サクセス薬用シャンプーを評価したサイトが色々ありましたが、「危険過ぎる」とか「皮脂を取り過ぎる」などが多くあまりいい評価をされていません。
しかし、価格と成分を知ってそれは仕方ないのではと、思わず、製造元の花王を援護してしまいましたが……

価格も安くて、なお成分も一流であるのがいいけれど……

サクセス薬用シャンプーが危険過ぎるといっても、医薬部外品として厚生労働省に認可されているわけですから、用法用量、使用上の注意を厳守すれば「危険」を避けることはできます。

まず、サクセス薬用シャンプーの価格に注目してみましょう。

確実に1000円以内で購入できます。1000円以内だから安いというのではなく、他の育毛シャンプーと比較したら数段に安いというふうに解釈していただければと思います。

高品質なアミノ酸系界面活性剤などはなく安価な合成(石油系)界面活性剤を使用していますが、あの価格では仕方ないと思います。

少し話が飛びますが、サプリメントでも医薬品でも全てとは言いませんが、「良い成分ほど価格も上がっていくのは仕方ない」と皆さんもお考えだろうと思います。
サクセス薬用シャンプーの成分評価が低いサイトがありますが、あの価格ですから大した成分を入れるのはかなりのサービス精神がなければできないでしょう。

アミノ酸系界面活性剤が入っていて、あのミノキシジルの3倍の効果がある?キャピキシル、高級な保湿成分などが入った育毛シャンプーの価格は4000円近くもするわけですから、1000円もしない育毛シャンプーを作る場合、市場に合わせればサクセス薬用シャンプーの成分は妥当?かなと私自身は思います。

 

1000円未満のシャンプーに4000円のシャンプーと同じ効能を求めるのは少し筋違いです。

サクセス薬用シャンプーが4000円のシャンプーより評価が低くても何の驚きもないし、もしも逆だったら、すごいことだし、比較した4000円のシャンプーは必要以上に高すぎるということになります。

たまに、効果がなさそうな成分が多いのに、価格が高いという製品を見かけることがありますが……。

なお、当サイトで検証した本当に効果があると考えるシャンプーは以下の記事で評価を纏めています。

関連記事

育毛シャンプーおすすめ比較ランキング 実際に薄毛解消した口コミ評価体験談

 

プロテク頭皮ストレッチシャンプーと比較して

プロテク頭皮ストレッチシャンプーも低価格で、しかもサクセス薬用シャンプーよりもさらに安いです。

しかし、プロテク頭皮ストレッチシャンプーの記事で、私は価格のことは一切ふれていません。むしろ、例の4000円のシャンプーと比較しています。

関連記事

プロテク頭皮ストレッチャシャンプーの頭皮柔軟化効果は本当か旧品と比較して考える

それはなぜだと思いますか?

それはプロテク(以後、省略)とサクセス(以後、省略)のテーマが異なるからです。

プロテクの記事でしつこいぐらいに記載していますが、プロテクのテーマが「皮脂の除去」から「頭皮の柔軟化」に変化、あるいは、皮脂の除去も考慮しつつの「頭皮柔軟化」かもしれませんが、どちらにしても「頭皮の柔軟化」がリニューアル製品のテーマです。

ちなみに、サクセスは「毛穴のアブラもニオイもおとす」がテーマです。

 

プロテク頭皮ストレッチシャンプーの成分に異議あり

プロテクは頭皮の柔軟化のため、リニューアル製品には数種の保湿成分を加えています。しかし、それ以外は皮脂の除去がテーマだった旧品の成分を配合しています。

皮脂の除去がテーマのときはピッタリだった、安価ではあるけれど洗浄力も脱脂力も強いラウレス硫酸ナトリウムが配合されていても妥当かなと思いました。

しかし、リニューアル製品は頭皮の柔軟化を目指しています。
皮脂の除去と頭皮の柔軟化は相反するものであり、言い換えれば、「乾性(ドライ)」と「湿性(ウエット)」です。
従って、柔軟化を目指すのであれば、多少は洗浄力を落とすことも考えるとか、洗浄成分である界面活性剤などからの見直しが必要です。
ただ、保湿成分を加えればいいというだけで、あまりそういう配慮がプロテクには見られないのが残念です。

サクセスは1000円出しても十分おつりがあるほど非常に安いので、保湿成分を加えると同時に、例えば、アミノ酸系界面活性剤ほど高くなくそれに類似したものに変更し、多少値上がりしても1000円以内におさめられるのであれば、こっちのほうがいいと思いませんか?

「プロテク頭皮ストレッチシャンプー」の記事を合わせて読んでいただければ、よりわかりやすいと思います。

 

サクセス薬用シャンプーのテーマは「皮脂の除去」

花王の公式サイトに記載されているサクセスのテーマは、プロテクの旧品のテーマ「皮脂の除去」と表現こそ違いがありますが、ほとんど同じです。
頭皮の柔軟化などは花王の公式サイトでは、一言も触れていません。

そして、後述しますが、非常に洗浄力が強い合成界面活性剤を配合しています。
シャンプー本体に表示してある「指では届かない、毛穴の中まで洗う」を達成するには、頭皮にとって良いか悪いか、あるいは毛穴の中まで本当に洗えるのかということは別にして、洗浄力が強い界面活性剤でなくてはいけません。

サクセスは育毛シャンプーの中でも非常に安価ですから、配合する成分は安く、脂を根こそぎ落とす成分を使用することがよりテーマに近付き、花王もそれなりの利益を得ることができるわけです。

 

価格が安い意味を分かっていれば、良い製品に格上げできる

高い高級な育毛シャンプーと比較して、どこが欠けているかをはっきり把握します。その資料はネット上にも溢れています。

例えば、皮脂が多いのであればサクセスのように洗浄力が高いのはOKだけど、皮脂が取れ過ぎるのも問題です。

こんな時はヘアクリームを準備します。

皮脂が取れ過ぎたと感じたとき(頭皮が突っ張ったような感じがします)、シャンプー後頭皮が乾き過ぎない湿り気が残っているときに、マッサージも兼ねて、ヘアクリームを塗るとツッパリ感を解消できます。

サクセスはとにかく「安価」であることが一番のメリットなんです。
この安価というメリットを優先したなら、多少の品質低下も覚悟の上ですよね。でも、それを自身の工夫やアイデアでいくらでも補足、補充できます。

とにかく、高価なシャンプーを買うことができない人にとっては、有り難いシャンプーなのでは?
次はサクセスに入っている要注意の成分と他のサイトも言っている「ポリオキシエチレンラウリルエーテル硫酸アンモニウム」について検討してみましょう。

 

ポリオキシエチレンラウリルエーテル硫酸アンモニウムは合成界面活性剤

いわゆる安いシャンプーに入れる合成界面活性剤レベルのもので、ラウリル硫酸ナトリウムと同じランクです。

だからといって、先程からお話していますように「ダメ」というわけではありません。
成分に合成品が多いような製品にこのような成分を入れ場違いな高価格をつけているのなら腹も立ちますが、サクセス薬用シャンプーは成分と価格が見合っていますよね。

ラウレス硫酸ナトリウムと同じランクの洗浄剤ですから、皮脂をしっかりとって洗浄します。

そのため、このような成分を長期間、使用し続けることで皮脂がとれ、それこそ頭皮が硬くなっていくと思われます。
頭皮に限らず皮膚は乾燥の放置が一番いけないので、サクセス薬用シャンプーを使用した後は、保湿を心がけるようにしましょう。

 

まとめ

今回解説させていただいた内容は以下の通りです。

① 価格の安いシャンプーを価格の高いシャンプーと比較して、安いほうが無能だった場合、当然のこと。中には安くていい品質のもあるが、安い=品質低下はサクセス薬用シャンプーにかぎったことではない。
② サクセス薬用シャンプーのテーマが「皮脂除去」で、除去の仕方に問題はあるが、価格の安さで納得できる。
③ 安物買いの銭失いにならないよう、サクセス薬用シャンプーのデメリットを保護していく。

安さに飛びついて思わず、買ってしまい、後で後悔するという苦い経験は私自身、何度もあります。
しかし、それに終わらず、買って失敗したと思う製品を有効に使える工夫もまた、楽しいかもしれませんね。