015年の10月、第24回形成外科学会基礎学術集会で小山医学博士が発表されました。

AGAを発症していない男性(コントロール群)3人とAGA発症群3人の頭皮状況を3テスラMRI装置という特殊な精密検査機器を使用して解析しました。

※解析結果
AGAを発症していないコントロール群の頭頂部は髪の量が多く、AGA発症群と比較して頭頂部周辺の頭皮が薄い ということを究明しました。

参照URL:予防医学のアンファーストア「SCALP INNOVATION」
http://www.angfa-store.jp/brand/br_lp_scalpd
参照URL:予防医学のアンファー「第24回日本形成外科学会基礎学術集会で研究発表」
http://www.angfa.jp/presentation/?p=761

それならば、薄い頭皮を厚くすることはできるのかということになりますが、13代目のスカルプDシャンプーに頭皮を厚くできる成分が加えられてあるとのことです。

この成分の紹介の前に「頭皮の厚み」「頭皮が薄いと抜け毛が増える」ということについて考えてみましょう。

 

頭皮が厚いということはどういうこと?

人間の頭皮(表皮+真皮)は約2mm前後です。従って頭皮が厚い、薄いというのはほんのわずかの差ということになり、手で触ってそれをはっきりと実感できるかできないかは、微妙なところでしょう。

しかし、手ではわかりにくいmm単位、あるいは,それ以下の微小サイズであっても、毛包レベルから考えると大きな差になるということになります。

公式サイトにある医師のコメントから、「頭皮が厚いということは毛包のミニチュア化を防ぎ、大きく成長していくだけの空間がある。そこで毛包がしっかりと定着し、抜けにくく、コシの強い髪が増える」というように考えまることができます。

 

頭皮が厚い=弾力、保湿性がある

よく、頭皮が硬いと薄毛になりやすいと言われますが、頭皮が硬いとは頭皮が乾燥状態のことです。
つきたてのお餅を外気にさらしていると硬くなり一回り小さくなりますが、そのお餅を想像していただければわかりやすいですね。


つまり、厚い頭皮はその逆ですから、ふっくらとした一回り大きなお餅のように、膨潤して柔らかく弾力があり、厚みも出てきます。

そして、血行もよくなり、脂肪組織にも富み、毛乳頭細胞など、発毛に関与する細胞の増殖も盛んになります。

一方、AGAを発症すると、髪の毛が減少するため、頭皮と外気が触れやすくなり、乾燥はさらに進行し、頭皮は硬く薄くなっていくというわけです。

次は、13代目のスカルプDシャンプーに入っている頭皮に保湿性を持たせる(厚くする)ために配合された成分「クロレラエキス」と「セイヨウニワトコエキス」について検証します。

 

頭皮に保湿性を持たせる成分

13代目のスカルプDシャンプーの成分を見ると、頭皮を厚くするといっても、際立って厚くするというのではなく、水分保持することで頭皮を膨潤、弾力性に富んだ頭皮を作るということになります。

 

クロレラエキス

クロレラは、淡水にすむ藻類の一種です。


人間の細胞分裂よりも速いスピードで細胞分裂が行なわれ、常に新しい細胞が作られています。

約6割がたん白質でできているクロレラのエキスが頭皮のたんぱく質を補強する、すなわち、クロレラの活用は頭皮に新しい材料提供になります。

また、クロレラの常に細胞を新しく入れ替えさせる働きは、皮膚の保湿性保持に役に立っています。

クロレラの作用でいつも皮膚の表面は、瑞々しい細胞で覆われているということになります。

参照URL:わかさの秘密「クロレラ」
http://www.wakasanohimitsu.jp/seibun/chlorella/

 

セイヨウニワトコエキス

エルダーフラワとも言われ、スイカズラ科植物の仲間です。


この植物には様々な効能を持ち、その中で、頭皮の保湿性を持たせるために役だつ効能には、皮膚を柔かくさせる、消炎効果などがあります。
そのため、ブブカなどの育毛剤から化粧品まで活用されています。

参照URL:わかさの秘密「エルダーフラワ」
http://www.wakasanohimitsu.jp/seibun/elder-flower/
参照URL:化粧品成分ガイド。WEB「セイヨウニワトコエキス」
http://www.bonffn.net/kosume/00233.html

 

12代目スカルプDシャンプーにカッコンエキスが加わる

12代目スカルプDシャンプーには、AGA最大誘因物質DHTを作らせないようにするために豆乳発酵液、ホウセンカエキス、バンジロウ葉エキスを入れていますが、13代目にはさらに同じような働きをするカッコンエキスを加え、抗男性ホルモン作用の働きを強化しました。

 

カッコンエキスはイソフラボンを含む

カッコンはマメ科の植物で、イソフラボンを含んでいます。

日本でも初期の風邪、肩こりによく活用される生薬です。

イソフラボンは化学構造が女性ホルモンによく類似しており、女性ホルモンと同じような作用があります。
そのため、男性ホルモンを抑える働きがあると言われています。

従って、すでに12代目スカルプDシャンプーに入っている豆乳発酵液などと協力して、男性ホルモンに関与することでDHTの生成を抑えてくれることを期待して、イソフラボンを含むカッコンエキスが配合されています。

参照URL:化粧品成分用語辞典「カッコンエキス」
http://www.keshou.nouko.net/post_281.html

 

コハク酸(スルホコハク酸ラウリルナトリウム)を加えてさらに泡立ちを!

12代目もしっかりと泡立つように施されてはいましたが、13代目にスルホコハク酸ラウリルナトリウムを加えることによってさらなる泡立ちの良さを目指しました。


スルホコハク酸ラウリルナトリウムは界面活性剤です。

泡立ちがよく、洗浄性が強いという特性があり、例えば、他の界面活性剤よりはやや洗浄力が落ちるアミノ酸系界面活性剤を使用した場合に加えることがあります。

 

まとめ

① 早くも13代目スカルプDシャンプーのリニューアル新発売
② 頭皮の厚みとはどういうことなのか?
③ 頭皮の厚みと薄毛の関係
④ 頭皮に厚みを持たせる(保湿性)2成分
⑤ カッコンエキスを加え、抗男性ホルモンの働きを強化
⑥ スルホコハク酸ラウリルナトリウムを加えて、従来品よりも泡立ちよく!

リニューアルされるたびに最高の仕上がりと自信もってデビューしていくのでしょうが、一定期間が過ぎると、さらに改良されて再登場します。

この飽くなき探求心こそがスカルプDシャンプーの真骨頂ではないでしょうか。
そこに安住しない、医学や科学の日進月歩の発展に合わせているという感じさえします。

ただ、リニューアルの回数を重ねても、それまでに気に入ったスカルプDシャンプーに出会えることができた人たちもおられるはずでしょう。
それを考えた場合、初代からのスカルプDシャンプーの在庫もきちんと管理していくこともまた、大変なことと思うのですが……。

 

管理人セイジが昔実際に使った時は効果を今一つ感じませんでした。ただ、現在はかなり良くなっていますので、おすすめできる一品になってきたと感じています。

関連記事

育毛シャンプーおすすめ比較ランキング